4ナンバーは自動車保険が安くなるってホント?

4ナンバーの自動車保険 自動車保険の見直し

4ナンバーの車に乗っているのであれば、自動車保険選びにもこだわりましょう。

自動車保険は車の使いみちや大きさによって保険料が分かれています。
そのなかでも「4ナンバー」と呼ばれる車は維持費を安くしたい人は自動車保険を安くできる可能性が大いにあります。

実際に4ナンバーの車は保険料をはじめとする維持費はどれくらい安いのでしょうか?

\ 今スグ愛車の保険料をチェックしてみる /

そもそも4ナンバーってなに?

念のため、4ナンバーの車について説明しておきましょう。

4ナンバーの車とは、いわゆる貨物車のことをいいます。
業務や営業に使ったりすることが多く、トヨタ「ハイエース」などを思い浮かべるとわかりやすいでしょう。

あまり一般家庭で乗られる車ではありませんが、4ナンバーを愛用する人も少なくありません。

ちなみに、4ナンバーの車は厳密には以下のように定義されています。

  • ・車体の長さ 4.7m以下
  • ・横幅 1.7m以下
  • ・高さ 2m以下
  • ・排気量 2L以下

この4つの条件のうち、1つでも数値が上回ると「1ナンバー」に分類されます。

4ナンバーだと維持費が安くなることが最大のメリットです。
そのため、5ナンバーの車の構造を変えて、4ナンバーに改造するという方法をとることも可能です。

実際にはこうした構造変更は申請がむずかしいと言われていますが、申請が通れば5ナンバーの車を4ナンバーの車にすることはできます。

なぜ4ナンバー車は維持費が安くなるのでしょうか?
具体的に見ていきましょう。

4ナンバーの自動車税はどれくらい?

4ナンバーのメリットは自動車税の安さにあります。
5ナンバーの自動車税と比べると、その差は歴然です。

おおまかな数字になりますが、4ナンバーにすると5ナンバーよりも2万円〜3万円も自動車税が安くなることも。
貨物車として利用することもあり、内装などは簡素なことが多いですが、普通乗用車としても十分に使えます。

ただし、4ナンバーは毎年車検を受ける必要があります
大きな車になるので、車検代は決して安くはありません。

車検の手続きなどが面倒ではあります。
しかし、トータルの維持費を考えると十分にお得になるケースがほとんどです。

4ナンバーの自動車保険料はどれくらい?

次は自動車保険の任意保険についてです。

4ナンバーの車は5ナンバーに比べても、保険料に大きな差はありません。
4ナンバーの保険は、保険の種類が限られていることもあり、選択肢がそこまで多くないからです。

言いかえると、4ナンバー車の自動車保険は加入できるプランが少ないということです。

また、4ナンバーの貨物車は「車両保険の料金が高い」傾向にあります。
車両保険は、保険会社が車種ごとの事故リスクをもとに保険料を決めています(これを車両料率クラスという)。

4ナンバーの車は、5ナンバーの車に比べると事故リスクが高い傾向にあるので、それに合わせて車両保険の保険料も高くなっています。

そのため、自動車税で維持費が安くなったとしても、自動車保険料については5ナンバーと大きな差はなくなってしまうのです。

ちなみに、自賠責保険ついては1年ごとの更新が必要になるので、5ナンバーよりも少し保険料は割高になります。

先ほど説明したとおり、維持費を考えると4ナンバー車はお得です。
しかし、自動車保険を安くするために4ナンバーを選ぶメリットはありません。

トータルの維持費・自動車保険料をよく計算したうえで4ナンバーを選ぶようにしましょう。

条件次第では4ナンバーで安い自動車保険がある

5ナンバーと4ナンバーで自動車保険料に大きな差はないと説明しました。
ただし、それはすべてのケースに当てはまるわけではありません。

とくに、先ほどは車両保険を例にとりましたが、ダイレクト型(通販型)自動車保険であれば保険料が安くなることがあります。

以前まで4ナンバーの車は「年齢条件」を設定できませんでしたが、個人使用の4ナンバーについては、年齢条件をつけられる保険会社が多くなってきています。

ちなみに年齢条件とは、車を運転する人の年齢を限定することで保険料が割引になるサービスのことです。
21歳以上補償、26歳以上補償などがあり、年齢が上がるにつれて保険料が安くなります。

ですから、4ナンバーに乗っている人は年齢条件を使える自動車保険に見直すことで保険料が大幅に安くなる可能性があるわけです。
長い間、同じ自動車保険に加入し続けてきた人は、知らないところで損をしているかもしれません。

もし4ナンバーの車に乗っているのであれば、一括見積りを使って保険料をくらべてみましょう。

特に、いま乗っている車の保険が代理店型の場合には、保険料が安くなる可能性があります。
ダイレクト型自動車保険を合わせて検討することをオススメします。

あたらしい自動車保険に見直して、少しでも保険料を節約しましょう。

まずは気軽に見積もりをとって、自動車保険を比べてみることをオススメします。

▶ 1番安い自動車保険を調べてみる

僕の保険料が3万円以上も安くなった理由

僕が保険の一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

「インズウェブ」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

\ 今スグ愛車の保険料をチェックしてみる /


保険見積りの参加保険会社

無料一括見積もりはコチラ

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「かんたん車査定ガイド」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /

一括査定で比較できる車買取業者

  • 【 かんたん車査定ガイドって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、かんたん車査定ガイドを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

自動車保険の見直し
この記事を書いた人

カーライフアドバイザーとして、雑誌やWebで車に関する記事を執筆しています。毎分毎秒、車のことを考えてる車好き。現在の愛車はボルボ・V60です。憧れの車種はランドローバー「ディフェンダー」。単純に車が好きなので、”深すぎない”記事にこだわっています。千葉県在住。【くわしいプロフィール】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。



車好きのカレッジ Carlegde!! ”深すぎない”車のニュースサイト