自動ブレーキを比較するなら「JNCAP」をチェックすべし!車の安全性能が丸わかり

自動ブレーキを比較するなら「JNCAP」をチェックすべし!車の安全性能が丸わかり 車の豆知識
画像:JNCAP公式サイト

高齢者はもちろんですが、歩行者との事故で相手を死なせてしまう可能性は誰にでもあるわけです。

楽しいカーライフも、死亡事故を起こせばそこでおしまい。もう二度と、心から楽しめるドライブなんてやってこないでしょう。

そんな悲しいことってないですよね。僕も車が大好きなので、そんな事態には絶対に陥りたくない。

そのためになにができるか?それは、自動ブレーキを中心とした安全性に優れた車に乗ることです。

自動ブレーキが優れた車を見分ける(比較する)方法として、JNCAPをご紹介します。

車の安全性能を客観的にテストするのがJNCAP

ジャガー FPACE 外観

JNCAPは「自動車アセスメント」のことで、ようするに車の性能をアレコレ検査してチェックする独立行政法人のこと。正式には「自動車事故対策機構」といいます。

なぜこういった団体があるのかというと、車の安全性を公平にチェックするためです。

車の安全性能は、路面状況や天候によってかなり左右されます。たとえば雨が降っていたり、昼間と夜間では試験結果がまるで変わったりするからです。

つまり、自動ブレーキなどの検査においては、なるべく検査時の条件を合わせないといけないんですね。

これを各メーカーに任せていては、同じ条件下で検査するのはむずかしいことは想像できると思います。

つまり、JNCAPがあるおかげで、各メーカーのあらゆる車種の安全性が同条件で比較試験できるというわけです。

JNCAPが検査するのは「衝突安全」と「予防安全」

ざっくり説明すると、JNCAPでは「衝突安全」と「予防安全」の2つについて試験をおこなっています。

  • 「衝突安全」
  • ▷ 車が衝突したときの安全性を見る
  • 「予防安全」
  • ▷ 車や歩行者への自動ブレーキ性能などを見る

一昔前は、予防安全という考え方がほとんどなかったんですよね。というより、技術的に実現するのがむずかしかったわけです。

自動ブレーキや誤発進抑制機能は、前からあるにはあったけど、本格的に普及してきたのはここ数年のことです。

それに比べて、衝突安全というのは車の骨格を強くしたり、衝突時のシートのクッション性能を上げたりすることなので、わりと昔から取り組まれていました。エアバッグも衝突安全の一つですね。

衝突安全はもちろん大切なんですが、ここ数年でもっぱら話題になっているのは自動ブレーキを中心とした予防安全です。

事故原因として多いのが安全確認不足や脇見運転ですが、こうした原因で起こる事故は自動ブレーキで大幅に減らせる可能性があります。

高齢者に必要な安全装備付きの車はコレ!🚗 買い替えで選びたいおすすめ車種5選
高齢者が運転する車に必要な安全装備について解説します。安全装備が充実したおすすめ車種をチェックして、高齢者の交通事故を未然に防ぎましょう。

JNCAPの最大の見どころはYoutubeの「試験動画」

JNCAPは数値による安全性能のランク付けをおこなっており、それが車を選ぶときの指標としても役立っています。

ただ僕がそれ以上に参考にしているのが、試験動画です。

JNCAPが衝突安全と予防安全について実際におこなった試験の動画そのものを見ることができます。しかも、Youtubeで視聴可能というアクセスのしやすさ!

たとえばこれは、ホンダ・N-BOXの前面衝突試験です。

自動車アセスメント:N-BOX:フルラップ前面衝突試験

いかがでしょうか。迫力満点じゃないですか?

こんな感じで、JNCAPは試験の映像をそのまま見せてくれるわけです。

もちろん、自動ブレーキの試験結果も見ることができます。以下はホンダのセダン・インサイトの試験動画です。

インサイト:被害軽減ブレーキ試験 CPN60km/h

カタログの盲信はNG 。JNCAPの動画で確認すべし

RAV4の安全性は?

「衝突軽減ブレーキ搭載!」と謳った車をよく見かけるようになりました。

それ自体は素晴らしいことなんですが、残念なのは「実態が伴ってない車種が多い」ということ。

つまり、機能としてはついているんだけど、実際のところ歩行者との衝突を回避してくれるわけじゃない、という車が多いんです。

メーカーとしてはあまり大々的にアピールしすぎると、死亡事故が起きたときのダメージが大きいことがわかっているから、控えめな訴求になっているんだと思います。

実際、メーカーのカタログやウェブサイトを見ると「自動ブレーキ」という言葉は使われず、あくまでも「衝突軽減ブレーキ」とか「イマージェンシーブレーキ」などという表現しかしていません。

これはつまり、万が一のときに100%事故を防ぐわけじゃないですよ、と言っているわけです。

仕方ないとは思うんですが、「車とか歩行者に対するブレーキが付いてるから安心」と思わせておいて、実際には性能がまったく伴ってない車種が多すぎるんですよね。

だからこそ、JNCAPの動画を実施に自分の目で見て、本当にその車の自動ブレーキ性能で事故を防げるのか?というのを確かめるべきだと思います。

自動ブレーキもいいけど、衝突安全もよくチェックすべき

衝突安全

最近は自動ブレーキに注目があつまりがちですが、僕は衝突安全の良し悪しも必ずチェックするようにしています。

なぜなら、車の事故は自分が100%の注意を払っていても、他人の不注意で事故に巻き込まれることも多いからです。

完全な自動ブレーキにあなたが乗っていても、対向車が車線をはみ出して突っ込んできたらどうでしょうか?もう防ぎようがないですよね。

つまり、自分では防ぐことができない事故に対する備えとして、衝突安全性が非常に重要だということです。

衝突安全は大きくわけて「前方」「横(側面)」「後方」の試験が行われます。そのいずれもJNCAPの試験動画で見ることができるので、チェックしてみてください。

僕としては、最近サイドエアバッグの重要性を感じています。まだ搭載車種は少ないんですが、側面からの衝突が起きたときにサイドエアバッグが開くかどうかで、乗員の被害は大きく左右されると思うんですよね。

下記はN-BOXとN-VANの比較動画なんですが、N-VANにはサイドエアバッグがついておらず、ガラスの破片が乗っている人へモロに降かかっているのがわかります。

【ホンダ 新型N-VAN vs N-BOX】衝突安全 どっちが優秀!?

こんな感じで、実際の動画を見ないとなかなかわからない安全性能を目にすることができるのが、JNCAPの魅力です。

自動ブレーキ性能は「メーカー選び」から始めよう

【意外と安い】メルセデスベンツ「Aクラス」の価格と維持費を計算してみた

これから車を買うのであれば、自動ブレーキ性能が高いクルマを選びたいですよね。

選択肢が豊富すぎると、どれを選べばいいかわからなくなるんですが、僕はメーカー選びから始めるのをおすすめします。

というのも、自動ブレーキ性能はメーカーによってある程度良し悪しが分かれているからです。

以下のメーカーの最新車種であればおおむね安全性は高いです。

  • ▷ トヨタ
  • ▷ 日産
  • ▷ ホンダ
  • ▷ スバル
  • ▷ マツダ
  • ▷ ボルボ
  • ▷ メルセデス・ベンツ

もちろん車種ごとに差はありますが、これらの自動車メーカーはおおむね自動ブレーキ搭載車種が多く、最新モデルを選んでおけばハズレはないです。

ここでは一例として、ホンダの安全技術である「Honda SENSING」について、機能の一覧をご紹介します。

Honda SENSINGの予防安全
渋滞追従機能付ACC▷加速・減速し、適切な車間距離をキープ
▷前走車が止まれば合わせて停車
衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉車両、歩行者、自転車に対応。自転車対応はHonda車で初
車線維持支援システム高速道路走行中、車線の中央を維持する
誤発進抑制機能アクセルを踏み込んだ場合の急加速を抑制
歩行者事故低減ステアリング路側帯を歩く歩行者との衝突回避のための支援
路外逸脱抑制機能車線をはみ出しそうになるのを防ぎ、車線内へ戻す
先行車発進お知らせ機能前走車の発進を音とディスプレー表示でお知らせ
標識認識機能道路標識をディスプレー表示し、標識への注意を促す
後方誤発進抑制機能アクセルを踏み込んだ場合の、急な後退を抑制
オートハイビーム夜間走行時、ハイビームとロービームを自動で切り替え
Honda SENSINGの衝突安全
サイドエアバッグシステム前席/後席対応。カーテンエアバッグも
転席用&助手席用i-SRSエアバッグシステム「早く」「やさしく」「長く」ふくらんで、さまざまな体格や衝突状況に対応
衝突安全設計ボディー衝突時の衝撃(G)を制御する安全技術「G-CON」採用
プリテンショナーELRシートベルト衝突時、瞬時にシートベルトを引き込んで体を固定
頚部衝撃緩和フロントシート後方から低速で追突された際に、首への負担を軽減する
後席シートベルト締め忘れ警告灯ルームミラー上部のランプでお知らせし、シートベルトの着用を促す

一方で、以下のメーカーについては対歩行者の自動ブレーキ性能が低く、不安が大きいです。

  • ▶ スズキ
  • ▶ ダイハツ
  • ▶ 三菱自動車

これらも、JNCAPのサイトを見ることで比較しやすくなりますから、車を選ぶときはあらかじめ目を通しておくべきでしょう。

個人的におすすめの「自動ブレーキ搭載車」

N-WGNの何がスゴイ?他の軽自動車と価格、燃費、安全性を比較してみた

画像:ホンダ公式サイト

僕が個人的におすすめしたい、自動ブレーキ搭載の車種をご紹介します。

  • ▷ ホンダ・N-WGN
  • ▷ スバル・レヴォーグ
  • ▷ 日産・セレナ

まずいずれの車種も自動ブレーキ搭載で、衝突安全性も高くなっています。

なかでもイチオシなのが、N-WGNです。N-WGNは、現状の軽自動車では頭一つ飛び抜けている感じで、特に渋滞時の自動追従が素晴らしいです。

渋滞時のブレーキおよびアクセルスタートを自動で行ってくれるので、ストレスが大幅に軽減されます。

セレナやレヴォーグも同様の装備はついていますが、軽自動車で価格の安さを併せ持つメリットを考えると、N-WGNの天下はしばらく続くかもしれません。

N-WGNの何がスゴイ?他の軽自動車と価格、燃費、安全性を比較してみた
ホンダ・N-WGN(エヌワゴン)の評価はいかに?実際にチェックしてわかった、N-WGNのメリットをご紹介します。価格、燃費、安全性など詳しく解説しますね。ライバル車もピックアップ!

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「かんたん車査定ガイド」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 愛車が最高額で売れる!! /

一括査定で比較できる車買取業者

  • 【 かんたん車査定ガイドって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、かんたん車査定ガイドを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

車の豆知識
この記事を書いた人

カーライフアドバイザーとして、雑誌やWebで車に関する記事を執筆しています。毎分毎秒、車のことを考えてる車好き。現在の愛車はボルボ・V60です。憧れの車種はランドローバー「ディフェンダー」。単純に車が好きなので、”深すぎない”記事にこだわっています。千葉県在住。【くわしいプロフィール】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。



車好きのカレッジ Carlegde!! ”深すぎない”車のニュースサイト