お得な車買取査定ナビ

飽きたらどうする?あなたの愛車をお得に手放す方法

  カテゴリ:車の売却, 車の査定・買取
車に飽きたら買い替え

いまの車に飽きてしまったらどうすればいいのでしょうか?

買ったときは愛着があった車でも、長く乗っていると飽きるタイミングがやってきます。

カーライフを心ゆくまで楽しむめには思い切った買い替えも検討する必要があります。
飽きてしまった車を少しでもお得に買い替えるために知っておきたいポイントについて知っておきましょう。

なぜ飽きる?その理由は人それぞれ

いまの車に飽きてしまった理由は人それぞれ。
その理由を明確にすれば、買い替えのときに参考になるはずです。

  • ・他の車が欲しい(目移りしてしまう)
  • ・運転するのが退屈
  • ・燃費が悪くなり、維持費が高くなった
  • ・生活スタイルが変わった
  • ・新型車が登場した

他の車が欲しくて、いまの車が陳腐に感じる

いまの車に飽きる1番の理由は「他の車が欲しくなった」というもの。

それまでは気にならなかったのに、ひとたび「あの車いい!」と欲しくなった瞬間に、いま乗っている車が陳腐に思えてしまうものです。

車は毎年のように新しい機能が追加され、安全性能もアップしています。飽きてしまうのも仕方がない部分があります。

車の乗り心地、取り回しがイヤになった

また、走行性や運転操作自体に飽きてしまったという人もいるようです。
ステアリングやアクセルの加速力は車によって全く異なります。
試乗したり、他の車を運転して少しでも良さを感じてしまうと、いまの車がイヤになることでしょう。

家族や生活の変化で車に飽きが来る

それ以外では、ライフスタイルの変化も要因に挙げられます。
たとえば独身だった人が結婚をした場合、家族が増えるのでそれまで乗っていた車は使い勝手が悪くなるでしょう。
飽きとは少しちがいますが、そういった変化が買い替えたい気持ちを引き起こします。

新型車の登場は、多くの人にとっての誘惑になる

新型車の登場で、新しい車が欲しいと感じることもあります。
車の装備や性能は年々進化しています。いま乗っている車にはない性能があると、どうしても新型の車に目移りするもの。

飽きた!と感じたら少しでも早く手放した方がいい?

冒頭でも述べたように、これ以上は好きになれない車と長く一緒にいても良いことはありません。
それはあなたにとっても、車にとっても同じことです。

いまの車に飽きてしまったときに考えるべき対処法は大きく分けて3つあります。

  • ・もう一台買い足す
  • ・売却して手放す
  • ・売却して新しい車に買い替える

家族や親戚に車を譲るのも1つの方法

もしあなたが新しい車を買って、いま乗っている車を譲ることができるのであれば話は簡単です。

わかりやすくいえば、家族で2台持ちをするということ。
たとえばあなたの妻(夫)や子どもが車を必要とするタイミングであれば、いまのあなたの車の名義変更をするだけです。

そしてあなたは欲しい車を購入することができます。
駐車スペースや、そもそも資金の問題がありますが、これが解決できる人は有効な打開策となるでしょう。

さっぱり車を手放す方法もある

いまの車に飽きた、というよりも車自体に飽きたという人は手放してしまったほうが賢明です。
その最大の理由は車の維持費です。

自動車保険や税金、さらには毎月のガソリン代だってバカになりません。

ムダに所有して費用をかけるくらいであれば、高く売れるうちに売却したほうが賢い選択といえます。

いくらで売れる?愛車の最高額をチェックしてみる

いまの車を、買い替えの資金にしよう

もし車を買い替えようと思ったら、まず車を手放すことを考えます。
その方法は下取りや買取などさまざまですが、いずれの方法をとっても車は新しいうちに売ったほうが高く売れます
これは当たり前のようですが、皆さんが思っている以上に中古車市場の相場の変動は激しいのが実情です。

車は長く乗っていると価値が下がってきます。
買い替えるときに下取り額が0円となると、買い替えにかかる費用が多額になることも。

退屈な気持ちのまま車を乗り続けていると、その間に車の価値はどんどん下がってしまいます。
まさに「買いたいときが買い替えどき」。決心をしたら速やかに行動に移すべきなのです。

擬人化するようで恐縮ですが、車にとっても思いを寄せてくれるオーナーと一緒にいる方が嬉しいはずです。
ですから、飽きたときには少しでも早く手放すことが賢明な判断となります。

車を売る方法はいろいろあるけれど…失敗はしたくない

さきほど説明したように、いまの車を手放す方法はおもに「下取り」と「買取」の2パターンです。

もうすでに欲しい車が決まっている場合は、ディーラーによる下取りを検討しているかもしれません。
あるいは、中古車買取店に査定を依頼するという方法もあります。

この2つのやり方、いったいどっちがお得なの?そういった声はよく聞かれます。
車を手放す以上は、誰だって少しでも手元にお金が欲しいものです。

結論から言うと、車の下取りはNG。中古車買取店に買い取ってもらう方法が確実に高く売れます。
【買取と下取り】車の買い替えでお得なのはどっち?」」でも紹介していますが、車の下取りは本来の中古車相場よりも20〜30%は低く見積りをされます。

これはディーラー1社のみの見積りになってしまうので仕方がありません。
少しでもお得に車を売るなら、より多くの査定業者に買取価格を競わせることが肝心です。

そうすれば、想像以上の高値を引き出せます。
車に飽きて買い替えようか悩んでいるのであれば、愛車の概算価格を知っておいて損はありません。

もし高値がつかないようであればそのまま乗り続けてもいいでしょう。
そして、高く買い取ってもらえるようであれば気持ちよく次の車に買い替えましょう。

あなたの愛車の最高額を一括査定でチェックしてみよう

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドは最短45秒のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額が無料ですぐにわかります。査定額がその場で表示されるのはかなり助かりますね。

  • 人気No.1!! かんたん車査定ガイドが選ばれる理由
  • わずか45秒、たった9項目に入力するだけで査定完了
  • あなたの愛車の概算価格がその場でわかる
  • もちろん無料!最大10社から最高額を選ぶだけ
査定トップ1
  • 書いている人【YAS やす】

    1988年生まれの30歳。フリーランスのライターをしています。
    現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます(くわしいプロフィールはこちら
    車が好きな人つなぐ”サークル”のような場所をつくるのが、このWebサイトの目的です。ぜひ車について語らいましょう!

  • 私が乗ってきた愛車遍歴

    トヨタ・クレスタ

    三菱自動車・デリカ CHAMONIX

    トヨタ・bB

    フォルクスワーゲン・ゴルフ

    ボルボ・V60 【現在】

  • いま欲しい車!(憧れ込み)

    ポルシェ・パナメーラ
    マセラティ・ギブリ
    スバル・レヴォーグ