車を高く売るなら【お得な車買取査定ナビ】

300万円以上の高い新車を安く購入する3つのステップ

  カテゴリ:新車
300万円以上の高い新車を安く購入する3つのステップ

昔に比べて新車価格が高くなっているため、「欲しいけど買えない」とあきらめる人も少なくありません。

車種にもよりますが、300万円以上の新車も多いので手が届かないケースも多いと思います。

しかし、高い新車であっても適切なステップを踏めば予想以上に安く購入することができます。

新車はどうすれば安く買えるのか?

欲しい車があるからといって、ディーラーに行って即契約、という流れでは安く購入することはできません。

ちょっとしたコツを知っておくことで、最大で50万円以上も安く買うことができます。そのために知っておくべきポイントは以下の3つです。

  • 1. ライバル車を交渉材料に使う
  • 2. 予算上限を決めておく
  • 3. 愛車は下取りと車買取店で査定する

1. ライバル車を交渉材料に使う

車を安く購入するためには、面倒であっても価格交渉が欠かせません。

とはいえ、素人に上手く交渉ができるのか?と心配に思う人も多いでしょう。

しかし、交渉するときには適切な”材料”があれば簡単に値切ることができます。その材料とは、ズバリ「ライバル車」です。

ライバル車とは、各メーカーで似通っている車種のこと。

トヨタ・アクアであれば、日産・ノートがライバル車です。三菱自動車・パジェロであれば、トヨタ・ランドクルーザーがライバルととなります。

このように、いまあなたが欲しいと思っている車種のライバル車を引き合いに出すことで、ディーラーは価格交渉に応じてくれます。

ライバル車それぞれの見積もりを取り、オプションなども同じレベルにしておきましょう。そうすれば、「あとは価格の安さで決める」というあなたの態度を明確に営業マンへ示すことができます。

また、交渉をするときには以下のポイントにも注意しておきましょう。

  • ・若手の営業マンがベスト
  • ・オプションなどの希望は事前に決めておく

若手の営業マンがベスト

ベテランの営業マンのほうが車についてはくわしい可能性が高いですが、値引きとなるとベテランは手強いです。

お客さんとのやり取りで「どのラインまで値下げすればいいか」を熟知しており、最低限の価格交渉にしか応じません。

一方、売り上げが伸びない若手営業マンは値引きしてでも売りたいという心理が働き、上司も値引きさせて件数を取らせようと必死になります。

営業マンを指定することはできませんが、可能な限りはまだ若い営業マンのほうが価格交渉は有利になるでしょう。

オプションなどの希望は事前に決めておく

新車の価格交渉は、時間をかけずにスムーズに進めたほうが有利です。

商談中にオプションについて悩んで、あーでもないこーでもないとやっていると営業マンとしては安く売ろうという気持ちになりません。

ディーラーに商談へ行く前に、インターネットのウェブカタログを見て欲しいオプションやグレードは決めておくのがベストです。

そのほうが、価格交渉により多くの時間を使うことができます。

2. 予算上限を決めておく

たとえば、300万円の新車を購入するなら「300万円以上のお金は出せない」ということを明確にしておくべきです。

そうしないと、グレードを上げたりオプションを付けたりしたときに心が揺れて結果的に高い価格で購入するハメになるからです。

まずは商談のなかで「予算は300万円以内で考えてます」と伝えます。そこから、オプションを付けたりグレードを上げたりしながら、適切な予算内で収めるよう交渉しましょう。

そのとき、さきほど説明した「ライバル車を価格交渉に使う」ことで、より値引き額が大きくなります。

3. 愛車は下取りと車買取店で査定する

いくら価格交渉をしたり、オプションによる実質値引きをしても安く買える金額には限界があります。

もしいま乗っている車から買い替えるのであれば、少しでも愛車を高く売却する方法を考えましょう。

値引きばかりに目が行きがちですが、車の下取り額が大きければ、そのぶんだけ予算が増えるわけです。

下取りは商談のなかで交渉ができるため、手間もかからず確かに便利です。

しかし、本当に高く売れるかと言えば残念ながら下取り額には限界があります。なぜなら、ディーラー1社のみの査定では最高額がわからないからです。

おすすめしたいのは、車買取店の査定額をもらってからディーラーに行くこと。そうすれば査定額を比較できるので、ディーラーとしても下取り額が安ければ交渉を優位に進めることができます。

まずは愛車の査定額を確認しておきましょう。そうすれば300万円を超える高い新車をかなりお得に購入することができますよ。

あなたの愛車の最高額を一括査定でチェックしてみよう

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドは最短45秒のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額が無料ですぐにわかります。査定額がその場で表示されるのはかなり助かりますね。

  • 人気No.1!! かんたん車査定ガイドが選ばれる理由
  • わずか45秒、たった9項目に入力するだけで査定完了
  • あなたの愛車の概算価格がその場でわかる
  • もちろん無料!最大10社から最高額を選ぶだけ
査定トップ1

全国200社以上が参加中!最高額で売れる

見積もりに参加する業者数が多いほど、車の査定額は高くなります。お店ごとに査定基準もちがうため、「こんなに高く売れるの?」ということがよく起こるのです。

全国200社以上が参加する「ズバット車買取比較」は有名買取店から地元密着型のお店まで幅広い車のジャンルや車種に対応しています。本気で車を高く売りたい人にオススメです。

最大で50万円以上高く売るのも夢ではありません。わずか1分、少ない項目に入力するだけで、あなたの愛車を最高額で買い取ってくれるお店がスグにわかります。

すべて無料で使えるので【かんたん車査定ガイド + ズバット車買取比較】と合わせて利用する人も多く、たくさんの人が高価買取を実現していますよ。

  • 圧倒的な参加数!ズバット車買取のメリットは?
  • 全国200社以上の買取業者が参加中!もちろん無料
  • 依頼できる業者数が多く、本当の最高額で車が売れる
  • 累計100万人以上が利用する、安心の実績
査定トップ1

結局、どっちがオススメ?

【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】という2つの一括査定をご紹介しましたが、どちらを利用すべきかわからない人もいると思います。

気軽に車の概算額を知りたい人は【かんたん車査定ガイド】がおすすめです。操作もわかりやすいですし、入力項目も少ないので本当にカンタンですよ。

参加している買取業者数の多さで選ぶなら【ズバット車買取比較】がおすすめ。より多くのお店に査定依頼が届くので、より高い買取額が期待できます。

さらに言うと、【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】を併用する人も意外とたくさんいます。というのも、一括査定サイトごとに加盟している買取業者がちがうからです。査定してもらう業者数が多いほど、買取額は高くなります。2つの一括査定サイトを上手に活用することによって”究極の最高額”で車を売ることができるわけですね。

もっと安くなる!保険料を見直そう

私が一括見積りを活用したところ、保険料が109,800円⇒78,200円になり31,600円も自動車保険を安くすることができました。もちろん、補償内容は変わりません。

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険の窓口インズウェブ」は最短5分のカンタン入力で最大22社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

一括見積りできる保険会社
  • カテゴリー