車を高く売るなら【お得な車買取査定ナビ】

いつ受けるべき?車検に出すベストなタイミング

  カテゴリ:車検・メンテナンス
車検を受けるタイミングは?

車検は車を安全に乗るために欠かせない検査で、法律で決められています。

しかし、頻繁に受けるものではないので「車検に出すタイミングがわからない」という人も多いでしょう。

車検はいつ受けるべきなのでしょうか?車検で損をしないために知っておくべき、ベストなタイミングをご紹介します。

「車検の満了日」を知ることがとっても大切

まず車検のキホンについておさらいしておきましょう。

車検は新車の場合は購入してから3年後、そしてそれ以降は2年ごとに受ける必要があります。中古車で購入した場合、基本的に2年ごとになります。

車検が切れる日付のことを「満了日」といい、これが車検を受けるタイミングを考えるうえで重要となります。

車検はいつから受けられる?

車検が切れる日を満了日といいますが、車検は満了日の1ヶ月前から受けることができます。

車検が切れそうなタイミングが近づいてくると、以前車検をしてもらった整備工場やディーラーなどから通知が届くはずです。

この通知は、車検が切れる満了日の1ヶ月以上前から届くでしょう。

なかには満了日の通知がないケースも考えられるので、その場合には自分で車検証をチェックして満了日を確認する必要があります。

特に、整備工場に出さないで自分で車検を受ける「ユーザー車検」を利用した人は注意が必要です。

車検に出すベストタイミングは?

さて、結論から言いますと、車検に出すベストなタイミングは「車検満了日の1ヶ月前」です。

たとえば、車検が切れる満了日が5月31日の場合、5月1日から車検を受けることができます。

基本的に、車検を受けるときは電話やネット予約が必要になります。ですから、たとえば5月1日に車検に出したいのであれば、あらかじめ4月中旬ごろには予約を入れておくと安心です。

あまりギリギリになってしまうと、車検場が予約で埋まってしまうため、早めのタイミングがベストです。

満了日ギリギリに出しても、お得にはならない

ここで特に注目して欲しいのが、車検切れとなる満了日ギリギリに出しても、お得にならないということです。

つまり、車検を満了日のギリギリに出しても満了日は更新されません。満了日が5月31日の場合、車検を5月1日に受けても5月30日に受けても、満了日は5月31日のままということです。

「車検を早く受けすぎると、早めた分だけ損をする」と考える人が多いですが、これはまちがいですのでご注意ください。

車検が切れる日付は、基本的にずっと同じ満了日になると考えると良いでしょう。

満了日の1ヶ月以上前に車検を受けると損をする

ただし、じつは満了日が更新されるケースがあります。それは、満了日の1ヶ月以上前に車検を受けてしまった場合です。

満了日が5月31日なのに、車検を1ヶ月以上前の4月30日に受けてしまうと、満了日が4月30日に更新されてしまいます。すると、次回以降の満了日が4月30日となってしまうのです。

つまり、1ヶ月以上前に車検を早く受けてしまうと、1ヶ月分損をすることになってしまうということ。

特別な理由がない限り、車検は満了日の1ヶ月前以降から受けるようにしましょう。

車検に出すときに、おすすめの曜日や日にちは?

もう少し具体的なタイミングについて見ていきましょう。

いざ満了日の1ヶ月前以降に車検を受けようとする場合、どのタイミングで車検を予約すべきでしょうか?

まずおすすめしたいのは、整備工場などが空いている以下のタイミングです。

  • ・毎月はじめ(1週目)
  • ・週の半ば(水曜日)

毎月はじめ(1週目)

まず1ヶ月という単位で見てみると、月初がおすすめです。

なぜなら、月末は車検の予約が増加するため、整備工場が混雑するからです。

車検を早めに受ける人は少数派で、多くの人はギリギリになって車検を受ける傾向があります。つまり、月末近くになると混雑するのです。

単純に予約が取りづらくなるということもありますが、整備工場が混雑すると「質の高い車検」が受けられない可能性が出てきます。

車検で車をチェックするのはあくまでも人間です。時間に余裕があるときとないときでは、どうしても差が生まれやすいのです。

週の半ば(水曜日か木曜日)

今度は週単位で見てみましょう。まず、車検は週末の土曜日・日曜日に混雑します。

単純に多くの人が土日休みだからという理由もありますが、車通勤をしている人は平日に時間を取ることができません。そのため、どうしても土日に車検が集まってしまうのです。

また、月曜日や金曜日などもタイミングとしては避けたほうがいいでしょう。土日と組み合わせて休みを取る人が多いため、比較的混雑しがちです。

おすすめのタイミングや水曜日か木曜日。より細かくいえば、木曜日がベストだと思います。

とはいえ、平日であればどの曜日でも大きな差はないので、あなたの都合に合わせて選ぶのがベストです。

車検が切れた車で走ると罰せられる?

車検に出すタイミングがなく、車検が切れてしまった人はどうすればいいでしょうか?

車検が切れた車を公道で走らせると、罰金や違反点数を課せられることがあります。そのため、車検切れの車はレッカーを手配するなどして移動する必要があります。

また、もし車検切れの車にもう乗ることはないなら、思い切って売却するのも1つの方法です。

車買取店は無料の出張査定に対応しているので、車検が切れた車でも買い取ってくれます。車検を受けるタイミングを逃した人は、検討してみるといいかもしれません。

ネットの一括査定は、その場で査定額が表示されるので「査定額を見てから車検に出すか決める」というのもオススメですよ。

あなたの愛車の最高額を一括査定でチェックしてみよう

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドは最短45秒のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額が無料ですぐにわかります。査定額がその場で表示されるのはかなり助かりますね。

  • 人気No.1!! かんたん車査定ガイドが選ばれる理由
  • わずか45秒、たった9項目に入力するだけで査定完了
  • あなたの愛車の概算価格がその場でわかる
  • もちろん無料!最大10社から最高額を選ぶだけ
査定トップ1

全国200社以上が参加中!最高額で売れる

見積もりに参加する業者数が多いほど、車の査定額は高くなります。お店ごとに査定基準もちがうため、「こんなに高く売れるの?」ということがよく起こるのです。

全国200社以上が参加する「ズバット車買取比較」は有名買取店から地元密着型のお店まで幅広い車のジャンルや車種に対応しています。本気で車を高く売りたい人にオススメです。

最大で50万円以上高く売るのも夢ではありません。わずか1分、少ない項目に入力するだけで、あなたの愛車を最高額で買い取ってくれるお店がスグにわかります。

すべて無料で使えるので【かんたん車査定ガイド + ズバット車買取比較】と合わせて利用する人も多く、たくさんの人が高価買取を実現していますよ。

  • 圧倒的な参加数!ズバット車買取のメリットは?
  • 全国200社以上の買取業者が参加中!もちろん無料
  • 依頼できる業者数が多く、本当の最高額で車が売れる
  • 累計100万人以上が利用する、安心の実績
査定トップ1

結局、どっちがオススメ?

【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】という2つの一括査定をご紹介しましたが、どちらを利用すべきかわからない人もいると思います。

気軽に車の概算額を知りたい人は【かんたん車査定ガイド】がおすすめです。操作もわかりやすいですし、入力項目も少ないので本当にカンタンですよ。

参加している買取業者数の多さで選ぶなら【ズバット車買取比較】がおすすめ。より多くのお店に査定依頼が届くので、より高い買取額が期待できます。

さらに言うと、【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】を併用する人も意外とたくさんいます。というのも、一括査定サイトごとに加盟している買取業者がちがうからです。査定してもらう業者数が多いほど、買取額は高くなります。2つの一括査定サイトを上手に活用することによって”究極の最高額”で車を売ることができるわけですね。

もっと安くなる!保険料を見直そう

私が一括見積りを活用したところ、保険料が109,800円⇒78,200円になり31,600円も自動車保険を安くすることができました。もちろん、補償内容は変わりません。

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険の窓口インズウェブ」は最短5分のカンタン入力で最大22社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

一括見積りできる保険会社
  • カテゴリー