廃車にするまでの走行距離の目安ってどれくらい?

廃車までの走行距離の目安 廃車・事故車

走行距離がどれくらいになったら廃車を検討するべきなのでしょうか?

車の買い替え、あるいは手放そうと考えているときに走行距離が多い車をどうすべきか悩む人は多いハズ。

車を長く乗っていると、少しずつ買い替えや売却を意識するようになるものです。

なるべくなら、お金をかけずにお得に車を手放したいですよね。

走行距離はどれくらいになったら廃車になるのでしょうか?その目安とお得に車を手放す方法を解説します。

走行距離10万kmで廃車という考え方は健在?

よく聞く話として「走行距離は10万kmを超えると価値がなくなる」という目安があります。

つまり、10万km以上走った車は中古車としての価値がないので廃車にするしかないというわけです。

本当に10万kmで廃車にするのが正しい選択なのでしょうか?

「10万kmが車の寿命」は日本特有の考え方

車の寿命な年々伸びています。ですから、「10万kmで廃車」というのは一昔前の話。

いまの時代の車は燃費性能も向上していますし、エンジンや各種パーツの耐久性も非常に高くなっています。

さらにいえば、「10万kmが車の寿命である」と考えられているのは日本ぐらいです。

欧州などでは平気で15万km〜20万kmの走行距離に達します。

とはいえ、「10万kmを超えるとアウト」という風潮は根強く残っているのも事実。

10万kmを超えると車にガタがきて故障しやすくなるという意識は未だに高くなっています。

実際、ドイツ車を除く輸入車(フランス車やイタリア車)は日本車に比べると故障が多いのは事実です。

メーカーや車種によってちがいがあることは知っておく必要があるでしょう。

車の寿命と走行距離の限界ってどれくらい?

車のメンテナンス次第では10万km以下で廃車になることも

車種やメンテナンス状態によっては10万kmを超えて、明らかに廃車にするしかない車もあります。

保管状態が悪かったり、エンジンを蒸した運転をしたりといった状況が続くと車の寿命は短くなります。

ですから、10万kmで廃車!と一括りにするのは間違いですが、中古車としての買取相場はどうしても高くなりにくい傾向があります。

いつがベスト?廃車の正しいタイミングはこれだ!

走行距離ではなく、維持にかかる費用負担を廃車の目安にしよう

いま乗っている車の車検費用はどれくらいですか?修理にはどれくらいの費用がかかっていますか?

車に乗っていると、じつに多くの維持費が発生します。

新車で買ったばかりのころは気にならなかったはずの不具合は、走行距離を重ねると少しずつ出てくるものです。

そうなると、車を持っているだけでもかなりの費用がかかってします可能性もあります。

ですから、廃車を決めるのは走行距離ではなく、その車の維持にどれくらいの費用がかかっているかで決めるべきです。

車の修理費用や期間は部位によって異なる

当然といえば当然ですが、車のどこが故障しているのかによっても修理にかかる費用や日数は異なります。

タイヤやエンジンオイルの交換で済めば比較的ラクですが、エンジンまわりの不具合は時間もお金もかかります。

さきほど説明したとおり、廃車にすべきか否かは走行距離を目安にするのではなく、故障の度合いによって決めるべきです。

まずは、不具合が発生している部位(パーツ)がどこなのかを突き止めましょう。

そのうえで、そこの修理にかかる費用と日数を計算してみてから結論を出すのがベストです。

自分で不具合箇所をチェックできる人は少数でしょうから、近くのディーラーや整備工場に持ち込んでみるといいでしょう。

修理前の見積もりだけであれば費用は無料なことがほとんどですから、心配は無用です。

車の修理にかかる期間はどれくらい?修理日数と費用を調べてみた

車のエンジンが掛からない!修理費用と期間はどれくらい?

1ヶ月あたりの費用で計算して廃車を決めよう

走行距離が10万kmに達していても、問題なく走れる。なおかつ、修理・維持費用が高くつかないのであればそのまま乗るのも1つの選択肢としてアリです。

車検が2年間で12万円とすると、1ヶ月あたり5,000円の負担。

修理費用が2年間で30万円とすると、1ヶ月あたり12,500円の負担。

合計で1ヶ月あたり17,500円の費用負担で車を乗っていることになります。

廃車にするべきかどうかは、走行距離で決めるべきではありません。

1ヶ月あたり、これだけの費用を払う価値があるか?それによって決めるべきものです。

走行距離で廃車にするか考えがちですが、じつはまだまだ乗れる車である可能性もあります。

数字だけではなく、中身をきちんと見て判断したいですね。

廃車にするか?買取してもらうか?

もしいまの車を廃車にしようと考えているのであれば、そのまえにまず買取店に売却できないかチェックしましょう。

さきほど説明したように、車を廃車にすべきかは走行距離だけでは語れません。走行距離はあくまでも目安に過ぎないからです。

その車の状態によっては、中古車市場で十分な価値がある可能性があります。

たとえば、カーセンサーを見てみると走行距離10万キロの平成16年式ダイハツ・ムーヴラテ660 Xリミテッド4WDが本体価格22万円で売りに出されています。

販売店の利益を抜いたとしても、数万円から数十万円で売却益が得られるはずです。

つまり、わずかな金額であっても売ったほうがお得になります。

廃車には費用がかかります(⇒ディーラーに廃車の手続きをお願いする前に)。

廃車に費用をかけるくらいであれば、買取業者に買取価格を競わせて少しでも高く売却できたほうがお得なのは言うまでもありません。

ネットの一括査定を使うと販売店にわざわざ行く必要もなく、複数業者にまとめて査定を依頼することが可能です。

もし動かない車(不動車)だったとしても、車の一括査定は無料の出張査定をしてくれますから心配いりません。

廃車する前に、まずは一括査定を活用してみましょう。

インターネットの無料一括査定は、その場で査定額が表示されるのであなたの愛車の最高額がすぐにわかりますよ。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
廃車・事故車
シェアする
この記事を書いた人
車谷よしひこ

千葉県在住、1988年生まれの30歳。フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!【くわしいプロフィール】



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト