【査定の感想】アップル車買取の評価や口コミ、私の実体験レビュー

【査定の感想】アップル車買取の評価や口コミ、私の実体験レビュー! アップル
運営会社アップルオートネットワーク株式会社
設立1993年11月
加盟店舗数全国240店舗

アップルは日本最大級の車買取チェーンで、北海道から九州まで全国に240店舗を展開しています。

買い取った車をオークションで直販し、買取価格に反映するシステムなので買取額が高くなる仕組みです。

実際の評価は、やはり使ってみないとわからない。ということで、僕がアップルで車を査定してもらった感想をご紹介します。

店舗ごとに評価は分かれるはずなので、ネット上の口コミや評判も合わせて見ていきましょう。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /

【結論】アップルの査定額は高いが、1社だけでは不十分

【コレだけで準備OK!】車

僕が実際にアップルに査定してもらった感想としては、「たしかに査定額は高いけど、1社だけでは不十分だ」ということです。

査定してもらったのは現在の愛車ボルボV60なのですが、アップルの査定額は希望額の70万円よりもだいぶ低い52万円でした。

ただ、そのあとにガリバービッグモーターにも査定してもらったのですが、ガリバーが55万円、ビッグモーターが62万円でした。

3社を比べたことで希望額には届かないことがハッキリしましたし、やはり業者によって査定額に差があることもよくわかりました

僕の経験から断言できるのは、車を売るときは複数の会社の査定額を比べるべきということです。

アップルは評判も良いですし、高く買い取ってくれる業者です。ただ、アップルが常に最高額で買い取ってくれるとは限りません。

ですから、必ず複数の業者に査定してもらったうえで、最高額のところに売るのがベストなのです。

無料査定で愛車の最高額をチェックしてみる

アップルの評判が高い3つの理由

アップルの評判が高い3つの理由

全国に店舗を拡大できる会社には、きちんとそれに見合う理由があります。

アップルが他社と比較して高額買取を実現できる理由は以下の3つにあります。

  • ① 中間マージンをカット
  • ② 大手ならではの店舗網
  • ③ 豊富な情報量

① アップルは販売と買取を直接おこなうので、手数料がかからない

中小の会社だと車を仕入れるのに多くの中間業者(オークション業者など)を介さないといけません。

そうするとその分だけ中間マージン(いわゆる手数料)が発生するのでお金が取られます。

アップルは自社で車を買い取って、自社で販売も行います。

つまり、アップルはムダな業者を間にはさむことなく車を売買するので、コストカット分を買取価格に反映させることができるというわけです。

わたしたちが車を売るときの査定額がそのぶん高くなるので、利用した人の評判につながっていくという好循環につながっています。

② 全国にお店がある強み

全国に展開するお店の強みとして「地域による価格差」を埋めることができるメリットがあります。

あまり知られていませんが、車は地域によって価格差があります。同じ車でも、地域を買えるだけで販売額が全然ちがうことがザラにあるんですよね。

つまり、お客さんから買い取った車をそのまま近くで店売するのではなく、「より高く売れるオークション」を選定することで、高額査定を実現するのです。

ということは、地域によってサービス品質の差が生まれにくいということになります。

それが結果的に高い評判につながっているのです。

③ 販売ルートが豊富なので高く転売しやすい

また、アップルの持つ豊富な流通ルートも注目ポイントです。

買い取った車を国内だけでなく海外にも輸出するルートをアップルは確保しています。

そのため、人気がある車がもっとも高く売れる地域へ引き渡すことが可能なので、高価買取が実現できるのです。

「こんな車…どうせ安い価格しかつかないだろう…」と思った車でも、予想外の高額査定がつくことがあります。

世界的に見ると、日本の中古車は非常に品質が高いと言われています。

日本では「走行距離が10万キロを超えると寿命」と考える向きがありますよね。

ただ、海外では10万キロはおろか、20〜30万キロを超えた車でも平気で乗り続ける国がたくさんあります。

あとは車検制度がしっかりしているというのも、日本の中古車が高く評価される要因です。

こうした理由があるので、古い車でも海外に出せば利益が出せますし、アップルはその販売ルートを持っている会社なのです。

アップルは車の売買交渉のテクニックを公開している

ディーラーとの賢い交渉術

出典:アップル公式サイト

車買取店の多くは自社のホームページなどで「車を高く売るテクニック」などを公開しています。

アップルも他社と同様に車の交渉テクニックを公開しているのですが、これが非常に参考になります。

他社とどこが違うのかといえば「ディーラーとの交渉術」にスポットを当てている点です。

これは他社のホームページではあまり見られないコンテンツです。

ようするに、新車の買い替え時に下取りとアップルの買取額を比較してくださいというメッセージでもあります。

この交渉テクニックは基本的な部分も多いですが、わかりやすくまとめられているので一度アップルのHPに目を通すことをオススメします。

下取りだけで売却を決めてしまうと、損をする可能性がある。アップルは自信をもってメッセージとして伝えているのです。

それだけ買い取り競争を強く意識しているわけですから、高価買取は十分に期待できます。

実際、僕の下取りと買取店の査定額を比較したことがありますが、買取店のほうが高いことが多いですね。

まあそれもそのはずで、ディーラーが下取り額で一生懸命になる理由はないですから。

車をディーラーで手放すのは損かも?下取りのメリットとデメリット
買い替えで車を手放すにあたり、新しい車を購入するディーラーにそのまま下取りに出す人は少なくありません。 しかし、車...

アップルの口コミや評判は?

アップルの車買取口コミと評判

出典:車選び.com

会社が公式に外部へ公表している情報はどれもキレイな内容ばかりです。

やはり本当のところを知るには、利用した人の評判・口コミを見ることが大切です。

実際に投稿されている口コミから、アップルの評判をチェックしてみましょう。

  • ・精一杯の値段をつけてもらってるっと言うことが実感出来るお店(20代男性)
  • ・初めての利用で緊張しましたが、待ち時間もなく、丁寧に見てくれた(20代女性)
  • ・3社ほど査定をお願いして一番高い価格で金額を提示してくれたので売却を決断しました(30代男性)
  • ・アポなしで伺いましたが心よく受け入れて下さり、接客も申し分なく、査定時間もすごく速かった印象(30代女性)
  • ・見た目や手入れなどは、ほとんど見もせず、年式と走行距離だけで金額を出した感じだった(20代女性)
  • ・最初は25万だったのに、後から細かいキズが、とかエンジン周りがどうたらで10万も減らされた(30代男性)

アップル利用者は比較上手が多い

口コミを見ると、他社とアップルの見積もりを比較して、価格交渉をしている利用者が多い印象です。

宣伝通りの高価買取をしてもらえた人もいますが、査定項目がいい加減であとから減額されたケースも見受けられます。

なぜ良い評判・悪い評判があるのでしょうか?それは、担当者の品質が一定ではないからです。

会社が大きければ大きいほど、査定する人のレベルにも差が生まれます。

これはアップルに限った話ではなく、ガリバーラビットなど大手買取店に共通していることです。

いくら大手であっても、フランチャイズ方式(加盟する会社にアップルの看板を貸すこと)の店舗なので、お店ごとに差が出てしまうのは避けられません。

「減額された」というケースもある

こればかりはアップルだけに限った話ではありませんが、口コミのなかには「査定のあとに減額された」というケースもあります。

最初の査定額で車を引き渡したあと「故障やキズが見つかったので、査定額を下げます」というわけです。

本当に車に問題があったとしても「そんなこと査定のときに言えよ」と思いますよね。どんな理由であれ、減額は避けたいものです。

ただ、実態としては大手であっても引き渡し後の減額などが起きています。

このあたりは「減額なし」を表明しているカーセブンなどのほうが優位性は高いかもしれません。

車の買取査定で減額された!正しい対処法とは?

アップルといえど、1社で即決するのは避けるべき

アップルは評判も良好ですが、1社のみで決めてしまうのはリスクがあると言わざるを得ません。

どんなにアップルが高価買取をしていても、「他社のほうが10万円以上高い」ということがあり得るからです。

車を売るときは、なるべく複数の買取店から見積もりを出してもらって比べてみることが重要です。

【絶対ダメ】車買取の出張査定で即決してはいけない理由
車の出張査定で即決をすると損をするので避けましょう。出張査定でも買取業者の査定額を比較して決めることが大切です。即決せずに査定額を比較するコツをご紹介します。

アップルの車査定に申し込む方法は3つ

車売買のメリット・デメリット

さて、もし実際にアップルに車の査定を依頼したい場合、どのような方法で申し込めばいいのでしょうか?

  • ・電話
  • ・インターネット
  • ・車の一括査定

電話かインターネットで申し込む

このうち、電話とインターネットはアップル1社のみに査定依頼する方法です。

シンプルでわかりやすいですが、1社のみの査定となるので査定額が低くなる可能性があります。

車の一括査定でアップルにも依頼

もう1つ、車の一括査定サイトを使ってアップルに申し込みをする方法もあります。

この場合、アップルを含めた最大10社に1回の申し込みで依頼が可能です(かんたん車査定ガイドの場合)。

アップル1社に査定してもらうときに比べて、より高い車買取店を見つけることができるメリットがあります。

複数社とのやり取り、実車査定があるので少し面倒なのは避けられません。

しかし、それによって10万円、場合によっては30万円以上も査定額が変わる可能性があるので、メリットは大きいと思います。

【無料】まずは愛車の最高額をチェックしてみる

評判の高いアップルから高額査定を引き出すコツ

評判の高いアップルから高額査定を引き出すコツ

アップルの車買取査定はさすがの知名度とネットワークだけあって、口コミや評判も良い印象です。

とはいえ、やはり買取店ごとにどうしても差は生まれてしまい、全国均質のサービスとまでは至っていません。

これは車の見積額でも同じことが言えます。

同じアップルのお店とはいえ、どうしても買取店ごとに価格差が生まれるのは仕方のないことです。

ですから、そういった価格差を少しでも埋めるためにはアップル以外の買取店と比較することが必須と言えます。

買取店への持ち込みが一般的ですが、下記で紹介する一括査定を使うことで簡単に愛車の最高価格を知ることが可能です。

アップル以外にもガリバー、カーチス、ビッグモーターなども加盟していますので、大手買取店との比較がカンタンに行えます。

無料出張査定もできるので、一度活用してみてはいかがでしょうか。

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「かんたん車査定ガイド」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /

一括査定で比較できる車買取業者

  • 【 かんたん車査定ガイドって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、かんたん車査定ガイドを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

アップル 車買取業者
この記事を書いた人

カーライフアドバイザーとして、雑誌やWebで車に関する記事を執筆しています。毎分毎秒、車のことを考えてる車好き。現在の愛車はボルボ・V60です。憧れの車種はランドローバー「ディフェンダー」。単純に車が好きなので、”深すぎない”記事にこだわっています。千葉県在住。【くわしいプロフィール】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。



車好きのカレッジ Carlegde!! ”深すぎない”車のニュースサイト