車を高く売るなら【お得な車買取査定ナビ】

車の買取契約後に解約できる?売却キャンセルのポイント

車買取契約の解約

車の買取契約後に起こる解約トラブルは増加の傾向にあります。

車の売却をキャンセルしたい場合に買取業者から解約料を請求されるケースがあります。
解約トラブルを避けるためにはどうすればいいのでしょうか?

車の売買契約後の解約条件を理解し、トラブルを避けるためのポイントをおさえておきましょう。

車の契約はどの時点で成立するの?

まず基本的な知識として、車の売買契約がどの時点で成立するのかについて知っておく必要があります。

消費生活センターによれば、現金や分割払いの購入で車の契約が成立する時期は以下のようになっています。

  • [1] 登録された日(ナンバープレート取得日)
  • [2] 購入者の注文によって改造や修理が着手された日
  • [3] 納車した日
  • 上記3つのいずれか早い日

これらのいずれか1つでも要件を満たしていると、契約は成立したことになります。
そのため契約内容にもよりますが、買取契約後の解約はできる可能性があります。

車と車の書類を渡してしまうとキャンセルができないと考える人も多いようですが、引き渡し後でもまだ解約をあきらめる必要はありません。

こちらの都合で買取をキャンセルすることはできる?

もし買取業者との契約後に売却をキャンセルしたい場合、契約を解除することは可能なのでしょうか?

それは買取業者との契約内容によって変わってきます。契約には以下の3つの種類があります。

  • ・約定解除
  • ・合意解除
  • ・法定解除

【約定解除】解約できる条件を決めておく契約

1つ目の「約定解除」とは、車を買い取ってもらうときにあらかじめ「解約できる条件」を決めておく契約のことです。

買取業者との間で「解約をしたい場合はキャンセル料を支払います」といった契約を結ぶのが基本です。

したがって、契約のときに条件を決めている場合は、キャンセル料を払えば車の買取契約を解約することが可能です。

契約するときに、解約するときの条件を確認しておくことが重要です。

合意解除:お互いが合意すれば解約できる契約

2つ目の「合意解除」とは、車の売り手と買い手が合意すれば解約をすることができる契約です。

この場合は買取店に解約に合意する義務はありません。買い取った業者が「解約できません」といえばそれまでです。

しかし、この場合でも1つ目のケースと同じようにキャンセル料を払えば解約をすることができる可能性があります。

法定解除:契約の義務を果たさない時に解除できる契約

3つ目の「法定解除」とは、契約内容を早く実現してくださいと要求(催告)をしても、契約内容を果たさないとき相手方が契約を解除することです。

この法定解除契約は車の買取で結ばれることはないと思われますが、場合によってはこうした手段を取ることも可能です。

契約時に解約の条件をしっかり確認すること

契約を結ぶときは、契約書に以上3つのいずれかの内容で解約について取り決めた文章があるはずです。

車の買取契約書を記入するときに、きちんと解約の条件を確認しましょう。

とはいえ、車の買取契約書を書くときは気持ちが焦っているときが多いものですし、契約書は文字が小さく読みづらいことがほとんどです。

さらに、買取業者を目の前にして記入することもあるでしょう。じっくり契約内容を確認するヒマもないかもしれません。

しかし、買取契約後の解約に関するトラブルは非常に多いのが現状です。あとで苦労しないためにも、契約書の内容にはきちんと目を通しておきましょう。

ちなみに車の買取契約はクーリングオフは適用されません
これは、車の売買はきちんと考えて行われたと一般的に考えられるためです。

車の買取トラブルが起きないようにするには、業者選びを失敗しないことが大切。

複数の買取店を比較すれば、買取契約のトラブルは起きにくくなります。

買取契約を解約したいときに必要な手続きは?

車の買取を解約できるかどうかは、あなたが売却した車がいまどんな状況に置かれているか?によっても変わってきます。

車買取店によっては、買い取った車をすぐにオークションへ出品してしまうこともあります。その場合、すでに買取店の手元に車はないためキャンセルが不可になる可能性は高いでしょう。

ですが、車を業者に引き渡してから翌日〜翌々日であれば、まだ無償キャンセルできる可能性は大いにあります。

すでにオークション出品の手続きに入っていたりすると、キャンセル料が発生したり、キャンセルが不可になる可能性もあります。

こればかりは業者ごとに対応が異なります。もし解約をしたいのであれば、早急に車を売ったお店で電話連絡しましょう。

あなたの愛車の最高額を一括査定でチェックしてみよう

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドは最短45秒のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額が無料ですぐにわかります。査定額がその場で表示されるのはかなり助かりますね。

  • 人気No.1!! かんたん車査定ガイドが選ばれる理由
  • わずか45秒、たった9項目に入力するだけで査定完了
  • あなたの愛車の概算価格がその場でわかる
  • もちろん無料!最大10社から最高額を選ぶだけ
査定トップ1

全国200社以上が参加中!最高額で売れる

見積もりに参加する業者数が多いほど、車の査定額は高くなります。お店ごとに査定基準もちがうため、「こんなに高く売れるの?」ということがよく起こるのです。

全国200社以上が参加する「ズバット車買取比較」は有名買取店から地元密着型のお店まで幅広い車のジャンルや車種に対応しています。本気で車を高く売りたい人にオススメです。

最大で50万円以上高く売るのも夢ではありません。わずか1分、少ない項目に入力するだけで、あなたの愛車を最高額で買い取ってくれるお店がスグにわかります。

すべて無料で使えるので【かんたん車査定ガイド + ズバット車買取比較】と合わせて利用する人も多く、たくさんの人が高価買取を実現していますよ。

  • 圧倒的な参加数!ズバット車買取のメリットは?
  • 全国200社以上の買取業者が参加中!もちろん無料
  • 依頼できる業者数が多く、本当の最高額で車が売れる
  • 累計100万人以上が利用する、安心の実績
査定トップ1

結局、どっちがオススメ?

【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】という2つの一括査定をご紹介しましたが、どちらを利用すべきかわからない人もいると思います。

気軽に車の概算額を知りたい人は【かんたん車査定ガイド】がおすすめです。操作もわかりやすいですし、入力項目も少ないので本当にカンタンですよ。

参加している買取業者数の多さで選ぶなら【ズバット車買取比較】がおすすめ。より多くのお店に査定依頼が届くので、より高い買取額が期待できます。

さらに言うと、【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】を併用する人も意外とたくさんいます。というのも、一括査定サイトごとに加盟している買取業者がちがうからです。査定してもらう業者数が多いほど、買取額は高くなります。2つの一括査定サイトを上手に活用することによって”究極の最高額”で車を売ることができるわけですね。

もっと安くなる!保険料を見直そう

私が一括見積りを活用したところ、保険料が109,800円⇒78,200円になり31,600円も自動車保険を安くすることができました。もちろん、補償内容は変わりません。

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険の窓口インズウェブ」は最短5分のカンタン入力で最大22社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

一括見積りできる保険会社
  • カテゴリー