車を高く売るなら【お得な車買取査定ナビ】

車の税金はいくら?排気量で変わる自動車税の仕組み

  カテゴリ:車の税金
車の税金は排気量で決まる

いまあなたが乗っている車の排気量はどれくらいでしょうか?

車の維持費にはたくさんの種類がありますが、そのなかでも大きな割合を占めるのが「自動車税」です。

排気量ごとに金額が決まっている自動車税、車を買うときに必要な自動車取得税、車の重さごとに金額が決まっている自動車重量税など…イヤになるほどさまざまあります。

今回は排気量によって分かれる「自動車税」にスポットを当てて、車の税金の仕組みについて解説します。
あなたの自動車税がいくらになるかも、わかりやすくご紹介しますね。

なぜ排気量によって車の税金が決まるのか?

車の税金は「排気量」によって税金の額が決まる自動車税が大きな割合を占めます。つまり、自動車税は高いのです。

自動車税は1リットル以下〜6リットル超までの総排気量で、段階的に税額が決まります。

自動車税の税目

なぜ排気量が多い車は税金が高いのでしょうか?
その理由はさまざまですが、排気量が多い車は道路や自然環境にかかる負担が大きいことが挙げられます。

総排気量が1リットルの自家用車は29,500円。6リットルの自家用車は111,000円です。
その差はなんと81,500円にもなります。排気量が違うだけで、こんなにも税金が変わってくるわけですね。

それだけ排気量が多い車は税金の負担が大きいことがわかります。

ちなみに、軽自動車は一律7,000円(2015年4月以降に新車登録された軽自動車は10,800円)で統一されていて、軽自動車税として定められています。

自動車税を安くするために軽自動車に買い換える、という人が多いのも納得です。

いくらで売れる?愛車の最高額をチェックしてみる

自動車税はいつ支払うの?

毎年4月1日時点の車の所有者に納税通知書が送られてきます。納税通知書が送られてくる前でも、関係ありません。

なぜなら、毎年4月1日時点の所有者に納税の義務が発生するからです。

納付期限は5月末まで。期間が短いので注意が必要です。

もし新車や中古車を買った場合には次の3月末までの税額を月割りで納めます(軽自動車税はのぞく)。

毎年3月になると車の売却が一気に増えるのは、車の税金を免れたいと考える人が多いからです。

自動車取得税は新車だけでなく、中古車にもかかっている!

新しく車を買った場合にかかるのが自動車取得税という税金です。

じつはこの税金、新車・中古車をどちらの場合でも支払う必要があります。

税率は5%(軽自動車は3%)で、新車の場合は車両価格の約90%が課税標準額となり、それに税率をかけたものが税額となります。

単純に考えると、たとえば100万円の車の90%=90万円が課税対象になります。
そのうちの5%、つまり90万円の5%=4万5千円が実際に支払う税金です。

自動車取得税は排気量に関係なくかかる税金なので、車体価格が高いとそのぶんだけ負担額が大きくなります。

中古車の自動車取得税はややこしい

少しややこしいのが中古車にかかる自動車取得税です。
まずは中古車にかかる自動車取得税の計算式を示します。

  • 課税標準基準額×残価率=取得価格(1,000円未満切り捨て)
  • 取得価格×3%(軽自動車の場合は2%)=自動車取得税額

課税標準基準額というのは、先にも説明した車両価格の約90%のことです。
残価率というのは自動車の初年度登録からの経過年数によって出される掛け率のことを指します。

中古車の残価率

参考:中古車ガイド

新車の購入時が100%だとすると、それ以降は年数に従って残価率が下がるので支払う税金も安くなっていきます。

細かい計算は車を買うときにディーラーの人が説明してくれるので、覚える必要はありません。
いずれにしても、車を取得するときに避けて通れない税金の1つが自動車取得税というわけです。

この税金は排気量に関係ないことはもちろん、車を買う最初にだけ必要となるので、一度払えば済みます。

自動車重量税はクルマの重さごとに決まっている!

自動車重量税とは文字通り、クルマの重量によって決まる税金です。

重いクルマは道路にかかる負担が大きくなるので税金をより多く支払う必要がある、と考えればわかりやすいかもしれません。

クルマの重量は車検証に載っている「車両重量」で確認することができます。
新車を買った場合にはまず3年分を負担します。

中古車を買った場合、車検が残っていれば負担する必要がありません。

排気量には注意!車にかかる税金おさらい

ここで、あらためて車にかかる税金についてまとめておきましょう。
このうち、特に気にする必要があるのはやはり排気量で決まる「自動車税」です。

  • ・【自動車税】 排気量の大小によって決まる税金
  • ・【自動車取得税】 車体価格に応じて変わる税金
  • ・【自動車重量税】車の重さによって決まる税金

このなかで、もっとも負担が大きいのは車の排気量によって決まる「自動車税」です。

車を持っている人は毎年払う税金なので、毎年4〜5月は憂鬱な気持ちになる人も少なくありません。

維持費を節約するのであれば、排気量が少ない車に買い替えることを検討しましょう。
排気量が少ない車は、環境にもやさしいのでイイことづくめです。

環境にも、お財布にもやさしい車を選びたいですね。
もし税金を避けるために車を売るのであれば、必ず複数の買取店を比較しましょう。

あなたの愛車の最高額を一括査定でチェックしてみよう

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドは最短45秒のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額が無料ですぐにわかります。査定額がその場で表示されるのはかなり助かりますね。

  • 人気No.1!! かんたん車査定ガイドが選ばれる理由
  • わずか45秒、たった9項目に入力するだけで査定完了
  • あなたの愛車の概算価格がその場でわかる
  • もちろん無料!最大10社から最高額を選ぶだけ
査定トップ1

全国200社以上が参加中!最高額で売れる

見積もりに参加する業者数が多いほど、車の査定額は高くなります。お店ごとに査定基準もちがうため、「こんなに高く売れるの?」ということがよく起こるのです。

全国200社以上が参加する「ズバット車買取比較」は有名買取店から地元密着型のお店まで幅広い車のジャンルや車種に対応しています。本気で車を高く売りたい人にオススメです。

最大で50万円以上高く売るのも夢ではありません。わずか1分、少ない項目に入力するだけで、あなたの愛車を最高額で買い取ってくれるお店がスグにわかります。

すべて無料で使えるので【かんたん車査定ガイド + ズバット車買取比較】と合わせて利用する人も多く、たくさんの人が高価買取を実現していますよ。

  • 圧倒的な参加数!ズバット車買取のメリットは?
  • 全国200社以上の買取業者が参加中!もちろん無料
  • 依頼できる業者数が多く、本当の最高額で車が売れる
  • 累計100万人以上が利用する、安心の実績
査定トップ1

結局、どっちがオススメ?

【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】という2つの一括査定をご紹介しましたが、どちらを利用すべきかわからない人もいると思います。

気軽に車の概算額を知りたい人は【かんたん車査定ガイド】がおすすめです。操作もわかりやすいですし、入力項目も少ないので本当にカンタンですよ。

参加している買取業者数の多さで選ぶなら【ズバット車買取比較】がおすすめ。より多くのお店に査定依頼が届くので、より高い買取額が期待できます。

さらに言うと、【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】を併用する人も意外とたくさんいます。というのも、一括査定サイトごとに加盟している買取業者がちがうからです。査定してもらう業者数が多いほど、買取額は高くなります。2つの一括査定サイトを上手に活用することによって”究極の最高額”で車を売ることができるわけですね。

もっと安くなる!保険料を見直そう

私が一括見積りを活用したところ、保険料が109,800円⇒78,200円になり31,600円も自動車保険を安くすることができました。もちろん、補償内容は変わりません。

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険の窓口インズウェブ」は最短5分のカンタン入力で最大22社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

一括見積りできる保険会社
  • カテゴリー