【全解説】キャデラック・エスカレードの評価、価格、燃費、サイズ、内装

【全解説】キャデラック・エスカレードの評価、価格、燃費、サイズ、内装 キャデラック(Cadillac)

キャデラック・エスカレードは、その見た目の華やかさと内装の高級感もあいまって、世界的に人気の車種です。

見た目やサイズ感、維持費の高さで評価が分かれる車ではありますが、実際エスカレードはどのような車種なのでしょうか?

エスカレードの評価、価格、サイズ、燃費、内外装を含めくわしく解説します。

エスカレードの外装(エクステリア)は迫力満点

エスカレードの外装エクステリア

キャデラックは、GM(ゼネラルモーターズ)の高級車部門にあたるブランドです。

エスカレードは1999年に初代モデルが発表されました。

アメ車にはおおむね当てはまることですが、エスカレードの見た目はサイズも大きく迫力があります。

大きなグリルと縦型のヘッドライトはエスカレードの特徴的なデザインです。

エスカレードのサイズとエンジン性能をチェック

 エスカレード プレミアム
全長5,195 mm
全幅2,065 mm
全高1,910 mm
ホイールベース2,950 mm
室内長2,630 mm
室内幅1,525 mm
室内高1,170 mm
車両重量2,670 kg
乗車定員8 名
エンジン種類V型8気筒 OHV
総排気量6,153 cc
使用燃料ハイオク推奨
(レギュラー使用可)

全長5m超、全幅2m超という寸法は高級SUVのなかでも特に大きいサイズです。

乗車定員が8名なので当然3列シート仕様となっており、ホイールベース3m弱という幅がそれを実現しています(上位グレードのプラチナムは乗車定員7名)。

エンジンはV型8気筒で、排気量は圧巻の6,153 ccです。自動車税が相当高額になりますが、高排気量車を求める人には文句なしでおすすめできる一台です。

珍しいのが使用燃料です。エスカレードはハイオク(無鉛プレミアムガソリン)推奨なのですが、レギュラーガソリンも使用可能となっています。

内装やインテリアは高級感が高く、評価も良い

エスカレードの内装とインテリア

エスカレードのインテリアは「カット&ソー」製法と呼ばれる手法で、職人が1つ1つ手作業で裁断や縫製を行っています。

シートにはセミアニリンレザーが使われていて、ステアリングはフルレザーが採用されているので、最高の手触りです。

アメ車というと排気音や走行音がうるさいイメージがありますが、エスカレードは3重ドアシールを施すなど、高級車として最高レベルの静粛性を実現しています。

SUVでも静粛性はあきらめない。このあたりは高く評価できるポイントです。

荷室はかなり狭いため、スーツケースやトランクを積む場合はかなり苦労します。収納スペースも望めないので、その点は注意が必要です。

ただし、新型モデルは2列目、3列目シートが折り畳めるため、2,666Lの大容量スペースが使える仕様となっています。

エスカレードには2つのグレードがありますが、最高グレードのPlatinumにはフロントシートバックに2つのスクリーンが搭載されていて、DVD鑑賞も楽しむことができます。

エスカレードの内装

燃費は相当悪いと言わざるを得ない

排気量が6,000ccを超えていて、超ビッグサイズの車ですから、燃費の良さは望めません。

まずキャデラックの公式サイトではエスカレードの燃費性能が公表されていません。

車のSNSとして人気のみんカラのコメントを見てみると、おおむね4〜6km/Lという燃費性能のようです。

高速道路ではもう少し燃費が良くなりますが、それでも8km/L程度。

ハッキリ言って、燃費を気にする人が買ってはいけない車です。

エスカレードの新車価格は1000万円超。維持費も非常に高い

エスカレードの燃費と価格

さきほど説明したとおり、エスカレードには2つのグレードがあります。

どちらも1000万円超となっており、海外のVIPが乗る車としても人気があるのは納得です。

  • ・プレミアム ¥11,675,000(税別)
  • ・プラチナム ¥12,600,000(税別)

購入費が高いのはもちろんですが、維持費の高さにも注意が必要です。

何度もお伝えしているとおり、排気量は6,000ccを超えるため、毎年の自動車税は高額になります。

乗用車の自動車税額
排気量税額
1リットル以下29,500円
1リットル超
1.5リットル以下
34,500円
1.5リットル超
2リットル以下
39,500円
2リットル超
2.5リットル以下
45,000円
2.5リットル超
3リットル以下
51,000円
3リットル超
3.5リットル以下
58,000円
3.5リットル超
4リットル以下
66,500円
4リットル超
4.5リットル以下
76,500円
4.5リットル超
6リットル以下
88,000円
6リットル超111,000円

↑表は排気量ごとの自動車税を示したものです。

エスカレードは排気量が6,000cc(6リットル)を超えるので、毎年111,000円の自動車税が発生します

アメ車の維持費はやっぱり高い!燃費、保険料、自動車税を計算してみた
「アメ車は維持費が高い」、そんなイメージを持つ人は多いはず。 アメリカへの憧れがあっても、維持費が高いせいで購入を...

ライバル車はリンカーン・ナビゲーター

2018 Lincoln Navigator – SUV of The Year!!

ただでさえ価格が高いエスカレードですから、購入の際にはライバル車と比較して少しでも値引きを引き出したいところです。

エスカレードの直接のライバル車となるのは、同じアメ車であるリンカーン・ナビゲーターです。

そもそもエスカレードはナビゲーターの成功を受けて作られた戦略的な車種でもあるため、両車が意識するガチガチのライバル関係にあります。

ただし、リンカーンというブランドはフォードの高級車部門であり、現在フォードは日本から撤退しています。そのため、フォードのディーラーでリンカーンの新車を買うことができません。

とすると、日本国内においてディーラーで直接的に値引き交渉に使えるライバル車は、レクサスのLXくらいしか存在しないことになります。

レクサス LX

レクサス LX570

エスカレードは何もかも割り切って乗る車

エスカレードは割り切って乗る車

エスカレードのリアデザイン

わたし個人の感想でいうと、エスカレードは「短所に目をつぶってでも乗りたいと思える人だけが乗るべき車」だと思います。

これまで何度も説明しているとおり、車の値段は高いですし、燃料代も税金も高いので維持費負担は大変です。

なぜそこまでしてエスカレードに乗るのか?と問われれば、国産車にはないアメ車の豪華さや迫力、内装の高級感にあるのでしょう。

価格の高さや維持費を割り切って考えることができるのであれば、エスカレードはすごく楽しい車になるはずです。

もしいま乗っている車からエスカレードに買い替えるのであれば、いまの愛車を高く売って購入資金に充てるといった工夫が必要になってくるでしょう。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
キャデラック(Cadillac)
シェアする
この記事を書いた人
車谷よしひこ

千葉県在住、1988年生まれの30歳。フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!【くわしいプロフィール】



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト