月々いくら?200万円の車の購入するときのローン支払い額

200万円の車の月々のローン

車は大きな買い物ですから、多くの人が自動車ローンを利用すると思います。

ローンさえ組めれば、すぐに車が手に入るので嬉し限りですが、やはり気になるのは支払金額です。

車の購入代金を先延ばしにしているわけですから、利息を含めた月々の支払い金額をあらかじめ計算しておく必要があります。

今回は200万円前後の車を購入したときの月々のローン支払い額について、わかりやすく解説します。

自動車ローンの支払い合計額が決まる3つの要因とは?

車のローンは、頭金にもよりますが支払金額が大きくなりがちです。
いったい、どんな要因でローンの支払金額は決まるのでしょうか?ここでは最低限知っておきたい3つのポイントを見ていきましょう。

  • ・車両金額(元金)
  • ・ローンの借入期間
  • ・車のローン金利

車両金額(借りる金額)こそが最も重要

月々のローン支払い額は、購入する車の金額によって大きく変わってきます。
厳密にいえば、頭金を除いた借入金額のことです。

たとえば、200万円の車を購入するとき、すでに手元に100万円の頭金があれば、借りる金額は半分の100万円で済みます。

ですから、100万円の元金に対して利息が発生するので、200万円でフルローンを組むよりも月々の支払い額は安くすることができます。

借りる金額を低くできれば、利息を含めた月々の支払額を安くすることができます。まずは頭金がどれくらい用意できるか、よく検討しましょう。

ローンの借入期間が長いと利息が多く発生する

1ヶ月で完済する場合と、1年間で完済する場合で比較したとき、支払い合計額が低くなるのはどちらでしょうか?

答えは1ヶ月で完済した場合ですね。

ローンは借りる期間が長ければ長いほど、利息が多く発生しますから、それだけ支払い合計額が増えて負担が増します。

ですから、「なるべく利息は払いたくない!」という人は、毎月のローン支払い金額(返済額)を増やすようにしましょう。

一方、借入期間を伸ばすことで月々のローン支払いを減らすことができるメリットもあります。

収入が少ない、安定しないからローンを払うことに不安がある、という人は、ローンの借入期間を長めにとることをオススメします。

そのぶん利息の支払いは多くなりますが、毎月の生活が苦しくなるようではローンを使う意味がありません。無理な返済はせず、月々払える範囲で計画を立てましょう。

車のローン金利は「どこで借りるか?」が重要

車のローンを組むとき、どこでお金を借りるかというのはすごく重要です。なぜなら、ローンを扱っているお店や銀行によって金利が全然違うからです。

毎月の利息や総返済額を少しでも減らしたいのであれば、少しでも金利の低いところでローンを組みましょう。

新車であればディーラー、中古車販売店であればオリコの自動車ローンを組むと手続きがラクです。しかし、一般的には銀行の自動車ローンのほうが金利が低いため、月々の返済額を減らすことができます。

たとえば、ネット銀行でいうと住信SBIネット銀行の「MR.自動車ローン」は100万円の未満の借り入れなら収入証明書不要で借りられます。

→ 低い金利で車が買える!「MR.自動車ローン」

一例として、200万円を年金利3.175%で5年間借りると、月々の返済額は36,093円です。

MR.自動車ローンの月々の返済額

一方、さきほど紹介したオリコのオートローンは金利が7%~15%と高いため、月々の返済額は大きくなります(金利は収入などの審査によって決まる)。

ただし、銀行カードローンは審査に必要な書類が多いため、手間がかかるのは事実です。

手軽なオリコのオートローンをとるか、金利の安い銀行の自動車ローンをとるか。この二者択一で考えるとわかりやすいでしょう。

200万円を車を買ったときのローン返済額の計算

さて、ここからは返済期間と借り入れ金利の条件を変えながら、ローン返済額を具体的に見ていきましょう。

ここでは以下の2つのパターンを例にとって、月々のローン返済額を計算します。

  • ・200万円を年利10%、5年間で完済するケース
  • ・200万円を年利3%、3年間で完済するケース

200万円を年利10%、5年間で完済するケース

月々の返済額は42,494円です。
最終的な総返済額は2,549,605円となり、利息だけで549,605円の負担となります。

フルローンで、なおかつ金利が10%と高めなので、利息負担の大きさが気になるところです。また、月々4万円以上の返済も大きいですね。

もっと総返済額を減らしたい場合、金利の安い自動車ローンを選ぶのが最優先です。あるいは、月々の返済額をもう少し増やす(たとえば5万円など)ことで、返済期間を短くすることが可能です。

200万円を年利3%、3年間で完済するケース

月々の返済額は58,162円です。
さきほどの返済プランよりも月々の支払額は増えていますが、最終的な総返済額は2,093,832円となり、利息負担はわずか93,832円にすぎません。

返済期間を短くできる(月々の返済額を増やすことができる)という人は、こちらのプランで検討するといいでしょう。

いま乗っている車を高く売れば、自動車ローンの負担を減らすことができる!

もしいま、あなたが乗っている車があるのであれば、買い替えに合わせて少しでも高い値段で売るようにしましょう。

たとえば、欲しい車が200万円だったとします。そして、いま乗っている車が100万円で売れれば、必要なローンは100万円にすることができるのです。

当たり前に思えるかもしれませんが、じつは多くの人が車の買い替えで損をしています。なぜなら、いま乗っている車を安く売却してしまうから。

100万円で売れる車を、60万円で手放してしまう人も少なくありません。それだけで、40万円も余計にローンを組まなくてはいけなくなります。

なぜ車の売却で失敗するのでしょうか?その多くは、車買取店選びで失敗しているからです。

まず、車を買い替えるときに下取りに出すのは避けましょう。1社だけの査定額で決めると、相当安い金額で買い叩かれます。

少しでも月々のローン返済額を減らしたいのであれば、最低3社から愛車の見積もりを出してもらい、最高額で売却するようにしましょう。

愛車が高く売れれば、それを頭金にしてローンを組みやすくなりますし、月々のローン支払いもグッと楽になりますよ。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。その場で査定額が表示されるので、あなたの車の最高額がいまスグわかりますよ。

査定トップ1

自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドは最短45秒のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえて、愛車の最高額が無料ですぐにわかります。査定額がその場で表示されるのはかなり助かりますね。

  • 人気No.1!! かんたん車査定ガイドが選ばれる理由
  • わずか45秒、たった9項目に入力するだけで査定完了
  • あなたの愛車の概算価格がその場で表示される
  • もちろん無料。最大10社から最高額を選ぶだけ!

全国200社以上が参加中!最高額で売れる

見積もりに参加する業者数が多いほど、車の査定額は高くなります。お店ごとに査定基準もちがうため、「こんなに高く売れるの?」ということがよく起こるのです。

全国200社以上が参加する「ズバット車買取比較」は有名買取店から地元密着型のお店まで幅広い車のジャンルや車種に対応しています。本気で車を高く売りたい人にオススメです。

ズバット買取査定比較

最大で50万円以上高く売ることも十分に可能です。わずか1分、少ない項目に入力するだけで、あなたの愛車を最高額で買い取ってくれるお店がスグにわかります。

すべて無料で使えるので【かんたん車査定ガイド + ズバット車買取比較】と合わせて利用する人も多くいます。”合わせ技”を活用すれば、究極の最高額で売却できますよ。

  • 圧倒的な参加社数!ズバット車買取のメリットは?
  • 全国200社以上の買取業者が参加中!
  • 依頼できる業者数が多いので、本当の最高額がわかる
  • 利用者数、累計100万人以上の実績!もちろん無料

結局、どっちがオススメ?

【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】という2つの一括査定をご紹介しましたが、どちらを利用すべきかわからない人もいると思います。

気軽に車の概算額を知りたい人は【かんたん車査定ガイド】がおすすめです。操作もわかりやすいですし、入力項目も少ないので本当にカンタンですよ。 かんたん車査定ガイド

参加している買取業者数の多さで選ぶなら【ズバット車買取比較】がおすすめ。より多くのお店に査定依頼が届くので、より高い買取額が期待できます。 ズバット車買取比較

一括査定の合わせ技で”究極の最高額”を

さらに言うと、【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】を併用する人も意外とたくさんいます。というのも、一括査定サイトごとに加盟している買取業者がちがうからです。査定してもらう業者数が多いほど、買取額は高くなります。2つの一括査定サイトを合わせて活用することで”究極の最高額”で車を売ることができるわけですね。