【どっちがおすすめ?】BMW3シリーズと5シリーズのちがいを比較

BMW・アルピナ

国産車にくらべて、輸入車の車種は似ていて見分けがつかないことが多いですよね。

たとえばBMWだと、3シリーズと5シリーズのセダンはかなり似ているので見分けるのがむずかしいです。

3シリーズと5シリーズのちがいを比較し、どちらがおすすめなのかを検証したいと思います。

まずはボディサイズとエンジン性能を比較してみよう

 3シリーズ
(318i SE)
5シリーズ
(523i)
全長 x 全幅 x 全高(mm)4,645 x 1,800 x 1,4404,945 x 1,870 x 1,480
ホイールベース(mm)2,8102,975
トランク・ルーム容量
(リットル)
480530
エンジンの種類直列3気筒DOHCガソリン直列4気筒DOHCガソリン
総排気量(cc)1,4981,998
燃料消費率
(JC08モード)
17.2km/ℓ13.9km/ℓ

【サイズ】5シリーズのほうが全長が長い

5シリーズ

まずサイズについては、全長のちがいがあります。

3シリーズは4,645mm、5シリーズは4,945mmなので、5シリーズのほうが全長が30cm長いです。

また、全長が長くなることによって、ホイールベースも長く作れるので、後部座席が広く使えます。

さらに、トランクルーム容量も5シリーズのほうが50リットルほど大きくなっています。

大きさで選ぶなら5シリーズ、コンパクトさで選ぶなら3シリーズ

【エンジンと燃費】性能は5シリーズのほうが上。燃費は3シリーズ

3シリーズ

エンジンは直列4気筒DOHCガソリンの5シリーズのほうが性能は上です。

3シリーズは直列3気筒DOHCガソリンと、わずか1気筒の差ですが、気筒数が多いほうが排気量が増えるので性能は良くなります。

なお、排気量の仕組みについては以下の記事でも解説しています。

排気量の単位(CC)の意味とは?総排気量が多いと税金が高いワケ
車の用語でよく耳にするのが「総排気量(排気量)」です。 よく耳にするけど、何を意味しているのかを知らない方も多いのでは...

5シリーズのほうが排気量が多いので、加速は良くなります。ただし、燃費性能は3シリーズのほうが優れているので、注意が必要です。

エンジン性能で選ぶなら5シリーズだが、燃費は3シリーズのほうが優れている

【安全性能】5シリーズが優位。3シリーズは不足が多い

安全性能については、ACC(アクティブクルーズコントロール)の有無が大きなちがいとなります。

どちらも最廉価グレードの比較ですが、5シリーズにはACC(ストップ&ゴー機能付き)が標準装備となっていますが、3シリーズには付いていません。

また、衝突被害軽減ブレーキ(いわゆる自動ブレーキ)も5シリーズは標準装備で、3シリーズは未搭載です。

3シリーズは、あくまでも一番低い318iSEというグレードの話で、グレードを上げれば標準装備となっています。3シリーズ購入のときにはグレードに注意しましょう。

5シリーズは主要な安全装備が標準で付く。3シリーズの最廉価グレードには注意

【BMW コネクテッド・ドライブ】5シリーズのみ搭載

コネクテッドドライブ

BMWには、BMW コネクテッド・ドライブというサービスがあります。

たとえば、コールセンターのオペレーターが24時間365日、運転中のあなたに代わってさまざまな情報を調べてくれる「BMW ドライバー・サポート・デスク」があります。

ほかにも、万が一の事故などですぐに助けを求められる「BMW SOSコール」も利用できます。

これらは5シリーズに標準で付いてきますが、3シリーズには付いてきません。

BMW コネクテッド・ドライブを利用したければ5シリーズがおすすめ

【価格】最廉価グレードで比較すると5シリーズが約200万円高い

気になる価格ですが、それぞれの最廉価グレードの価格は以下のとおりです。

  • 3シリーズ(318i SE)
  • ¥4,310,000
  • 5シリーズ(523i)
  • ¥6,460,000

比較すると、3シリーズと5シリーズには約230万円の差があることがわかります。

ここまで説明したとおり、5シリーズはエンジン性能が良く、先進装備も付いていることからどうしても価格は高くなってしまいます。

ですから、純粋にBMWに乗りたい人や、そこまでエンジンや装備のグレードを求めない人は、3シリーズのほうが満足感は高いと言えるでしょう。

BMWの費用対満足度を求めるなら3シリーズがおすすめ

大きめのサイズ、先進装備やサービスで選ぶなら5シリーズ

結論としては、価格と満足度だけで見れば3シリーズのほうが良いかなと個人的には思います。

ただし、3シリーズの最廉価グレードの安全装備はあまりに物足りないので、運転するのが少し不安です。

そのため、3シリーズを買うのであれば、一番安い318i SEではなく、318i Standardがおすすめです。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
BMW・アルピナ
シェアする
この記事を書いた人
車谷よしひこ

千葉県在住、1988年生まれの30歳。フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!【くわしいプロフィール】



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト