トラブルに注意!車のオークションで起きやすいトラブル事例

車のオークショントラブル 車買取トラブル

車のオークションにはどんなトラブルがあるのでしょうか?

車を購入する、あるいは売却するときの選択肢として「ネットオークション」があります。

車買取専門店ではなく、オークションを使うのが人気となりつつありますが、トラブルも非常に多くなっているのが現状です。

実際にあったトラブルを紹介しながら、車のネットオークションの危険性について考えてみましょう。

車のオークションにはどんな種類がある?

中古車の売買をするときの「オークション」という言葉には大きく分けて2つのパターンがあります。

  • ・業者間のオークション
  • ・ヤフオクなどの個人オークション

このうち、トラブルが起きやすいのは「個人オークション」です。個人売買におけるオークションですから、当然といえば当然の話。

それぞれどんなちがいがあるのでしょうか?

業者間のオークションとは?

業者間のオークションは、車の買取業者など「車の売買を仕事にしてる人」が参加するものです。

買取店はお客さんから買い取った車はそのまま店頭で売ることもありますが、ほとんどはオークションに持ち込まれます。

つまり、中古車販売店の店頭に並んでいる車は、オークションの出品を待っている状態、とも言えるわけです。

オークションにはそれぞれ会場があり、その数は全国に約150ほど。

会場の大きさによりますが、大きいところだと1週間で20,000台の中古車が売買されます。

業者間のオークションは出品票(検査票)と呼ばれる、車の状態を表記した報告書をもとにして売買が行われます。

業者間のオークションは検査員がチェックする

個人のネットオークションとちがうところは、検査員がいること。

つまり、第三者が間に入ることでトラブルが起きにくい仕組みになっているのです。

あくまでも業者のオークションなので、個人は参加することができません。

かなり安い価格で取引がされますが、あくまでも業者価格なので参考にはなりません。

個人の車ネットオークションはトラブル多し

個人間の車のネットオークションは、1対1(売りたい人・買いたい人)によって取引がおこなわれます。いわゆる個人売買です。

なかにはオークション代行業者を使うケースもありますが、最近はヤフオクやメルカリでも個人売買ができます。

業者間のオークションでは第三者である検査員がいると説明しましたが、個人のオークションではこうした第三者は存在しません

つまり、車を客観的に評価してくれる人がいないということになります。

個人間のオークションは車の品質証明がない

車を個人間やオークションで売買するのは、いったいどんなデメリットがあるのでしょうか?

客観的な第三者がいないということは、出品票といった車の状態を示すものがないので売り手がその状態を明記します。

そうすると、出品する売り手は自由に車の状態を評価できます

本当はボディにキズが付いているのに嘘を付いたり、内装が汚れているのを隠すこともできてしまいます。

そして最悪の場合にはメーターを改ざんしたり、嘘の表記をして相手を騙してお金だけをもらう人も出てくるといったトラブルが起きます。

要注意!車の個人売買で起こるトラブル

安く買える(高く売れる)可能性は大。しかし、トラブル発生率も大

オークションは中古車の販売店よりは安く車が手に入る可能性があります。

また、売却するときも買取業者に売るよりも高く売れることがあるでしょう。

というのも、業者を間に挟まないので、いわゆる”マージン(手数料)”が発生しないからです。

しかし、ネットオークションではトラブルがいつでも起こりうるということをしっかり認識しておきましょう。

個人間のオークションはデメリットも多いですが、買取店よりも高く売れる・安く買える、希少な車に出会えるなどメリットもあります。

個人間オークションはトラブル覚悟で、良し悪しをしっかりと考慮したうえで利用するようにしましょう。

オークションで売るまえに愛車の相場をチェックすると失敗が減らせる

それでもオークションで車を売ろうという人は、肝心な「売値」を知るために客観的な中古車相場を知っておく必要があります。

中古車相場を知っておけば、安い値段で売ってしまうリスクを排除できます。

また、買うときも不当に高い金額でないかをチェックできるのです。

インターネットの一括査定を使えば、その場で査定額が表示されるので相場の確認がスグに行えますよ。

もし個人売買でヤフオクやメルカリを使うのであれば、対象の車がいくらで取引されているか事前にチェックすることをおすすめします。

いくらで売れる?愛車の最高額をチェックしてみる

実際に起こるトラブル事例は多数

車のオークションには具体的にどんなトラブルが起こっているのでしょうか?

代表的な事例をいくつか紹介します。

  • ・メーターの改ざんトラブル
  • ・写真ではわからないキズが無数にある
  • ・車の名義変更をおこなわない
  • ・代金が振り込まれない
  • ・事故車なのに修復歴なしと偽装している

トラブル1:メーター改ざん

メーターの改ざんは悪徳業者が行うもので、走行距離を戻すことをいいます。

中古車価格は走行距離によって決まることが多く、走行距離が少ないほうが高く売れます。

メーター改ざんをすれば、本当は5万キロ走っている車のメーターを戻して、2万キロにすることもできてしまうのです。

メーカー改ざんは違法ですが、個人でも十分に行えてしまいます。

オークションの個人売買では、改ざんの事実を知らずに買ってしまう可能性が高いので注意が必要です。

トラブル2:名義変更がおこなわれない

また、オークションで買った車の名義変更は、購入者が自分で行うのが基本です。

自分の車を売却した場合、購入者がきちんと名義変更をしてくれれば問題ないのですが、名義変更がないまま乗られてしまうと大変です。

なぜなら、車の事故や交通違反、自動車の納税義務などがすべてあなた自身に発生してしまうからです。

車をオークションで売るときには、購入者に名義変更をしっかり行ってもらうように注意しましょう。

もし名義変更に不安があるなら、個人売買のオークションは使わないほうが良いでしょう。

関連: これで売れる!他人名義の車を売却する方法

トラブル3:代金が振り込まれない

個人オークションで車を売却したとき、最も多いトラブルは代金が支払われないというケースです。

車を引き渡したのに、お金が振り込まれないというのは非常に多いトラブルです。また、第三者がいないので、誰にも保証してもらえません。

個人間であっても、きちんと契約書を作成してトラブルを回避しましょう。

よほど珍しい旧車を探している・売ろうと思っている人はオークションは便利かもしれません。

しかし、それ以外の人がトラブルを覚悟してまでオークションを使うメリットはハッキリいってないといえるでしょう。

代金が振り込まれないと、最悪の場合は裁判に訴えるしかなくなります。

車の相場は業者が1番知っている

これまで説明したように、車のオークションにはトラブルが付き物です。

売る場合も買う場合も、車の相場がハッキリわからないので、いずれにしても損をする可能性が高くなってしまいます。

ですから、やはり車の売買はきちんと業者を交えて行うのがかしこい選択です。

もし車をオークションで売却しようとしているのであれば、まずは買取業者に査定してもらうことをオススメします。

買取業者に見積りを出してもらえば、愛車の相場を知ることができます。

予想よりも高い値段がつけばそのまま売却するのもいいですし、納得がいかない時にはオークションに出すというのも1つの方法です。

買取業者に査定してもらえば、オークションに出す場合にも適切な価格設定ができるようになるので、買い手もつきやすくなります。

つまり、オークションに出す前に買取業者の査定に出すことで、いろいろな選択肢が生まれるのです。

車の一括査定は無料で利用できますので、一度活用してみてはいかがでしょうか?

最高額を知っておくことで、オークションで売るときにも有利に条件を設定することができますよ。

愛車を最高額で売るなら一括査定がオススメ

愛車を最高額で売りたい人に最もオススメの一括査定サイトです。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に10万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

車買取トラブル
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
車の最新情報をお届けします。
シェアする



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト