人気のSUVを全メーカー全モデルで完全比較してみた。おすすめ車種ランキングも!

【SUV完全比較】人気のSUVを全メーカー全車種で比較してみた。おすすめ車種も! SUV
出典:Lamborghini公式サイト

SUVは各メーカーが力を入れており、選択肢が豊富です。

SUVはコンパクトカーなどよりも単価が高いので、メーカーにとっても美味しいという裏事情もあるんですが…。それは言わないでおきましょう。

僕もSUVへの憧れを抱いているんですが、結局なにを買うべきか迷っちゃいますよね。

というわけで、SUVを完全に比較する記事を書きました。国内メーカー、海外メーカーを含めた全SUVを紹介します。

記事の最後におすすめの人気SUVランキングもあります(僕の主観でランキングトップ3を決めてみました)。

\ 愛車が最高額で売れる!! /

トヨタのSUV

CH-R

C-HR

ここまで好き嫌いが分かれるデザインも珍しいですよね。それくらい、先を走っているというか、攻めた車です。

ただ、発売されてからずっと売れている車でして、月間販売台数の多さがその人気を物語っています。

デザイン重視の車なので、リアウィンドウが極端に小さくなっています。そのため、後方の視界は悪いです。

運転のしやすさを重視するなら避けるべき車ですが、「このデザインがかっこいい」という人も多いと思うので、それなら買いですね。

実際、街を走っているのをよく見かけますが、良くも悪くも「浮いて見える車」です。とても目立ちますね。

僕の個人的な意見ですが、CH-Rは「デザインで買う車」だと思います。運転のしやすさとか実用性でいえば、エクストレイルやヴェゼルのほうが上です。

ちなみに、CH-Rという車名は「Compact High Rider(コンパクトでリフトアップされた格好いいスタイル)」と、「Cross Hatch Run-about(ハッチバックのようにキビキビと気持ちよく走るクロスオーバー)」に由来しています。

  • 新車価格:229万円〜
  • 中古車価格:159万円~ 

ハイラックス

ハイラックス

ハイラックス

ご覧のとおり、ピックアップトラックです。乗用車のラインナップのなかにピックアップトラックがあるのは国内メーカーだとトヨタ自動車だけ。それくらい珍しい存在です。

ただ、一般ユーザーでも使えるデザインになっていて、仕事で使う客層以外にも訴えかける魅力を持っています。

おもに林業を営むような人に支持されるような車ですが、アウトドアが好きな人や「単純にピックアップトラックがかっこいい」と感じる人にもおすすめです。

難点としては燃費が悪いこと(約12km/L)。そして、車体がかなりデカイので国内の狭い道路だと運転がなかなか大変でしょう。

現行モデルは全長が5335mm(5m30cm超!)と、相当な大きさです。

街でよく見かけるトヨタのハイエースワゴンでも全長が4m84cmですから、ハイラックスがいかにデカイかがわかると思います。

車名の「ハイラックス(HILUX)」は、英語の「Hi(高級な、より優れた)」と「Luxury(ラグジュアリー、贅沢な、豪華な)」を組み合わせた造語です。

  • 新車価格:326万円〜
  • 中古車価格:289.8万円~ 
ハイラックスの使い勝手はいかに?値引き額と維持費も計算してみた
トヨタ「ハイラックス」の使い勝手やいかに?価格と値引き額を計算して、年間にかかる維持費についても解説します。ハイラックスを安く買う方法もご紹介。

ハリアー

ハリアー

ハリアーは初代モデルが1997年に発売されているので、その歴史はわりと長い車です。

SUVでありながらフォーマルかつ高級感のある内外装を持ったモデルとして、当時は非常にインパクトのある車でした。あたらしいジャンルを開拓したといってもいいでしょう。

その立ち位置は現在でも変わっておらず、SUVでありながら高級路線というジャンルは、国内メーカーではハリアーに並ぶ車種はいまのところありません(レクサスは別として)。

現行モデルには先進の安全機能が標準装備されているものの、リアのLEDライトなどが設定されていないので、一部のユーザーにとっては不満が残るかもしれません。

中古車としても価格が安定しており、リセールバリューの高い車種なので将来的な買い替えを見越したときにもお得感のある車と言えるでしょう。

ちなみに、ハリアーという車種名はタカ科の鳥「チュウヒ」の英語名「HARRIER」に由来します。ハリアーのエンブレムはこのチュウヒをモチーフにしたものです。

  • 新車価格:295万円〜
  • 中古車価格:155万円~ 

RAV4

RAV4

RAV4は1994年に初代モデルが発売されました。現行モデルは5代目ですが、4代目のみは日本国内での販売はありませんでした。

ただ、世界戦略車として200カ国以上で販売されるなど、かなり売れた車種なのは間違いありません。

フルモデルチェンジを経て、2018年発売の5代目から日本国内で復活を遂げたというわけです。

RAV4がおもしろいのは、改良を重ねるごとにどんどんサイズが大きくなってくところ。

これはもう初期のモデルを見てもらうとわかりますが、こんな感じでめちゃくちゃコンパクトなSUVだったんですよね。2ドアですし。いまと全然ちがう。

RAV4初期型

RAV4初期型

RAV4はこんなサイズ感から始まりました。当初は5ナンバーで収まるサイズだったのですが、現行モデルは3ナンバーです。

※5ナンバー、3ナンバーは車のサイズのこと。○ナンバーの数字が小さくなるほど、車のサイズが大きくなります。

昔のRAV4は全然好きになれなかったんですが、現行モデルはめちゃくちゃカッコいいと思います。正直、欲しいです。

WTLCモード燃費でだいたい15km/Lくらい(ハイブリッド仕様だと約20km/L)なので、大型SUVとしては燃費が良いほうだと思います。

トヨタ車のSUVラインナップのなかでは、価格が「ランクルより下」で「CH-Rより上」という立ち位置です。

CH-Rよりも運転はしやすいですし、内外装の質感もかなり高いので、トヨタ車SUVのなかでは筆頭といえるかもしれません。

モノトーン8色、ツートン4色というカラー展開も、買う人の心をくすぐりますね。

  • 新車価格:260万円〜
  • 中古車価格:ー
【トヨタ RAV4の評価】燃費、内装、外装、価格および値引き額を徹底分析してみた
トヨタの人気SUV「RAV4」の評価を徹底検証しました。燃費、内装、外装、安全性、荷室容量まで細かく分析。グレード別の価格も掲載しています。目標値引きと値引き交渉法についても言及!

ランドクルーザー

ランドクルーザー

1957年に初代モデルが発売されたランドクルーザーは、世界的に見ても非常に歴史が長い車種です。

日本のみならず、海外でも高い評価を得ていて、たとえばアイスランドの氷河地帯ではレスキュー隊がランドクルーザーに乗って活動をしていたりします。

その他には、ハワイの大自然をガイドするツアーでは河川の渡渉に使われたりと縦横無尽な活躍です。

要するに、ランドクルーザーはとっても頑丈に作られていて、なおかつ寿命が長い車というわけです。

ランドクルーザーというといい意味で”粗野”なイメージがあるかと思いますが、その一方で高級車のような質感の良い内装を兼ね備えたグレードも存在します。

僕も実際に何度か乗ったことがありますが、本革シートを採用したランクルは非常に満足度が高かったです。

最近でこそ海外の高級車メーカーがこぞってSUVに参入していますが、内装が豪華なSUVという点においてはランクルが先駆けといっても過言ではないでしょう。

ランクルは車好きなら誰もが乗りたいSUVですが、欠点というかネックになることがいくつかあります。

  • ・車体が大きすぎる
  • ・燃費が悪い
  • ・自動車保険、自動車税が高い

ひとことでいえば、「維持費が高くて、運転が大変」というのがランクルのデメリットです。

ただ、所有者の声を聞くと「車が重い分、逆にゆったりとラクに運転ができる」という意見もあります。このあたりは実際に乗ってみて慣れるかどうか、ということでしょう。

ちなみに、ランドクルーザーは他に類を見ないぐらいリセールバリューが高く、中古車でも値下がりしにくいという大きな強みがあります。

走行距離についても10万キロなんてまだまだ。余裕で20〜30万キロを超える車がたくさんあります。

  • 新車価格:473万円〜
  • 中古車価格:219万円〜
ランドクルーザーの走行距離と寿命目安はどれくらい?ランクルが長く走れる理由
トヨタのクロスカントリー型SUV「ランドクルーザー」は、国内で「ランクル」の愛称で親しまれているほか、海外でも大人気です...

ランドクルーザープラド

ランドクルーザープラド

ランドクルーザー プラドはひとことで言えば「ランクルの兄弟車」です。

ランクルとランクルプラドが別々のラインナップで用意されているということは、当然ちがいがあるはずですよね。

ここではざっくりと、ランクルとランクルプラドの違いについて触れておきましょう。

  • ① ボディサイズがちがう(プラドのほうが小さい)
  • ② エンジンがちがう(プラドのほうが性能が低い)
  • ③ グレードや乗車人数がちがう(プラドのほうが多様)
  • ④ 走破性能のちがい(プラドはオンロード重視)

プラドのほうがサイズがやや小さく、エンジンも性能が低いです。低いとはいっても直4の2.7Lエンジン搭載なのは十分な性能ではありますが。

わかりやすくいえば、プラドのほうが「カジュアル向け」の車といえるでしょう。

「ふだんは舗装道路を走るのが中心だけど、週末はガツガツと悪路を走りたい」なんていう需要に応えるのがプラドの存在というわけです。

僕が考えるプラドの見た目は「フロントはめちゃくちゃかっこいいけど、リアがダサい」です。

ランクルプラドのリア

ランクルプラドのリア

フロントは水平基調で整っていて最高だと思います。ただ、リアが…。おしりが上につきすぎてて、フロントとのバランスがいまいち取れてないんですよね。

まあ以前のモデルに比べると、だいぶかっこよくはなりましたが…。

価格は新車だと300万円台から。ランクルよりもお手頃な値段で買えますね。

  • 新車価格:353万円〜
  • 中古車価格:179万円〜
ランドクルーザーとランクル・プラドの違いは?スペックを比較!
トヨタのプレミアムSUVには「ランドクルーザー」と「ランドクルーザープラド」があります。 どちらを買おうか迷ってい...

レクサスのSUV

LX

レクサスLX

レクサスLXをひとことでいえば「めちゃくちゃデカイ高級SUV」です。

僕は街で走っているLXを何度か見かけたことがありますが、そのたびに「デカイ!」と思います。デカすぎて、それ以外の感想が出てきません。

全長は 5,080mm(5m超)なので、ランクルよりも大きいです。すごいですよね…。

レクサスなので、内装の高級感は申し分ありません。

LXの内装

この木目パネルを使った内装はいかにも高級車。木目パネルはちょっと「前時代的な高級車」という印象があるので、もう少し先進的なデザインになるとさらに良いですかね。

これだけ大きなSUVに乗るのであれば、最大限の安全性能が欲しいところ。安全装備については「Lexus Safety System +」を搭載していて、歩行者検知機能もあるなど十分な内容です。

エンジン性能はV型8気筒 5.7L エンジン搭載。すごすぎますね…。これだけ排気量が多いと自動車税の高さが気になっちゃいます。

価格は1000万円を超えてきます。ちなみにレクサスはメーカーの方針で値引きが一切ありません。そのため、どうしても安く買いたいということであれば中古車を狙うしかないでしょう。

あるいは、メーカーオプションなどの実質値引きを狙うことになります。

  • 新車価格:1115万円〜
  • 中古車価格:796万円〜

RX

RX

一番安い価格が500万円台〜というのもあってか、レクサスのSUVのなかではよく見かける車種の1つです。まあ、レクサスにしては安い、という価格ですけどね…。

デザインは非常に均整が取れていて、クセがあるにはありますが、レクサス車のなかではわりとスタンダートな顔つきをしていると思います。

内装はごらんのとおり、かなり上質です。嫌味はまったくないのに高級感があって、レザーを使ったシートも素晴らしい出来栄えです。

RXの内装

レクサス公式サイトより

シートは2列と3列を選ぶことができます。大人数での移動を想定するなら3列シートが良いですが、荷物を運ぶことが多いのであれば2列シートのほうが使い勝手は良いでしょう。

RXは全長4,890 mmなので、そこまで車内が大きいわけではありません。SUVなので、後席のスペースは限定的です。

そのため、3列シートを使って長時間ドライブするのはやはりしんどいのが実情といえるでしょう。

  • 新車価格:492万円〜
  • 中古車価格:369万円

NX

レクサスNX

デザインはRXとよく似ていますが、スペックはRXのほうが高くなっています。

排気量、ボディサイズ、価格のいずれもRXのほうが高い(大きい)です。

デザインについてはフロントマスクがNXのほうがやや柔和な印象を受けますね。

フロントグリルがNXのほうがシンプルなので、RXほどクセはありません。

レクサスというと”どぎつい”フロントグリルが印象的ですが、そう考えるとNXはわりとシンプルといえるかもしれません。

内装はこうしてみると高級感はありますね…このあたりはさすがレクサスといったところでしょうか。さすがに1つ上のRXに比べると見劣りはしますが。

レクサスNXの内装

価格はNXが400万円台〜と、レクサスのSUVにしてはお手頃といえるでしょう。

安全性能についてはプリクラッシュセーフティ (歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ)が搭載していますが、踏み間違い防止機能などは未搭載です。

ラインナップにはハイブリッド車とガソリン車が用意されています。

  • 新車価格:442万円〜
  • 中古車価格:249万円
レクサスは値引きゼロって本当?レクサスを安い値段で買う方法
レクサスの車種は値引き額がゼロであると言われているので、購入を検討している人にとっては気になるところでしょう。 そ...

UX

レクサスUX

UXは2018年に登場したモデルで、レクサスSUVのなかでは一番価格が安いモデルです。

サイズはコンパクトで車高が低く、クーペにも通じるようなデザインになっています。

これまでSUVに乗ってこなかった客層で「いきなり大きなSUVに乗るのはちょっと抵抗がある…」という人には、もってこいのサイズ感と言えるでしょう。

僕が個人的に注目したいのが内装です。細かい部分ですが、コックピット全体(センターコンソール)がわずかに運転席に向いているのがわかるでしょうか?

UXの内装

これって運転する人にとってはかなり嬉しいんですよね。包み込まれる感じというか、「さあ、始めるか」みたいな気持ちにさせてくれるデザインです。特に、男が好むデザインかもしれません(笑)

レクサスは派手な見た目に注目がいきがちですが、じつは内装にもかなりこだわっていることをぜひ試乗を通じて体感してほしいですね。

価格は400万円を切る価格からでお手頃です。それでも十分高いんですけどね、レクサスですから。

  • 新車価格:390万円〜
  • 中古車価格:ー
レクサスが欲しいなら絶対に知っておくべき3つの事実
レクサスが欲しい人が知っておくべきポイントをまとめました。車種ごとの価格、月々の支払額、リセールバリューなどレクサスが欲しい人に向けて解説します。

ホンダのSUV

CR-V

CR-V

ホンダ公式サイトより

現在のSUVブームが起こるずっと前に、非常に支持されたのがCR-Vでした。

発売されてからしばらくの間は、いまのプリウス並みに大量のCR-Vが街を走っていました。

初代モデルから改良を重ねるごとに人気は衰えていき、やがて国内では販売終了という憂き目に合います。

その後、SUVブームに乗っかるかたちで再び日本で販売されることとなりました(海外ではずっと販売されてた)。

初期のCR-Vはどちらかというと大衆向けに作られた内外装でしたが、現在はちょっとだけ高級なSUVというコンセプトで販売されています。

車種のコンセプトに一貫性がないあたり、ホンダっぽいですね(笑)

内装は本革シートを用意するなど、かなり高級志向となっています。広告などの打ち出し方を見ると、アーバンライフを楽しむ大人をターゲットにしている印象です。

安全面については「Honda SENSING」を全タイプ標準装備しています。僕は個人的に安全装備をオプション設定しているのが許せないタイプなので、これは大歓迎ですね。

  • 新車価格:323万円〜
  • 中古車価格:269万円〜

ヴェゼル

ホンダ ヴェゼル

ホンダ公式サイトより

一時期はSUVの国内販売台数第一位になるなど、独走状態だったヴェゼル。

その後、日産のエクストレイルやトヨタのCH-Rが本気を出してきたせいで、少しずつ販売台数もおちてしまいました。

ただ、ヴェゼルはこれらのライバル車と比べてもデザインにクセがなく、最も万人ウケする車種だと僕は思います。

ホンダのヴェゼル公式サイトには「ジャンルを超えてゆけ。」というキャッチコピーが掲げられていますが、うーん、正直「SUV」というジャンルにしっかり収まる車だとは思います(苦笑)

こうして横からエクステリアを見ると、本当に良いデザインになっていると思います。無駄な装飾とかラインが入ってないので、シンプルですよね。

ヴェゼルのエクステリア

ホンダの公式サイトより

安全面ではHonda SENSINGを全車標準装備していて素晴らしいんですが、特に注目すべきは価格ですね。

最廉価グレードだと200万円ちょっとで新車が買えちゃいます(もちろん諸費用は別途必要ですが)。

このスタイルで、この価格。そりゃ売れる要素が揃っているなと思います。

大きすぎないボディサイズも日本の道路事情に合ってますし、家族で乗るときもお母さんが運転できる安心サイズですね。

  • 新車価格:207万円〜
  • 中古車価格:109万円〜
【ホンダの人気車種を攻略】新車が30万円安くなる値引き交渉術
ホンダの車を買うときに試したい値引き交渉術をご紹介。人気車種はちょっとしたコツで30万円以上も値引きしてもらうことができます。

日産のSUV

エクストレイル

エクストレイル

トヨタ・CH-R、ホンダ・ヴェゼルと覇を争うのがエクストレイルです。

売り出し方はアウトドアが好きな人とか、アクティブな層に打ち出されている感じですね。

昔、エクストレイルのCMで使われていたThe Clashというバンドの曲「I Fought the Law」があるんですが、エクストレイルを見るたびにその曲を思い出します。どうでもいい話ですね(笑)

エクストレイルは日産にとっても重要な位置づけである車なのは間違いありません。

ハイブリッド車を設定したり、他の日産車に先駆けてプロパイロットを搭載したりと、あらゆる層を取り込める能力を持った車種と言えるでしょう。

外観の見た目は、ヴェゼルよりはやんちゃな印象ですが、わりとシンプルにまとまっています。

室内は傾斜がつくものの、後席をフルフラットシートにアレンジができるので、長尺物を積むのにも適した車です。

エクストレイルのフルフラット

運転席周りやシートの質感については、特筆すべきポイントはありません。いたって平凡です。というより、少し前時代的な古さを僕は感じます。

あくまでもアウトドアを打ち出した車なので、そのあたりには期待すべきではないでしょう。

「大人のアーバンアウトドア」的な車が欲しいのであれば、ホンダ・CR-Vやトヨタ・ハリアーのほうがおすすめです(値段は上がりますが)。

エクストレイルの内装

エクストレイルの内装

価格については200万円前半から購入できますが、いかんせんラインナップが豊富なので、上位グレードを選べば300万円は超えてきます。

  • 新車価格:223万円〜
  • 中古車価格:89万円

ジューク

日産 ジューク

個性的なデザインとはこのことかと、驚かされるばかり。すごいですよね、メインの”目”がどこなのかよくわからない不思議なデザイン。

若者向けに開発された車ですが、意外と上の年代の人たちにも人気があるようです。

正直、出た当初は「これすぐ生産終了になるだろ…」と思ったんですが、予想以上に長生きしていますね。近々、新型もお披露目されるようなので、今後も独特な立ち位置の車として細く長く生きていきそうです。

僕はジュークのデザインは苦手ですが、こうやって好き嫌いがハッキリ分かれるようなデザインの車があるって素晴らしいことですよね。まさに車の多様性という感じで。

日産のエマージェンシーブレーキはグレード別搭載でして、他の車種にくらべると少し仕様が古い印象があります。

車内も決して広くないですし、後席の積載量も多くありません。なので、「デザインで買う車」と断言しても過言ではないと思います。

価格は約200万円〜とリーズナブルなのは嬉しいですね。

  • 新車価格:197万円〜
  • 中古車価格:29.8万円

マツダのSUV

CX-3

CX-3

マツダの最もコンパクトで最も価格の安いSUVがCX-3です。

パッと見た限りではSUVっぽさがないくらい、高さも抑えられたデザインになっていますね。

ベースグレードだと230万円〜なので、ライバル車であるホンダ・ヴェゼルなどに比べるとやや値段が高く感じるかもしれません。

とはいえ、内装は非常に質感が高く、余計な加飾がないのも好印象です。「引き算」をすごい意識していて、室内の色使いや素材に統一感があるので乗っていて心地よく感じるはず。

CX-3の内装

それにしても、マツダというメーカーも本当に変わりましたよね。昔はダサい自動車メーカーの代名詞みたいに言われていたのが、ここまでかっこいいデザインの車を出してきたわけですから。

さきほど説明したとおり、価格だけ見るとライバル車よりは高く感じるでしょう。ただ、外装・内装の質感の良さ、そして安全面も充実しているので十分に買いの車だと思います。

安全装備は夜間の歩行者検知機能まで備えており、すべてのグレードが先進安全技術を標準装備しています。これは高得点ですね。

  • 新車価格:243万円〜
  • 中古車価格:123万円

CX-5

CX-5

マツダSUVの次男坊、とでも言えるでしょうか。CX-3のひとつ上のグレードがCX-5です。

サイズ、価格ともにCX-3よりも上を行きますし、内装および外装の質感もCX-5のほうが断然高いですね。

ボンネットの先端が突き出しており、それによって車のデザインに迫力を持たせています。

フロントライトなかなり切れ長で細く、大きなフロントグリルとのバランスがぎりぎりのところで保たれているようなデザインになっていますね。

本革であるナッパレザー(アメリカのNapa ナパ地域で作られていた革が語源)を使用した内装は、非常に質感が高く、もはや300万円台から買えるSUVとは思えないレベルです(本革シートはグレード別設定)。

CX-5の内装

燃費についてはガソリン車だと12.6~14.6km/L、ディーゼル車だと17.4~19.4km/Lという水準です。SUVとしてはまずまずですが、ライバル車であるトヨタ・ハリアー(ハイブリッド)などに比べるとやや物足りません。

すべてのグレードが先進安全技術を標準装備しており、サポカーSワイドという基準をクリアしています。

  • 新車価格:288万円〜
  • 中古車価格:199万円

CX-8

マツダ CX-8

CX-8の内装

少し乱暴な言い方ですが、CX-5を7人乗りにさせた車がCX-8です。CX-8なのに7人乗り、というのがちょっとややこしいですね(笑)

7人乗りということで、買う人はある程度限られてくるかなとは思います。7人家族というのはかなり少ないでしょうし、7人を乗せて車に乗る機会もそう多くはないでしょうからね。まあ祖父母が乗ることを想定するなら、需要は多そうですが。

ただ、デザインが大きくなった分、風格や威厳みたいなのが増すのも確かです。そのため、「大きくて高級感のあるSUVが欲しい」という人にはおすすめできます。

また、室内の積載量も非常に多くなるので、アウトドアやサーフィンなどで荷物をたくさん積むような人にとってはかなり使い勝手が良いと思います。

CX-8の内装および使い勝手

燃費についてはボディサイズが大きい分、あまり期待しないほうが良いでしょう。ガソリン車が12.4km/L、ディーゼル車が15.8km/Lです。

安全装備についてはMAZDA PROACTIVE SAFETYという安全技術を全車に標準装備しています。家族などの大人数で乗る機会が多い人にとっては、嬉しいですね。

ガソリン車のベースグレードだと300万円弱から買えるので、値段はわりとお手頃と言えるかもしれません。CX-5と比べても価格差はそこまでないですね。

  • 新車価格:289万円〜
  • 中古車価格:278万円

スバルのSUV

スバルといえばAWDやアイサイトが有名ですね。SUVでいうと、やはりフォレスターを思い浮かべる人が多いかもしれません。

スバル車は燃費こそあまり良くありませんが、安全技術は優れているのでぜひ検討したいメーカーの1つです。

XV

スバル  XV

XVのデザインはインプレッサスポーツのSUV版といえるでしょう。

インプレッサスポーツのロードクリアランス(最低地上高)を高くして、SUVに仕上げています。雪道や未舗装道路でも安心して走ることが可能です。

また、水平対向エンジンと左右対称のパワートレインを採用しているため、重心が低く走行が安定します。

ネックになるのは燃費とデザインでしょうか。燃費は15km/L程度と決してよくありません。

また、デザインはいたって平凡な印象で、特におもしろみがないですね。よくいえばシンプルで飽きがきにくいデザインです。

  • 新車価格:213万円〜
  • 中古車価格:169万円
スバル「XV」と「インプレッサ」のちがいは?価格とスペックの差
スバルの中型乗用車には「XV」と「インプレッサ」がありますが、どちらを選んだらよいのか迷っている人もいることでしょう。 ...

フォレスター

フォレスター

スバルの中では最も大きいボディサイズを持ったSUVですが、その全長は以外にも4.6mという扱いやすいサイズに収まっています。

また、フォレスターは使いやすさにかなりこだわった車です。たとえば、ドアが開く角度が従来の車よりも大きいので、乗り降りや荷物の出し入れがしやすくなっています。

細かいところですが、後席に設けられたシートポケットや後席専用のUSBポートなど細部にこだわっているのは高評価です(しかも、全車標準装備)。

フォレスターの内装装備

スバル公式サイトより

僕は車のエンジン云々よりも、内装の細かい使い勝手をけっこう重要視するタイプなので、このあたりの気配りというか配慮は嬉しいですね。

  • 新車価格:280万円〜
  • 中古車価格:253万円
スバル車が高いと言われる3つの理由とは?安く買うコツはある?
スバル車は価格が高いと言われることがありますが、その理由は3つあります。 理由が分かれば、安く買うコツもつかめると...

レガシィ アウトバック

レガシィ アウトバック

レガシィのSUV版がアウトバックです。スバルのラインナップのなかでは高価格帯の車種で、内装に高級感を帯びています(それでも300万円台ですが)。

アウトバックはアイサイト搭載で安全性が高いのはもちろんですが、右左折時やコーナリング時に視界の妨げにならないように、フロントのピラー形状やサイドミラーの位置を最適化するなどの工夫がなされています。

あと、SUVにありがちな「後方の視界が悪い」ということもないので、女性でも安心して運転できる車といえるでしょう。

燃費は相変わらず14.8km/Lと良くないですが、車格もそれなりに良いSUVということであればアウトバックは良い選択肢になるはずです。

  • 新車価格:329万円〜
  • 中古車価格:159万円
スバル「アイサイト」はいらない?長所と短所を検証してみた
スバルの安全運転支援システム「アイサイト」の性能は、実際にはどの程度の性能なのか気になる人も多いはずです。 そこで...

スズキのSUV

スズキと言えばワゴンRをはじめとする軽自動車のイメージを持つ人も多いと思いますが、じつはSUVを中心とした普通車も数多くラインナップされています。

親しみやすいSUVから、わりと本格的なSUVまで多様なのがスズキの特徴です。

SX4 S-CROSS

SX4 S-CROSS

見た目は良い意味ではまったくスズキらしくない、洗練された印象です。BMWのキドニーグリルを思わせるデザインで、かっこいいと思います。

ただ、「見た目だけ」という印象が強い車なのもたしかです。正直、スズキというメーカーにこういう車は求めてない。

とはいえ、内装にはこだわりがあって、たとえば後席が1段階だけですがリクライニングができます。SUVなどの2列シートは固定タイプが多いので、地味に便利です。

あと、後席は前後のシート間隔に余裕を持たせてあるので、後席に座ったときでもけっこうくつろげるはず。

安全面については「レーダーブレーキサポートⅡ」を搭載し、自動追従機能も装備しています。

僕はスズキにラグジュアリーなブランドイメージを持ってないので、SX4 S-CROSSに違和感を感じてしまうのですが、あまり走ってない車でもあるので、車好きの人には良い選択肢といえるかもしれません。

  • 新車価格:214万円〜
  • 中古車価格:159万円

エスクード

エスクード

エスクードは1988年に初代モデルが登場しているので、その歴史は30年以上にもなります。

当時はSUVという言葉が日本に広まっておらず、そもそもサイズの小さなSUVというジャンルが存在しなかったんですね。そこにエスクードが登場したものですから、かなりヒットしました。

現在ではその影も薄く、ライバル車にごっそりお客さんを取られてしまったエスクードですが、その性能や価格はなかなか優れたものです。

正直、スズキセーフティサポートは安全性能がまだまだ低いのですが、それを除けばACC(前者追従機能)なども付いていて、わりと満足度は高いと思います。

外観についても大きなクセがなくまとまっていて、フロングリルなどは定番のSUVっぽさを醸し出しています。

価格は200万円台後半になりますが、安全装備などが標準で付いています。

それを考えると、ライバル車であるフォレスター、CX-3、CH-Rにも価格では十分に勝負できる車種なのです。

  • 新車価格:265万円〜
  • 中古車価格:159万円

クロスビー

クロスビー

クロスビーは、言ってみたらハスラーの普通車版といったところでしょうか。

ただエンジンやボディサイズは違っており、ハスラーと共通するパーツは一切使われていません。なので、厳密にはまったく別の車です。

クロスビーの外観の特徴は、フロントとリアのバンパーが高い位置に水平に付いていることです。これにより、最低地上高を高くし、悪路走破性を高めることに一役買っています。

内装については、特に後席スペースの広さがすごいです。リアシートは倒すこともできますし、リクライニングも可能です。

シートを1番後ろまでスライドした状態だと、前席シートと膝の間にこぶし約3つ分ものスペースが生まれます。

細かい収納スペースも豊富で、かなり使い勝手に配慮されている車だなーという印象を受けました。

また、SUVにありがちな「前方と後方の視界がせまくて運転がしにくい」という点については、クロスビーは問題ありません。

Aピラーが立っているおかげで、前方の視界がすごく良いんですよね。Cピラーも立っていますので、リアウィンドウはほぼ垂直。後方の視界もバッチリです。

見た目が気に入れば、まず間違いなく買いのSUVといってもいいと思います。

  • 新車価格:265万円〜
  • 中古車価格:159万円
激売れしてるクロスビーとハスラーの違いは?メリットとデメリットを比較
スズキの軽クロスオーバー車「ハスラー」は、発売以来人気を集めていますが、最近その拡大版ともいえるコンパクトカー「クロスビ...

ジムニー

ジムニー

2018年にフルモデルチェンジを行い、往年の四角いボディに生まれ変わったジムニー。その外観は多くの人の心を掴んでいます。

最大の特徴は、その角ばったボディと堅牢性のあるラダーフレームでしょう。

ジムニーは軽自動車で、ジムニー シエラは普通車登録の車です。見た目こそかなり似ていますが、ジムニーシエラはオーバフェンダーでサイズが大きくなり、排気量は1.5Lという数字です(軽自動車のジムニーは0.7L)。

ジムニー及びジムニーシエラのメリットとしては、

  • ・四角いボディを堪能できる
  • ・堅牢で悪路走破性も高い
  • ・人気車種なのでリセールバリューが高い

といった点が挙げられます。

僕も発売前からずっと欲しかったんですが、いろいろと調べていくうちに購入意欲が削がれてしまいました。

というのも、ジムニーは安全性が低いからです。デュアルセンサーブレーキサポートによる自動ブレーキは付いているものの、歩行者に対する反応はまだまだ良くありません。

また、衝突安全性もその見た目からは想像できないくらい弱く、事故時の乗員の安全が心配になります。

僕は車を選ぶときに「車の安全性(特に自動ブレーキと衝突安全)」を重視するタイプなので、残念ながらジムニーは選択肢から消えてしまいました。

ただ、その外観と走りはカーライフに大いなる喜びをもたらしてくれるはずなので、今後の進化したジムニーに僕は期待しています。

  • ジムニー
  • 価格:¥1,458,000〜
  • 燃費:16.2 km/L
  • ジムニー シエラ
  • 価格:¥1,760,400〜
  • 燃費:15.0 km/L
【残念すぎる】ジムニーの安全性が低いと言われる理由
大人気のスズキ・ジムニーですが、安全性は低いので要注意です。乗員保護、自動ブレーキなどの安全性は最低レベルでした。もっと安全性を高めてくれないかな…。

メルセデス・ベンツのSUV

さて、ここからは外国メーカーのSUVを見ていきましょう。まずはメルセデス・ベンツです。

メルセデス・ベンツはセダンのイメージが強いですが、コンパクトカーから大型SUVまで幅広いラインナップを展開しています。

GLA

GLA

出典:メルセデス・ベンツ公式サイト

GLAはいわば「A-ClassのSUV」です。メルセデス・ベンツのA-Classはコンパクトカーでして、その最低地上高を高くしたのがGLAと考えるとわかりやすいと思います。

ただし、デザインはA-Classと若干異なりますが、基本的には同じです。オフロードでも走れるように悪路走破性を高めているなど、走行性能にも違いがあります。

「コンパクトな輸入車メーカーのSUVが欲しい」という人には良い選択肢になるかもしれません。GLAの直接的な競合車はアウディのQ2かQ3になるかな?

BMWにもSUVはありますが、GLAなコンパクトSUVに相当する車種がないので、GLAはわりと独特なジャンルの車と言えるかもしれません。

  • GLA
  • 価格:¥4,140,000〜
  • 燃費:16.4 km/L

GLC

GLC

出典:メルセデス・ベンツ公式サイト

GLCはCクラスに相当する車種です。メルセデス・ベンツのミドルクラスSUVで、同社では史上はじめてのPHEVモデルを搭載しました(グレードによる)。

車のボディサイズが大きいので当然といえば当然ですが、リアシートを倒すことでなんと1,600Lもの荷室空間が生まれます。

ボディの形状としては通常のSUVの他に、リアウィンドウの角度を極端になくしたGLEクーペというモデルもあります。

かなりスポーティですが、デザインを優先しているため室内(特に後部座席)は狭いです。

  • GLC
  • 価格:¥6,210,000〜
  • 燃費:13.6 km/L

GLE

GLE

出典:メルセデス・ベンツ公式サイト

GLEはメルセデス・ベンツEクラスのSUV版です。とはいえ、Eクラスのセダンとはデザインも内装デザインもかなり異なります。

GLEは7人乗り仕様ですが、2人掛けの3列シートは必要に応じて出し入れできます。使わないときはフロア内に収納できるため、2列シートの状態にすればかなり大きな荷室容量となります。

内装は惚れ惚れするような質感の高さで、インパネとスピードメーターはすべてディスプレイで表示されます。木目のウッドパネルも美しいですね。

GLEの内装

ただ、これは完全に僕の主観なんですが、メルセデスのSUVってなんだか邪道な気がしてしまうんですよね。選ぶとしても、Gクラスを買いたいと思ってしまいます。

あるいは同じ価格を出すならポルシェのカイエンとかレンジローバーも買えちゃうわけなので、所有欲を満たすという意味では競合車にも目を向けたいところ。

とはいえ、MBUXをはじめとする先進機能や安全機能はメルセデスがかなり先を行っているので、選んで後悔することはまずないでしょう。

  • GLE
  • 価格:¥9,400,000〜
  • 燃費:ー km/L

GLS

GLS

出典:メルセデス・ベンツ公式サイト

GLSはSクラスのSUV版です。Sクラスはメルセデス・ベンツの最高峰セダンという位置づけで、誰もが憧れる車種の1つでもあります(ショーファーカーともいえるかな?)。

GLSは最高級モデルということもあり、内装はもとよりエンジンもかなり進化しています。新型のGLSからは、V型8気筒エンジンに48Vのマイルドハイブリッドシステムという圧倒的なパフォーマンスです。

ネックになるのはそのデカさかもしれません。SUVは価格が高いほど車体がでかくなるのが一般的で(セダンもそうだけど)、GLSもかなりでかいです。

全長が5207mm、全幅が1956mm、ホイールベースは3135mmなので、正直なところ日本の道路事情ではかなり厳しいと言わざるをえません。

ただ、その分だけ最高の居住空間が味わえることは間違いないでしょう。3列目シートでも身長190cm以上の人が快適にくつろげる空間を確保しているということなので、その快適性は高く評価できます。

  • GLS
  • 価格:¥11,130,000〜
  • 燃費:11.3 km/L

G-Class

G-Class Gクラス

出典:メルセデス・ベンツ公式サイト

価格帯だけ見れば、SクラスやGLSと大きな差はありません。それなのに、なぜメルセデス・ベンツはラインナップにGクラスを並べているのか?

その理由は、Gクラスのキャラクターの強さにあるといっていいでしょう。価格帯で並べればGLSと食い合ってしまいそうにも思えますが、Gクラスの存在感はもはや孤高といってもいいでしょう。

最大の特徴はなんといってもその見た目。「ゴツゴツとした四角い車は時代遅れ」みたいな風潮が自動車業界にはうっすら広がりつつありますが、そのゴツゴツとした四角いデザインを変えることなく、Gクラスは1979年の登場から40年以上も歴史を刻んでいます。

驚きなのは、そのデザインの変わらなさです。車はモデルチェンジを経るごとにデザインが変わるのが当然で、初代と現行モデルでは「これ、本当に同じ車種なの?」というデザイン変更が行われるのも当たり前です。

なのにですよ。Gクラスは初代からほとんどデザインを変えていません。下記がGクラスの初期モデルです。

Gクラスの初期モデル

Gクラスの初期モデル

見てもらえば一目瞭然ですが、現行モデルとほとんどデザインが変わってないんですよね。それだけ、このデザインが多くの人に支持され続けているということでもあります。

見た目は変わっていませんが、中身はまったく別物です。Gクラスには「インテリジェントドライブ」が付いており、歩行者検知機能付の自動ブレーキや自動再発進機能付のクルーズコントロールも採用しています。

見た目は変えずに中身を磨く。この素晴らしがGクラスなんですよね。他のメーカーにはない、唯一無二の存在なのがGクラスというわけです。

ライバル車が存在しないというキャラクターもあって、Gクラスのリセールバリューは非常に高いです。

  • G-Class
  • 価格:¥11,700,000〜
  • 燃費:ー km/L
やっぱり四角がカッコ良い!ゴツゴツした四角いデザインのおすすめ車種9選🚗
四角い、ゴツゴツしたかっこいい車をご紹介します。角ばった四角い車ってやっぱり惚れ惚れするかっこよさがあります。僕のおすすめ車種を国産車および輸入車からピックアップしました!
メルセデス・ベンツG−Classの価格と値引き額はいくら?
メルセデス・ベンツG-Classの価格・値引き額はいくらなのでしょうか? 1987年に発表されてから、デザインをほ...

BMWのSUV

次はドイツの自動車メーカー・BMWです。BMWのSUVはメルセデス・ベンツと同じような分類になっていて、7種類に分かれています。

SUVとセダンには共通の番号が振られていて、数字が上がるにつれて価格も高くなり、ボディサイズも大きくなります(ただしセダンに「1」と「2」はない)。

X1

X1

出典:BMW公式サイト

X1はBMWのSUVのエントリーモデルという位置づけです。デザインはいたってシンプルで、王道のBMWをいく外観です。

ボディサイズも大きくないことから、取り回しも良い車種です。全長4,455mm、全幅1,820mmというサイズなので運転のしやすさはBMWの車種でも随一でしょう。

僕の個人的な印象としてはX1はあまりキャラクターが強くないので、そそられないですね。

見た目も平凡だし、これといって際立った個性がないので万人受けするかもしれませんが、僕はあまり欲しいとは思わない車種です。

X1の新車に500万円出すくらいだったら、トヨタ・ランドクルーザーを買ったほうが楽しいし、リセールバリューも高いので、満足度は向上すると思います。

  • X1
  • 価格:¥4,230,000〜
  • 燃費:19.6 km/L

X2

BMW X2

出典:BMW公式サイト

X2は2018年に登場した新型モデルで、スポーツSUVというジャンルに入る車です。

車高を低くしたことで、見た目がかなりスタイリッシュな印象で、ラグジュアリーというよりはアクティブな車ですね。

車高はX1より低いですが、全幅がわずかにX2のほうが広くなっています。

クーペスタイルでありながら、X3クーペやX5クーペのようは「やりすぎ感」がないのが良いですね。

全高が低いため車内の居住性は決して良いとはいえませんが、スポーティなSUVが欲しい人には良い選択肢をなりうるでしょう。

  • X2
  • 価格:¥4,390,000〜
  • 燃費:15.6 km/L

X3

BMW X3

出典:BMW公式サイト

X3はBMWのSUVの中核をなす存在です。X1よりも全長が長く、ボディサイズは大きくなっています。

シンプルなキドニーグリルで、見た目こそ従来どおりのBMWという印象ですが、軽量構造を採用することにより重量を大幅に軽減しています。

また、空力技術によって空気抵抗係数を減らすことによる燃費の向上も図るなど、SUVらしからぬPRポイントもあります(このクラスのSUVにおいては特筆すべき燃費ではないですが)。

内装については、インパネやセンターコンソールが運転席側を向いている「ドライバーオリエンテッド」な構造をしていて、運転のワクワク感を演出しています。

デザインの質感は高いですが、僕はデュアルディスプレイを採用しているメルセデス・ベンツのほうが先進性は上かなと思っています。

  • X3
  • 価格:¥6,570,000〜
  • 燃費:13.5 km/L

X4

X4

出典:BMW公式サイト

X4は、X3をクーペスタイルにした派生車です。もともとはあとで紹介するX6というSUVクーペがあったのですが、X6のヒットを受けてひとまわり小さいX4も発売されたという経緯があります。

そう考えると、SUVの多様性って半端じゃないですよね。どこまでターゲットを細分化するんだという。車好きとしては嬉しい話ですが。

さて、X4の最大の特徴は、なんといってもそのルーフからリアにかけてのラインでしょう。完全なるクーペを演出しています。

X4を実際に街で見かけることも多々ありますが、存在感がすごいです。「異彩を放つ」とはこのことかと思わされます。

僕自身はX4を初めて見た瞬間から「ダサっ…」と思っていましたので、まったく受け付けないデザインです。クーペとSUVのミックスって、チグハグすぎませんか?

デザインを優先しているため、運転はかなりしづらいです。下記の写真はX4の後方を見たときの状態ですが、リアに傾斜をつけているせいで後方の視認性は最悪レベルです(笑)

X4の後方視認性

ちょっとクセが強すぎるし、僕はデザインを優先して視認性を犠牲にするという考え方を受け入れられません。

ただ、クーペ感のあるSUVは競合車が少なく、唯一対抗しているのがメルセデス・ベンツくらいです。

BMWは貴重な選択肢を提供してくれているともいえるので、無下にはできません。

人の好みはそれぞれだし、いろんなデザインの車が出てくるのは嬉しいことですからね。

  • X4
  • 価格:¥7,670,000〜
  • 燃費:13.4 km/L

X5

X5

出典:BMW公式サイト

X3よりもひとまわり大きく、内装および外装の質感をよりいっそう高めたのがX5です。

全長と全高が大きくなっていることもあり、存在感とラグジュアリーな印象が強まっています。

X5では国内モデルとしては初めて「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」を搭載しました。

「ハンズ・オフ」とは「手を放す」という意味でして、高速道路で渋滞に巻き込まれたとき、システムを起動すると車が自動でハンドルを操作してくれる機能です。つまり、ハンドル操作が不要になります。

渋滞時のノロノロ運転はかなりストレスなんですが、アクセルもブレーキも制御してくれるので、もはや自分はなにもしていなくても車が勝手に動いてくれます。

X5だけでなくX3にも搭載されている機能なので、今後はあらゆる車種に広がっていくでしょう。

また、おもしろい機能としては「後退時ステアリング・ アシスト機能」があります。これは35km以下で走行中に、直近50mのルートを車が自動で記録し、必要なときに車が自動で後退してくれるというもの。

「こんな機能いったいどこで使うの?」と思いますよね。たしかに出番は少なそうですが、たとえば狭い道に入り込んでしまって、バックで抜け出さなければいけないときなどに活躍してくれそうです。

  • X5
  • 価格:¥9,200,000〜
  • 燃費:11.7 km/L

X6

X6 M

出典:BMW公式サイト

X6はX5の派生モデルで、クーペスタイルのSUVです。

xDrive50iというグレードには 4.4リッターのV型8気筒ツインパワー・ターボ・エンジンを搭載しています。V8エンジンですよ…すごいですね。0-100km/h 加速は4.8 秒なので、ちょっとしたスポーツカーにも引けをとりません。

内装は豪華そのもので、たとえばこんな感じの車内ライティングも楽しめます。

「こんなのいらねーよ!」って人も多そうですが、僕は夜間にこういうライティングした車に乗るのが大好きなんですよね。夜の首都高とかお台場行きたいです。ボタン類のスイッチが全部赤いのは残念ですが…。

X6の内装

出典:BMW公式サイト

ただ、いくらデザインが良くて内装の質感が高くても、クーペスタイルの弊害を忘れてはいけません。さきほど紹介したX4と同じように、後方の視認性は最悪レベルです。

運転のしやすさを求めてX6を買う人はまずいないと思いますが、実際に乗ると運転のしづらさを痛感します。

  • X6
  • 価格:¥9,790,000〜
  • 燃費:10.3 km/L

X7

BMW X7

出典:BMW公式サイト

X7はBMWのSUVにおいて最高峰に君臨するモデルです。外装デザインを見てもらうとわかるとおり、存在感抜群。

他のモデルよりフロントのキドニーグリルが大きくなっており、非常に精悍な顔つきをしていますね。

「鼻の穴がデカくなった」と揶揄する声もありますが、他のモデルと差別化を図るという意味ではこれくらい堂々とした出で立ちをしているのもアリだと思います。

鼻の穴がデカくなった…BMWのキドニーグリルがモデルチェンジで大きくなった理由
BMWの代名詞ともいえるキドニーグリルが新型X7から大きく拡大されました。「鼻の穴みたい」「ダサい」と酷評されるキドニーグリルはなぜ大きくなったのか?その理由に迫ります。

正直なところ、このクラスのSUVに乗るのってステータスを誇示する意味合いもあると思うんですよね。少なくとも僕なら「こんな車に乗ってるんだぜ」と自慢したくなります(笑)

それを考えたときに「他の車種とパッと見ただけで見分けがつく」というのは大切な要素だと思います。X3とX5はどちらも外観のデザインが似ていて、パッと見ただけでは区別がつきにくい。

一方のX7はひと目で「あ、X7だ」とわかるデザインになっています。所有欲を満たすという意味では非常に良くできたデザインだと思います。

内装も素晴らしくて、アンビエントライトでなんと天井までライティングが施されています。こんな車、今までに見たことがありません。夜間のドライブが楽しくなること必至。

X7のアンビエントライト

出典:BMW公式サイト

ネックになるのは全長と全高の大きいボディサイズ、そして重量が重いことによる燃費の悪さです。これにさえ目をつぶれれば、SUVとしては最高の選択肢になるでしょう。

  • X7
  • 価格:¥10,790,000〜
  • 燃費:ー km/L

アウディのSUV

アウディのSUVは、BMWと同じように数字が上がるほどに値段も上がり、ラグジュアリーになります。SUVの車種名は先頭に「Q」がつくと覚えておくと区別しやすいでしょう。

Q2

アウディ Q2

出典:アウディ公式サイト

Q2はいままでのアウディのSUVにはなかった、コンパクトさをスポーティさを合わせ持った車種です。

アウディの車種はフロントライトが水平基調で横に伸びるデザインが多いのですが、Q2についてはライトをリフトアップさせることでよりスポーティな印象を与えています。

そして注目すべきはそのサイズです。

  • 全長 4,200mm
  • 全幅 1,795mm
  • 全高 1,500mm

比較してみるとわかりやすいですが、BMWのエントリーモデルSUVであるX1の全長が4,455mmですから、約25cmも全長が短いわけです。

国産メーカーのSUVでもここまでサイズが小さいSUVは珍しくて、マツダ・CX-3の4280mmよりもQ2のほうがコンパクトです。

サイズが小さいということは居住スペースも当然小さいですが、日本のせまい道路事情を考えると非常に使いやすい車種であることは間違いないでしょう。

300万円を切る価格帯も嬉しい限り。コンパクトSUVというカテゴリにおいては、非常に有力な選択肢になるはずです。

  • Q2
  • 価格:¥2,990,000〜
  • 燃費:17.9 km/L

Q3

アウディQ3

出典:autocar.jp/photo/firstdrives/339385/

以前までのQ3はQ2よりも大人しいデザインになっていて、フロントライトの曲面を際立たせることによって、より丸みを帯びたフォルムに仕上がりでした。

新型車となるモデルはフロントグリルとフロントライトのデザインが大きく変更となっています。よりシャープで、機敏な印象を与えますね。

インテリアデザインは、インパネまわりが大きく変更されています。3つの階層に分かれていて、張り出す部分が強調されていることで奥行きが生まれ、視覚的にも美しい仕上がりです。

アウディQ3の内装

出典:autocar.jp/photo/firstdrives/339385/

Q3の旧型モデルのインパネ周りは非常に平面的でしたので、内装デザインは格段に質感が上がっています。

価格もBMWやメルセデス・ベンツの競合車種よりお求めやすいので、十分に手の届くSUVです。

  • Q3
  • 価格:¥3,690,000 〜
  • 燃費:17.9 km/L

Q5

アウディ Q5

出典:アウディ公式サイト

Q5はアウディらしさを全面に感じられる六角形のフロントグリルが印象的で、押し出し感と高級感を兼ね備えたデザインです。

Q5には「アウディドライブセレクト」という機能があり、5つのドライブモードを自由に切り替えることができます。路面状況や気分に合わせてドライブフィーリング変えられるのは嬉しいですね。

  • Auto(オート)
  • Comfort(コンフォート)
  • Dynamic(ダイナミック)
  • Efficiency(エフィシェンシー = 燃費重視)
  • Individual(マニュアル設定)

安全面についてはアウディの安全装備が用意されているものの、一部はオプション対応になるので要注意。

ライバル車としてはボルボXC60というモデルがありますが、こちらは同じ価格帯で安全装備が全車標準となっています。そのため、Q5は割高感があるのは否めません。

  • Q5
  • 価格:¥6,910,000 〜
  • 燃費:13.9 km/L

Q7

Q7

出典:アウディ公式サイト

Q7はアウディの最高級SUVで、内装および外装ともに非常に高級感があります。

僕はQ7を街で見かけるたびにウットリしちゃうんですが、じつを言うとQ5と見た目はかなり似ているんですよね。

Q7はフロントグリルの六角形が最も大きく、なおかつ水平にシルバーのラインが入っています。

違いこそわかりにくいですが、比べてみるとその存在感は格段にちがいます。ボディサイズもQ7が1番大きく、車内の居住性が非常に優れています。

あと、内装が高級SUVにしてはシンプルなんですが、ダッシュボードが綺麗な水平基調で仕立てられていて無駄がありません。

Q7の内装

出典:アウディ公式サイト

車格にしては装飾が足りないかな?と思う部分もたしかにあるんですが、よく言えば「無駄を削ぎ落としたデザイン」に仕上がっています。

最近のラグジュアリーSUVはインフォテインメントがすべて液晶ディスプレイで制御されているモデルが多いため、先進性・未来感という意味ではちょっと見劣りしますね。

  • Q7
  • 価格:¥8,120,000 〜
  • 燃費:11.7 km/L

ポルシェのSUV

ポルシェといえば911をはじめとするスポーツカーが思い浮かびますが、じつは海外メーカーのSUV進出という道を最初に切り開いたのがポルシェでした。

もちろん、それまでも海外メーカーのSUVは存在しましたが、「SUVへの参入」という意味においてポルシェは非常に大きな貢献をしました。

マカン

マカン

出典:ポルシェ公式サイト

マカンは2010年にカイエンの弟分として登場したモデルです。

わかりやすくいってしまえば、「より価格の求めやすいポルシェのSUV」というのがマカンの立ち位置になります。

とはいえ、ただ安いだけかといえばそんなことはなく、内装の質感は非常に高いです。

エンジンはカイエンにこそ劣りますが、3.6L (3,604cc) V6 ツインターボを搭載するなど、走りの面で不足は感じられません。

むしろマカンのほうが「走りを追求するスポーツカー」としてのキャラクターが強く、実用性よりも運転を楽しむ車として受け入れられています。

全幅が1,923 mmと一般的なSUVに比べて大きいですが、全長は4,696 mmという一般的なミドルクラスSUVのサイズ感に収まっています。

  • マカン
  • 価格:¥6,990,000 〜
  • 燃費:ー km/L
ポルシェの大人気SUV「カイエン」と「マカン」を徹底比較!価格とスペックの違いは?
ポルシェのSUV「カイエン」と「マカン」は、ともに日本でも大人気となっています。 しかし、2台は外観が似ていること...

カイエン

ポルシェ・カイエン

出典:ポルシェ公式サイト

2002年に登場したカイエンは、SUVジャンルを大きく変えたといっても過言ではありません。

いまでこそロールスロイスやランボルギーニまでもがSUVに参入していますが、当時は「あのポルシェがSUV?」と驚きを持って迎えられました。

ポルシェはSUVというよりも「新しいスポーツカーのかたち」としてカイエンをつくりました。そのコンセプトに紛うことなく、カイエンの走行性能は群を抜いています。

最上位グレードである「カイエンターボ」はV8エンジン搭載で、0-100km加速は4.1 秒という驚異の数値です。

ボディサイズは全長4,925 mmと絶妙なサイズ感に収まっています。

海外メーカーのSUVにおいては最も完成度が高い車種の1つであり、人生において一度は乗っておきたいと思わせる車種です。

ちなみにカイエン(Cayenne)という名前は「カイエンペッパー」という赤唐辛子に由来します。

  • カイエン
  • 価格:¥10,120,000  〜
  • 燃費:ー km/L
ポルシェ・カイエンの競合車「BMW X5」のスペックと値段を比較してみた
ポルシェの大人気SUV「カイエン」。その競合車種である「BMW X5」のスペックと値段を比較してご紹介します。

フォルクスワーゲンのSUV

フォルクスワーゲンは世界最大規模の自動車メーカーの1つですが、じつは日本に導入されているSUV車種は現在のところティグアンのみです。

以前まではトゥアレグという車種もありましたが、現在は新車のラインナップにありません。

ティグアン

ティグアン

出典:VW公式サイト

ティグアンは見た目が水平基調で非常に高級感がありますが、価格は300万円台から購入できるSUVです。

サイズもじつはコンパクトで、なんと全長は4,500 mmしかありません。コンパクトSUVに分類されるサイズですね。

なぜ見た目ほど大きくないのか?まずフロントの角ばったデザイン、そしてルーフからリアにかけてのラインが立ち上がっているからです。

最近はクーペスタイルのSUVが増えましたが、ティグアンはどちらかというと四角いデザインをキープしています。

安全装備については高速道路での渋滞時における自動ストップ・アンド・ゴーや、自動ブレーキシステムが搭載しています(ただし、グレード別設定)。

  • ティグアン
  • 価格:¥3,699,000 〜
  • 燃費:13.0 km/L

マセラティのSUV

マセラティはイタリアの高級車メーカーで、セダンとクーペが主流のラインナップでした。

ここ数年のSUV人気を受けて、ついにSUVに参入を果たしました。

満を持して投入したのがレヴァンテという車種です。

レヴァンテ

レヴァンテ

出典:マセラティ公式サイト

マセラティというメーカーがそう想起させるのかわかりませんが、レヴァンテはめちゃくちゃ色気があります。

街で見かけることもかなり少ないですし、この車を選ぶのはかなりの車好きといってもいいでしょう。

グレードによってエンジンの性能差がかなりありまして、最上位グレード(Levante TROFEO)にもなると、最高出力590ps、0-100km加速は3.9秒という驚異の数値です。

エンジンや外観デザインの見た目がもたらす風格は申し分ないんですが、1つだけ気になるポイントがあります。それは内装です。

レヴァンテの内装

出典:マセラティ公式サイト

もちろん高級感があるにはあるんですが、もう一つ物足りない印象です。最近の1000万円超のSUVと比べると、装飾が少なくちょっと割高感があります。

メルセデス・ベンツのGLSや、BMWのX7がライバル車になりますが、レヴァンテはこれらの車種よりも内装インテリアのクオリティが低いです。

また安全装備についてもやはりメルセデス・ベンツなどの他車メーカーに劣ります。

ちなみに、レヴァンテという車名は地中海を跨いで吹く風の名前に由来します。

実用性や安全性というよりは、「マセラティというブランドを買う」というのがレヴァンテなのかもしれません。

  • レヴァンテ
  • 価格:¥10,200,000 〜
  • 燃費:13.0 km/L

フィアットのSUV

フィアットはイタリアの自動車メーカーです。

もともとフィアットには500(「チンクチェント」と読む)という往年の名車がありまして、その可愛らしさとコンパクトさがウケて、日本でも高い人気を誇ります。

その500を、SUV化させたのが、フィアット唯一のSUVである「500X」です(国内で買えるのは)。

500を犬のチワワと例えるなら、500Xはゴールデンレトリバー。サイズは大きいですが、可愛らしさのある車種です。

500X

フィアット500X

出典:フィアット公式サイト

500Xは、コンパクトな500をSUV化したモデルです。500は3ドアですが、500Xは5ドアとなっています。

まず最初に燃費ですが、WTLCモードで13.5km/Lと、SUVとしてはまずまずの水準です。

デザインの特徴はなんといっても愛嬌のある丸目ライトでしょう。全体の丸みを帯びたフォルムは、意外と他社のSUVにはないデザインです。

内装はヘッドレストが円形で珍しい形状をしています。インパネはカラーパネルを採用していて、見た目にも鮮やかです。

500Xの内装

出典:フィアット公式サイト

500に比べるとサイズは大きいですが、じつは全長が4,280mm(約4.3m)しかありません。これはSUVの中では小さいほうです。

ボディサイズが大きくない分、ラゲージルームは350 [1,000] Lと小さめです。また、燃料タンクも48Lしかありません。

SUVに求めるサイズ感としては小さく感じるはずなので、「大人数で、荷物をたくさん積んでがっつりアウトドアを楽しむ!」みたいな使い方はしづらいかもしれません。

ただ、このキャラクターを持つSUV他社には絶対にないので、デザインに惚れて買う人が圧倒的に多いと思います。

  • 500X
  • 価格:¥2,980,000 〜
  • 燃費:13.5 km/L
どこが違う?フィアットとアバルトの差を徹底比較した
見た目は似ているようで違うフィアットとアバルト。一体どこが違うのでしょうか?フィアットとアバルトの差を徹底比較します。

