他県ナンバー車を廃車にする前にチェックすべき3つのポイント

廃車・事故車

他県ナンバーの車は、最初に登録した場所でないと廃車にすることはできないのでしょうか?

結論からいうと、他県ナンバーの車は基本的にどこでも廃車にすることが可能です。

たとえば、東京で買った車に乗っていて、そのあと大阪に引っ越した。
その大阪で車が不要になったので、他県ナンバーの車として廃車処分をしたいというケースです。

他県のナンバーでも廃車にすることはできますが、じつは廃車にする方法はいくつかあります。

廃車方法にはそれぞれ良し悪しありますので、少しでもお得になる方法をチェックしておきましょう。

廃車はいま住んでいる陸運局で出来る!

廃車するときには、さまざまな手続きが必要になります。
単純に廃車専門業者に持ち込めばいいわけではありません。

さきほど例に挙げた、東京で買った車を大阪で廃車にするケースで考えてみましょう。

住民票を移していないと他県では廃車にできない

このケースの場合、大阪にある陸運局で他県ナンバー車として廃車の手続きを行うことができます。

しかし、1つだけ条件があります。それは、住民票を移していること。

車を廃車するときにはナンバープレートの所在地での手続きが必要になります。
この場合で言うと、大阪で手続きをすることになるわけですから、大阪に住民票を移していることが条件です。

きちんと転居しているという情報が必要になるわけですね。

例外あり!住民票を移さずに廃車に出来る方法とは?

ただし、例外的に住民票を移していなくても廃車にできる場合があります。
それは、公共料金などで現住所が確認できる場合です。

東京から大阪に引っ越したけど、住民票は東京のまま。そういう人は意外と多いんですよね。
長期間の引っ越しならまだしも、1年や2年で東京に戻るなら尚更移すのは面倒です。

公共料金の領収書があれば廃車を受け付けてくれるケースもあるので、最寄りの陸運局に相談してみましょう。

引っ越しをして住民票を移さない人は少なくありません。十分に注意しましょう。

これらは自分で手続をした場合に必要な知識です。
このあと紹介する、買取店による売却を選べば手続きはすべて業者に頼むことができます。

他県で廃車をするときに必要な費用はいくら?

もし廃車を業者に持ち込んで依頼すると、自動車の解体費用として1万円〜のお金が必要となります。

他県ナンバーの車だからといって割増になるわけではありません。決して高額な費用ではありませんが、廃車には費用がかかるのが現実です。

いくら愛着がある車であっても、もう乗らない車にお金がかかることに抵抗がある人も多いのではないでしょうか。

ですから、そもそも本当に廃車にする必要はあるのか?という視点から考えてみることをおすすめします。

そして、もし手放すとしても、廃車ではなく売却を選んだほうが良いことがほとんどです。

そもそも、廃車にしないで買い取ってくれる査定業者がある?

ここまでは陸運局で他県ナンバーを廃車にする方法を紹介しましたが、じつは廃車にはお金がかかります。

これはさきほど述べた車の解体費用が必要になってくるからです。

ここからは、廃車で処分するのではなく「廃車寸前の車を売却する」という方法を見ていきましょう。

廃車ではなく”売却”という方法を試す価値は十分にあり

あなたの愛車はいま、どのような現状でしょうか?
大きく凹んでいる、エンジンもかからない、動くけど乗る予定がないなど、状態はさまざまかと思います。

廃車をする人の多くは、

  • 「10万キロを超えているから値段がつくわけもない」
  • 「事故車だから買取はできないと言われた」
  • 「買取店に持ち込むのが面倒だから廃車にする」

上記のような事情があって廃車を選ぶことが多いようです。

もちろん廃車にしたほうがいいケースもあるわけですが、まずは”売却する”という視点に立ってみましょう。

廃車や事故車専門の査定業者なら”売れる可能性”を見つけてくれる

まずは一度、廃車・事故車査定専門の業者に査定を依頼してみましょう。

廃車買取のカーネクストにはこんな買取事例が載っています。

たとえば平成21年トヨタのポルテは2万8千キロ走行の事故車でありながら、7万1000円の買取が実現しています。

廃車にするための処分費用をかけるのが、いかに損であるかがよくわかる事例だと思います。
廃車の処分費用はかかりません。減額なども一切ないので安心して申し込むことが可能です。

廃車専門の買取店は転売ルートを確保している

なぜ廃車同然の車でも高額買取できるのでしょうか?
それ理由は、専門業者は独自のノウハウによって、海外販路を確保しているからです

日本では価格のつかないような車であっても、じつは海外であれば充分に高く売れる。だから廃車であっても値段がつくんですね。

これは、いわゆるスクラップを専門としている業者では絶対にできないビジネスです。
自分の近所にあるようなお店に持ち込むまえ、試しに見積もりを出してもらうことをおすすめします。

他県ナンバーでも専門業者はきっちり対応してくれる

そもそも他県ナンバーの車を廃車にすることは、業者に頼めば場所を選ばず対応してくれます。

さきほどの例で言えば、東京ナンバーの車を大阪の業者で売ることが可能ということ。

ただし、廃車専門の業者はそもそも数が少ないのが実状。そのため、あなたの自宅に近いところに店舗がない場合は出張査定を依頼するようにしましょう。

廃車が「こんな価格で売れるの?」という事例はたくさんある!

このように、わたしたちから見ると明らかに廃車と思われる車なのに値段がつくことは十分に有り得ることです。

もし廃車買取り専門店でも買値がつくようであれば、それよりももっと高い価格で他県ナンバーの車を売れる可能性があります。

それが通常の買取店です。他県ナンバーを気にする必要もないので安心ですよ。

「廃車寸前は安くて当然」という、業者の前提条件に注意しよう

通常の車買取店とは、わかりやすくいえばガリバーアップルビッグモーターといった中古車買取店のことを指します。

さきほど紹介した廃車買取り専門店は、独自のノウハウで廃車寸前でも値段がつきます。
しかし、どうしても「事故車・故障車の特有の査定基準」になってしまうのは事実です。

そもそも「安く買い取って当然」という前提で査定が行われるので、これは仕方がありません。

こうした前提があることによって、本来はもっと高く売れていた可能性のある車が安く買い取られてしまう可能性があるのです。

これは廃車買取り専門店のデメリットでもあります。

他県ナンバーで廃車するまえに無料一括査定を試すメリットは?

ですから、こうした専門店に出す前に一括査定などを使って通常の買取店へ査定依頼することをオススメします。

ここで値段がつかないときに、初めて廃車買取り専門店に相談した方が効果的です。

中古車市場は本当に広く、自分では廃車同然と思っていた車が思わぬ高額で売却できるケースはたくさんあります。
自分で廃車を選んでムダな費用をかけるよりは、無料一括査定で売却できたほうがずっと良いですよね。

一括査定は、他県ナンバーであっても問題なく見積もりを出してもらえます。
まずは気軽に試してみましょう。

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」はユーカーパックのクルマ買取オークションのおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売れました。

たった1回の査定で最大5000社の買取価格を比較できます。愛車の最高額がわかるユーカーパックは一番のおすすめです。

\ 30秒のかんたん入力で愛車の最高額がわかる /
\ ユーカーパックは30秒のかんたん入力 /

たった1回の査定で最大5000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大5000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
廃車・事故車
シェアする
この記事を書いた人
車谷よしひこ

千葉県在住、1988年生まれの30歳。フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!【くわしいプロフィール】



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト