【高く売れる車の色】ボディカラーで車の買取額が10万円変わることも

【高く売れる車の色】ボディカラーで車の買取額が10万円変わることも 車の査定・買取

車を購入するとき、あるいは売却するときに気にして欲しいのが「車の色(ボディカラー)」です。

車の買取額は車種や年式だけでなく、車の色によっても変わってきます。

どうせなら高く売れるほうが絶対良いですよね。

というわけで、高く売れる車の色をまとめてご紹介します。

スポンサーリンク
\ 愛車が最高額で売れる!! /

【結論】ブラック、シルバー、ホワイトは高く売れる

かわいい丸目のMINI

結論から言うと、車の色は「ブラック」「シルバー」「ホワイト」が高く売れる傾向にあります。まあ、このあたりはみなさんも予想通りかもしれませんね。

車の買取業者は、あなたから買取った車をオークションに出して利益を挙げています。

ですから、オークションで高く売れる車のほうがお客さんから高く買い取れますよね。

オークションで高く売れる車の条件というのがいくつかあって、そこには「ボディカラー」というのもあるわけです。

当然ながら、人気のある車の方が買い手がつきやすくなります。

具体的にはブラックやシルバー、ホワイト系の色は高く売れます

街を走っているとよくわかりますが、ブラックやシルバーやホワイトの車が非常に多いですよね。

【業者が高く転売できる車 = 高い値段で買い取ってもらえる車】というわけです。

反対に、赤・イエロー・ブルー・オレンジ・紫・緑などの派手な色は中古車市場では値段が低くなる傾向にあります。

その色がその車種にとって希少な色である場合には、高く売れる可能性もありますが、こうしたケースはほとんどないといっていいでしょう。

もっと大ざっぱに言えば「無難な色のほうが高く売れる」ということです。

黒、白、シルバーなどシンプルな色が人気な理由

メガーヌ

黒や白、シルバーなどのベーシックな色が人気なのはどうしてでしょうか?

その理由は大きく3つに分けられます。

  • ① シンプルで飽きが来ない
  • ② どの車種にもランナップされた色
  • ③ お手入れが比較的ラク

① シンプルで飽きが来ない

シンプルな色のほうが高く売れるのは、「飽きることなく長く乗れる色だから」というのが最大の理由といえるでしょう。

車を買うとき、みなさんも「長く乗るから飽きない色を買おう」と思いますよね?

それはつまり、その色の人気(需要)につながるわけです。

結果的に、そういったシンプルな色の車は”引き”があるので、高く売れます。いわゆる「リセールバリューが高い車」というやつですね。

手放すときに高く売れる!リセールバリューが高い車種の6つの特徴
車を買うなら手放すときのことまで考えたいですよね。高く売れる、リセールバリューが高い車の特徴を6つご紹介します。

② どの車種にもランナップされた色

黒・白・シルバーはメーカーを問わずどんな車種にも用意されている定番色です。

ですから、車を買うときに多くの人が自然と検討するわけですね。

ただし、一部の車種には、黒・白・シルバーなどの人気色が用意されてない場合があります。

そういった車は、むしろ派手な色のほうが人気が高かったりするので、そういった車種については例外だったりします。

たとえば、トヨタのFJクルーザーなどは、イエローなどの派手な色のほうが人気が高いです。

FJクルーザーの維持費は月々いくら?購入時の注意点
トヨタのクロスカントリー型SUV「FJクルーザー」は、レトロモダンなスタイリングが魅力です。 今回は、月々の維持費...

③ お手入れが比較的ラク

黒や白はやや汚れが目立ちますが、シルバーはお手入れがかなりラクです。

洗車をあまりできない人が多いですから、お手入れしやすい色は人気となります。

実際、僕が以前乗っていたフォルクスワーゲンのゴルフはシルバーだったんですが、洗車回数は驚くほど少なかったです。

そのあと買い替えたボルボV60は黒を買ったんですが、汚れの目立ちやすさにショックを受けるレベル。洗車回数は格段に増えました。トホホ…

黒い車を買わないほうが良い3つの理由!メリットよりもデメリットが大きい
黒い車をおすすめしない理由をご紹介します。僕は現在、黒い車(ボルボV60)に乗っていますが、正直早く買い替えたいと思っています。かっこいいのは間違いないですが、黒い車に乗るのはデメリットが大きすぎる…。

車の種類によっても人気の色は異なる

ひとくくりにブラック・シルバー・ホワイトが高く売れると言いましたが、さらに細かく分類してみましょう。

これらの3つの色の中でも、ブラックはセダンをはじめとする高級車で人気があります。

クラウンマジェスタブラック

たとえばトヨタ・クラウンは高級セダンの中でも特に人気の車です。

黒のセダンはエアロパーツを付けるなどしてカスタムをする一定の層がいるため、こうした高級車であれば黒が高く売れることが多くあります。

また、高級スポーツカー(ランボルギーニやフェラーリ)や一般的なスポーツカーは赤い色が人気であることが多く、派手な色でも例外的に好まれる傾向にあります。

もう少し目線を下げてみると、軽自動車などは女性が乗ることも多いため、ピンクやレッドなどが人気カラーです。

手放すときに高く売れる!リセールバリューが高い車種の6つの特徴
車を買うなら手放すときのことまで考えたいですよね。高く売れる、リセールバリューが高い車の特徴を6つご紹介します。

特別色の購入時の価格が高いが、売るときは同じ

車種によっては、特別色として価格が別料金となっている場合があります。
たとえばマツダは、「ソウルレッドプレミアムメタリック」を選択すると車両価格に上乗せして別料金を支払う必要があります。

買うときに高いんだから、売るときも高く売れるのでは?と考えたくなるところですが、実際には高くなることはありません。

買うときに特別でも、売るときは同じ。これが特別色の実態です。

欲しい色を買うことも大切ですが、「別料金払ってまで買う価値ある?」と自問自答することも大切です。

リセールバリューの低い車と高い車を見分ける方法
買った車はとことん乗りつぶすという人は別にして、ある程度乗ったら買い替えることを前提にしている場合は、リセールバリュー(...

黒やホワイトは汚れが目立ちやすい

洗車や清掃は必要?車の査定前にすべき3つのチェック

ブラック、シルバー、ホワイトでさらに優劣をつけるとすれば、ブラックとホワイトは汚れが目立ちやすいので僕個人的にはシルバーがベストです。

ブラックは土埃や排気ガスによる汚れが車体に付着すると、すぐにわかります。

また、黒・白はボディの傷が目立ちやすいこともあり、避ける人も少なくありません。

あと、黒は夏場にめちゃくちゃ暑くなります。車内もそうですが、ボンネットで肉が焼けるレベルで熱くなるので、けっこう危険です。

こういった特徴を考えると、もっともお手入れがラクで手軽なのはシルバーとなります。

シルバーは汚れも目立ちにくい上に、キズも目立ちません。

そのため3色のなかでもっとも高く売れやすいのはシルバーといえるでしょう。

ただし、さきほど説明したように車種によっては黒・白が人気のこともあります。

車体色で買取額がどれくらい差があるのか気になる人は、無料のネット一括査定を試してみるのがおすすめです。

無料査定で愛車の最高額をチェックしてみる

メーカーによってちがう!色の名前に注意しよう

ここまでブラック・シルバー・ホワイトなどとシンプルな呼び方で紹介してきましたが、実際のところメーカーは「ブラック」や「ホワイト」など単純な色の名前では呼んでません。

企業側の戦略でしょうが、ボディーカラーを示すときにはふだん聞き慣れないカタカナ語が使われることが多くなっています。

ヴェルファイア

トヨタ:ヴェルファイア グレイッシュブルーマイカメタリック

ムラーノフランボワーズレッド

日産:ムラーノ フランボワーズレッド

フィット

ホンダ:フィット サンセットオレンジ

フォード・フィエスタ

フォード:フィエスタ ムーンダストシルバー
  • 上から、
  • ・グレイッシュブルーマイカメタリック
  • ・フランボワーズレッド
  • ・サンセットオレンジ
  • ・ムーンダストシルバー

たとえば同じシルバーでもさまざまな種類があるので、さまざまな呼び方があるのは止むを得ません。

とはいえ、いまいちピンとこないカラー名称が使われていることもしばしばです。たとえば、一台目の「グレイッシュブルーマイカメタリック」とかだと、もはや何色かピント来ません。

ウェブサイトやカタログで車の色を見ることはできます。しかし、実物を見るとイメージとちがうことも少なくありません。

ディーラーや中古車店では、実車を見て買うことがほとんどですが、なかには取り寄せにすることもあります。

最近では遠方で売られている車を、ネット経由で実車を見ずに購入する人も増えました。

しかし、ボディカラーで失敗したくないのであれば、やはり実車をチェックしてから買うようにしたいですね。

遠方から中古車を買うときの6つの注意点!購入から納車までの流れ
遠方の中古車販売店の車を買うときの注意点をご紹介します。欲しい車が県外など遠くの販売店にある場合、陸送などの手段を使って運んでもらうことになります。遠方の中古車を買うリスクについても解説。

自分で色を塗り直すという選択肢はアリか?

車の差額

高く売れる車の色にするために、いまの車を全塗装して塗り替えたほうがいいのかも?と考える人が中にはいるかもしれません。

結論から言うと、どんな色であっても車はそのままのほうが結果的に高く売れます。というのも、車の塗装にかかるコスト分だけ回収できないので赤字になるはずです。

車の全塗装は安くても10万円以上の費用がかかります。これだけの金額をかけても、u売るときに10万円以上の査定額アップは見込めません。

さらに言えば、塗装をしてしまうと純正ではなくなってしまうので、中古車市場では価値が下がってしまいます。

塗装された車は汚れが付きやすくなるので、お手入れも大変で、キズの補修もむずかしくなります。色によっては1年に1度塗り直す必要があるくらいです。

そうなれば時間も手間もかかって大変ですから、そんな車を買おうと思う人はいませんよね。

色を塗り直そうとする人はあまりいないでしょうが、念のため知っておきましょう。

どんな色でも高く売れる方法がある

車の最低価格

たとえ派手な色の車に乗っていたとしても、複数の買取業者に査定してもらえば高く売れる可能性は十分にあります。

なぜなら、買取業者によって必要としている車はちがいますし、査定の基準もちがうからです。

ですから、ドコの買取業者に査定してもらうかによって数万円〜数十万円も差がつくことがザラにあります。

まずは一括査定で見積りを依頼して、相場をチェックしてみることをオススメします。

インターネットの無料一括査定は、その場で査定価格が表示されるので非常に気軽に利用できますよ。

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「かんたん車査定ガイド」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 愛車が最高額で売れる!! /

一括査定で比較できる車買取業者

  • 【 かんたん車査定ガイドって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、かんたん車査定ガイドを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

車の査定・買取
この記事を書いた人

フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。毎分毎秒、車のことを考えてる車好き。現在の愛車はボルボ・V60です。憧れの車種はランドローバー「ディフェンダー」。単純に車が好きなので、”深すぎない”記事にこだわっています。1988年生まれ。千葉県在住。【くわしいプロフィール】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。



車好きのカレッジ Carlegde!! ”深すぎない”車のニュースサイト