新車を3年で乗り換えるメリットとデメリットとは?

新車を3年で乗り換えるメリットとデメリットとは?

車を新車に買い替える時期は人それぞれです。

しかし、多くの人が3年を一つの乗り換えタイミングだと考えています。

実際のところ、新車で3年で乗り換えるとどんなメリット&デメリットがあるのでしょうか?

新車を3年で乗り換えるメリットとは?

  • ・下取り(買取)額が高くなる
  • ・あたらしい車種に乗ることができる
  • ・車検を受ける必要がない

下取り(買取)額が高くなる

新車を3年で買い替えるということは、その車の価値が高い状態です。つまり、下取り額(買取額)が高くなります。

そうすると、次に買い替えるときに愛車を売却すれば購入予算が増えることになるので、選択肢が広がります。

一方で、たとえば10年以上乗っている車から、次の車に買い替えるときは下取り額が低くなりますから、予算はほぼ自分で用意しなければいけません。

買い替えサイクルが早いと、それだけ低予算で車を乗り換えることが可能です。

あたらしい車種に乗ることができる

新車(ならびに新型車)は毎年のように発売されています。それだけ車の発売サイクルは早いのです。

3年で乗り換えることで、あたらしい車に乗ることができます。

近年は先進の安全技術や高い燃費性能など、次々と性能が高い車が登場しています。

3年で乗り換えれば、「いまの車ってこんなにスゴいの?」と流行りに乗り遅れることがありません。

車検を受ける必要がない

新車は登録日から3年で初回の車検を受けなければいけません。

ですから、3年で乗り換えることができれば車検代を節約することができます。

車種にもよりますが、車検代は少なくとも10万円以上はかかりますから、車検不要というのは大きなメリットと言えるでしょう。

実際のところ、「車検代がもったいないから新車は3年ごとに乗り換える」という人も少なくありません。

新車を3年で乗り換えるデメリットとは?

  • ・3年ごとに購入費用がかかる
  • ・下取り額(買取額)が低いと損をする
  • ・乗り換えごとに自動車保険の切り替えが必要

3年ごとに購入費用がかかる

資金的に余裕がある人は別ですが、3年ごとに新車を乗り換えるとそれだけ多くの費用が必要になります。

現在乗っている車を売るにしても、それだけで新車代金がまかなえることはほとんどありません。

ですから、手元に資金がないと購入費用の負担は大きくなるでしょう。

ローンが残っている車を売る方法もありますが、お金に余裕がある人でないと生活が苦しくなる恐れもあります。

下取り額(買取額)が低いと損をする

新車を買って3年後に乗り換えるわけですから、年数の経過が少ない分、それだけ愛車の下取り額には期待したいところです。

しかし、新車で買ったあとの車の価値というのは想像以上に下がります。

特に外国車メーカーの場合、その値下がりは激しいのが現実です。たとえば500万円で買った新車でも、1年後には半値になることも少なくありません。

なかにはトヨタ・ハイエースなど中古車でも値下がりしにくい車種もありますが、基本的には値下がり率が激しいのが現実です。

ですから、いま乗っている車を売って新車を購入しようとするのであれば、買い替え費用を自分である程度は用意しておく必要があります。

乗り換えごとに自動車保険の切り替えが必要

自動車保険に加入するためには、その車種ごとに登録が必要です。

つまり、以前乗っていた車の契約内容を引き継ぐことはできないということ。なぜなら、自動車保険は車種や年式によって保険料がちがうからです。

もちろん等級は引き継ぐことはできますが、新車を買い替えるたびに自動車保険の手続きが必要になります。

新車を3年ごとに安く買い替える秘訣とは?

車が好きな人にとって、車の買い替えは楽しいイベントの1つです。

同じ車を長く乗る美学もありますが、いろいろな車を乗ってみるというのも楽しみの1つでしょう。

ですから、新車を3年で買い替えるのであれば少しでも安く購入する工夫をしたいところです。

そのためには、最低限以下の2つを欠かさないようにしましょう。

  • ・価格交渉で最大の値引きを引き出す
  • ・愛車を少しでも高く売って購入代金に充てる

価格交渉で最大の値引きを引き出す

新車を購入するときに欠かせないのが、ディーラーとの値引き交渉です。

新車の交渉術はそれこそたくさんありますが、やはり効果が高いのは「競合車種の見積額を提示すること」です。

ディーラーはライバル車種に敏感ですから、他社よりも安い金額を引き出しやすく、結果的に新車を安く購入できます。

愛車を少しでも高く売って購入代金に充てる

せっかく新車で買った車を3年の乗り換えるわけですから、少しでも高く売って新しい車の購入代金に充てるようにしましょう。

車を高く売る方法として、絶対に避けるべきなのはディーラーの下取りです。

ディーラーの下取りは1社のみの査定額で決まってしまうため、本当はもっと高く売れた可能性を放棄することにしかなりません。

下取りに出す前に、必ず複数の車買取店から査定してもらい、最高額がいくらになるかチェックしておくようにしましょう。

その際、車買取店に持ち込むよりも、一括査定でまとめて査定を受けたほうが時短にもなりますし、なにより最高額が一目瞭然です。

車を買い替えるまえには、必ずチェックしておきましょう。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。その場で査定額が表示されるので、あなたの車の最高額がいまスグわかりますよ。

査定トップ1

自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドは最短45秒のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえて、愛車の最高額が無料ですぐにわかります。査定額がその場で表示されるのはかなり助かりますね。

  • 人気No.1!! かんたん車査定ガイドが選ばれる理由
  • わずか45秒、たった9項目に入力するだけで査定完了
  • あなたの愛車の概算価格がその場で表示される
  • もちろん無料。最大10社から最高額を選ぶだけ!

全国200社以上が参加中!最高額で売れる

見積もりに参加する業者数が多いほど、車の査定額は高くなります。お店ごとに査定基準もちがうため、「こんなに高く売れるの?」ということがよく起こるのです。

全国200社以上が参加する「ズバット車買取比較」は有名買取店から地元密着型のお店まで幅広い車のジャンルや車種に対応しています。本気で車を高く売りたい人にオススメです。

ズバット買取査定比較

最大で50万円以上高く売ることも十分に可能です。わずか1分、少ない項目に入力するだけで、あなたの愛車を最高額で買い取ってくれるお店がスグにわかります。

すべて無料で使えるので【かんたん車査定ガイド + ズバット車買取比較】と合わせて利用する人も多くいます。”合わせ技”を活用すれば、究極の最高額で売却できますよ。

  • 圧倒的な参加社数!ズバット車買取のメリットは?
  • 全国200社以上の買取業者が参加中!
  • 依頼できる業者数が多いので、本当の最高額がわかる
  • 利用者数、累計100万人以上の実績!もちろん無料

結局、どっちがオススメ?

【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】という2つの一括査定をご紹介しましたが、どちらを利用すべきかわからない人もいると思います。

気軽に車の概算額を知りたい人は【かんたん車査定ガイド】がおすすめです。操作もわかりやすいですし、入力項目も少ないので本当にカンタンですよ。 かんたん車査定ガイド

参加している買取業者数の多さで選ぶなら【ズバット車買取比較】がおすすめ。より多くのお店に査定依頼が届くので、より高い買取額が期待できます。 ズバット車買取比較

一括査定の合わせ技で”究極の最高額”を

さらに言うと、【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】を併用する人も意外とたくさんいます。というのも、一括査定サイトごとに加盟している買取業者がちがうからです。査定してもらう業者数が多いほど、買取額は高くなります。2つの一括査定サイトを合わせて活用することで”究極の最高額”で車を売ることができるわけですね。