喫煙車でも高く売れる「査定額をアップさせる3つのコツ」

喫煙車でも高く売れる「査定額をアップさせる3つのコツ」 車の売却・下取り

タバコを吸う人にとって、車を運転しながらの喫煙は至福のときですよね。

しかし、いざその喫煙車を売ることになった場合「喫煙車は査定額が下がってしまうのでは?」と心配になるものです。

実際のところ、喫煙車は査定額が下がる可能性がありますが、ちょっとした対策を取れば喫煙車でも高く売ることができます。

今回は喫煙車を査定に出す前に知っておきたい3つのポイントを解説します。

喫煙車はマイナス5万円を覚悟しておこう

中古車のカタログや、中古車屋の車を見ていると「禁煙車」という項目が記載されていることがあります。

こうして区別しているということは、喫煙車と禁煙車では「中古車としての売れ行きが変わる」ことを意味します。

さらに言えば、喫煙車と禁煙車では買取額に差があるということでもあります。

喫煙率の低下にともなって、こういった禁煙車が好まれるのは仕方のないことです。

では、査定金額にはどの程度の影響があるのでしょうか?

査定業者にもよりますが、喫煙車はおおむね3万円〜5万円の減額が多いと言われています。

喫煙車は買い手に敬遠されやすい

なぜ喫煙車をはじめとする「臭いのある車」は査定額が下がってしまうのでしょうか?

これは、あなたが中古車を探している立場になって考えてみればわかります。

中古車の情報欄に「臭いアリ」という記載があったら、誰も欲しいとは思いませんよね。

人間の五感のうち、一番最初にはたらくのは「嗅覚」です。車に乗った瞬間に不快なニオイがすれば、当然その車を買おうとは思いません。

さらにいえば、車のシートなど車内に染み付いたニオイは簡単には消えないのも大きな要因となっています。

わたしも以前まではタバコを吸っていたのでよくわかりますが、タバコと吸わない人って臭いに敏感なんですよね。

だから、車にはっきりと臭いが残っていると、当然その車は売れません。

喫煙車というはっきりした定義があるわけじゃない

ちなみに、喫煙車という明確な定義があるわけではありません。

あくまでも「臭いのする車」ということで、査定額が下がってしまいます。

そのためタバコの臭いはもちろん、ペットの臭いなども同様に高く売れる確率が下がってしまいます。

いってみれば、車に乗ったときに臭いがするかどうかによって決まるということでもあります。

車のなかでずっとタバコを吸っていたのに臭いがしないという人もいるくらいですから、ケースバイケースなのです。

車の汚れ・ニオイはマイナス査定になるって本当?
車の汚れやニオイは、査定額にどのくらい影響するのでしょうか? 査定を受ける前には車を清潔にしておくべきですが、汚れ...

喫煙車のニオイが消えない、でも高く売りたい…そんなときは?

とはいえ、もう喫煙車として何年も乗っている場合、タバコのニオイを車内から完全に消すのが難しいこともあるでしょう。

そんなときは割りきって喫煙車として査定に出すことになります。

しかし、ここで知っておきたいことが1つ。それは、車の買取業者によって査定の方法が異なるということです

つまり、同じ喫煙車・禁煙車であっても査定業者によって基準がちがいます。

こちらが喫煙車として査定に出したつもりでも買取業者によっては気にしない場合もあるのです。

査定の基準がちがう理由は、査定士によって見るポイントが異なるため。買取業者とはいえ、車を査定するのは人です。

ニオイを測定する機械を使うわけではないので、あくまでも査定するのは”人間の鼻”ということになります。

会社内で査定のルールがあるとはいえ、やはり人によって感じ方がちがうことも当然あります。

ですから、たくさんの業者から見積りをとることで、喫煙車を高く売れる可能性はグッと高くなるでしょう。

【無料】まずは愛車の最高額をチェックしてみる

タバコを楽しみつつ、禁煙車をキープする方法

でも運転しながらのタバコはやっぱり楽しみたい…。

そんな人にオススメしたいのが「窓を開けて空気を常に循環させること」です。

当たり前のようですが、じつは窓の開け方にもコツがあります。

  • ①開けるのは20cmくらい
  • ②対角線の窓を開ける
  • (たとえば運転席の窓と、対角線の後部座席の窓)

車の空気を循環させるためには対角線の窓を開けることが重要です。

たとえば、運転席の窓を半分開けて、助手席のうしろの後部座席の窓を開けて走るといった具合。

全開にするのではなく、半分くらい(約20cm)開けたほうが空気の流れが強くなります

こうすることで、空気が効率的に循環するため、車内のニオイが取れやすくなるのです。

反対にいえば、運転席の窓だけを開けても、空気が流れないのでほとんど意味がありません。

わたしは車を運転しながらタバコを吸うことが多かったのですが、そのときは必ず窓を開けていました。

こうすることで、タバコの煙が車内にこもることはなくなり、臭いもつきにくくなります。タバコの灰は車内に飛び散ることが多いので清掃が必要ですが、臭いの付着は防ぐことができます。

約2年間ほどタバコを吸った車を売りに出したことがあります。

臭いが全く残っていなかったからでしょう、査定業者の人に喫煙車か禁煙車かを確認されることはなく、査定額が減額されずに高く売ることができました。

ちなみに、査定のときに「この車は喫煙車です」とわざわざ自分から伝える必要はありません。

査定前の清掃で印象はグッと良くなる

さきほど説明したように、「喫煙車という定義」があるわけではありません。

タバコのヤニ汚れなどが見た目で明らかにわかる場合は別ですが、それ以外はあくまでも「臭い・異臭」です。

ですから、臭いさえ消すことができれば車を売るときに減額されることはありません。

車を売る前には天井、シート、ダッシュボード、フロントガラス、ハンドルなどあらゆる場所を車査定の前に清掃しておきましょう

ヤニ汚れはもちろんのこと、臭い消しを使ってよく掃除しておけば、ほとんどの汚れや臭いは消すことが可能です。

査定前のちょっとした準備で、査定額がアップすることがあるので覚えておきましょう。

これだけ!車の査定前に準備すべき3つのこと
車は査定する前に準備するかしないかで、買取額が大きく変わってきます。 車を査定に出すのって緊張しますよね。 生き...

喫煙車でも高い査定額がつくのはどこの業者か?

いざ車を売る段階になって気になるのは「どの業者が最も高く買い取ってくれるか?」ではないでしょうか。

近くの車買取店に持ち込む方法もありますが、おすすめは複数の車買取店を比較することです。

さきほど説明したように、車の査定額は業者によってバラバラです。そのため、喫煙車の査定額がA社で50万円だったのに、B社では70万円だったなんてことが頻繁に起きます。

中古車の査定額はそれくらい不透明なのです。比較してみないことには最高額はわかりません。

ですから、自分自身でしっかりを比較をしないと査定額で損をすることになりかねないのです。

自分で1店舗ずつ持ち込んで査定を受けるのは非効率ですから、インターネットの無料一括査定を活用するといいでしょう。

喫煙車でも高く売ることは十分に可能です。まずは査定額をチェックしてみましょう。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
車の売却・下取り
シェアする
この記事を書いた人
車谷よしひこ

千葉県在住、1988年生まれの30歳。フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!【くわしいプロフィール】



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト