【誰でもデキる】5年落ちの愛車を高く売るシンプルな方法

5年落ちの車を高く売る 車の売却・下取り

こんにちは、車谷よしひこです。

いきなりですが、5年落ちの車ってどれくらいの価格で売れると思いますか?

車を売るときには、できるだけ高額で売却したですよね。

ただし、車は年式が古くなるとどうしても査定額は低くなってしまいます。

今回は5年落ちの車を売却するときに知っておきたい、少しでも高く売却する方法を解説します。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /

【結論】下取りは避けて、買取店に売るべき

CX-5

最初に結論からお伝えすると、5年落ちの車は買取店に売るべきです。

そして、売るときは必ず複数の買取店に査定してもらい、査定額を比較しましょう。

下取りは1社のみで査定額が決まってしまうため、他のお店のほうがもっと高く売れる可能性を探ることができません。

ですから、下取りは避けましょう。

おすすめは、無料一括査定を使った買取店の比較です。お店に行かなくても、スマホだけで愛車の査定額の目安がわかります。

5年落ちの車は、業者によって査定額にかなりバラツキが出るはずなので、なるべく多くのお店を比べたほうがお得度はアップしますよ。

無料査定で愛車の最高額をチェックしてみる

5年落ちの中古車はどれくらい値段が下がる?

5年乗った中古車はどれくらい価値が下がってしまうのでしょうか?

中古車価格は、新車からの値下がり率で見ることができます。

たとえば、新車を買って3年経過した車は新車価格から50%ほど値下がりします。

新車価格が300万円であれば、3年落ちで150万円の査定額ということです。

ただし、これはあくまでも人気のある車に限った話。

人気がない場合には、新車価格の30%(90万円)が査定額になります。

3年落ちでこれくらいの値崩れとなりますが、5年落ちだとどうなのでしょうか?

じつは5年落ちの車であっても、45%程度になります。

新車価格が300万円であれば、135万円が査定額になるということです。

もちろん、値下がり率は車種によってかなりバラツキがあることに注意しましょう。

人気がない車は値下がりが大きいですが、反対にトヨタ・ランドクルーザーなどの人気車種は年式が古くなっても値段が大きく下がることはありません。いわゆる”リセールバリュー”が高い車です。

  • 【ポイント】
  • ▷ 5年落ち車の査定額は新車価格の45%程度
  • ▷ 車種によって差が大きいため、査定しないと正確にはわからない
リセールバリューが高いのは?買い替えで高く売れる車がコレ!
皆さんは車をどれくらいの周期で乗り換えていますか? 「新車を買って10年、10万キロ乗る!」という人も多いですが、最近...

5年落ちと3年落ち中古車の価値がほぼ同じ理由

ランドクルーザープラド

なぜ3年落ちと5年落ちでそこまで値段が変わらないのでしょうか?

その理由は、新車というのは購入してから最初の1年でガクッと値下がりするからです。

つまり、新車登録をされたから一気に20〜30%ほど下がったあと、そこからはゆるやかに下落していくのです。

ということは、車は長く乗っているほど値下がりがゆるやかになっていきます。

ですから、3年落ちに比べると5年落ちのモデルのほうがトータルコストではお得になるのです。

そのため、3年落ちで売るよりは、あと2年乗って5年落ちで売ったほうが手元に残るお金は多くなるといえます。

ただし、これも断定できる話ではありません。長く乗ることで走行距離が伸びてしまうため、車の価値は落ちてしまいます。また、故障が増えるので修理代がかさむ可能性も出てくるでしょう。

ですから、走行距離が多い人は、同じ車を長く乗るよりも短いスパンで買い替えたほうがお得度はアップします。

車の走行距離の限界は?「乗り潰す」より買い替えがお得な理由
車の寿命と走行距離には大きな関係があります。車の走行距離が10万キロを超えると限界と言われていますが、実際には走行距離だけで限界が決まるわけではありません。

同じ5年落ちでも車種によって値段がちがう理由

RAV4初期型

RAV4初期型

同じ5年落ちであっても、価格の下落が大きい車・小さい車があります。

値下がりのちがいはどこにあるのでしょうか?

  • ・中古車市場で流通している量
  • ・新車価格の高い、安い
  • ・ブランド力が高い

中古車市場で流通している量

中古車は、市場でどれくらい流通しているかによって査定額が変わってきます。

新車のときに爆発的に売れた場合には、5年経つとたくさんの人が車を売却に出します。

結果として、5年落ちの車は中古車市場に溢れてしまいますよね。

そのため、査定額がどうしても低くなってしまうのです(ずっと人気が継続していれば別です)。

反対に、新車のときにはそこまで販売台数が多くなかったものの、年を経るごとに人気が出てきた車は査定額が高くなります。

こういった車はごく少数ですが、もし該当する車に乗っているのであれば中古車としての価値が高くなるでしょう。

新車価格によっても値下がり率は変わってくる

下取り額は、新車価格によっても変わってきます。

わかりやすくいうと、高級車のほうが新車価格からの値下がり額が大きく、軽自動車などのは値下がり額が小さくなります。

たとえば3年で30%値下がりするとしましょう。

1000万円の高級車を買って、3年後に査定したもらうと700万円まで下がります。

一方、100万円の軽自動車を買って、3年後に査定してもらうと70万円です。

値下がり率が同じだとしても、金額が大きい分だけ値下がり額は大きくなります。

もともと価格が高い車は見た目の値下がり額が大きくなるので、5年落ちにもなると高級車の値下がりはかなり激しくなるでしょう。

もし将来的な売却まで見越すのであれば、リーズナブルな車のほうがお得に売ることができます。

ブランド力が高いか、低いか

その車特有の価値がある場合には、5年落ちでも下落が少ないことがあります。

たとえば、MINI、フォルクスワーゲン・ビートル、ポルシェ・911などがあげられます。

こうした車種はブランド力が強いので、たくさん販売されても値下がりしにくいのが特徴です。

そもそも、新車購入時にも値下げをほとんどしてくれません。

5年後の下取りまで考えるのであれば、こうしたブランド力の強い車種(リセールバリューが高い車)を選ぶのも1つの方法といえます。

手放すときに高く売れる!リセールバリューが高い車種の6つの特徴
車を買うなら手放すときのことまで考えたいですよね。高く売れる、リセールバリューが高い車の特徴を6つご紹介します。

5年落ちの車を高く売る方法はいたってシンプル

【コレだけで準備OK!】車

まず言えることは、下取りは避けるべき!ということです。

車を手放す方法として、下取りは多くの人に利用されます。

しかし、下取りはディーラー1社のみの査定額で決まってしまうので、適正な価格とはいえません。

車をディーラーで手放すのは損かも?下取りのメリットとデメリット
買い替えで車を手放すにあたり、新しい車を購入するディーラーにそのまま下取りに出す人は少なくありません。 しかし、車...

ですから、5年落ちの車を高く売るためには複数の買取店をくらべることが欠かせません。

新車の買い替えで下取りをする場合にも同じです。

別の買取店の査定額があれば、ディーラーの下取り額が適正かどうかわかりますので、買い叩かれる心配もなくなります。

無料で利用できる一括査定で、まずは 5年落ちの買取額をチェックしてみましょう。

まずは気軽に査定額を出してもらうことをオススメします。

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「かんたん車査定ガイド」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /

一括査定で比較できる車買取業者

  • 【 かんたん車査定ガイドって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、かんたん車査定ガイドを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

車の売却・下取り
この記事を書いた人

カーライフアドバイザーとして、雑誌やWebで車に関する記事を執筆しています。毎分毎秒、車のことを考えてる車好き。現在の愛車はボルボ・V60です。憧れの車種はランドローバー「ディフェンダー」。単純に車が好きなので、”深すぎない”記事にこだわっています。千葉県在住。【くわしいプロフィール】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。



車好きのカレッジ Carlegde!! ”深すぎない”車のニュースサイト