持ち込み厳禁?廃車を解体業者に持ち込むまえに試すべき3つのこと

持ち込み厳禁!廃車を解体業者に持ち込むまえに試すべき3つのこと 廃車・事故車

廃車といえば解体業者に持ち込むのが一般的ですよね。

自動車の解体はそれを専門にやっている業者があり、不要な車を引き取ってくれます。

一見すると便利な解体業者ですが、じつは持ち込んでしまうと諸費用で損をしてしまうことがあります。

なぜ近くの解体業者で損をすることがあるのでしょうか?愛車を解体業者に持ち込む前に知ってほしいポイントを3つご紹介します。

\ 愛車が最高額で売れる!! /

廃車を専門業者に持ち込むまえに試すべきことがある

【コレだけで準備OK!】車

結論から言うと、車を廃車にするまえに車買取業者に査定をしてもらうべきです。

このあとくわしく説明しますが、車を廃車にすると費用が発生します。なかには「0円で引き取り」というケースもありますが、ほとんどの業者が解体費用を取っているのが実情です。

当然といえば当然で、業者もボランティアでやっているわけではありません。ビジネスとして廃車を受け付けているわけなので、料金が発生するのが普通なのです。

「廃車とはいえ、多少ならお金になるかな?」という淡い希望を抱く人も多いですが、ほとんどのケースは実費負担で廃車をすることになってしまいます。

ですから、いきなり廃車をスクラップ場に持ち込むまえに、まずは買取業者に査定をしてもらいましょう。

「いやいや、廃車同然の車なんて値段つかないでしょう?」と思われるかもしれませんが、それを判断するのはまだ早すぎます。

なぜなら、あなたにとっては価値のない車に思われても、じつはその車を買い取りたいと考える業者は存在する可能性が高いからです。

意外に思われるかもしれませんが、廃車にすべき走行距離の目安は年々伸びてきていて、売れる車は年々多くなってきています。つまり、車の寿命が伸びたということです。

「もしかしたら、買取店で売れるかも?」という好奇心を持って、まずは買取業者に査定を依頼してみるのがオススメです。

無料査定で愛車の最高額をチェックしてみる

持ち込んだ廃車はどこへ回される?

車のチェックポイント

自分の愛車が、廃車になってからどんなふうに扱われるのか?とても気になりますよね。

廃車として持ち込まれた車は、おもに3つの経路で扱われるのが基本です。

  • ① パーツに分解されて、転売される
  • ② 鉄くずになる(金属として再利用)
  • ③ 解体せずに海外に売りに出される

① パーツに分解されて、転売される

廃車を解体業者に持ち込むと、業者は解体して国内外向けにリサイクルに回します。

日本の車は外国から高く評価されているので、特に人気の車についてはエンジンやミッションなどのパーツが海外に輸出されて再利用されています。

国内でも同じように、各種パーツがそのまま再利用されることも少なくありません。

解体される車の部品には主に以下のようなものがあります。

  • ・エンジン
  • ・ミッション
  • ・ラジエーター
  • ・ボンネット
  • ・グリル
  • ・ボンネット

車の内装は不要なものはすべて取り外します。

国内外で再利用できないエンジンやパーツは、細かく解体した上で、鉄やアルミに分けます。

アルミは分けられたあとにパレティーナと呼ばれる金属製の中に入れて出荷。

こうして車はそれぞれのパーツや資源に分かれて国内外で再利用されているのです。

使えるところ、リサイクルできるところはムダにすることなく利用するのが解体業者の腕のみせどころいえます。

② 鉄くずになる

業者のやり方にもよりますが、車を解体して「鉄」などの金属として再利用されるケースもあります。資源リサイクルと考えるとわかりやすいですね。

この場合、車から再利用できる部分だけを取り出し、仕分けをして金属として生まれ変わります。

③ 解体せずに海外に売りに出される

以前、耳にしたことがあるケースでは「廃車にしないで、海外に転売する」というものがありました。

じつは日本の中古車というのは世界的に見ても評価が高く、状態が良いことで知られています。

まあ2年に一度、ちゃんと車検を受ける制度があるくらいですから、やはり品質は良いわけです。

あと、「車の走行距離が10万キロを超えたら寿命」という価値観を日本人は持っていますが、外国に行くとまったくそんなことはないんですよね。平気で20〜30万キロは走ってます。

ですから、日本国内では廃車として扱われるような中古車が、海外(特に東南アジアなど)では高い値段がつくことがあるわけです。

要チェック!廃車には2種類あります

車売買のメリット・デメリット

車の廃車といっても、じつは2種類あるのをご存知でしょうか。

それが永久抹消登録と一時抹消登録です。それぞれにメリットとデメリットがあります。

かんたんに説明するとこんな感じです。

  • 永久抹消登録
  • ▷ 二度と車を使えなくする
  • 一時抹消登録
  • ▷ 一時的に車を使えなくする

永久抹消登録とは、二度と使えなくすること

その名のとおり、永久に登録を抹消することです。

車をスクラップにして鉄くずにしたり、部品だけを他の用途に回したりします。

一般的には、廃車というと永久抹消登録のことを言うことが多いです。

「もう動かない車」、「修理してもお金がかかりすぎる」、「そもそも修理のしようががない車」などが永久抹消登録されます。

事故で不動車になってしまったり、災害で水没してしまった車などが永久抹消登録されることが多いですね。

ちなみに、永久抹消登録されると、その車は二度と使うことができません。永遠のお別れです。

一時抹消登録すると「一時的に車が使えなくなる」

一時抹消登録は、転勤や長期の旅行など何らかの理由で車が使えないときに利用する方法です。

車を使わない間だけは自動車税などの維持費がかからないので、費用を節約できます。

ただ、一時抹消登録すると公道を走ることはできません。公道を走るには、再度申請が必要です。

なお、永久抹消登録と一時抹消登録で費用や書類が異なります。

廃車を解体業者に持ち込む場合はほとんどが永久抹消登録になるかと思いますが、あらかじめご確認ください。

くわしくは「ディーラーに廃車の手続きをお願いする前に」でくわしく解説しています。

廃車を処分する方法は大きく分けて3つある

車の修理 点検

廃車をするためには、何らかの方法で業者に依頼する必要があります。

基本的には以下の3つの方法が考えられます。

  • ① 解体業者に持ち込む
  • ③ ディーラーに下取りしてもらう
  • ③ 車買取店に買い取ってもらう

① 解体業者に持ち込む

すでに動かない車であれば、解体業者に持ち込んでスクラップにしてもらう方法があります。

あとで解説しますが、解体業者に依頼をすると解体料金(廃車料金)がかかることがほとんどです。

そのため、解体業者に持ち込むのはディーラーや車買取店で値段が付かなかった時の最終手段にしたほうがいいでしょう。

売れる車を売らないで、むしろコチラがお金を払って解体するのはあまりにもったいないですからね。

いつがベスト?廃車の正しいタイミングで得する&自動車税を安くする方法
廃車にするベストなタイミングについて解説します。廃車をするときはタイミング次第で自動車税などの税金が発生することがあります。廃車にする時期をきちんと選んで、お得に車を手放しましょう。

② ディーラーに下取りしてもらう

新車の買い替えで廃車を考えているのであれば、ディーラーに廃車を依頼することもできます。

この場合、下取りによる新車の値引きはできません。あくまでも解体業者と同じように廃車費用を払う必要があります。

わざわざ解体業者に車を運ぶ必要がないので、手間を省くことができるメリットは大きいですね。

ただ、僕の経験上だとディーラーの下取りであまり得したことがありません。やはり買取額を比べようがない(競争相手がいない)という状況だと、どうしても金額は低くなりやすいです。

やらなきゃ損!ディーラーの廃車費用を無料にする方法
いま乗っている車を買い替えたり、売却するときには買取業者に買い取ってもらうのがキホンです。 しかし、車が動かなかっ...

車買取店に買い取ってもらう

車を手放すという意味では、車買取店に買い取ってもらうのも1つの方法です。

廃車というのは、業者に車の状態を見てもらうまでは結論を出すべきではありません。

なぜなら、動かなくて価値がないと思われる車であっても、じつは中古車として価値がある可能性があるからです。

そのため、解体業者に持ち込むまえに車買取店に査定をしてもらい、そこで値段がつかなかったときに初めて廃車を検討すると良いでしょう。

ただ、「どこの車買取店に査定してもらうべきか?」というのは、多くの人に共通する悩みだと思います。

僕は、ネットの一括査定を使うのがおすすめです。一括査定を使えば、最大10社の買取店の査定額をまとめて比較できます。

複数の業者を比較すれば、廃車同然と思われた愛車を買い取ってくれる業者が見つかりやすくなりますよ。

無料査定で愛車の最高額をチェックしてみる

解体業者に持ち込むと廃車手数料が取られる?

車のお金

解体をするときに一番気になるのが、やはり手数料です。

これは持ち込む解体業者、車の状態、手続き状況によって異なります。

基本的には国産の自動車であれば約10,000円、軽自動車であれば8,000円が費用の相場です。

これは自動車リサイクル料として法律で定められているので避けられません。良くいえば、どの業者に頼んでも同じ料金です。

また、解体費用についても10,000円〜30,000円が相場となります。

それ以外にも抹消登録費用の代行手数料がかかるので、総額では2〜5万円程度の支払いが発生することがほとんどです。

お金を支払うくらいなら、売ってしまおう

同じ車を大切に長く乗り続ける

このように、廃車は解体業者に持ち込むと費用が発生することがほとんどです。

ですから、廃車を決断するまえには必ず買取店などに査定してもらってください。

しつこいようですが、自分では廃車にするしかないと思うような車でも、プロの目からするとまだまだ活用できる可能性があるからです。

ふつうの買取店1社のみの見積りだけだと廃車に値段がつかないこともありますが、複数の買取業者に査定をしてもらうと思わぬ値段で売ることも可能です。

「廃車のような車でも売れるの?」と思うかもしれませんが、買取業者にニーズは非常に幅広いものです。

買い取ってくれる業者が見つかるだけで、廃車費用に数万円かかっていたものが、逆に数万円手に入るとしたら…。

一括査定を使ってみる価値は十分にあります。ネットの無料一括査定はすぐに査定額が表示されるので、愛車の最高額がかんたんにわかるのでおすすめです。

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「かんたん車査定ガイド」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 愛車が最高額で売れる!! /

一括査定で比較できる車買取業者

  • 【 かんたん車査定ガイドって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、かんたん車査定ガイドを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

廃車・事故車
この記事を書いた人

フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。毎分毎秒、車のことを考えてる車好き。現在の愛車はボルボ・V60です。憧れの車種はランドローバー「ディフェンダー」。単純に車が好きなので、”深すぎない”記事にこだわっています。千葉県在住。【くわしいプロフィール】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。



車好きのカレッジ Carlegde!! ”深すぎない”車のニュースサイト