新車を買うときに注意すべき3つのポイントとは?

新車を買うときの注意点 新車の購入・買い替え

新車を買うにはそれなりにたくさんのお金が必要です。

そのため、買ってから後悔をすることだけは避けたいですよね。

新車を買うときに注意したい6つのポイントをご紹介します。

1. 本当に新車を買うべきか、よく考える

「車を買うなら新車」という考えを持つ人はたくさんいます。

たしかに、新車を買えば自分の好きな車種、パーツ、グレードを選べます。当然ながら、ピカピカの新品ですから気持ちも良いですよね。

とはいえ、新車は中古車よりも値段が高いのも事実。もしかしたら、新車を買わずとも「中古車で十分」という可能性もあります。

あなたが”新車”を選ぶ理由はどこにあるでしょうか?その理由が自分でも納得の行くものであれば問題ありません。

しかし、中古車にも目を向けてみて「もしかしたら中古車でもいいかも?」と思えるようなら、中古車にまで選択の幅を広げたほうがいいでしょう。

中古車を買うメリットはいくつかありますが、最も大きいのは「値段が安い」こと。車の買うときの予算を考えるときには、しっかり注意したいところです。

どっちを買うべき?新車と中古車の価格差を見極める方法

2. ディーラーに行く前にWebサイトやカタログをチェックしておく

新車なら何でも良いという人はいないでしょうから、ある程度は欲しい車種を絞っていると思います。

注意したいのは、欲しい車種を決めるだけでディーラーに行ってしまうこと。

「くわしいことを決めなくても、ディーラーの営業マンにいろいろ聞けばいいのでは?」と思われるかもしれません。

しかし、ディーラーでの商談に長時間をかけるのはおすすめしません。その理由は2つあります。

  • 1.担当者はスムーズな商談を望む
  • 2.値引き交渉に時間をかけられない

1.担当者はスムーズな商談を望む

ディーラーの担当者からすれば、自分が欲しい車種について何も知らないお客さんを良く思いません。

なぜなら、グレードやオプションについてお客さんに説明する時間がかかりすぎるからです。

営業マンとしてもなるべくスムーズに商談を終わらせて、より多くのお客さんに対応したいと考えています。やはり獲得件数も大切ですからね。

ですから、あなたがディーラーに行く前には欲しい車種について情報を最低限は仕入れておきましょう。

少なくとも欲しい車種を1〜2車種、グレード、予算は決めておきたいところ。

自動車メーカーのWebサイトを見れば、魅力的な紹介ページがたくさんありますから、事前に目を通しておきましょう。

2.値引き交渉に時間をかけられない

欲しい車のスペックや機能について説明を受けるのはいいですが、そればかりに時間を割いてしまうのはおすすめできません。

なぜなら、値引き交渉に時間を使えなくなってしまうからです。

車種の細かい情報はネット記事やカタログを見えればすぐにわかります。ディーラーとの商談では、なるべく値引き交渉に時間をかけるようにしましょう。

新車の値引き交渉術!20万円以上安くする方法とは?

3. ディーラー下取りだけで愛車の売却を決めない

新車を買うなら、なるべく安い値段で購入したいですよね。

値引き交渉は重要ですが、わたしはそれ以上に「車をいかに高く売るか」にこだわるべきだと考えています。

つまり、いま乗っている車を少しでも高く売却して、購入予算を増やすということです。

愛車を少しでも高く売るために注意したいポイントは以下の2つです。

  • 1. 下取り額は早めに出してもらう
  • 2. ディーラーだけでなく、買取専門店にも見てもらう

1. 下取り額は早めに出してもらう

もしディーラーに下取りをしてもらうのであれば、早い段階で下取りの査定額を計算してもらうことをおすすめします。

なぜなら、すでに購入の意思を示したあとに下取り額を計算してもらっても、査定額は高くならないからです。

それもそのはずで、すでに買ってくれることがわかっているお客さんにそこまで値引き(下取り)をサービスする必要はないですよね。

ですから、買う買わないにかかわらず、愛車の下取り額は商談の早い段階で計算してもらうことをおすすめします。

下取りの計算はどうしても最後にズレ込みがちですから、早め早めを意識するようにしましょう。

2. ディーラーだけでなく、買取専門店にも見てもらう

ディーラーの下取りを選ぶと手続きも少なくてラクですが、買取金額は思ったより伸びません。

なぜなら、車の買取額はディーラーや買取店によって差があるからです。同じ車なのに、査定額がちがうなんて驚きですよね。

ということは、車の下取りで損をしないためには査定額を比較して、少しでも高く売れるお店を選ぶ必要があります。

愛車が高く売れれば、新車の購入予算もふやすことができます。

新車はちょっとした工夫で安く、お得に買うことができる

予算を増やすことができれば、買える車種の選択肢も広がりますし、グレードを上げることもできます。また、あなた好みのオプションを付けることもできるでしょう。

最近は自動ブレーキや自動運転の技術も進歩していますから、事故を考えると安全装備も充実させたいですよね。

まずは複数の車買取店に査定をしてもらい、最高額で買い取ってくれるお店に売却するようにしましょう。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
新車の購入・買い替え
シェアする



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト