車を売りたい人がディーラーの下取りを避けるべき3つの理由とは?

ディーラーで車を売るのは避けるべき 車の売却・下取り

車を売りたいと思ったとき、あなたはドコで売却しますか?
新車に買い替える人はディーラー、中古車に買い替える人は中古車販売店というのが一般的でしょうか。

車を買い替えるときには同じ店で手続きができると便利ですよね。

しかし、じつはディーラーで車を売ると損をすることがほとんど。
多くの人はこの事実を知らずに車を売ってしまいます。

車を売りたい人に知っておいて欲しい、ディーラーの下取りを避けるべき理由を3つご紹介します。

なぜディーラーで売らないほうがいいのか?

なぜディーラーで売らないほうがいいのか?

車を売るとき、何を重視するかは人によってちがいます。

「ディーラーの担当者とじっくり話し合って売りたい」
「本当に欲しいと思った人に車を売りたい」
「とりあえず車を売れればドコでも良い」

中には大切な車だから、個人に売却したいという人もいるでしょう。

いずれにしても車を売ることに変わりはないわけですが、すべての人に共通していることが1つだけあります。

それは「少しでも高く車を売りたい」という願いです。
そして、売った後に後悔したくないという思いも共通しているでしょう。

では、なぜディーラーで車を売らないほうがいいのか?
その理由は以下の3つです。

  • 1.愛車の本当の価値がわからない
  • 2.メーカーや車種によって差が激しい
  • 3.買取店よりも査定額が低い

1.愛車の本当の価値がわからない

1.愛車の本当の価値がわからない

ディーラーの下取りは便利です。
なぜなら、新車に買い替えるときに担当者と相談をしながら話をすすめられるからです。

その点、車買取専門店で売却するのは面倒と言わざるを得ません。
なぜなら、ディーラーでの手続きとは別に査定を受けて手続きをしなければいけないからです。
悪く言えば「2度手間」なわけですね。

そのままディーラーに売るからラクチンなのは間違いないのですが、ディーラーの査定額は「わかりづらい」というデメリットがあります。

なぜでしょうか?その理由は「車の値引き額」と「下取り額」がゴチャゴチャになるからです。

たとえば、ディーラーに下取りを出して高額査定が出たとしましょう。

すると新車の値引き額は低くなります。

反対に下取り額が低いと、新車の値引き額は高くなりやすくなるのです。

つまり、下取りと値引きをうまく調整して、ディーラーの思うままに金額を操作できるわけですね。

これでは愛車の本当の価格はいくらなのか?というのはわかりません。
ディーラー担当者の交渉材料に上手く使われるだけなので、損をする可能性が非常に高くなるのです。

2.メーカーや車種によって差が激しい

1.愛車の本当の価値がわからない

ディーラーというのは、おもに自動車メーカーが運営している車販売店を指すのが一般的です。

トヨタならトヨタのディーラー(トヨペット、ネッツトヨタなど)、日産は日産のディーラーといった具合です。

このように自動車メーカーごとに分かれているディーラーですが、下取りに出すときにはメーカーは関係なく売却することができます。

たとえばホンダの車を、トヨタのディーラーで下取りをしてもらうことができるわけですね。

これはとても便利ではあります。

しかし、ディーラーは自社メーカーの車を高く買取る傾向にあるのが問題です。
反対にいえば、自社以外のメーカー車は安くなる傾向があります。

たとえば、トヨタ車→トヨタ車への買い替えならそこまで気になりません。

しかし、トヨタ車→ホンダ車へ買い替える場合には「トヨタ車をホンダに売ることになる」ので、下取り額が不利になりやすくなります。

また、車種についても一律に扱われるので柔軟な価格交渉ができません(車買取店なら、得意としている車種があるので交渉できる)。

このあたりはディーラーに下取りをしてもらうデメリットといえるでしょう。

3.買取店よりも査定額が低い

3.買取店よりも査定額が低い

ディーラーへ下取りに出さないほうがい最大の理由は「査定額が低い」ことにあります。

なぜディーラーの下取り額は低いのでしょうか?
それはこれまで紹介したように「1.愛車の本当の価値がわからない」「2.メーカーや車種によって差が激しい」という理由が関係してきます。

そしてさらに「ディーラー1社だけで査定額が決まってしまう」という大きな理由があります。

中古車価格というのは、どこのお店で買い取ってもらうかによって大きく価格が変わってきます。

「A店では30万円しか値段がつかなかった車が、B店では60万円の値段がついた」ということが日常的に起こっているのです。

なぜ車買取店によって査定額が違うのでしょうか?
その理由は大きく分けて2つあります。

  • ・お店ごとに欲しいクルマがちがう
  • ・お店ごとに査定基準がちがう

お店が欲しいと思う車が高く売れる傾向があります。
また、査定基準はお店によってちがうので査定額が大きく変わってくるわけです。

つまり、ディーラー1社の下取り額だけで決めてしまうと「本当はもっと高く売れていた可能性」を自分の手で放棄することになるのです。

これは何とももったいない。
ちょっとした手間をかけるだけで、+30万円もの価格差が生まれるのですから。

効率的に査定額を比べるにはどうすればいい?

効率的に査定額を比べるにはどうすればいい?

車を売りたいという気持ちが先走って、ディーラーに出してしまう人が後を絶ちません。

しかし、ここは少し冷静になって「車の査定額を効率的に比べる方法」をチェックしておきましょう。

さきほど説明したとおり、車の査定額は買取店によって大きく変わってきます。
ですから、きちんとお店ごとの買取額を比較することが重要になってくるのです。

とはいえ、自分の足で1店舗ずつ回るのは時間もかかりますし、非効率です。
ではどうするか?

複数の買取店をまとめて比較したいときに役立つのがインターネットの無料一括見積もりです。

簡単な情報を入力するだけで、あなたの車がいくらで売れるのか?ネット上に表示されます。

たったこれだけの作業で数十万円も高く売れるわけですから、試さない手はありません。

まずは気軽に、車の見積もりをチェックしてみましょう。
車を売りたい人はまずココからスタートさせることをオススメします。

あなたの車はいくらで売れる?最高額を無料でチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
車の売却・下取り
シェアする



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト