車を高く売るなら【お得な車買取査定ナビ】

ガリバーで車を売るときに注意すべき3つのポイント

  カテゴリ:ガリバー, 車買取業者
ガリバーで車を売る

車を売るとき、真っ先に浮かぶ買取店はガリバー!という人も多いかと思います。

ガリバーは全国にお店がありますし、なにより知名度が高い。だから、車を売る人も買う人もまずはガリバーをチェックします。

わたしも車の売買をするときはガリバーをチェックするようにしています。

とはいえ、ガリバーとて完全無敵なわけではありません。車を売るときに注意すべきポイントをまとめました。

ガリバーで車を売るときに注意すべきポイント

「ガリバーなら高く売れる」「接客の対応も良い」という声も聞こえてきますが、はたして本当なのでしょうか?

ガリバーの魅力やメリットはあとで紹介するとして、まずは注意点を紹介したいと思います。

  • ・必ずしも最高額で売れるわけではない
  • ・店舗ごとに対応にバラツキあり
  • ・ガリバーも一括査定に加盟している

必ずしも最高額で売れるわけではない

ガリバーだからといって、どんな車でも高く売れるわけではありません。

なぜなら、車買取店ごとに得意ジャンル・不得意ジャンルがあるからです。

わたしは以前、車を売ろうと思って地元にある小さな車買取店に査定してもらったことがあります。

その店の営業マンが「ガリバーさんはいくらで査定しましたか?」と聞いてきました。そこでガリバーの査定額を伝えると「そうですか、じゃあうちはもっと高く買いますよ」と言って、プラス5万円を提示されたことがあります。

なにが言いたいのかというと、車の査定基準はお店ごとにバラバラなので、どのお店が最高額で売れるかはわからないということなのです。

中古車業界内におけるガリバーの存在が大きいのはまちがいありません。しかし、それがすべての車にあてはまるわけではないということを、車を売るまえにぜひ知っておいて欲しいと思います。

店舗ごとに対応にバラツキあり

ガリバーは約550店舗もある大企業です。そのため、お店ごとに接客や査定額にバラツキがあります。

仕方のないことですが、「ガリバーだから安心」と思って車を査定に出すと、痛い目にあうこともあるのです。

ガリバーの口コミや評判はネット上でもよく見かけますが、その両極端っぷりはすごいです。

「他の店より10万円以上も高く売れた!」という声もあれば、「店員の態度が最悪。二度とガリバーには行かない」という声もあります。

これこそ、店舗ごとに差があるという、最たる証拠です。

お店ごとにバラツキがある以上、まずは査定を受けてみるしか方法はありません。そこで納得がいけばいいですが、満足できなければ他の買取店に見てもらったほうが確実に良いです。

ガリバーも一括査定に加盟している

ガリバーで査定を受けるには、直接店舗に持ち込む以外にも、ガリバーのホームページからインターネット申し込みをすることができます。

そして、さらにガリバーは全国の業者が参加するインターネットの無料一括査定にも加盟しています。

つまり、ガリバーだけでなく、ほかの車買取店と簡単に査定額を比較できるわけです。

ガリバーばかりに目が行ってしまうと、もっと高く買い取ってくれる他の車買取店を見逃すことになります。

ですから、ガリバーで車を売ると決めたとしても、必ずほかのお店と比べるようにしてください。

さきほど説明したように、ガリバーが必ず最高額を出してくれるとは限らないからです。

いくらで売れる?愛車の最高額をチェックしてみる

ガリバーがここまで支持されてきた理由とは?

車買取店はそれこそ全国にたくさんあります。なぜガリバーはここまで業績を伸ばし、多くの人に利用されてきたのでしょうか?

その理由は大きく分けて3つあります。

  • ・在庫をなるべく持たない
  • ・中間業者をはさまない
  • ・オプションや装備品をプラス査定

在庫をなるべく持たない

ガリバーがここまで売り上げを伸ばせた最大の理由の1つが、在庫を持たないという方針にあります。

一般的な中古車買い取り店は、車をお客さんから買い取った後にお店でそのまま販売します。それが売れればいいのですが、売れ残ってしまうと不良在庫となってしまいますよね。

ですから、車販売店としては「ムダな在庫は持たない」というのが理想的なわけです。

ガリバーは、お客さんから買い取った車を店頭で販売しますが、その期間はわずか数日程度。基本的にはオークションや他店舗に車を移すことで、在庫リスクを排除しています。

これができるのは、長年積み上げてきたオークション販売のノウハウと、ガリバーの圧倒的な店舗網(全国に約550店舗)があるからです。

また、在庫を持たないようにすることで、余計な土地(車を展示するための場所)も必要なくなるので、賃貸料もカットできるわけです。

このような仕組みがあるおかげで、お客さんから車を高く買い取っても十分に利益が出せるわけですね。

中間業者をはさまない

中間業者は、マージン(手数料)を取るので利益を奪っていきます。

ガリバーは店舗がたくさんありますから、A店で売れなかった車をB店で売ることができますし、その輸送などもすべて自社で行っています。

これを外部に委託したりするとマージンが取られてしまうわけですが、ガリバーは中間業者をはさまないので利益を多く手元に残せるのです。

また、海外にも販売網を持っているため、日本では売れないような車(走行距離過多、事故車など)でも買い取って販売することができます。

直接販売網とオークション、この2つの方法を活用することで中間業者へのマージンを減らすことに成功しているのです。

オプションや装備品をプラス査定

ガリバーは査定のときにオプションや装備品をプラス査定してくれます。

知らない人も多いと思いますが、たとえばディーラーの下取りだとオプションや装備品はプラス査定になりません。あくまでも車種、走行距離、年式、グレードしか見てくれないからです。

ガリバーは「いま、どんなオプションや装備品が市場で人気なのか?」をしっかりと把握しているため、たとえプラス査定しても十分に元を取れる仕組みになっています。

車の買い替えで下取りに出してはいけないと多くの人が言いますが、わたしも確実にそう思います。

下取りに査定してもらうのはいいですが、即決はせずにガリバーや他の車買取店に見てもらったほうが、オプション品も含めて買取額が高くなりやすいです。

あなたの愛車の最高額を一括査定でチェックしてみよう

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドは最短45秒のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額が無料ですぐにわかります。査定額がその場で表示されるのはかなり助かりますね。

  • 人気No.1!! かんたん車査定ガイドが選ばれる理由
  • わずか45秒、たった9項目に入力するだけで査定完了
  • あなたの愛車の概算価格がその場でわかる
  • もちろん無料!最大10社から最高額を選ぶだけ
査定トップ1

全国200社以上が参加中!最高額で売れる

見積もりに参加する業者数が多いほど、車の査定額は高くなります。お店ごとに査定基準もちがうため、「こんなに高く売れるの?」ということがよく起こるのです。

全国200社以上が参加する「ズバット車買取比較」は有名買取店から地元密着型のお店まで幅広い車のジャンルや車種に対応しています。本気で車を高く売りたい人にオススメです。

最大で50万円以上高く売るのも夢ではありません。わずか1分、少ない項目に入力するだけで、あなたの愛車を最高額で買い取ってくれるお店がスグにわかります。

すべて無料で使えるので【かんたん車査定ガイド + ズバット車買取比較】と合わせて利用する人も多く、たくさんの人が高価買取を実現していますよ。

  • 圧倒的な参加数!ズバット車買取のメリットは?
  • 全国200社以上の買取業者が参加中!もちろん無料
  • 依頼できる業者数が多く、本当の最高額で車が売れる
  • 累計100万人以上が利用する、安心の実績
査定トップ1

結局、どっちがオススメ?

【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】という2つの一括査定をご紹介しましたが、どちらを利用すべきかわからない人もいると思います。

気軽に車の概算額を知りたい人は【かんたん車査定ガイド】がおすすめです。操作もわかりやすいですし、入力項目も少ないので本当にカンタンですよ。

参加している買取業者数の多さで選ぶなら【ズバット車買取比較】がおすすめ。より多くのお店に査定依頼が届くので、より高い買取額が期待できます。

さらに言うと、【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】を併用する人も意外とたくさんいます。というのも、一括査定サイトごとに加盟している買取業者がちがうからです。査定してもらう業者数が多いほど、買取額は高くなります。2つの一括査定サイトを上手に活用することによって”究極の最高額”で車を売ることができるわけですね。

もっと安くなる!保険料を見直そう

私が一括見積りを活用したところ、保険料が109,800円⇒78,200円になり31,600円も自動車保険を安くすることができました。もちろん、補償内容は変わりません。

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険の窓口インズウェブ」は最短5分のカンタン入力で最大22社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

一括見積りできる保険会社
  • カテゴリー