新車を3年で乗り換えるメリットとデメリットとは?

新車を3年で乗り換えるメリットとデメリットとは? 新車の購入・買い替え

車を新車に買い替える時期は人それぞれです。

しかし、多くの人が3年を一つの乗り換えタイミングだと考えています。

実際のところ、新車で3年で乗り換えるとどんなメリット&デメリットがあるのでしょうか?

\ 45秒のかんたん入力 /

新車を3年で乗り換えるメリットとは?

  • ・下取り(買取)額が高くなる
  • ・あたらしい車種に乗ることができる
  • ・車検を受ける必要がない

下取り(買取)額が高くなる

新車を3年で買い替えるということは、その車の価値が高い状態です。つまり、下取り額(買取額)が高くなります。

そうすると、次に買い替えるときに愛車を売却すれば購入予算が増えることになるので、選択肢が広がります。

一方で、たとえば10年以上乗っている車から、次の車に買い替えるときは下取り額が低くなりますから、予算はほぼ自分で用意しなければいけません。

買い替えサイクルが早いと、それだけ低予算で車を乗り換えることが可能です。

あたらしい車種に乗ることができる

新車(ならびに新型車)は毎年のように発売されています。それだけ車の発売サイクルは早いのです。

3年で乗り換えることで、あたらしい車に乗ることができます。

近年は先進の安全技術や高い燃費性能など、次々と性能が高い車が登場しています。

3年で乗り換えれば、「いまの車ってこんなにスゴいの?」と流行りに乗り遅れることがありません。

車検を受ける必要がない

新車は登録日から3年で初回の車検を受けなければいけません。

ですから、3年で乗り換えることができれば車検代を節約することができます。

車種にもよりますが、車検代は少なくとも10万円以上はかかりますから、車検不要というのは大きなメリットと言えるでしょう。

実際のところ、「車検代がもったいないから新車は3年ごとに乗り換える」という人も少なくありません。

新車を3年で乗り換えるデメリットとは?

  • ・3年ごとに購入費用がかかる
  • ・下取り額(買取額)が低いと損をする
  • ・乗り換えごとに自動車保険の切り替えが必要

3年ごとに購入費用がかかる

資金的に余裕がある人は別ですが、3年ごとに新車を乗り換えるとそれだけ多くの費用が必要になります。

現在乗っている車を売るにしても、それだけで新車代金がまかなえることはほとんどありません。

ですから、手元に資金がないと購入費用の負担は大きくなるでしょう。

ローンが残っている車を売る方法もありますが、お金に余裕がある人でないと生活が苦しくなる恐れもあります。

下取り額(買取額)が低いと損をする

新車を買って3年後に乗り換えるわけですから、年数の経過が少ない分、それだけ愛車の下取り額には期待したいところです。

しかし、新車で買ったあとの車の価値というのは想像以上に下がります。

特に外国車メーカーの場合、その値下がりは激しいのが現実です。たとえば500万円で買った新車でも、1年後には半値になることも少なくありません。

なかにはトヨタ・ハイエースなど中古車でも値下がりしにくい車種もありますが、基本的には値下がり率が激しいのが現実です。

ですから、いま乗っている車を売って新車を購入しようとするのであれば、買い替え費用を自分である程度は用意しておく必要があります。

乗り換えごとに自動車保険の切り替えが必要

自動車保険に加入するためには、その車種ごとに登録が必要です。

つまり、以前乗っていた車の契約内容を引き継ぐことはできないということ。なぜなら、自動車保険は車種や年式によって保険料がちがうからです。

もちろん等級は引き継ぐことはできますが、新車を買い替えるたびに自動車保険の手続きが必要になります。

新車を3年ごとに安く買い替える秘訣とは?

車が好きな人にとって、車の買い替えは楽しいイベントの1つです。

同じ車を長く乗る美学もありますが、いろいろな車を乗ってみるというのも楽しみの1つでしょう。

ですから、新車を3年で買い替えるのであれば少しでも安く購入する工夫をしたいところです。

そのためには、最低限以下の2つを欠かさないようにしましょう。

  • ・価格交渉で最大の値引きを引き出す
  • ・愛車を少しでも高く売って購入代金に充てる

価格交渉で最大の値引きを引き出す

新車を購入するときに欠かせないのが、ディーラーとの値引き交渉です。

新車の交渉術はそれこそたくさんありますが、やはり効果が高いのは「競合車種の見積額を提示すること」です。

ディーラーはライバル車種に敏感ですから、他社よりも安い金額を引き出しやすく、結果的に新車を安く購入できます。

愛車を少しでも高く売って購入代金に充てる

せっかく新車で買った車を3年の乗り換えるわけですから、少しでも高く売って新しい車の購入代金に充てるようにしましょう。

車を高く売る方法として、絶対に避けるべきなのはディーラーの下取りです。

ディーラーの下取りは1社のみの査定額で決まってしまうため、本当はもっと高く売れた可能性を放棄することにしかなりません。

下取りに出す前に、必ず複数の車買取店から査定してもらい、最高額がいくらになるかチェックしておくようにしましょう。

その際、車買取店に持ち込むよりも、一括査定でまとめて査定を受けたほうが時短にもなりますし、なにより最高額が一目瞭然です。

車を買い替えるまえには、必ずチェックしておきましょう。

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「かんたん車査定ガイド」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

一括査定で比較できる車買取業者

  • 【 かんたん車査定ガイドって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、かんたん車査定ガイドを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

新車の購入・買い替え
この記事を書いた人
車谷よしひこ

フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。毎分毎秒、車のことを考えてる車好き。憧れの車種はランドローバー「ディフェンダー」。現在の愛車はボルボ・V60です。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!千葉県在住。【くわしいプロフィール】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト