トヨタ「アルファード」は何人乗り?シートアレンジと荷室スペースを検証

トヨタ「アルファード」は何人乗り?シートアレンジと荷室スペースを検証 トヨタ(TOYOTA)

トヨタ・アルファードは押し出しの効いた外観やゴージャスな内装などが人気の的になっているプレミアムミニバンです。

アルファードの乗車定員は何人なのか、またどんなシートアレンジができて、どれくらいの荷室スペースがあるのかについて検証します!

アルファードの乗車定員は、7人または8人

アルファードのシートアレンジ

まず、アルファードの乗車定員について解説します。

アルファードの室内は全車3列シート仕様ですが、おおまかに分けて2列目が独立したシートの7人乗り仕様(シート配列2-2-3)と、ベンチタイプ6:4分割チップアップシートの8人乗り仕様(シート配列2-3-3)があります。

ただし主力は7人乗り仕様で、8人乗り仕様の設定があるグレードは「X」と「S」の2タイプのみです。

また、7人乗り仕様車の2列目シートには、グレードにより「エグゼクティブラウンジシート」「エグゼクティブパワーシート」「リラックスキャプテンシート」の3タイプが設定されています。

各グレードの2列目シートのタイプと、それぞれの機能は以下のとおりです。

グレード名 シートのタイプ シートの機能
エグゼクティブラウンジ
エグゼクティブラウンジS
エグゼクティブラウンジシート ロングスライド
メモリー+リセット機能付パワーリクライニング
G Fパッケージ
SR Cパッケージ
GF/SC/S Cパッケージ
エグゼクティブパワーシート ロングスライド
パワーリクライニング
S Aパッケージ リラックスキャプテンシート 超ロングスライド/横スライド
リクライニング
エクストラロングラゲージモード
G/X/SR/S リラックスキャプテンシート 超ロングスライド/横スライド
リクライニング

また、何人乗れるかだけでなく、それぞれの乗員が快適に過ごせることも重要なポイントになりますが、その面でアルファードは抜かりがありません。

どのシートも足元や頭上のスペースは余裕タップリで、シートの座り心地も前席と2列目シートに関しては大変良好です。

特にエグゼクティブラウンジシートは、旅客機のファーストクラス並みの快適性を誇ります。

一方、3列目シートは折り畳み機構が備わるためクッションが薄く、座り心地は前席や2列目シートよりも劣ります。

とはいえ、決して緊急用限定ではなく、ある程度の長距離ドライブにも耐えられる快適性は確保されています。

シートアレンジは、タイプによって4種類~9種類

アルファードのシートアレンジパターン

次に、アルファードのシートアレンジについて検証します。

シートアレンジの種類はシートのタイプにより異なりますが、4種類~9種類のアレンジが可能です。

2列目エグゼクティブラウンジシートおよびエグゼクティブパワーシート仕様車

アルファードのフルフラットシート

  • 2列目/3列目シートの背もたれを水平に倒す
  • 「リヤシートフルフラットモード」
  • 前席/2列目シートの背もたれを水平に倒す
  • 「フロント・セカンドフルフラットモード」
  • 3列目シートを格納する
  • 「4人乗車+荷室モード」
  • 2列目シートを一番前にスライド、3列目シートを格納する
  • 「最大積載モード」

2列目リラックスキャプテンシート仕様車

最大積載モード

  • 2列目/3列目シートの背もたれを水平に倒す
  • 「リヤシートフルフラットモード」
  • 前席/2列目シートの背もたれを水平に倒す
  • 「フロント・セカンドフルフラットモード」
  • 2列目シートを一番後にスライドする
  • 「スーパーリラックスモード」
  • 3列目シートを格納する
  • 「4人乗車+荷室モード」
  • 2列目シートを一番前にスライド、3列目シートを格納する
  • 「最大積載モード」

助手席スーパーロングスライド+2列目エクストラロングラゲージモード機能付リラックスキャプテンシート仕様車

アルファードの助手席拡大モード

  • 助手席/助手席側2列目シートを一番後にスライドする
  • 「助手席前拡大モード」
  • 助手席を一番前にスライドするとともに助手席側3列目シートを格納
  • 「エクストラロングラゲージモード」
  • 助手席/助手席側2列目シートを後にスライド
  • 「ダブルトライアングルモード」
  • 助手席/2列目シートをリクライングするとともにオットマンを引き出す
  • 「大人3人リラックスモード」
  • 2列目/3列目シートの背もたれを水平に倒す
  • 「リヤシートフルフラットモード」
  • 前席/2列目シートの背もたれを水平に倒す
  • 「フロント・セカンドフルフラットモード」
  • 2列目シートを一番後にスライドする
  • 「スーパーリラックスモード」
  • 3列目シートを格納する
  • 「4人乗車+荷室モード」
  • 2列目シートを一番前にスライド、3列目シートを格納する
  • 「最大積載モード」

2列目6:4分割チップアップシート仕様車

2列目6-4分割チップアップシート仕様車

  • 2列目/3列目シートの背もたれを水平に倒す
  • 「リヤシートフルフラットモード」
  • 前席/2列目シートの背もたれを水平に倒す
  • 「フロント・セカンドフルフラットモード」
  • 3列目シートを格納
  • 「5人乗車+荷室モード」
  • 2列目シートを一番前にスライドおよび座面をチップアップ、3列目シートを格納
  • 「最大積載モード」

アルファードの荷室スペースは広大

続いて、アルファードに荷室スペースを検証してみましょう。

アルファードは大型のミニバンだけあり、荷室の幅と高さは以下のように大きな数値になっています。

  • ・荷室幅(最大値) 1,430mm
  • ・荷室高さ 1,190mm

また、荷室の長さ(奥行き)はシートアレンジにより異なり、8人乗り(2列目6:4分割チップアップシート)仕様車の場合で以下のとおりになります。

  • ・3列目シートを一番後にスライドして使用 250mm
  • ・3列目シート一番前にスライドして使用 700mm
  • ・3列目シートを格納および2列目シートを一番後にスライド(5人乗車+荷室モード) 1,260mm
  • ・3列目シートを格納および2列目シートを一番前にスライドしてチップアップ(最大積載モード) 1,945mm

特に最大積載モード時の荷室スペースは広大で、定尺ベニヤ板や畳を余裕で積むことができます。

また、助手席スーパーロングスライド仕様車は、エクストラロングラゲージモードにすれば最大で2,150mmの荷室長さが確保できます。

そのほかに、全車の床下に容量148L(スペアタイヤ装着車は66L)の収納スペースが備わります。

室内が広く、収容力の優れたアルファード

アルファードの室内は広い

これまでの解説で、アルファードは7~8人がゆとりを持って乗れること、状況に応じた多彩なシートアレンジが可能なこと、そして多くの荷物が積めることなどがお分かりいただけたと思います。

とにかく、居住スペース・荷室スペースが広い車が欲しい場合は、アルファードは最有力候補の1台になるでしょう。

もし愛車を手放してアルファードに買い替えたい場合は、トヨタのディーラーに下取りに出すと損をします。

なぜなら、ディーラーの下取り査定額は決して高くないからです。

愛車をなるべく高い値段で手放すベストな方法は、車の一括査定を利用することです。

車の一括査定は、簡単な手続きをするだけで一番高い査定額を付けてくれる中古車買取店が見つかる、大変便利なサービスになります。

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「かんたん車査定ガイド」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 愛車が最高額で売れる!! /

一括査定で比較できる車買取業者

  • 【 かんたん車査定ガイドって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、かんたん車査定ガイドを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

トヨタ(TOYOTA)車の選び方・おすすめ車種
この記事を書いた人

カーライフアドバイザーとして、雑誌やWebで車に関する記事を執筆しています。毎分毎秒、車のことを考えてる車好き。現在の愛車はボルボ・V60です。憧れの車種はランドローバー「ディフェンダー」。単純に車が好きなので、”深すぎない”記事にこだわっています。千葉県在住。【くわしいプロフィール】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。



車好きのカレッジ Carlegde!! ”深すぎない”車のニュースサイト