BMWとジャガー&ランドローバーが電気自動車開発で提携!なぜこの2社が?理由を知って納得

電気自動車(EV)

まだまだガソリン車が主流の日本ですが、あと10年もすれば電気自動車が当たり前の車社会になっているかもしれません。

それに向けて、各社が電気自動車の開発に力を入れています。

そんな折、BMWとジャガー&ランドローバーが電気自動車開発で提携したというニュースがありました。

\ 愛車が最高額で売れる!! /

なぜ電気自動車開発で協力するのか?

BMWとジャガー&ランドローバーが電気自動車開発で提携

これまでガソリンエンジンが当たり前だった自動車メーカーにとって、電気自動車は大げさにいえば「ゼロからのスタート」ともいえる道のりです。

車の部品や仕組みが違うわけですから、車をつくるラインも見直さなければいけませんよね。当然、お金もめちゃくちゃかかります。

それだけ、電気自動車開発というのは大変なわけです。

そう考えると、自動車メーカー同士が協力して、「一緒に電気自動車の開発をしましょう」というのはごく自然ですよね。当然、コストが削減できますから。

ただ、僕が気になったのは「BMWとジャガー&ランドローバー?」というところでした。要するに、この3社(厳密には2社)が一緒に協力する必然性みたいなものがないと思ったんですよね。

調べてみると、なるほど。BMWとジャガー&ランドローバーが結びつく理由がよくわかりました。

ジャガー&ランドローバーはもともとBMWの傘下だった

なぜBMWとジャガー&ランドローバーが電気自動車開発で協力できたのかについては、以前までの関係性を知れば納得でした。

というのも、BMWは2000年までジャガー&ランドローバーを傘下に置いていたんですね。

もっというと、ジャガー&ランドローバーのCEOであるラルフ・スペス氏は20年間、BMWで働いたという経歴があります。

このような過去の結びつきがあったからこそ、BMWとジャガー&ランドローバーの提携が実現したといえるのかもしれませんね。

BMW、ジャガー、ランドローバーの電気自動車ラインナップ

BMW i8

BMW i8

現行ではまだまだガソリン車が主流ですが、各社電気自動車のラインナップがどんどん増えてくるでしょう。

現在における各社の電気自動車は以下のとおりです。

  • BMW
  • ・i3
  • ・i8 クーペ
  • ・i8 ロードスター
  • JAGUAR
  • ・I-PACE(アイペース)
  • LANDROVER
  • ・レンジローバー PHEV

このうち、僕が個人的に気になってるのがジャガーのI-PACEです。

I-PACE

クーペのようなボディラインを持ちながら迫力満点。どこかランボルギーニ・ウラカンを彷彿とさせるデザインです。

どことなく、動物のジャガーが獲物を狩る直前の姿にも見えたり…。かっこいい。

リアのウィンドウはめちゃくちゃ傾斜があるんで、後方の見晴らしという意味では最悪ですが(笑)

いずれにしても、これらの電気自動車が早々に普及するために、各社の提携および協力が上手くいくと良いですよね。

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「かんたん車査定ガイド」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 愛車が最高額で売れる!! /

一括査定で比較できる車買取業者

  • 【 かんたん車査定ガイドって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、かんたん車査定ガイドを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

電気自動車(EV)
この記事を書いた人

フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。毎分毎秒、車のことを考えてる車好き。現在の愛車はボルボ・V60です。憧れの車種はランドローバー「ディフェンダー」。単純に車が好きなので、”深すぎない”記事にこだわっています。1988年生まれ。千葉県在住。【くわしいプロフィール】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。



車好きのカレッジ Carlegde!! ”深すぎない”車のニュースサイト