アルファロメオのSUV

アルファロメオは1910年に創業したイタリアの自動車メーカーです。

もともとはコンパクトカーやセダンなどが中心のラインナップでしたが、アルファロメオ初のSUVとして発売したのがステルヴィオという車種です。

ステルヴィオ

ステルヴィオ

出典:www.webcg.net/articles/-/37908

まず、アルファロメオはトライローブという象徴的なフロントグリルをすべての車種が持っています。三角形の大きなグリルのことですね。

BMWでいうところのキドニーグリルと同じで、長年このデザインを継承してきています。

ステルヴィオも同じようにトライローブを採用したデザインでして、サイズが他の車種よりも大きいため、トライローブがもたらす迫力はかなりのものです。

アルファロメオには「ジュリア」という車種がありますが、ジュリアの車高を上げてSUV化したのステルヴィオと考えるとわかりやすいかも。

アルファロメオの持ち味は「デザイン」に凝縮されていると、僕は思っています。ひと目見ただけでそれとわかるデザインと、強烈な個性は他のメーカーでもなかなか打ち出せない魅力です。

一方で、それだけという見方もできます。ステルヴィオの新車価格帯は600万円台ですが、それにしては内装が少し弱いかな。

ステルヴィオの内装

出典:gazoo.com/impression/w0000139152.html

木目パネルや本革シート等の採用で質感は高いですが、インパネがもうひとつ。

ドイツ車と比べるのはナンセンスかもしれませんが、やはりメルセデス・ベンツやBMW、さらにはポルシェ(マカン)と比較してしまいますね。

アルファロメオを買う人の多くはデザイン性を買うはずですから、それも一つの車の選び方として大いにアリだとは思います。ただ、僕は確実に買わない車種です(笑)

  • ステルヴィオ
  • 価格:¥6,170,000 〜
  • 燃費:16.0 km/L

ランボルギーニのSUV

ランボルギーニといえばアヴェンタドールやウラカンなどのスーパーカーが有名ですが、そのランボルギーニがSUVにも参入。

スーパーカーと呼ばれる車を作るメーカーとしては真っ先にSUVを投入しました。その車が、ウルスです。

ウルス

ウルス

出典:ランボルギーニ公式サイト

ランボルギーニはこの車を「スーパー・スポーツ・ユーティリティ・ビークル」、要するにスーパーSUVと呼んで差別化を図っています。

では、ウルスが他のメーカーとなにが違うのか?おおまかに説明すると以下のとおりです。

  • ・エンジンが超パワフル
  • ・ひと目でわかるランボルギーニのデザイン
  • ・乗る人に高揚感を与えるコックピットデザイン

まずエンジンについてhですが、4リッターのV型8気筒エンジンを搭載しています。

0-100km/h加速は3.6秒と、これだけ大きな車体にも関わらず相当すごい走行性能です。

そのサイズについてですが、全長は5m超、全幅が2m超もあります。

外観デザインがクーペスタイルなので大きくないように見えますが、SUVとしてはかなり大きいです。なので、日本の道路事情や駐車場では苦戦が予想されます。

Lamborghini Urus(ウルス)

出典:ランボルギーニ公式サイト

内装はさすがという感じでして、男が好きな飛行機のコックピットのようなデザインに仕上がっています。ボタンがたくさんあり、高揚感がハンパじゃないです。シートの質感も高いですね。

後部座席は足回りこそ狭くはありませんが、天井が低いので圧迫感があります。

フロントウィンドウは視野がかなり狭くなっていて、それが「スポーツカーに乗ってる感」を強く演出しています。ただし、前方および後方の視界は非常に悪いので、運転のしやすさは期待できません。

  • ウルス
  • 価格:¥27,800,000 〜
  • 燃費:ー km/L

シトロエンのSUV

シトロエンはフランスの自動車メーカーで、日本国内ではそこまで存在感のあるメーカーではありません。

ただ、デザインは非常に独創的で、車好きにとっては好き嫌いこそあれど気になる存在です。

C5 AIRCROSS

C5 Aircross

出典:シトロエン公式サイト

C5 AIRCROSSはシトロエン初のSUVです。まずは見た目が気になるところですが、個人的には「惜しい」デザインだと思います。

フロントはライトとグリルがいずれも水平基調で意外とシンプルなんですが、シトロエンのエンブレム(ダブルシェブロン)が何とも奇妙な位置にあるせいで、面構えが非常に不格好に見えます。

それが個性を呼んでいる、ともいえますが、「エンブレムの位置もう少し下でよかったんじゃないの?」と思わず言いたくなります。

C5 Aircrossの内装

出典:シトロエン公式サイト

内装はレザーを使用した高級感のある仕上がりになっていて、居住性は非常に高いといえるでしょう。

ちなみにサイズは以下のとおりです。

  • 全長: 4.50 m
    全幅: 1.85 m
    全高 : 1.71 m

内部の機能面では、細かいところだと、2重ラミネート構造のフロントサイドガラスを採用して静粛性を高めて居住性を高めています。

また、センサーが一定レベル以上の外気の汚れを検出すると自動的に内気循環に切り替えてくれるエアクオリティシステムを採用しています。

安全装備は一通り付いていますが、そこまで期待はできません。

購入の決め手としては「デザインが好き」「内装の質感が高い」「シトロエンが好き」というところでしょうか。

ライバル車はボルボのXC40、メルセデス・ベンツのGLC、BMWのX3などです。これら競合車種に比べて優位性があるかと言われると、正直疑問です。

  • C5 AIRCROSS
  • 価格:¥4,240,000 〜
  • 燃費:16.3 km/L
シトロエンは壊れやすい?故障のしやすさと修理費用の目安
フランスのシトロエンは、古くから個性的な車を作るメーカーとして知られていますが、同時に壊れやすいというイメージも定着して...

プジョーのSUV

プジョーはフランスの自動車メーカーで、ライオンのエンブレムが印象的ですね。

コンパクトカー、セダンなどが豊富ですが、SUVのラインナップも充実しています。

価格帯はわりとお手頃な車種が多いです。

SUV 2008

プジョー 2008

出典:プジョー公式サイト

2008はプジョーのなかで最もお手頃なSUVです。

リフトアップされたフロントマスクのなかで、ひときわ目立っているのがライトです。プジョーの他の車種に比べてもかなり鋭敏な印象を与えます。

ただ、ルーフラインからリアにかけては丸みを帯びているため、フロントから受ける印象よりもずっと可愛らしいフォルムをしています。

内装については「i-cockpit」なるものを採用していて、一見すると先進的に思えますが、デザインそのものは取り立てて優れているわけではありません。むしろ、少し古さすら感じます。

プジョー2008の内装

出典:プジョー公式サイト

安全装備についてはアクティブシティブレーキを標準装備としているので、オプションで付ける必要がなく安心感があります。

全長4159mmと小柄なボディなので、運転のしやすい車です。

やっぱり内装のチープ感がちょっと気になりますかね…。特にシートの質感が低いと感じました。価格が高くないので仕方ない部分ではありますが。

  • 2008
  • 価格:¥2,650,000 〜
  • 燃費:16.3 km/L

SUV 3008

プジョー 3008

出典:プジョー公式サイト

プジョー3008のリアデザイン

出典:プジョー公式サイト

3008はプジョーSUVの中核的な存在です。2017年デビューと歴史は浅いモデルですが、ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー2017をはじめとする60以上のアワードを受賞するなど実績を重ねてきています。

外観デザインは2008に似ていますが、フロントライトの造形がユニークで、2008よりもさらにシャープな印象です。ボディサイズも2008より大きいですから、斜めから見たときの「ドシッと」した感じはより強いですね。

テールライトのデザインも個性的で、ちょっと先進的な造形をしていて、他の車とのちがいをハッキリ感じられます。

内装は個人的にけっこう気に入ってまして、センターコンソールが運転席のほうに向いている「ドライバーオリエンテッド」な構造をしています。

プジョー3008の内装

出典:プジョー公式サイト

センターコンソールのスイッチ類を水平に並べることで、よりコックピット感が強くなっていて、運転する人のワクワク感を増幅させてくれますね。

安全性については、自動ブレーキ、レーンキープアシスト、アクティブクルーズコントロール(Allure LED Packageに装備)などが付いています。

全体的に完成度の高い車なので、ミドルクラスの輸入SUVとしては十分選択肢に入れていい車種だと思います。

  • 3008
  • 価格:¥3,670,000 〜
  • 燃費:13.4 km/L

SUV 5008

プジョー 5008

出典:プジョー公式サイト

プジョー5008は、3008のボディサイズを大きくして乗車人数も増やしたモデルです。

そのため、価格もそこまで大幅にアップしているわけではありません。

ポイントとなるのは4.7mという決して大きくない全長なのに、7人乗りシートを採用したところです。すべての席が独立シートになっているという珍しいタイプになっています。

プジョー5008の3列目シート

出典:プジョー公式サイト

もちろん3列目はシートだけでなく、収納して荷室スペースとして使うことも可能。

ただ、3列目シートはかなり座り心地が悪く、ここに座って長距離の移動はかなりしんどいことが予想されます。

なので「コンパクトSUVが欲しいけど、7人乗りが良い!」という人におすすめです。ただし、3列目シートの快適性は高くないのでご注意を。レッグルームはかなり狭めです。

3列目シートは床下に収納できるし、取り外すこともできます。なので、ふだんは2列目シートだけで使って、急な来客とか大人数での移動が発生したときだけ3列目シートを使うというのが良いかもしれません。

あと細かいところですが、前席のシート調整は電動ではなく手動です。このあたりがちょっとなあ…この価格なら電動シートを付けてほしいと思っちゃいます。

  • 5008
  • 価格:¥4,140,000〜
  • 燃費:13.4 km/L

ルノーのSUV

ルノーはフランスの自動車メーカーで、日本ではそこまで存在感が大きくありませんが、フランスをはじめドイツやロシアでは高い人気を誇ります。

特にルーテシアというモデルは、フランス国内販売台数第1位など実績がある車種です。

キャプチャー

キャプチャー

出典:ルノー公式サイト

キャプチャーは日本で販売されている唯一のSUVです。コレオスという大型SUVもありますが、現状だと日本では販売していません。

キャプチャーはサイズこそコンパクトですが、その造形もあいまって非常に存在感があります。

スキッドプレートをフロントとリアに採用しており、都会的な雰囲気も持たせつつ、走破性の高さを連想させるデザインになっています。

サイズは

  • 全長:4,135mm
  • 全幅:1,780mm
  • 全高:1,585mm

となっており、SUVにしてはかなりコンパクトです。日常使いにはちょうど良いサイズ感ですね。

注目すべきはボディカラーです。なんとキャプチャーは2トーンカラーのみの展開となっています。2トーンカラーは追加料金となる車種が多いなか、純正で選べるのは良いですね。

ただ、2トーン嫌いにとって、キャプチャーは選択肢から除外される可能性が高いでしょう…。僕も2トーンはあまり好きじゃない(笑)

キャプチャーの内装

出典:ルノー公式サイト

初代キャプチャーの内装は、発売から年数が経っていることもありかなり安っぽい印象でした。新型モデルからは内装が大幅に刷新され、インフォパネルが大型化するなどかなり未来っぽいデザインになっています。

新型モデルはPHEVグレードもあり、外観デザインもわずかですが変更されてスタイリッシュに生まれ変わります。

新型ルノーキャプチャー

出典:response.jp/article/2019/07/05/324158.html

モデル末期というこもあり、現行モデルを新車として買うのはおすすめしません。あくまでも中古車で買うのが賢明です。

新車が欲しいのであれば新型発売まで待つか、他のSUVを検討すべきでしょう。

  • キャプチャー
  • 価格:¥2,699,000〜
  • 燃費:ー km/L
【ルノーSUVを比較】カジャーとキャプチャーの内外装と価格のちがい
ルノーには「カジャー」と「キャプチャー」の2種類のSUVがあります。カジャーとキャプチャーの価格、内装、外装、スペック、燃費のちがいを比較して解説します。

ランドローバーのSUV

ランドローバーはイギリスの名門自動車メーカーで、特にレンジローバーは英国王室御用達の車としても有名です。

レンジローバーと名前が付く車種がいくつかあります。ちょっと混同しやすいですが「レンジローバー」という車種が頂点に君臨していて、その下に派生モデルとして「レンジローバー○○」が存在すると考えればわかりやすいと思います。

ランドローバー「レンジローバー」の違いは?車種の違いを比較してみた
ランドローバー「レンジローバー」の各モデルのスペック、価格、内装、デザインのちがいを比較してみました。ランドローバーのSUVはまぎらわしいですが、比べてみるとちがいがよくわかります。

レンジローバー

レンジローバー

出典:LANDROVER公式サイト

レンジローバーは高級SUVの代名詞といっても良い存在です。

内装には10.2インチの高解像度タッチスクリーンを2つ配置し、片方で内容を確認しながら、もう片方のスクリーンで操作するといった使い方ができます。

インパネやダッシュボードには木目パネルを取り入れ、高級感と気品のあるインテリアに仕上がっています。

外観デザインの特徴としては、ボディサイドのラインが印象的です。これがレンジローバーの頂点に与えられたデザインの”刻印”といえるでしょう。

高級車としてオンロード走行はもちろんですが、SUVらしい悪路走破性も兼ね備えています。

レンジローバーの最大渡河推進は90cmもあるので、本格的なアウトドアにも十分通用する性能を持ち合わせています。

レンジローバーに乗ることは、車好き・SUV好きにとっての1つの到達点と言えるかもしれません。

  • レンジローバー
  • 価格:¥14,090,000〜
  • 燃費:8.5 km/L〜
BMWとジャガー&ランドローバーが電気自動車開発で提携!なぜこの2社が?理由を知って納得
BMWとジャガー&ランドローバーが電気自動車開発で提携することが明らかに!なぜこの2社が協力することになったのか?その背景と理由について解説します。

レンジローバー SPORT

レンジローバー SPORT

出典:LANDROVER公式サイト

その名のとおり、レンジローバーをスポーティに仕上げたのがレンジローバー・スポーツです。

レンジローバーよりもデザインの角が取れていて、走りに特化した印象を与えます。

ただ、ベースはレンジローバーなので、レンジローバーとパフォーマンスに大きな差はありません(選ぶグレードによっては差があるけど)。

たとえばV6スーパーチャージド 3.0リッター ガソリンエンジン搭載モデルだと、レンジローバーもレンジローバー・スポーツもほとんどスペックは同じです。

違うのは内装と細かい快適性能ぐらいなので、買う場合には見た目と内装を見比べることになるでしょう。

たとえば、レンジローバーには「MERIDIANTMサウンドシステム」や「ヒーテッドレザーステアリング」などの装備がついていきますが、レンジローバースポーツには付きません。

  • レンジローバー スポーツ
  • 価格:¥8,730,000〜
  • 燃費:8.4 km/L〜

レンジローバー VELAR(ヴェラール)

レンジローバー VELAR

出典:LANDROVER公式サイト

レンジローバー ヴェラールは、金属からそのまま削り出したような美しいフォルムが特徴です。ボディに余計なキャラクターラインが描かれておらず、ツルッとした魅力があります。

ヴェラールという車名は「ヴェールに包まれた車」という発想から、ラテン語で「覆う」を意味する「velare」に由来します。

レンジローバーとのちがいは、見た目はもちろん、エンジンが異なります。

レンジローバーはV6の高出力エンジンを搭載し、排気量も3.0Lあります。一方のヴェラールは排気量が2.0Lと控えめなエンジンを搭載しています。そのぶん、自動車税も安いですね。

ランドローバーのなかでは、レンジローバー・スポーツとイヴォークの間を埋めるモデルとして投入されました。

価格は700万円台〜とレンジローバーの半額程度ですが、内装は非常に質感が高く、シートやドアトリムの美しさは目を見張るものがあります。

「レンジローバーが欲しいけど、そこまでエンジン性能は求めてない」という人におすすめです。

  • レンジローバー ヴェラール
  • 価格:¥8,730,000〜
  • 燃費:14.4 km/L〜

レンジローバー EVOQUE(イヴォーク)

レンジローバー EVOQUE(イヴォーク)

出典:LANDROVER公式サイト

パッと見ただけでイヴォークとヴェラールのちがいを見分けるのはなかなかむずかしいかもしれません。それくらい、イヴォークとヴェラールは似ています。

デザインのちがいは、フロントグリルとライトの高さです。イヴォークのほうがより切れ長で鋭い印象を与えます。

大きなちがいとしてはボディサイズが挙げられます。ヴェラールは全長4,820mmですが、イヴォークは4,371mmしかありません。つまり、イヴォークのほうが50cmほど全長が短いということです。

全長の短さは取り回しの良さにつながりますが、荷室スペースや乗員の居住性を低下させることにもなります。

グレードによりますが、ヴェラールとイヴォークで価格差が400万円近くなることもあります。

予算が厳しいという人でもレンジローバーを楽しめる。その選択肢を提供してくれるのがイヴォークという車種といえるでしょう。

  • レンジローバー イヴォーク
  • 価格:¥4,610,000〜
  • 燃費:ー km/L

DISCOVERY

ディスカバリー

出典:LANDROVER公式サイト

レンジローバーのオフロード性能を残しつつ、余計なコストをカットして量産化モデルとして販売されるようになったのがディスカバリーです。

現在でこそ新車価格が600万円を超える車ですが、発売当初は日本でも300万円程度で買えるモデルでした。今となっては考えられないですね…。

僕は以前モーターショーに行ったとき、先代のディスカバリーを見て「なんてかっこいいんだ!」と興奮したのを覚えています。このデザインの頃です↓

ディスカバリーの価格と値引き額

正直いって、新型モデルのデザインは目も当てられないくらいヒドイものとなってしまいました。レンジローバー全体のモデルに言えることですが、ここまで丸みをもたせてしまっては、高級車としての訴求がまったく機能しなくなります。

一度丸くなってしまったものを、四角いボディに戻すとは考えにくい(空力も向上するし)ので、昔の四角いディスカバリーを愛でるなら潔く中古車に手を出すしかなさそうです…。

デザインについては文句しかありませんが、走りや内装については格段に良くなっています。

最新モデルではアルミニウム製ボディを採用していて、なんと先代モデルと比較して最大460kgもの軽量化を実現。これにより、パフォーマンスは大きく向上しました。

また、内装はシートレイアウトを車内のタッチパネルやスマホアプリから操作できるなどの先進性を取り入れています。

アウトドアに出かけることが多い人や、荷物の積み下ろしが多い人はシートアレンジを頻繁に変えることになりますから、ボタンひとつでアレンジ自在というのはかなり便利だと思います。

  • ディスカバリー
  • 価格:¥8,610,000〜
  • 燃費:11.6 km/L
ランドローバー・ディスカバリーの価格と値引き額はいくら?
世界でも類を見ない、高級なSUVとして高い支持を得ているのがランドローバー・ディスカバリーです。 その走行性・耐久...

DISCOVERY SPORT

DISCOVERY SPORT ディスカバリースポーツ

出典:LANDROVER公式サイト

ディスカバリーの廉価版、というと聞こえは良くないですが、価格を落とした普及モデルがディスカバリースポーツです。

かつてはディスカバリーの「フリーランダー」という名称でしたが、2015年からは現行の名称で新しい車種として生まれ変わりました。

イヴォークと同じプラットフォームおよびエンジンを採用しているため、価格帯もイヴォークと同じ水準です。ただ、イヴォークより室内は広い。

デザインはわりとクセがなく、ディスカバリーや他のレンジローバーのモデルよりも四角いラインが強調されているため、個人的には好みです。

ただ、この価格帯で安全装備が充実していないのは大きなマイナスポイントです。

「エマージェンシーブレーキ」、「アダプティブクルーズコントロール(キューアシスト付)」などはLANDMARK+(ランドマークプラス)で標準装備されます。

つまり、グレードによって安全装備の差が大きいということ。未だにこういうラインナップを展開しているのが残念でなりません。

早く全車標準装備を実現してほしいです。この価格帯ならなおさらのこと。ホンダのN-BOXですら自動ブレーキ等を全車標準装備にしていますからね。

  • ディスカバリー スポーツ
  • 価格:¥4,430,000〜
  • 燃費:14.4 km/L

ジャガーのSUV

ジャガーといえばセダンやクーペのモデルでしたが、やはりここ数年のSUV人気を受けて参入を果たしました。

それだけでなく、完全電気自動SUVを他社に先駆けて発売するなど、近年はSUVに大きくかじを切ってきています。

E-PACE

ジャガー EPACE 外観

出典:ジャガー公式サイト

E-PACEはジャガーSUVのなかでは価格が抑えられているモデルです。

まず全長については、約4.4mというサイズ感。これはSUVのなかではコンパクトな部類に入ります。

上位モデルであるF-PACEが約4.7mですから、約30cmも小さいわけです。比較するとその小ささが際立ちますね。

ジャガーにはスポーツモデルとしてF-TYPEという車種があります。じつはE-PACEはこのF-TYPEという車種にデザインの造形を似せてきています。

パッと見ただけだとわかりづらいですが、ボディのラインや内装のセンターコンソールなどはF-TYPEを強く意識して作られています。

F-TYPE

F-TYPE(出典:JAGUAR公式サイト)

これはつまり、ジャガーがE-PACEをスポーツ要素の強いSUVとして打ち出しているという証左でもあるんですよね。

新しい機能としては10インチタッチスクリーンを導入し、F‑TYPEの全車に標準装備。非常うにクリアで直感的に操作ができます。

そして、防水リストバンド型のアクティビティキーを使えば車の鍵を腕に巻いた状態でサーフィンやアウトドアを楽しむことができます。

  • E-PACE
  • 価格:¥4,430,000〜
  • 燃費:14.9 km/L
【ジャガーの人気SUV】「E-PACE」と「F-PACE」の違いを比較してみた
ジャガーの人気SUVである「E-PACE」と「F-PACE」の違いを比較してみました。価格、スペック、内装、デザイン、サイズなどの違いを比べれば、どっちを買うべきか結論が出しやすいと思います。

F-PACE

F-PACE

出典:JAGUAR公式サイト

F-PACEはジャガーが初めて投入したSUVでして、2016年に販売がスタートしました。

立ち位置としてはジャガーのSUVにおける中核的な存在で、スポーティさと実用性を兼ね備えた1台です。

外観はF-PACEよりも大きく、フロントマスクは高級感が漂います。個人的にはE-PACEはややチープな印象を抱いていましたが、F-PACEはカチッとしていて好きです。

基本的なエンジン性能は2.0Lでして、E-PACEもF-PACEも大差はありません。

ただ、F-PACEについては最上位グレードだと3.0リッターのV6エンジンを積むなど性能がグッと上がります。

  • F-PACE
  • 価格:¥6,660,000〜
  • 燃費:15.8 km/L
【ジャガーの人気SUV】「E-PACE」と「F-PACE」の違いを比較してみた
ジャガーの人気SUVである「E-PACE」と「F-PACE」の違いを比較してみました。価格、スペック、内装、デザイン、サイズなどの違いを比べれば、どっちを買うべきか結論が出しやすいと思います。

I-PACE

【ジャガー・I-PACEの評価】燃費、内装、外装、価格および値引き額を徹底分析してみた

引用:JAGUAR公式サイト

I-PACEはジャガー史上初の完全電気自動車です。これまでセダンやスポーツクーペが主体だったジャガーが、SUVで電気自動車を投入するとは驚きですよね。

一見するとかなり大きく見えますが、全長は4,695 mm(約4.7m)しかありません。

それでいながら迫力抜群のデザイン。SUVでありながら、車高をかなり低くしているので、クーペのような印象を受けますね。

I-PACEは空力のこともかなり考えられていて、車が進むときに発生する正面からの風はフロントグリルを通ってボンネットのスリットから抜けていきます。これにより、エネルギーの無駄を省いているわけです。

I-PACEの空力

出典:JAGUAR公式サイトより

 

航続距離がWLTCモードで438kmです。この数字はそこまでたいしたことないようにも見えますが、日産・リーフが458kmなのでI-PACEの航続距離が優れていることがわかります。

そもそもI-PACEの車両重量は2,230 kgもありますが、リーフは1,680 kgしかありません。

I-PACEはこれだけの重量でありながら十分な航続距離を実現しているといえるでしょう。

僕はI-PACEをけっこう気に入ってまして、ちょっと欲しいと思っているくらいです。ただ、一つだけ決定的な弱点があります。それが、後方の視認性が悪いことです。

I-PACEはデザインや空力を優先するあまり、リアウィンドウが極端に狭くなっています。これにより、後方の視界は最悪レベルといっていいでしょう。

ボディサイズも決して小さくはないですから、運転のしにくさがI-PACEの大きなネックといえます。

  • I-PACE
  • 価格:¥9,590,000〜
  • 航続距離:458km
【ジャガー・I-PACEの評価】燃費、内装、外装、価格および値引き額を徹底分析してみた
ジャガー・I-PACEのを航続距離、内装、外装、価格、スペックなどあらゆる面から評価してみました。I-PACEはジャガー初の電気自動車です。目標値引き額とライバル車(競合車種)について見ていきましょう。

ロールスロイスのSUV

カリナン

カリナン

出典:cornesmotors.com/rolls-royce/detail/cullinan

あのロールスロイスがついにSUVにも参入、ということで自動車業界に大きなインパクトをもたらしました。

見た目の派手さ、内装の豪華さはもちろんすごいんですが、もっと驚くのはエンジン性能です。なんとカリナン、V型12気筒という途方もないパワーを持ったエンジンを積んでいます。

カリナンの内装

出典:cornesmotors.com/rolls-royce/detail/cullinan

サイズは超高級SUVにふさわしいビッグな寸法です。

  • 全長/全幅/全高 5,340 mm / 2,000 mm / 1,835 mm

価格の高さもさることながら、最先端技術を備え、昼間・夜間野生動物・歩行者警告機能付きナイト・ビジョンを搭載するなど安全装備にも抜かりはありません。

ロールスロイスは運転手を付けるショーファーカーというイメージが強いですが、じつはロールスロイスを所有する人のうち、約半数が自らハンドルをにぎって運転をしています。

カリナンというSUVは、個人が運転を楽しむための車としてロールスロイスの違った一面をより感じさせてくれる車になりそうです。

  • カリナン
  • 価格:¥38,945,000〜
  • 燃費:ー km/L

ベントレーのSUV

ベンテイガ

ベンテイガ

出典:bentleymotors.jp

ベントレーはイギリスの超高級車メーカーで、現在はフォルクスワーゲンの傘下にあります。

ベントレーも他のメーカーと同じように、ここ数年のSUVブームに乗っかりました。これまではセダンのみのラインナップでしたし、最初にベントレーがSUVを出すと聞いたときは「あのデザインでどうやってSUVに仕立てるの?」とかなり心配していました。

しかし、どうでしょう。このベンテイガを見るとそんな心配は無用だったことがわかります。

丸目にどっしりとしたフロントグリルを据えながら、車高を上げる。このデザインができるのはつくづく限られた自動車メーカーだけだなあと感心します。

ベンテイガは6.0リッターW12エンジン搭載で、最高出力635PS、最高速度306km/h、0–100km/h加速3.9秒を誇ります。ちょっと信じられない数値ですね。

ベンテイガの内装

出典:ベントレー公式サイト

  • ベンテイガ
  • 価格:¥20,044,800〜
  • 燃費:ー km/L

ジープのSUV

ジープはあくまでも自動車メーカーなのですが、日本では「四輪駆動のSUV=ジープ」と呼ぶ人が多いですよね。それくらい、SUVとしての認知度が高いということです。

フォードが日本から撤退するなど、アメリカ車はあまり日本では受け入れられてないんですよね。

【全然売れない】アメ車が日本で売れない5つの理由
アメ車は日本国内で全然売れてません。なぜアメ車が売れないのか?その理由を5つに分けてわかりやすく解説します。

そんな日本市場において、ジープはアメ車メーカーのなかでは「一人勝ち」の状態です。それはジープが国内の店舗を増やしていることからもよくわかります。

そもそも世界的にSUVが流行っているというのもありますが、やはり日本人がジープに持つ憧れがブランド力につながっているのかもしれませんね。

レネゲード

レネゲード

出典:Jeep公式サイト

レネゲードはジープの中で最もコンパクトかつ、最も値段の安いSUVです。

サイズもジープにしてはコンパクトで、それぞれの数値は以下ようになっています。

  • 全長 4,255-4,260 mm
  • 全幅 1,805 mm
  • 全高 1,695-1,725 mm

ジープといえばラングラーやグランドチェロキーのようなビッグサイズなSUVが人気ですが、「サイズがでかすぎて抵抗がある」という客層も確実にいます(僕もその一人です)。

そのような大型SUVを避ける層に対して、コンパクトなレネゲードは十分に食い込むことができるでしょう。

外観デザインはワイルドさも持たせつつ、丸目で非常にキュートな印象も与えてくれます。丸目ライトの車が減っているなかで、レネゲードは貴重な選択肢を与えてくれました。

内装については特に目立つ箇所はありませんが、ジープっぽい硬質なインテリアが頼もしい印象です。

価格もかなり抑えてあるので、コンパクトで乗りやすいSUVをさがしている人にとってはいい選択肢になると思います。

ちなみにレネゲードという車種名は「脱党者、裏切り者」といった意味の英語「renegade」に由来します。意味だけ切り取るとヤバそうな名前ですね(笑)

  • レネゲード
  • 価格:¥2,935,000〜
  • 燃費:10.4 km/L〜
人気のジープ(Jeep)にはどんな車種がある?おすすめモデルを紹介
フィアット・クライスラー社の一部門である「ジープ」は、老舗SUVブランドとして高い人気を持ち、日本での販売も好調です。 ...

コンパス

コンパス

出典:Jeep公式サイト

コンパスはもともと、ジープのエントリーモデルとして開発された車種です。ひとことで言うならば「手の届きやすいチェロキー」といったところでしょうか。

ライトなどはグランドチェロキーのものを流用したりしていますが、悪路走破性についてはラングラーやチェロキーに劣ります。

ジープのラインナップのなかでは、レネゲードとチェロキーの中間的な存在です。

意外なのが安全装備が充実しているところでしょうか。ストップ・アンド・ゴー付きのクルーズコントロールや、車線逸脱防止支援システムなどが搭載しています。

「ジープがチェロキーやラングラーを買う予算はない…」という人にコンパスという選択肢があります。

  • コンパス
  • 価格:¥3,230,000〜
  • 燃費:11.9 km/L〜

ラングラー

ラングラー

出典:Jeep公式サイト

日本国内におけるジープの躍進を支えているのは、ラングラーのおかげといっても過言ではありません。それくらい人気の高い車種です。

まずはその見た目のインパクトですよね、なんといっても。ここまでボディを四角くゴツゴツにしておきながら、ライトを丸くして愛嬌を持たせる。非常にニクいデザインですよね。

この手のデザインにおいては、ラングラーとメルセデス・ベンツGクラスの2強といってもいいでしょう。車格はラングラーのほうがだいぶ低いですが。

悪路走破性については申し分ないですが、個人的にはラングラーの内装の質感の良さがとても気に入りました。無骨な印象もありますが、シンプルにまとまっていて、長距離ドライブをするのも楽しめるような内装です。

ちなみにラングラーには2ドアモデルと4ドアモデルの2タイプがあります。4ドアモデルはかなりサイズがデカイので、コンパクトな2ドアという選択肢があるのはありがたいですね。

ラングラーは人気車種なのでリセールバリューが高いのも魅力です。将来的な買い替えを見越すのであれば、ラングラーのような値下がりしにくい車種を選びたいですね。

  • ラングラー
  • 価格:¥4,698,000〜
  • 燃費: 7.5 km/L〜
【かわいい丸目】フロントライトが丸目でかわいい!おすすめ車種
かわいい丸目ライトのおすすめ車種を写真付きでご紹介。フロントライトが丸い車種は数が限られています。そのデザインのかわいさは語り尽くせないくらいです。

チェロキー

チェロキー

出典:Jeep公式サイト

チェロキーは日本国内での印象は薄いかもしれませんが、初代モデルは1974年にまでさかのぼる歴史のある車種です。

内装については他の車種と似たり寄ったりで、特に印象的な箇所はありません。

デザインはこのあと紹介するグランドチェロキーよりも大人しい外観をしていて、どちらかというと上品さも感じられますね。

アダプティブクルーズコントロールや7つのエアバッグなど、必要な安全装備は揃っている印象です。ボディ剛性も強いので、衝突安全性も問題ないですね。

ただ、車としてのキャラクターが弱いな、というのが僕のチェロキーへの印象です。レネゲードもラングラーもグランドチェロキーも、すべて強烈な個性を放っているんですよね。

中間モデルという立ち位置なので仕方ないのでしょうが、わざわざチェロキーを買う理由ってなに?と思わず言いたくなるほど、キャラクターが弱い車だと思います。

強いていうなら、「アメリカのカントリー風情を体現する車」とでも形容できるでしょうか。

  • チェロキー
  • 価格:¥4,290,000〜
  • 燃費: 8.8 km/L〜

グランドチェロキー

グランドチェロキー

出典:Jeep公式サイト

グランドチェロキーはジープの最上位グレードです。その見た目のインパクトから、いかにもアメ車というのが伝わってきますね。

フロントバンパーが突き出ているため、かなり主張が強く「オラオラ感」が伝わってきますね。街で走っているのを何度か見かけましたが、存在感はかなりあります。

外装のインパクトもさることながら、内装にも最上位モデルらしい意匠が取り入れられています。いい意味でジープっぽくない木目素材が使われていたり、ドアトリムには上質なレザーを採用したり。

グランドチェロキーの内装

出典:ジープ公式サイト

センターコンソールについては他の車種と大きな見た目のちがいはありませんが、トータルで見たときの車内の上質感はさすがグランドチェロキーと言わせるものがあります。

内装も上質だし、四角いボディは存在感もあるんですが、これを乗るとちょっとやりすぎというか、下品な気がしちゃうんですよね。完全な主観ですけれど、ちょっと主張が強すぎる気がします。

  • グランドチェロキー
  • 価格:¥4,899,000〜
  • 燃費: 9.6 km/L〜

僕が個人的におすすめしたいSUV人気ランキングTOP3

I-PACEの全幅

引用:ジャガー公式サイト

  • 第1位 ジャガー I-PACE
  • 第2位 BMW X7
  • 第3位 マツダ CX-5

ジャガーのI-PACEは、完全なる電気自動車として発売されたモデルです。他のメーカーに先駆けて発売したモデルのわりには完成度が高く、なおかつ値段も手頃です(1000万円弱はしますが…)。

BMW X7は満を持して発売されたモデルだけあって、すべてが完成されていると思います。内装よし、外観よし、安全装備よしという全方位的に仕上がっています。唯一、ハイブリッドのグレードがないのがマイナスポイントです。

マツダCX-5は、外観デザインの素晴らしさ、内装の質感の高さ、安全性の高さ、そしてなによりこれだけのクオリティを持ちながら250万円から買えてしまう割安感が最高ですね。

正直なところ、ここで挙げた3台以外にもランキングに入れたい車種はいっぱいあります。

ボルボ・XC60も良くできてるし、予算が許すならランボルギーニ・ウルスも推したい…。

まあ、予算面については誰もがブチ当たる壁なので、理想と現実の間で妥協点を見出すのも車選びの楽しみだと割り切っていきましょう(笑)

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「かんたん車査定ガイド」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 愛車が最高額で売れる!! /

一括査定で比較できる車買取業者

  • 【 かんたん車査定ガイドって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、かんたん車査定ガイドを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

SUV
この記事を書いた人

フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。毎分毎秒、車のことを考えてる車好き。現在の愛車はボルボ・V60です。憧れの車種はランドローバー「ディフェンダー」。単純に車が好きなので、”深すぎない”記事にこだわっています。1988年生まれ。千葉県在住。【くわしいプロフィール】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。



車好きのカレッジ Carlegde!! ”深すぎない”車のニュースサイト