意外と大きい!普通車と軽自動車の車検代のちがいは?

車検

普通車・軽自動車の車検代ってどれくらいかかるのでしょうか?

車を所有するといくつもの維持費が発生します。その中でも負担額が大きいのが車検代です。

少しでも車検代を安くするにはどうすればいいのでしょうか?
また、普通車と軽自動車をくらべると、車検代にどれくらいちがいはあるのでしょうか?

普通車の車検代はどれくらい?

車検は新車の購入から3年目、それ以降は2年ごとに受けなければいけません。
細かいところだと「1ナンバー車」は1年毎に車検を受ける必要があります。

さて、まずは普通車にかかる車検代を見ていきましょう。

小型乗用車の車検代

上記は車検のコバック「スーパークイック」に掲載されている車検費用です。

普通車は小型乗用車・中型乗用車・大型乗用車に分けることができます。

一般的にわたしたちが乗るのは小型乗用車ですので、この表を参考にして車検代をくらべましょう。

一番左にある「全国価格」で見ると、小型乗用車の車検代は54,840円

内訳には車検料のほか、自賠責保険や重量税、印紙代が含まれます。

これらはあくまでも車検代のみであることに注意する必要があります。なぜなら、もしタイヤ効果や修理が発生すると追加費用が発生するからです。

軽自動車の車検代はどれくらい?

続いて軽自動車の車検代を見ていきましょう。

軽自動車の車検代

こちらも車検のコバック「スーパークイック」に掲載の軽自動車の車検費用です。「全国価格」を見てみると、軽自動車の車検代は43,570円となっています。

軽自動車といえど、普通車と大きく変わらない車検代がかかっていることがわかります。

車検代だけでは大きな差は生まれない?

自動車にかかる維持費を節約したいと考える人にとって、軽自動車への買い替えは1つの選択肢です。

しかし、車検代を比べてみるとその費用に大きな差はないように見えます。先ほどの車検代の差額は11,270円

車検を受ける場所は車検の内容によっても変わってきますが、

「車検代が安くなるから軽自動車にしよう!」

という考え方では、維持費を大きく節約することは難しいことがわかります。

トータルでは10万円を超えることがほとんど

ここまで普通車と軽自動車の車検代について見てきました。

純粋な車検代だけを見ると、5〜6万円となっているので「意外と安いかも?」と思われるかもしれません。

しかし、残念ながら車検代はそれだけではありません。トータルで考えると10万円を超えてしまうことがほとんどとなります。

その理由は「メンテナンス・パーツ交換にかかる費用」があるからです。

車検を受けるというのは車に異常がないことを確認するだけではありません。車をリニューアルするといった意味も持っています。

つまり、消耗品を交換したり故障修理をすることもあるということです。

たとえば、車検を受けると以下のような費用が発生することがあります。

  • ・エンジンオイル交換
  • ・オイルエレメント交換
  • ・ブレーキオイル交換
  • ・冷却水交換
  • ・タイヤ交換

こうした費用が車検代とは別にかかることが多くなるので、車検時にはトータルで10万円を超えることが多くなります。

もちろん交換などが不要であれば費用はかかりませんが、エンジンオイルは5,000kmを目安に交換するのが望ましいところ。
また、タイヤも磨り減った状態で使い続けると燃費に悪影響ですし、車への負担も大きくなります。

車検はパーツやオイル交換まで含めた費用で計算しておくようにしましょう。

軽自動車を選ぶメリットはどこにある?

車検代だけを見ても軽自動車の維持費が安くなることはわかりにくいと言えます。軽自動車を選ぶメリットは、それ以外の維持費にあるからです。

くわしい解説は「なぜ軽自動車の維持費は驚くほど安いのか?」にゆずりますが、車検代以外でいうと軽自動車は維持費の安さで普通車を圧倒しています

コバックの車検代はかなり安めの設定になっているので、軽自動車でも実質的には10万円程度の費用が発生します。

普通車と軽自動車は車検代だけでなく、そのほかの維持費をくらべることが必要です。

そのうえで、自分にはどの車が合っているのかを考えるようにしましょう。

車検のタイミングで車を買い替える人は多い!

車検代は少なくとも10万円はかかると考えておくのが無難です。これだけの費用がかかることを考えると、車を維持するのがむずかしい場合もあります。

それまでは金銭的に気にならなかった愛車も、車検で大きな費用が発生すると維持費が心配になる人が多くなります。

また、わざわざ10万円以上も車検代を払って車を持つ必要はあるのか?と考える人も出てきます。

こういった理由から、車検のタイミングで車を買い替える・手放すという人も少なくありません。

あなたがもし、車検代を計算して「維持は厳しいかも?」と思ったらどうすればいいのでしょうか?

答えはズバリ、なるべく「車買取店」に出してください。

車は複数の買取店に査定してもらったほうが、確実に高く買い取ってもらうことができます。

あたらしい車に買い替える場合でも、購入予算を増やすことにつながります。

まずは一括査定を活用して見積もりを出してもらいましょう。不要な車検をやめれば、費用を節約できます。

車検代を浮かせることができる上に、車を高く売ることができるので、気持ちよく車の買い替えも可能になりますよ。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
車検
シェアする
この記事を書いた人
車谷よしひこ

千葉県在住、1988年生まれの30歳。フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!【くわしいプロフィール】



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト