車を高く売るなら【お得な車買取査定ナビ】

初回の車検はいつ?何年ごと?新車の車検を受けるときの注意点

  カテゴリ:新車, 車検・メンテナンス
新車の車検期間

新車は何年で車検を受けなければいけないのでしょうか?

車は定期的な点検が欠かせませんが、特に車検を受けることは車を持つ人の義務でもあります。

車の車検にはいろいろな種類があるとともに、車の種類によっては車検までの期間にちがいがあるのをご存知でしょうか。

今回は新車の車検期間をはじめ、車の車検までも期間について解説します。

新車は3年で車検を受けよう!

自家用乗用車の車検は一般的に2年ごとですが、新車の場合は買ってから3年で初回の車検を受けることになっています。

新車登録から初回の検査までの3年間は車検を受けることなく乗れるということです。それ以降は2年ごとに車検を受けることになります。

つまり、わたしたちが一般的に運転する車は、新車から最初の3年間は車検なし、それ以降は2年ごとに車検を受けることになります。

ちなみに、車検の有効期間は車種によって以下のように分かれています。

わたしたちが普段乗る車は基本的に新車は3年、それ以降は2年ごとと覚えておきましょう。普通車と軽自動車で車検期間にちがいはなく、どちらも同じです。

車検の有効期間

出典:JAF

なぜ新車だけは3年間なの?

新車は3年ですが、それ以降は2年毎に受ける車検。新車が3年間なのは、なぜなのでしょうか?

じつは明確な答えというのは記載がないので、断言することはできません。

あくまでも「最初は新しいから」という理由で3年間になっていると考えるのが自然でしょう。

車は長く使っていればそれだけ部品や車体の摩耗が激しくなります。新車であればそれほど気にする必要もないのですが、長く乗っているうちに必ず”ガタ”はやってきます。

ちなみに3年間のあとは、2年ごとの車検になりますが、これも実際は多すぎるという声があります。というのも、果たして2年で車が激しく損耗するか?という疑問が多いからです。

実際、アメリカには車検という仕組みはなく、車の管理はすべて自己責任で行われています。

交通安全を考えると車検という仕組みは素晴らしいのですが、車検代などの維持費を敬遠して車を手放す人が多くなるようでは本末転倒ですよね。

車検はいつから受けられるの?

車検を受ける前に知っておきたいのが「いつから車検を受けられるのか?」です。

車検は有効期限が切れる1ヶ月まえから受けることができます。

たとえば、4月末で車検が切れる車であれば、おおよそ1ヶ月前の3月末から車検が可能です。

車検の有効期限はどこで確認できる?

車検の有効期限はフロントガラスの中央あるいは左上に貼られたステッカーで確認することができます。

ステッカーが貼られていない場合には車検証を確認しましょう。

ステッカーは内側のフロントガラス上部に貼ることが定められていますので、もし、貼っていないのであればスグに貼り付けましょう。

車検が切れる日は、車検証の「有効期間の満了する日」という項目にも記載されています。

車検が切れた車を運転するとどうなる?

車検が切れた車は絶対に運転しないようにしましょう。
仮に車検が切れた状態の車を運転していると、以下のような事態に見舞われることがあります。

  • ・無車検車走行で30万円以下の罰金
  • ・自動車損害賠償保障法違反で50万円以下の罰金
  • ・90日の免許停止

車検切れの車が罰金や免許停止の対象

車検が切れた状態で公道を走ること自体が法律違反なので、罰金の対象になります。

また、違反点数がたまることで免許停止になることも考えられます。

自動車保険が使えないので、億単位の賠償が自腹になることも

さらにコワイのが自動車保険が使えないことです。
車検が切れた車は事故を起こしたとしても任意保険・自賠責保険ともに補償の対象外になります。

大きな事故(たとえば人身事故)で相手を死亡させてしまうと、1〜3億円もの賠償金が必要になることがあります。
車検が切れていると、こうした補償が受けられないので高額賠償を自分の手で負わないといけません。

車検の有効期間には十分に注意し、早めに検査を受けるようにしましょう。

車を買い替える人は何年で買い替えている?

車検の費用は、車種や車検工場によって価格が変わってきますが、それなりの費用を覚悟する必要があります。

ほとんどが10万円以上かかりますし、高級車やスポーツカーになると数十万円は車検費用がかかります。

あまり利用する人は多くありませんが、ディーラー車検だと50万円以上も車検費用がかかることも。

愛着があって長く乗るならば車検は必要な費用ですが、いまの車に飽きてしまったり、買い替えを考えているなら車検を受ける前のタイミングが狙い目です。

3年のサイクルで買い替える人が多い理由は?

じつは、3年おきに車を買い替える人が意外に多いのをご存知でしょうか。

その理由は、言うまでもなく「車検のまえに車を売ってしまおう」と考えている人が多いからです。

というのも、車検に出したあとすぐに売ってしまうと、車検代がムダになることがあるからです。

「車検が残っている分は査定額がアップするからいいんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、車検が残っているからといって査定額は上がりません。

車検を受けた車は、自分で最大限使わないと「支払い損」になってしまうのです。

もし車検を目前に控えていて、車の買い替えを検討しているのであれば、車検を受ける前に手放すことをオススメします。

車検切れの車でも売れる、意外な事実

車検が残ってない車を売ることもできます。
さきほど説明したように、車検の残り期間は査定額に影響を与えません。

ですから、車検の残りが1ヶ月の車であっても査定額が大きく下がることはあり得ません。

むしろ車検が切れている車を売ることすらできます。なぜなら、無料で出張査定を活用すれば車検のことを気にする必要はないからです。車検切れで公道が走れなくても、レッカーで移動すれば問題ないですからね。

一括査定を使うと、複数社から査定してもらえるので非常に便利です。まずは試しに、愛車の買取相場をチェックしてみることをオススメします。

あなたの愛車の最高額を一括査定でチェックしてみよう

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドは最短45秒のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額が無料ですぐにわかります。査定額がその場で表示されるのはかなり助かりますね。

  • 人気No.1!! かんたん車査定ガイドが選ばれる理由
  • わずか45秒、たった9項目に入力するだけで査定完了
  • あなたの愛車の概算価格がその場でわかる
  • もちろん無料!最大10社から最高額を選ぶだけ
査定トップ1

全国200社以上が参加中!最高額で売れる

見積もりに参加する業者数が多いほど、車の査定額は高くなります。お店ごとに査定基準もちがうため、「こんなに高く売れるの?」ということがよく起こるのです。

全国200社以上が参加する「ズバット車買取比較」は有名買取店から地元密着型のお店まで幅広い車のジャンルや車種に対応しています。本気で車を高く売りたい人にオススメです。

最大で50万円以上高く売るのも夢ではありません。わずか1分、少ない項目に入力するだけで、あなたの愛車を最高額で買い取ってくれるお店がスグにわかります。

すべて無料で使えるので【かんたん車査定ガイド + ズバット車買取比較】と合わせて利用する人も多く、たくさんの人が高価買取を実現していますよ。

  • 圧倒的な参加数!ズバット車買取のメリットは?
  • 全国200社以上の買取業者が参加中!もちろん無料
  • 依頼できる業者数が多く、本当の最高額で車が売れる
  • 累計100万人以上が利用する、安心の実績
査定トップ1

結局、どっちがオススメ?

【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】という2つの一括査定をご紹介しましたが、どちらを利用すべきかわからない人もいると思います。

気軽に車の概算額を知りたい人は【かんたん車査定ガイド】がおすすめです。操作もわかりやすいですし、入力項目も少ないので本当にカンタンですよ。

参加している買取業者数の多さで選ぶなら【ズバット車買取比較】がおすすめ。より多くのお店に査定依頼が届くので、より高い買取額が期待できます。

さらに言うと、【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】を併用する人も意外とたくさんいます。というのも、一括査定サイトごとに加盟している買取業者がちがうからです。査定してもらう業者数が多いほど、買取額は高くなります。2つの一括査定サイトを上手に活用することによって”究極の最高額”で車を売ることができるわけですね。

もっと安くなる!保険料を見直そう

私が一括見積りを活用したところ、保険料が109,800円⇒78,200円になり31,600円も自動車保険を安くすることができました。もちろん、補償内容は変わりません。

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険の窓口インズウェブ」は最短5分のカンタン入力で最大22社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

一括見積りできる保険会社
  • カテゴリー