車を高く売るなら【お得な車買取査定ナビ】

ずばり、アウトドア向きの車は?おすすめの車種と車選びのコツ

  カテゴリ:車の購入・売却
アウトドアにオススメの車

車選びによって、キャンプやレジャーなどの楽しみ方は大きく変わってきます。
アウトドアにはどんな車が向いているのでしょうか?

いまの車を買い替えるときにはどんな車種にしようか考えるのは1つの楽しみですよね。
アウトドア向けの車には国産車・輸入車問わず、非常にすぐれた車がたくさんあります。

今回はアウトドア向きの車に買い替えるなら知っておきたい「おすすめの車」を5つ紹介します。

どんな車がアウトドアにおすすめ?正しい車選びのコツ

具体的な車種の紹介をする前に、まずはアウトドアに必要な車の装備やスペックを見ておきたいところ。
アウトドアを快適なものにするためには、以下のポイントをチェックしておきましょう。

  • ・悪路(オフロード)でも走行できる
  • ・収納力がある
  • ・大人数乗せられる
  • ・車内のレイアウトが自由自在
  • ・車中泊(仮眠)できる車

悪路走破性が高い車

まずはなんといっても「オフロードに強い車」はアウトドア車を選ぶときの重要ポイントです。
アウトドアとひとくちに言っても、険しい道があったり、舗装されていない道を走ることもあります。

都会で走ることがほとんどでも、最近はSUVなどアウトドアとシティユースに強い車種がたくさんあります。

スペックとしては四輪駆動(4WD)で車高が高い車がベストです。
ぬかるみにハマったり、雪道で止まってしまった場合でも4WDは心強く感じるでしょう。

本格的なアウトドアで悪路を走るのであれば川に行く機会も増えるでしょうから、浅瀬にも進入できる車高の高い車がいいですね。

収納力が高い車

アウトドアの定番といえばキャンプやサーフィン、スノーボードなどさまざま。
これらすべててに共通するのは「荷物が多い」ということ。

こうした荷物を運ぶには収納力が高い車を選びましょう。

トランク(リア)は開口部が広く、リアゲートが開閉しやすいものを選ぶと荷物の出し入れがスムーズではかどります。

また、トランクのドアは低いほうが荷物の出し入れがしやすいので、リアの車高の低さは重要です。

さらに、車内の天井が高いと積める荷物の選択肢が広がります
自転車をそのまま積めるアウトドア向け車種もあるので、必要に応じて選びたいですね。

乗車定員の多い車

アウトドアでは大人数でのドライブが付き物です。
収納力が高い車であれば、おのずと乗車定員が増えることになりますが、やはりたくさんの人が乗っても快適な車を選びたいところです。

言いかえれば、荷物もたくさん積めて人もたくさん乗れる車選びが重要ということ。

ミニバンだけではなく、SUVタイプでも3列シートの車種が多く揃っていますので選択の幅は広がっています。

もし大人数での移動が多いのであれば、乗車定員だけでなく快適性もチェックしたいところ。
たとえば3列シートは使えても、乗り心地が悪いタイプの車種もあります。

アウトドアを重視するなら、後部座席の乗り心地は時間をかけて入念にチェックしましょう。

車内のレイアウトが自由に変えられる

収納力が高く、乗車定員が多くても車内の座席のレイアウト自由度が低い車は避けたいところ。

たとえば、自転車を積むときには後部座席を横面に吊るせるタイプが理想です。
荷室スペースを最大にしたとき、できるだけ空間に広がりのあるタイプは自由度が高いといえます。

また、車内の座席を動かせば数人で食事を取れる環境にも早変わりします。

座席を対面にできると、車内での時間の使い方も広がりますね。家族や友人と車内でランチ、なんてときに大活躍です。

アウトドアに使う車は、あらゆるシーンに対応できる座席のレイアウトを重視しましょう。

車中泊(仮眠)ができる車

車の中で睡眠ができるか否か、これはアウトドア向け車種を考える上では非常に重要なポイントです。

車中泊を考えているのであれば、フルフラットにできる車は必須となります。

フルフラットに明確な定義はありませんが、運転席、助手席から後部座席にいたるまで車全体をフラットにできる車は頼りになります。

シートベルトなどの金具が気になる所ですが、マットなどをカー用品店で揃えれば車内はかなり快適です。

ハイエースなどの大型ワゴンでは、後部座席を2段ベッドのようにできるタイプがあります。

キャンピングカーの領域にまで視野を広げると、使い方次第では大人4人が横になれる車もあるのでチェックすると良いでしょう。

いくらで売れる?愛車の最高額をチェックしてみる

安い車種はある?アウトドア向きの車を選ぶときの予算

それでは実際に、アウトドア向けの車種を紹介していきましょう。

車種ごとの予算も紹介するので、車購入の資金計画を立てるときの参考にしてみてくださいね。

トヨタ・ランドクルーザー

ランドクルーザー

海外でも高い評価を得ているランドクルーザーはアウトドアでは無敵の存在といえるでしょう。
路面状況に応じて、駆動力を4輪に最適分配することで、高い走破性を誇ります。

キャンプなどのレジャーはもちろん、過酷な山道でも絶大な安心感があり、海外では砂漠などの険しい道でも利用されています。

気になる価格帯は450万円〜653万円となっています。
くわしいグレードと価格は以下のとおりです。

  • ・ZX 6,531,429円
  • ・AX 4,988,572円〜
  • ・GX 4,525,714円

日産・エクストレイル

エクストレイル

四輪駆動でも燃費が約15km/L(JC08モード)と低燃費なのが特徴。
リアシートの格納もできるので、収納力も高く非常に便利です。

ハイブリッドタイプも発売されているので、維持費を節約したい人にもオススメの1台です。

やや割高になりますが、ハイブリッド車も用意されています。

価格帯は230万円〜280万円となっています。くわしいグレードと価格は以下のとおりです。

  • ・20X [2列] 2,313,360円〜
  • ・20X [3列] 2,385,720円〜
  • ・20X HYBRID 2,804,760円

三菱・デリカD:5

デリカD:5

オフロードの走破性はもちろん、オンロードなどの都会でも快適な走りを実現している車種として高い人気を誇ります。

4WDミニバンとして、多様でフレキシブルな空間を楽しむことができます。車内が広いアウトドア車を求めている人は、十分に検討する価値があります。

価格帯は230万円〜404万円となっています。くわしいグレードと価格は以下のとおりです。

グレードによってかなり価格にちがいがありますから、予算に応じて慎重に選びましょう。

  • ・D-Premium 4,046,760円
  • ・D-Power package 3,517,560円
  • ・G-Premium 3,722,760円
  • ・G-Power package 2,737,800円〜
  • ・M 2,397,600円〜

スバル・レガシィアウトバック

レガシィアウトバック

燃費はJC08モードで14.6kmと低燃費を実現。
走破性もさることながら、スバルの運転支援システム「アイサイト」が都会での走りにも一役買ってくれます。

一見するとアウトドア向けに見えませんが、9インチサイズのゴルフバッグ、大型スーツケースをともに4つ収納できるなど収納力抜群です。

価格帯は313万円〜340万円となっています。
くわしいグレードと価格は以下のとおりです。

  • ・レガシィアウトバック 3,132,000円
  • ・レガシィアウトバックLimited 3,402,000円

ジープ・コンパス

ジープ・コンパス

ジープならではの外観とともに、高い安全性を実現したコンパス。

1つ上のグレードである「グランドチェロキー」と同じフレームを使っているので、デザインは似ています。グランドチェロキーよりも価格が安いので手が届きたいのが魅力。

外国メーカーのアウトドア車を考えている人にオススメの車種です。

価格帯は302万円〜356万円となっています。
くわしいグレードと価格は以下のとおりです。

  • ・アルティチュードスポーツ 3,564,000円
  • ・リミテッド 3,024,000円

アウトドア車の買い替えに必要な費用を効率的に用意するには?

アウトドア車とはいえ、オンロードでも高い運転性能を誇る車がたくさんあります。
多くの車を比較して、自分に合った車を見つけたいところですね。

アウトドア車の買い替えにかかる費用は、一般的な車種よりも高くつくことがあります。

走破性と堅牢なボディを実現するために、やはり車両価格も他のタイプと比べると割高です。

車の買い替えであれば、いま乗っている車をできるだけ高く売却するなどして、余裕のある予算で車選びに入りましょう。

いま乗っている車が高く売れると、そのぶんだけ購入予算が増えることになります。
当然ですが、予算が増えると車選びの選択肢もグッと広がりますよね。

少しでもお得にアウトドア車に買い替えるためにも、できるだけ多くの査定会社に愛車の見積りを出してもらうことをオススメします。

愛車が高く売れれば、車の購入予算がグッと増えますし、1つ上のグレードを選ぶこともできます。

まずは一括査定を活用して、見積もりを出してみましょう。いま乗っている車が高く売れれば、欲しい車種がグッと広がりますよ。

あなたの愛車の最高額を一括査定でチェックしてみよう

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドは最短45秒のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額が無料ですぐにわかります。査定額がその場で表示されるのはかなり助かりますね。

  • 人気No.1!! かんたん車査定ガイドが選ばれる理由
  • わずか45秒、たった9項目に入力するだけで査定完了
  • あなたの愛車の概算価格がその場でわかる
  • もちろん無料!最大10社から最高額を選ぶだけ
査定トップ1

全国200社以上が参加中!最高額で売れる

見積もりに参加する業者数が多いほど、車の査定額は高くなります。お店ごとに査定基準もちがうため、「こんなに高く売れるの?」ということがよく起こるのです。

全国200社以上が参加する「ズバット車買取比較」は有名買取店から地元密着型のお店まで幅広い車のジャンルや車種に対応しています。本気で車を高く売りたい人にオススメです。

最大で50万円以上高く売るのも夢ではありません。わずか1分、少ない項目に入力するだけで、あなたの愛車を最高額で買い取ってくれるお店がスグにわかります。

すべて無料で使えるので【かんたん車査定ガイド + ズバット車買取比較】と合わせて利用する人も多く、たくさんの人が高価買取を実現していますよ。

  • 圧倒的な参加数!ズバット車買取のメリットは?
  • 全国200社以上の買取業者が参加中!もちろん無料
  • 依頼できる業者数が多く、本当の最高額で車が売れる
  • 累計100万人以上が利用する、安心の実績
査定トップ1

結局、どっちがオススメ?

【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】という2つの一括査定をご紹介しましたが、どちらを利用すべきかわからない人もいると思います。

気軽に車の概算額を知りたい人は【かんたん車査定ガイド】がおすすめです。操作もわかりやすいですし、入力項目も少ないので本当にカンタンですよ。

参加している買取業者数の多さで選ぶなら【ズバット車買取比較】がおすすめ。より多くのお店に査定依頼が届くので、より高い買取額が期待できます。

さらに言うと、【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】を併用する人も意外とたくさんいます。というのも、一括査定サイトごとに加盟している買取業者がちがうからです。査定してもらう業者数が多いほど、買取額は高くなります。2つの一括査定サイトを上手に活用することによって”究極の最高額”で車を売ることができるわけですね。

もっと安くなる!保険料を見直そう

私が一括見積りを活用したところ、保険料が109,800円⇒78,200円になり31,600円も自動車保険を安くすることができました。もちろん、補償内容は変わりません。

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険の窓口インズウェブ」は最短5分のカンタン入力で最大22社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

一括見積りできる保険会社
  • カテゴリー