7人乗りで安い新車はコレ!おすすめの人気車種ランキング

新車で安い7人乗りのおすすめランキング ミニバン・ワンボックスカー

家族や友人と大人数で移動するとき、車が使えたら便利ですよね。

7人も乗れる車があれば、人はもちろん荷物だってバッチリ積めちゃいます。

とはいえ、7人乗りともなれば高い車ばかり…。と思う人も多いかもしれませんが、安い新車もあるんです。

今回は300万円以下を条件に、新車で安く買える7人乗りの車を自動車メーカー別に比較してご紹介します。

安く買える!おすすめの7人乗り車種ランキングTOP3

具体的な車種ごとの説明に入るまえに、まずは価格とパフォーマンス(性能)を総合的に比較して「買い」な車をランキングでご紹介します。

ここではミニバンやワンボックスカーをまとめていますので、ご注意を。

  • 1位 トヨタ・エスクァイア
  • 2位 ホンダ・フリード
  • 3位 日産・エイクストレイル

外観の好き嫌いは分かれると思いますが、値段の安さ、燃費の良さ、先進機能(自動ブレーキなど)を総合的に見ると、だいたい買うべき車種は固まるはずです。

同じ価格帯なのに、自動ブレーキがある車種もあればない車種もありますし、自動ブレーキの有無も分かれます。

自動ブレーキ付きで安全性抜群!おすすめのSUVランキングTOP3
いまSUVの人気ですが、どうせ買うならなるべく安全性に優れた車種を選びたいところです。 そこで、衝突被害軽減ブレー...

あなたがなにを重視して車を選ぶのかにもよりますが、価格や外観だけに囚われないほうが結果的にメリットの大きい車選びができるはずです。

【無料】まずは愛車の最高額をチェックしてみる

トヨタの7人乗り

  • ・シエンタ
  • ・ウィッシュ
  • ・ノア
  • ・ヴォクシー
  • ・エスクァイア

シエンタ

トヨタシエンタ

トヨタの7人乗り車種のなかで、もっともコンパクトでリーズナブルなのがシエンタです。
基本的には5人乗りの車ですが、3列シートを使うことで7人乗りまで対応しています。

常に7人乗りで使うには少々せまいので、たまに大人数で移動するときにあると便利、くらいの使い方がベストでしょう。

カラーバリエーションも豊富で、トヨタが強い自信を持って送り出している車種でもあります。

  • 新車価格:1,689,709円〜
  • 燃費:15.4〜27.2 km/L

ウィッシュ

トヨタWISH

人気が高かったウィッシュですが、現在はトヨタの新車ラインナップから姿を消しております。

いわゆるミニバンサイズの扱いやすい大きさで、なおかつ7人乗っても比較的ゆったり座れます。

燃費はそこまで良くないので、ガソリン代を節約したい人には不向き。ただ、この大きさの7人乗りはトヨタ車では唯一の選択肢です。

  • 新車価格:1,905,709円〜
  • 燃費:16.0km/L〜

ノア、ヴォクシー、エスクァイア

ノア

ヴォクシー

エスクァイア

トヨタのミニバン3兄弟として、高い人気を誇るノア、ヴォクシー、エスクァイア。

基本的な走行性能や車のつくりは3つとも同じです。選ぶポイントしては、見た目でしょう。

「ドヤ顔」がすごいですが、いずれの車種もよく売れています。あと、内装にもちがいがあるので試乗してチェックしてみるといいでしょう。

シートアレンジも豊富なので、いろいろなシチュエーションで車を楽しむことができます。シートの使いやすさとアレンジの多様性は、外国車メーカーにはない魅力がありますね。

エスクァイアが一番高級感を演出していて少しだけ値段が高く、ノアが一番ファミリー向けで万人受けするつくりとなっています。

  • 新車価格(エスクァイア):2,675,160円〜
  • 新車価格(ノア、ヴォクシー):2,466,720円〜
  • 燃費:14.8km/L〜23.8km/L(ハイブリッド)

ちなみに、もう一つ上のクラスにアルファード、ヴェルファイア、エスティマ、ハイエース、ランドクルーザー等がありますが、いずれも300万円超のため除外しました。

価格を考慮しないのであれば、どれも検討する価値のある人気車種です。

トヨタ「アルファード」は何人乗り?シートアレンジと荷室スペースを検証
トヨタ・アルファードは押し出しの効いた外観やゴージャスな内装などが人気の的になっているプレミアムミニバンです。 ア...
ランドクルーザーとランクル・プラドの違いは?スペックを比較!
トヨタのプレミアムSUVには「ランドクルーザー」と「ランドクルーザープラド」があります。 どちらを買おうか迷ってい...

日産の7人乗り

  • ・セレナ
  • ・ラフェスタ
  • ・NV200バネット
  • ・エクストレイル
  • ・NV350 CARAVAN

セレナ

セレナ

セレナは日産で最も売れてる7人乗りミニバンです。

世界初のプロパイロット搭載(高速道路での自動運転)なので、大人数で長距離ドライブするときにも大活躍してくれます。

また、シートアレンジも豊富で、内装もしっかりしているのでファミリカーとしてはもちろん、大人が乗る車としても魅力的です。

エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)が標準装備なので、安全性が高いのもポイントですね。子育て家庭にも嬉しい装備です。

  • 新車価格:2,674,080〜3,728,160円
  • 燃費:17.2km/L〜

ラフェスタ

ラフェスタ

日産の新車ラインナップから姿を消したため、いま購入するのであれば、中古車を探すことになります。

少し地味な存在ですが、使い勝手の良い車です。

大きめのミニバンに比べるとシートアレンジなどは劣りますが、シンプルで誰にでも好かれるタイプの車種だと思います。

自動ブレーキなどは未搭載ですが、アイドリングストップ機能を備えており燃費はまずまずの水準です。

目立った特徴はなく、ライバル車への競争力があるとは言えませんが、飽きが来ずに長く乗れる一台と言えるでしょう。

  • 新車価格:2,303,640〜2,700,000円
  • 燃費:16.2km/L〜

NV200バネット

NV200ヴァネット

【ビジネスからレジャーまで幅広く対応できる、「多人数」と「多用途」の乗用ワゴン】というキャッチコピーからもわかるように、一般向けから商業向けまで幅広い層をターゲットにした珍しい車種です。

たしかに商用車として街で見かけることも多いですが、個人使用でも十分に使えるデザインです。一世代前のセレナに似ていますね。

商用車として使われることを想定してつくられているため、車内の収納が豊富なのが大きな特徴です。

使い勝手の良い7人乗りを探している人におすすめで、価格も安く抑えることができます。

内装は簡素ですが、そのぶん価格もお安めなので安い7人乗りという意味では合格点でしょう。

  • 新車価格:1,734,480〜2,331,720円
  • 燃費:14.0km/L〜

エクストレイル

エクストレイル

ミニバンではなくSUVの7人乗りは貴重な存在です。

世界的にもSUV人気が高まっていますが、エクストレイルは国内外で存在感を示す人気車種。

SUVとしての走破性の高さもありつつ、7人乗りの使い勝手も兼ね備えた一台はアウトドアにも大活躍してくれるでしょう。

高速道路での自動運転技術「プロパイロット」、エマージェンシーブレーキも搭載という充実っぷり。

7人で乗るにはちょっと狭いのですが、日産車のなかでは最有力候補。おすすめです。

2列シートと3列シートがグレード別で分かれているので注意しましょう。

  • 新車価格:2,197,800〜3,665,520円
  • 燃費:16.0〜20.8km/L

NV350 CARAVAN(キャラバン)

NV350キャラバン

キャラバンはトヨタ・ハイエースと長年ランバル関係にある車種です。

ただ、価格はハイエースよりも安いため、ビッグサイズのミニバンを求めている人に人気があります。

最大の特長は、その大きさと積載量です。写真を見るとわかりますが、圧倒的に室内を広く活用できます(シート折りたたみ時)。

キャラバンの積載量

日産公式サイトより

これだけ大きな車なので事故が心配になりますが、キャラバンには日産のエマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)が搭載されています。

商用車として使われることも多いですが、グレード次第では個人仕様でもまったく遜色ありません。

また、グレードによって最大9人乗りまで選ぶことができるため、用途が広がります。

  • 新車価格:2,137,320円〜3,974,400円
  • 燃費:9.8〜12.4km/L

ホンダの7人乗り

  • ・オデッセイ
  • ・ジェイド
  • ・シャトル
  • ・フリード
  • ・ステップワゴン
  • ・CR-V

オデッセイ

オデッセイ

オデッセイはホンダが長年積み上げてきたブランド力を持つミニバンで、内外装ともに満足感の高い車種です。

予防安全、衝突安全を実現するための先進装備も搭載しているので、事故に遭いにくい車でもあります。

また、他の車ではなかなか見られない「3列目3人掛けシート」を採用しているので、最後列でも比較的ゆったり乗ることができます。

  • 新車価格:2,760,000〜4,056,400円(ハイブリッド車)
  • 燃費:13.4〜26.0km/L

ジェイド

ジェイド

オデッセイよりもスタイリッシュなデザインが特徴のジェイド。

売れ行きはイマひとつという情報もありますが、個人的には外観が格好いいと思います。

オデッセイアは室内が広いですが、ややゴツゴツした印象があるので好き嫌いが分かれるかなと。

内装の充実感はオデッセイにも引けを取らないので、どちらを選ぶかは値段と外観で決めると良いでしょう。

また、オデッセイよりも燃費性能は高いので、経済性の高さを重視するならジェイドがおすすめです。

  • 新車価格:2,530,000〜2,920,000円(ハイブリッド車)
  • 燃費:18.0〜25.0km/L
買う価値なし?ホンダ・ジェイドの魅力を競合車種と比較してみた
「売れない」「不人気車」と言われながらモデルチェンジを迎えたホンダ・ジェイド。その魅力を競合車種(ライバル車)と比べながら、値引き額についても検証してみたいと思います。

シャトル

シャトル

価格も安く、燃費も良いホンダの7人乗り。グレードも豊富でカスタムも自由に選べるので、かなりおすすめです。ハイブリッドの最上位グレードを選んでも2,557,000円です。

室内も広く、内装の質感も非常に良いので選んで損のない車種でしょう。

シティブレーキアクティブシステムで衝突を未然に防ぐこともできるので、大人数で乗るときにも安心です。

クセがない車なので面白みに欠けるかもしれませんが、7人乗りのミニバンを検討するなら候補に入れたい車です。

  • 新車価格:1,695,000〜2,557,000円(ハイブリッド車)
  • 燃費:19.4〜34.0km/L

フリード

フリード

「ちょうどいい」という言葉がピッタリで、コンパクトながら室内のスペースが充実した一台です。

厳密には6人乗りですが、かなり使い勝手が良いですよ。

荷物もかなり積むことができるので、たとえばアウトドアに使うマウンテンバイクを載せることもできます。

競争力のかなり高い車で、自動ブレーキ搭載、取り回しの良さバツグン。あとは外観が気に入れば、文句なしで買いの一台です。

  • 新車価格:1,880,000〜2,496,000円(ハイブリッド車)
  • 燃費:19.0〜27.2km/L

ステップワゴン

ステップワゴン

いわゆるワンボックスカーで、大容量の積載を誇るホンダの人気車種です。

7人でもラクラク乗れるスペースがあるので、家族ドライブが多いファミリーにも嬉しい一台です。

もう少し燃費が良くなれば…というのが正直なところですが、使い勝手の良い7人乗りなのでおすすめですよ。

  • 新車価格:2,288,000〜2,840,000円
  • 燃費:16.0〜17.0km/L

マツダの7人乗り

  • ・プレマシー
  • ・ビアンテ
  • ・CX-8

プレマシー

プレマシー

プレマシーは内装、外観ともにシンプルで目立った特徴は見られません。

よほど外観が気に入ることがない限り、選ぶ理由はそこまでない車でしょう。トヨタ・WISHやホンダ・ジェイドなどライバル車を選んだほうがメリットは大きいと思います。

現在はマツダの新車ラインナップから外れています。

  • 新車価格:2,008,800〜2,419,200円
  • 燃費:15.2km/L

ビアンテ

ビアンテ

独特のデザインは好き嫌いが分かれるところでしょうが、押し出し感の強い外観を求めるならおすすめです。

室内は広いですが、シートアレンジは少し物足りません。3列目のシートを収納できないので、スペースを十分に確保できないのは残念です。

ビアンテも「デザインが好み」という以外に選ぶ理由が見当たらないのが正直なところです。現在はマツダの新車ラインナップから外れています。

  • 新車価格:2,343,600〜2,910,600円
  • 燃費:14.8km/L

CX-8

CX-8

マツダのはCX-3、CX-5、CX-8というSUVのシリーズがあります。数字が大きいほど、車体も大きくなっています。

CX-8は、7人乗れるSUVとして非常に高い評価を得ている車種です。

まず、その洗練されたフロントグリルと流線デザインが乗る人も見る人も嬉しくなるでしょう。

自動ブレーキをはじめとする安全技術も搭載しているので、家族で出かけるときも安心感があります。

ミニバンとはちがって、後方の見晴らしがよくないので、運転が苦手な人にとっては7人乗りのSUVはハードルが高いかもしれません。

わたし個人の感想でいうと、7人乗りのSUVならまちがいなくCX-8を選びますね。

  • 新車価格:3,196,800〜4,190,400円
  • 燃費:17.6km/L

スバルの7人乗り

エクシーガ

エクシーガ

ステーションワゴンの使い勝手を追求したエクシーガは、インプレッサやレヴォーグの影に隠れがちですがじつは人気です。

ただし、現行モデルはアイサイトVer.2なので、安全性能はやや物足りない印象。燃費も良くありません。

ステーションワゴンにしてはシートアレンジが豊富なので、荷物を積んだり仮眠をしたいといったときに活躍してくれます。

個人的にはデザインが好みではありませんが、スバリストなら検討の価値ありでしょう。

  • 新車価格:2,754,000円〜
  • 燃費:13.2kmkm/L

三菱の7人乗り

  • ・パジェロ
  • ・デリカ
  • ・アウトランダー

パジェロ

パジェロ

三菱自動車を牽引するパジェロは、タフなSUVとして今でも高い人気があります。

先進装備は燃費性能は期待できませんが、パジェロの堅牢性と走破性を得たい人におすすめの一台。

7人乗りは300万円超になってしまいますが、意外なことに内装の質感は高いので、乗ったときの満足感は得られるはずですよ。

  • 新車価格:3,277,800円〜
  • 燃費:10.0kmkm/L〜

デリカ

デリカ

デリカも三菱自動車のなかでは長い歴史を持つ車です。

ワンボックスカーでありながら、4WDの走破性も持ち合わせているので、アウトドアで悪路を走る人におすすめ。

荷室も広く、積載量は十分ですから広いフィールドで楽しめる一台です。

  • 新車価格:2,408,400円〜
  • 燃費:13.0kmkm/L〜

アウトランダー

アウトランダー

シートアレンジが非常に豊富で、2人乗り〜7人乗りにおいていろいろな荷物の積み方ができる特徴があります。

車内の内装も質感は良く、外観も力強くて個人的には好きです。

ただ、価格はそこそこしますし、自動ブレーキや安全装備は不十分なのは気になるところ。

それだったら日産エクストレイルを選んだほうがいいかな、と思ってしまいます。

  • 新車価格:2,538,000円〜
  • 燃費:14.6kmkm/L〜

新車でも安い7人乗りをさらに安く買う方法とは?

7人乗りは各メーカーがモデルを揃えていますが、やはり選択肢はせまいのが現実です。

どうしても5人乗りのコンパクトカーが主流になっている以上、仕方がありません。

新車は中古車よりも当然値段が張りますから、少しでも安く買う工夫が欠かせません。

誰にでもできて効果が高いのは、やはりいま乗っている車を高く売ることです。

ディーラーの下取りはどうしても価格が安くなってしまいますから、商談に行くまでに複数の車買取店に査定してもらい、見積もりを出してもらいましょう。

そうすれば、商談のときに「じつは他の車買取店で高く買い取ってもらえそうなんです」という交渉材料が手に入ります。

誰にでもできる手軽な方法ですから、新車を買う前に必ず査定額をチェックしておきましょう。

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」はユーカーパックのクルマ買取オークションのおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売れました。

たった1回の査定で最大5000社の買取価格を比較できます。愛車の最高額がわかるユーカーパックは一番のおすすめです。

\ 30秒のかんたん入力で愛車の最高額がわかる /
\ ユーカーパックは30秒のかんたん入力 /

たった1回の査定で最大5000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大5000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
ミニバン・ワンボックスカー新車の購入・買い替え
シェアする
この記事を書いた人
車谷よしひこ

千葉県在住、1988年生まれの30歳。フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!【くわしいプロフィール】



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト