オートマに不具合が発生したらどうする?修理費用の目安

オートマに不具合が発生したらどうする?修理費用の目安 車の維持費

オートマ車は基本的にメンテナンスフリーと言われていますが、10~15万キロ以上走行すると不具合が発生することがあります。

今回は、もしオートマに不具合が発生した場合はどんな対処をすれば良いのか、修理をするにはいくら掛かるのかについて解説します。

加速や燃費の悪化、大きなシフトショックが生じたら不具合の可能性あり!

オートマにはいくつかの種類がありますが、今回は主流になっているトルコン式(トルクコンバーター式)のケースを取り上げます。

トルコン式オートマに不具合が生じたときは、次のような症状が発生します。

  • ・加速が悪くなる
  • ・シフトしたときに大きなショックが出る
  • ・シフトができない
  • ・異音が発生する
  • ・燃費が悪化する

加速が悪くなる

どうも加速が悪く、思ったように車が前に進まないと感じるようなら、クラッチディスクが摩耗している可能性があります。

クラッチディスクは、走行距離が延びるにしたがい徐々にすり減っていきます。

前進・後退を切り替える際に、車が完全に停止する前にシフト操作をすると摩耗が早まるので、普段から注意が必要です。

また、ATF(オートマオイル)の交換を怠った場合も、ATFの特性変化により同じような症状が発生することがあります。

シフトしたときに大きなショックが出る

ATFの交換をおこたると、加速の悪化だけでなく、シフトレバーを動かしたときに大きなショックが出ることがあります。

要因は、ATFの特性変化により油圧が高くなってしまうからです。

ATF交換のサイクルは国産車の場合で4万~10万キロですが、これを守ることが肝心です。

また、ブレーキバンドと呼ばれる部品が摩耗した場合も、シフトショックの要因になります。

ブレーキバンドの摩耗は、クラッチディスクの摩耗と同じように走行距離が延びるにしたがい進行していきます。

また、信号待ちのたびにシフトレバーをニュートラルに入れたり、走行中に頻繁に手動操作でギアを切り替えたりすると、摩耗が早まるので注意が必要です。

シフトができない

シフトレバーを動かしてもギアが入らない、という症状が起きることもありますが、これもブレーキバンドの摩耗が原因です。

異音が発生する

トランスミションからカラカラとした異音が聞こえてくる場合は、ギアが欠けている疑いがあります。

「加速が悪くなる」の項目で述べたような、雑な運転操作を日常的にしていると、ギアが欠けてしまうことがあるのです。

燃費が悪化する

目に見えて燃費が悪くなったと感じる場合は、クラッチディスクの摩耗が要因になっている可能性があります。

クラッチディスクが摩耗すると動力の伝達効率が悪くなるので、走りだけでなく燃費も悪化する、というわけです。

また、現在のオートマはCPU(コンピュータ)による電子制御式になっていますが、制御プログラムの異常が原因のケースもあります。

制御プログラムの不具合により、エンジン回転を正常時よりも高めまで引っ張ってから変速するような制御になると、燃費が悪化してしまいます。

オートマに不具合が生じた場合の対処方法と修理代

オートマに不具合が生じた場合の対処方法と修理代

トルコン式オートマに、これまでに解説したような不具合が発生した場合は、どのように対処すれば良いのでしょうか?

不具合を放置したまま乗り続けると、最悪の場合、車が動かなくなってしまう可能性もあります。

万が一、高速道路や交差点の真ん中などで車が突然動かなくなってしまったら、一大事です。

そんな事態にならないために、少しでも異常を感じたら、まずはディーラーや自動車整備工場などに車を持ち込むことが重要です。

ATF(オートマオイル)の劣化が原因の場合

ATF、いわゆるオートマオイルはあらゆる部品の潤滑や冷却作用を持っています。

もし不具合の原因がATFの劣化と診断された場合は、ATFの交換で直るのでそれほど費用は掛かりません。

車種やATF交換を依頼する業者によっても異なりますが、ATFの代金+工賃でおよそ8,000円~30,000円ほどの出費で済みます。

機械的な問題が原因の場合

一方、クラッチディスクやブレーキバンドの摩耗、ギアの欠けなどの機械的な問題が生じている場合は、高額な修理代が必要になります。

こうした不具合の場合、オートマミッションそのものを交換する方法が現在の主流です。

オートマミッションを新品に交換すると、軽自動車や小型車の場合でも工賃込で30~50万円、高級車やスポーツカーの場合は100万円以上掛かることもあります。

しかし、新品の代わりにリビルト品(中古品を新品並みの状態に再生したもの)を利用すれば、部品代が3~4割ほど安く済みます。

ただし、常にリビルト品の在庫があるとは限らないのが難点です。

CPUの不具合が原因の場合

制御用CPUの不具合が原因の場合は、CPU一式の交換かプログラムの書き換えによる対応となります。

費用は、数万円~10数万円とみれば良いでしょう。

オートマに不具合が発生したら修理する?車を買い替える?

オートマに不具合が発生したら修理する?車を買い替える?

もし不幸にもオートマに不具合が発生してしまった場合、ATFやCPUの交換など少額の修理代で済むケースなら、対処してそのまま乗り続けた方が賢明でしょう。

しかし、オートマミッションそのものを交換する必要があるケースでは、さきほども説明したように多額の修理代が掛かってしまうので、車を買い替えることも検討した方が良いかもしれません。

その際、不具合を抱えた車が売れるかどうか心配かもしれませんが、査定額は下がるものの下取り・買取り自体は行ってもらえます。

ただ、ディーラーに下取りに出すと、かなり買いたたかれてしまうでしょう。

故障を抱えた車を少しでも高い金額で手放すには、車の一括査定の利用がおすすめです。

なぜなら、車の一括査定は、愛車に一番高い査定額を付けてくれる中古車買取店が簡単に見つかるサービスだからです。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
車の維持費車の部品・オプション
シェアする
この記事を書いた人
車谷よしひこ

千葉県在住、1988年生まれの30歳。フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!【くわしいプロフィール】



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト