車を売るまえに注意すべき3つのポイントとは?

車を売るときの注意点 車の売却・下取り

車を売るときには、どんなことに注意すればいいのでしょうか?

あたらしい車を買う場合や、いまの車が不要になったときには売ることになります。
生活のなかで頻繁にあることではないので、慣れていない人も多いのではないでしょうか?

今回は車を売る前に知っておきたい注意点を3つに分けてご紹介します。

車を売る前に必見!3つの注意ポイント

車を売るときに知っているか知らないかで、買取価格が大きく変わってくる項目があります。
それは以下の3つです。

  • ・下調べ、準備はしっかりした?
  • ・諸費用は査定額に含まれてる?
  • ・査定会社は比較した?

下調べと準備はしっかりした?

まず1つ目の注意点は「下調べと準備をしっかりしておくこと」です。
車を売るのが初めてという人は特に準備をしておきたいところ。

では、いったいどんな準備をしておけばいいのでしょうか?

  • ・自分の車の相場を調べよう
  • ・洗車や清掃をしておこう
  • ・車の長所と短所をまとめておこう

自分の車の相場を調べよう

車を売る場合に注意したいのが「中古車の相場」です。
特に多いのは実際に査定や下取りを出してみて「こんなに安いの…?」と現実に打ちのめされることです。

自分ではだいたいの売却額(希望額)を考えていても、実際に査定に出すと思ったよりも低い額にしかならないことがあります。

また、自分の車の相場をしっかり知っておかないと「買い叩かれる」という危険性もあります。

相場を知らないと、本当は100万円で売れる車なのに、50万円の査定額を出されたときに対抗する手段がなくなってしまいます。

そうならないためには、しっかりとした下調べをしておくことです。

たとえばトヨタのプリウスを売却しようとしているのであれば、インターネットで「プリウス 中古車 相場」と検索をしましょう。
そうすれば、いま中古車市場でプリウスはどのように評価されているのがよくわかります。

もちろん車種だけでなく、年式や走行距離、装備などもチェックしましょう。
自分の乗っている車と同じ条件、あるいは近い車を探してみることです。

ただし、売値と買値はちがうので、実際に売りに出されている金額よりも査定額は低くなります。

売りに出されている金額を知っておけば買取業者との交渉に負けることはありません。

同じ条件の車が100万円で売っているとしましょう。
あなたの車が仮に70万円の査定額になったときには「-30万円の根拠」を買取業者に聞くことができます。

そうすれば、査定額のくわしい内容を知ることができるので、売却したあとに後悔することがなくなります。

わずかな手間が、査定額に大きな差が生まれるのです。

洗車や車内の清掃をしておこう

車の査定前に洗車や清掃はしておくべき?というのは、よく聞かれる質問です。
これについては「車の査定前に清掃や洗車は必要なの?」でも解説していますが、査定前に洗車はしておくべきです。

その理由は「業者にマイナスポイントを探らせないこと」にあります。

査定業者が車を見た時に、車体が汚れていて車内もホコリやゴミがいっぱい…。
そんな状態の車を見たら、業者はどう考えるでしょうか?

「もしかしたら、この車は故障や不具合があるかもしれない…」と考えて、悪い印象を与えるでしょう。

また、単純な理由として、キレイなほうが高額査定が出やすいというのもあります。

たくさんの時間をかける必要はありませんが、最低限の洗車と清掃は査定前に済ませておくことをオススメします。

ただし、車のキズや凹みについては直す必要はありません。
要チェック!車の査定前に準備すべき3つのこと

車のキズやヘコミの修理費用は高額になることがほとんど。
査定額にそういった費用は反映されないので、赤字になってしまうので注意しましょう。

車の長所と短所をまとめておこう

みなさんは自分の車についてどれくらい知っていますか?
良いところ、悪いところそれぞれあるのではないでしょうか。

車を売るときには長所と短所をカンタンにまとめておきましょう。
とくに長所については重要です。

言うまでもないことですが、車の査定時にいいところをアピールできれば査定額はアップします。
買取のプロとはいえ、査定の10〜30分の間で車のすべてを見切ることはできません。

そういった点を補う意味でも、車の長所と短所については把握しておきましょう。

交渉をするときにも有効な武器になることがありますよ。

諸費用は査定額に含まれてる?

車の購入や売却にはさまざまな手続きが必要になります。
そのときには費用が関わってくるのですが、この費用が買取価格にしっかり反映されているかをチェックしましょう。

注意しないと、思わぬ高額費用が発生することになってしまいます。

  • ・リサイクル料金
  • ・自動車税の未消化分
  • ・減額がないか

リサイクル料金はどうなってる?

リサイクル料金は、車を買うときに購入者が支払います。
ですから、車を買い取るときには業者がリサイクル料金の分を上乗せして査定額を出す必要があります。

払ってもらった自動車税は上乗せしてもらおう

また、特に重要なのが自動車税の残りが買取額に反映されているかです。
自動車税は1年に1度、所有者がまとめて支払うものです。ですから、年度の途中で車を手放すと未消化分が車に残っていることになります。

自動車税の払い損にならないためにはどうすればいいのでしょう?
査定業者に対して「自動車税の分を上乗せしてもらう」のが正解です。

これらの費用は業者によっては上乗せしないこともあります。
そういった場合にはじっくり交渉をして上乗せしてもらうようにしましょう。

引渡し前に減額がないか注意しよう

車を査定してもらうと、おそらくその場で査定額を教えてもらえます。
その場では納得して、車を引き渡し、あとは振込を待つばかり。

しかし、あとで買取店から連絡があり「不具合が見つかったので減額になります」とのこと。

こうしたトラブルが起きないようにするには、査定のときにしっかりと確認することが大切です。

「引き渡し後の減額はないか?」ということを、口頭でしっかり確認しておきましょう。

そして、もし可能なら契約書にもその旨を記載してもらうことをオススメします。

どこに車を売るかが最も重要

3つ目の注意点は「車をどこに売るか?」についてです。
いくら下調べをして、上手に交渉をしても高く買い取ってくれない業者に依頼しては意味がありません。

車の買い替えであれば、ディーラーや販売店で下取りをしてもらうことが多いかと思います。
しかしながら、車の下取りはあまりオススメできません。

その理由は「買取額が低くなるから」です。
下取りは査定が1社のみで完結してしまいます。その点はラクなのですが、残念ながら愛車の本当の最高額はわかりません。

車の下取りと買取には良し悪しあるので、しっかりと比較しましょう。
【買取 vs 下取り】車の買い替え、高いのはどっち?

車を売るまえには必ず複数の買取業者から見積もりをとるようにしましょう。
そうすれば車を高く買い取ってくれる業者が見つかります。

買取店に持ち込んで比較してもいいのですが、手間がかかるのがデメリット。
一括査定を使うと1社にかけるのと同じ手間で、最大10社から見積もりを出してもらえるメリットがあります。

車を売るときの注意点まとめ

あらためて、車を売るときの注意点をまとめておきましょう。

  • ・下調べ、準備はしっかりした?
  • ・諸費用は査定額に含まれてる?
  • ・査定会社は比較した?

車を売る機会は、人生においてもたくさんあるものではありません。
しかし、しっかりと注意しておけば後悔のない売却ができるはずです。

まずは複数の買取店に見積もりを出してもらいましょう。

あなたの車はいくらで売れる?最高額を無料でチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
車の売却・下取り
シェアする



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト