車を高く売るなら【お得な車買取査定ナビ】

納税証明書を紛失した!再発行できる?車買取の注意点

  カテゴリ:車買取の手続き
車買取で納税証明書を紛失!再発行は?

車を売ったり買ったりするときには、必要な書類がたくさんあります。

車検証などは車に積んでいることが多いので心配ありませんが、自動車税の納税証明書は紛失する人が多いようです。

納税証明書は車を売るときに必ず必要なので、用意しなければいけません。再発行はできるのでしょうか?

そもそも自動車税の納税証明書とは?

毎年4月1日時点で車を所有している人のところに、自動車税の納付通知書が届きます。

乗っている車の排気量によって税額は変わってきますが、大きな負担になっている人も多いかもしれません。

納付通知書を使えば銀行やコンビニで自動車税を払うことができますが、支払いが終わったあとに「控え」を受け取っているはず。ズバリ、これが自動車税の納税証明書です。

納税証明書の用紙

発行する市町村によって書式は異なりますが、基本的には3連タイプの通知書です。この一番右端を切り離した用紙が納税証明書となります。

一見すると、あまり意味のなさそうな紙切れで、レシートと一緒に処分してしまう人が多いのも事実。

しかし、この納税証明書は車を売るときだけでなく、車検のときにも必要になる重要な書類なのです。

なぜ車買取で納税証明書を求められるの?

じつは納税証明書は厳密に言うと車検のときに必要なのであって、車を売るときには法的にはなくてもいい書類なのです。車の売買における名義変更の手続きなどは、納税証明書を必要としません。

にもかかわらず、車買取店に売却をするときには納税証明書の必ず提出が求められます。なぜでしょうか?

その理由をひとことで言うと、「トラブルやクレーム・苦情を避けるため」です。

車を売却したあと、その車はあたらしい持ち主のところで行きます。そのとき、もし自動車税が未納だったらどうなるでしょうか?

まちがいなく、お客さんは販売店にクレームや苦情を入れますよね。

つまり、車買取のときに納税証明書が必要なのは、あなたの車が本当に納税済みなのか?本当に自動車税が払われているのか?を確認するためなのです。

それを知るには納税証明書が手っ取り早いわけで、納税証明書があることで販売店は安心して取引ができるようになります。

納税書証明書は再発行できる?

納税証明書が手元にあればいいのですが、紛失している人も多いハズ。

さて、納税証明書は紛失しても大丈夫です。再発行が可能です。

市町村が発行する書類だから、再発行もさぞかし面倒だろう…と思いきや、じつはとっても簡単に再発行ができます。

ここでは愛知県を例にとって、再発行の方法を見てみましょう。再発行の方法は、大きくわけて3つあります。

  • ・自動発行機で申請する
  • ・窓口で申請する
  • ・郵送で申請する

自動発行機で申請する

まずもっとも手軽でわかりやすいのが、自動発行機で申請する方法です。公式サイトには以下のような説明があります。

愛知県の県税事務所※に設置している自動車税納税証明書自動発行機で、登録番号及び車台番号(下4桁)をご自身で入力することにより、車検用納税証明書が発行できます。

自動発行機ですから、窓口まで行く必要はなく、職員の手続きで時間を取られることもありません。

以下の2つの内容がわかるようにして、自動発行機で発行しましょう。車検証さえあれば、情報はすべてわかりますので車検証は必ず持参しましょう。

ちなみに、これはあくまでも愛知県のケースです。地域によって対応が異なる場合がありますから、あなたがお住いの市区町村に必ず確認をとってください。

窓口で申請する

2つ目は、県税事務所の窓口で申請する方法です。

県税事務所の窓口で配布している納税証明書交付申請書により、最寄りの県税事務所で申請してください。

窓口で申請する場合、自動発行機とはちがって押印が必要となります。基本的には車検証と認印を持参すればOKです。
車検証をチェックして、以下の情報がわかるようにしておきましょう。

  • ・申請人の住所(所在地)及び氏名(名称)
  • ・自動車の登録番号
  • ・自動車の車台番号(下4桁) ※自動車検査証でご確認ください。
  • ・申請人(代理人が申請する場合は代理人)の認印

郵送で申請する

納税証明書を再発行するには、その車が登録してある県税事務所に請求しなければいけません。

引っ越しなどによって、県税事務所まで行くのがむずかしい場合は郵送で申請しましょう。

所要の金額の切手を貼付した返信用封筒を同封し、管轄の県税事務所へ交付申請してください。なお、納付後概ね2週間以内に納税証明書の交付申請を行う場合は、納税の確認ができない場合がありますので、事前に県税事務所にお尋ねください。

郵送の場合は再発行されるまでに時間がかかります。もし車を売る計画を立てているのであれば、早めに手続きするようにしましょう。

あなたの愛車の最高額を一括査定でチェックしてみよう

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドは最短45秒のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額が無料ですぐにわかります。査定額がその場で表示されるのはかなり助かりますね。

  • 人気No.1!! かんたん車査定ガイドが選ばれる理由
  • わずか45秒、たった9項目に入力するだけで査定完了
  • あなたの愛車の概算価格がその場でわかる
  • もちろん無料!最大10社から最高額を選ぶだけ
査定トップ1

全国200社以上が参加中!最高額で売れる

見積もりに参加する業者数が多いほど、車の査定額は高くなります。お店ごとに査定基準もちがうため、「こんなに高く売れるの?」ということがよく起こるのです。

全国200社以上が参加する「ズバット車買取比較」は有名買取店から地元密着型のお店まで幅広い車のジャンルや車種に対応しています。本気で車を高く売りたい人にオススメです。

最大で50万円以上高く売るのも夢ではありません。わずか1分、少ない項目に入力するだけで、あなたの愛車を最高額で買い取ってくれるお店がスグにわかります。

すべて無料で使えるので【かんたん車査定ガイド + ズバット車買取比較】と合わせて利用する人も多く、たくさんの人が高価買取を実現していますよ。

  • 圧倒的な参加数!ズバット車買取のメリットは?
  • 全国200社以上の買取業者が参加中!もちろん無料
  • 依頼できる業者数が多く、本当の最高額で車が売れる
  • 累計100万人以上が利用する、安心の実績
査定トップ1

結局、どっちがオススメ?

【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】という2つの一括査定をご紹介しましたが、どちらを利用すべきかわからない人もいると思います。

気軽に車の概算額を知りたい人は【かんたん車査定ガイド】がおすすめです。操作もわかりやすいですし、入力項目も少ないので本当にカンタンですよ。

参加している買取業者数の多さで選ぶなら【ズバット車買取比較】がおすすめ。より多くのお店に査定依頼が届くので、より高い買取額が期待できます。

さらに言うと、【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】を併用する人も意外とたくさんいます。というのも、一括査定サイトごとに加盟している買取業者がちがうからです。査定してもらう業者数が多いほど、買取額は高くなります。2つの一括査定サイトを上手に活用することによって”究極の最高額”で車を売ることができるわけですね。

もっと安くなる!保険料を見直そう

私が一括見積りを活用したところ、保険料が109,800円⇒78,200円になり31,600円も自動車保険を安くすることができました。もちろん、補償内容は変わりません。

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険の窓口インズウェブ」は最短5分のカンタン入力で最大22社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

一括見積りできる保険会社
  • カテゴリー