車をモデルチェンジの前に買い替えるべき3つの理由

車のモデルチェンジ

車は買い替えるタイミングが非常に大切です。

特に、モデルチェンジが行われると、車の相場は大きく変動します。
買い替え費用を安くするために知っておくべき3つのポイントについて解説します。

モデルチェンジで旧型の価格が半額に?

いまあなたが乗っているのは何年前に買った車でしょうか?
3年前、5年前、あるいは10年前かもしれませんね。

ご存知のとおり、車はモデルチェンジを繰り返します。
車のデザインや仕様の小幅な変更はマイナーチェンジ、大幅な変更はフルモデルチェンジといいます。

フルモデルチェンジは特に影響が大きい

自動車メーカーはモデルチェンジをすることで、新鮮さを打ち出そうとします。特に、大きなインパクトがあるのはやはりフルモデルチェンジです。

このモデルチェンジはおおむね2〜4年のサイクルで行われます。
マイナーチェンジは2年、フルモデルチェンジは4年が基本です。

ここでお伝えしたいこと、それはズバリ「モデルチェンジをすると旧型の車は中古車市場での価格が大きく下がる」ということです。

当然ながら、人は新しいモデルが欲しい

考えると当然のことですが、人は誰しも新しいモデルを欲しがります。
そのため、中古車販売店としては古いモデルの価値を下げざるを得ません。

モデルチェンジをしたとはいえ、なかには性能的に大きな変化がないこともあります。
表面的なパッケージだけを変えて、真新しさを打ち出すのはメーカーの戦略です。

しかし、人は誰だって新しい物が好き。
そのため、性能や装備に大きなちがいが無くても、モデルチェンジが行われたというだけで旧型は価格が下がってしまいます。

旧型を購入するには絶好のチャンスですが、反対に売却を考えている人にとっては損な話です。

自分の車がモデルチェンジされたか調べるには?

なかには、いま乗っている車がすでに旧式なのかわからない人もいることでしょう。
フルモデルチェンジであれば外観が大きく変わっているのでわかりやすいですが、マイナーチェンジであれば見た目ではわかりません。

日頃から車の情報を追いかけていない人にとっては、マイナーモデルチェンジを知ることはなかなか難しいでしょう。

自分の車のモデルがいつのタイプなのかを知るには、2つの方法があります。

  • ・グレードを見て、サイトで照らし合わせる
  • ・車検証の「初度登録年月」を確認する

グレードを見ればスグに判別できる場合も

1つ目は、自分の車のグレードを確認する方法です。
車種にもよりますが、多くの車には車体にグレードが刻印されています。

このグレードをチェックして、Webの公式サイトでラインナップを見てください。
ここに同じグレードが紹介されていれば、現行のモデルである可能性が高くなります。
もちろん、モデルチェンジ後もグレード名が変わらないこともあるので、すべての場合で確認できるわけではありません。

車検証の「初度登録年月」を確認する

2つ目は車検証の「初度登録年月」をチェックする方法です。
初度登録年月とは、新車が車検登録された日のことで、それが「年式」になります。これは車検証に記載されています。

たとえば2015年7月1日に登録された車であれば、2015年式ということです。

この年式が4年以上前の日付になっていたら、あなたの車は旧式である可能性が高くなります。

確実と言い切れない部分もあるのですが、4年経過してもマイナーチェンジがされない車はごくわずかです。

タイミング次第では大きく値崩れする

もしいま、あなたが車の買い替えを検討しているのであれば、タイミングには十分に気を付けてください。
これは特に、車を売るときに主眼を置いた話です。

フルモデルチェンジ後の旧式の査定額はどうなる?

車を手放すのが、同じ車種のフルモデルチェンジが発売された後だとどうなるでしょうか。
モデルチェンジ後ですので、旧式は高く売れません。つまり、あなたの車の査定額は下がってしまうということです。

ということは、その分だけあなたが車を買い替えるコストは上がってしまいます
なぜなら、旧型の下取り額・買取額はどうしても下がってしまい、手元に残るお金が少なくなるからです。

新型発売直後ですぐに相場が下落するわけではありませんが、数ヶ月〜半年後には大幅な下落が予想されます。

フルモデルチェンジが行われる前に売るのがベスト

早いサイクルで車を買い替えている人であれば、フルモデルチェンジが発表される数ヶ月前に手放すべきです。

フルモデルチェンジするタイミングを知るのはむずかしいですが、新車情報などをニュースで追っていれば知ることができます。
新型車の情報は、車雑誌やインターネットなどでも早い段階で取り上げられるので、車の買い替えを検討し始めたらすぐに、

「自分の愛車のモデルチェンジはいつだろう?」

という意識を持って臨みましょう。

フルモデルチェンジ後に新車を購入した人であれば、最初の車検を迎える前(3年落ち)にいまの車を手放してしまうという選択も視野に入れましょう。
なぜなら、そのほうが次のモデルチェンジによる値下がりを回避できるからです。

いくらで売れる?愛車の最高額をチェックしてみる

愛車のモデルチェンジがわかれば数十万円もお得

新車の情報にはアンテナを張っておくことをおすすめします。
自分と同車種の車がいつマイナーモデルチェンジするのか?あるいはフルモデルチェンジするのか?

車をお得に売りたいのであれば、先のことまで考えておくべきです。
モデルチェンジの情報を発売前に知るのは難しいところもありますが、タイミングをきちんと図るだけで30万円以上もは高く売れることがあります。

手間をかけるだけの効果は十分にあるでしょう。
まずはインターネットの見積もりでかまわないので、査定してみることをオススメします。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。その場で査定額が表示されるので、あなたの車の最高額がいまスグわかりますよ。

査定トップ1

自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドは最短45秒のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえて、愛車の最高額が無料ですぐにわかります。査定額がその場で表示されるのはかなり助かりますね。

  • 人気No.1!! かんたん車査定ガイドが選ばれる理由
  • わずか45秒、たった9項目に入力するだけで査定完了
  • あなたの愛車の概算価格がその場で表示される
  • もちろん無料。最大10社から最高額を選ぶだけ!

全国200社以上が参加中!最高額で売れる

見積もりに参加する業者数が多いほど、車の査定額は高くなります。お店ごとに査定基準もちがうため、「こんなに高く売れるの?」ということがよく起こるのです。

全国200社以上が参加する「ズバット車買取比較」は有名買取店から地元密着型のお店まで幅広い車のジャンルや車種に対応しています。本気で車を高く売りたい人にオススメです。

ズバット買取査定比較

最大で50万円以上高く売ることも十分に可能です。わずか1分、少ない項目に入力するだけで、あなたの愛車を最高額で買い取ってくれるお店がスグにわかります。

すべて無料で使えるので【かんたん車査定ガイド + ズバット車買取比較】と合わせて利用する人も多くいます。”合わせ技”を活用すれば、究極の最高額で売却できますよ。

  • 圧倒的な参加社数!ズバット車買取のメリットは?
  • 全国200社以上の買取業者が参加中!
  • 依頼できる業者数が多いので、本当の最高額がわかる
  • 利用者数、累計100万人以上の実績!もちろん無料

結局、どっちがオススメ?

【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】という2つの一括査定をご紹介しましたが、どちらを利用すべきかわからない人もいると思います。

気軽に車の概算額を知りたい人は【かんたん車査定ガイド】がおすすめです。操作もわかりやすいですし、入力項目も少ないので本当にカンタンですよ。 かんたん車査定ガイド

参加している買取業者数の多さで選ぶなら【ズバット車買取比較】がおすすめ。より多くのお店に査定依頼が届くので、より高い買取額が期待できます。 ズバット車買取比較

一括査定の合わせ技で”究極の最高額”を

さらに言うと、【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】を併用する人も意外とたくさんいます。というのも、一括査定サイトごとに加盟している買取業者がちがうからです。査定してもらう業者数が多いほど、買取額は高くなります。2つの一括査定サイトを合わせて活用することで”究極の最高額”で車を売ることができるわけですね。