車のブレーキが不調だと査定額は下がってしまう?

車の査定前にブレーキが不具合がある

車の査定時にブレーキの調子が悪いだけで、買取額は下がってしまうのでしょうか。

車を査定に出す前には、できるだけ車の状態を万全にしておきたいですよね。
チェックすべき項目はたくさんありますが、なかでも気にしたいのが「ブレーキの状態」です。

車を運転するうえで、もっとも重要といっても過言ではないブレーキ。
査定前にしっかりチェックしておくことで、査定額がアップすることもあります。

ブレーキの基本知識と査定項目を確認していきましょう。

これだけ!ブレーキのチェック項目

ブレーキをチェックするのは、自分だけではなかなかむずかしいところがあります。
本来であれば自動車工場に持ち込んで点検を受けるのがベストです。

しかし、時間的・金銭的にむずかしい人も多いでしょうから、自分で出来る「セルフチェック」をしてブレーキの状態を確認しましょう。

  • 1. ブレーキを踏んだときに異音がしないか
  • 2. ブレーキペダルをスムーズに踏み込めるか
  • 3. ブレーキペダルとフロアのすき間はあるか
  • 4. ブレーキパッドの量は適切か
  • 5. ブレーキオイルの量は十分か
  • 6. サイドブレーキはスムーズにかけられるか

1. ブレーキを踏んだときに異音がしないか

ブレーキの状態を知る上で、もっともわかりやすいのが「ブレーキ音」です。

車を動かしてブレーキペダルを踏んだときに「キーッ」という高い音がする場合には、ブレーキに異常がある可能性があります。

いまは正常にブレーキがかけられていても、使い続けていくとブレーキが効かなくなる危険性も。

もし異音がする場合には、ブレーキパッドに問題がある可能性があります。

2. ブレーキペダルをスムーズに踏み込めるか

ブレーキペダルを強く踏み込んでみてください。
このときにスムーズに奥まで踏み込めれば問題ありません。

途中で引っかかったりする場合には、なにか不具合が生じている可能性があります。

3. ブレーキペダルとフロアのすき間はあるか

ブレーキペダルは、長年使っていると変形したり位置が微妙にズレることがあります。

ペダルを踏み込んでスムーズに踏み込めればいいですが、フロアに引っかかったりする場合には要注意です。

また、フロアマットの位置が正しくないとブレーキが踏み込めず思わぬ事故につながる可能性もあります。

ブレーキやアクセルまわりの状態には、日頃から意識を高めておきたいところです。

4. ブレーキパッドの量は適切か

ブレーキは、摩擦によってエネルギーを少なくして速度を落とすという仕組みになっています。
その摩擦を起こすときに使われるのがブレーキパッドです。

ブレーキパッドは使っていくうちに摩耗してすり減っていきます。
つまり、摩耗が大きくなるとブレーキの効きが悪くなってしまうのです。

目安としては2〜4万km走ったら交換するのが理想です。

車を走らせているときにブレーキが効きにくい場合には、ブレーキパッドを交換する必要があります。

5. ブレーキオイルの量は十分か

ブレーキパッドとブレーキディスクの間には200度を超える熱が発生することがあります。
つまり、密着して摩擦が起きるときに熱が生じるわけです。

このとき間に入って潤滑油の役割を果すのがブレーキオイル(ブレーキフルード)です。

量が減っていたり、色が黒く変色しているとブレーキの効きが悪くなります。

6. サイドブレーキはスムーズにかけられるか

傾斜のある道で車を停めるときに、サイドブレーキは欠かせません。
効き目が悪かったり、正常にかかっていないと車が動き出してしまうからです。

サイドブレーキをかけたときに引っかかりを感じたり、重すぎたり軽すぎたりするときは注意が必要です。

サイドブレーキをかけたつもりがかかっていない可能性もあるので、違和感を感じる場合には修理が必要となります。

ブレーキの状態が悪い場合は査定前に修理すべき?

ブレーキの状態をチェックして、もし以上が見つかった場合にはどうすればいいのでしょうか?
そのまま乗り続ける車であれば、当然ながら修理や点検が必要です。

しかし、売るつもりで車(査定に出す前の車)であれば迷いが生じるでしょう。
ブレーキの修理は場合によっては高額な費用が発生するからです。

結論から言うと、現状でブレーキが効いているのであれば修理に出す必要はありません。
なぜなら、ブレーキまわりの修理にかかる費用はほとんどが高額になるからです。

しっかりとブレーキを良い状態にしても、かかった費用は査定額で取り戻せません。

結果的にマイナス(赤字)になってしまうので、査定に出すのであればそのままにしておきましょう。

査定業者によっては、自社の修理工場で安く修理できることもあります。
もし、ブレーキの状態が良くないのであればそういった買取業者に査定を依頼しましょう。

重大な欠陥がなければ、十分に高い査定額を期待できます。
そのためには複数の買取業者の見積もりを比較することをオススメします。

まずは気軽に見積もりをとって、査定してもらいましょう。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。その場で査定額が表示されるので、あなたの車の最高額がいまスグわかりますよ。

査定トップ1

自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドは最短45秒のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえて、愛車の最高額が無料ですぐにわかります。査定額がその場で表示されるのはかなり助かりますね。

  • 人気No.1!! かんたん車査定ガイドが選ばれる理由
  • わずか45秒、たった9項目に入力するだけで査定完了
  • あなたの愛車の概算価格がその場で表示される
  • もちろん無料。最大10社から最高額を選ぶだけ!

全国200社以上が参加中!最高額で売れる

見積もりに参加する業者数が多いほど、車の査定額は高くなります。お店ごとに査定基準もちがうため、「こんなに高く売れるの?」ということがよく起こるのです。

全国200社以上が参加する「ズバット車買取比較」は有名買取店から地元密着型のお店まで幅広い車のジャンルや車種に対応しています。本気で車を高く売りたい人にオススメです。

ズバット買取査定比較

最大で50万円以上高く売ることも十分に可能です。わずか1分、少ない項目に入力するだけで、あなたの愛車を最高額で買い取ってくれるお店がスグにわかります。

すべて無料で使えるので【かんたん車査定ガイド + ズバット車買取比較】と合わせて利用する人も多くいます。”合わせ技”を活用すれば、究極の最高額で売却できますよ。

  • 圧倒的な参加社数!ズバット車買取のメリットは?
  • 全国200社以上の買取業者が参加中!
  • 依頼できる業者数が多いので、本当の最高額がわかる
  • 利用者数、累計100万人以上の実績!もちろん無料

結局、どっちがオススメ?

【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】という2つの一括査定をご紹介しましたが、どちらを利用すべきかわからない人もいると思います。

気軽に車の概算額を知りたい人は【かんたん車査定ガイド】がおすすめです。操作もわかりやすいですし、入力項目も少ないので本当にカンタンですよ。 かんたん車査定ガイド

参加している買取業者数の多さで選ぶなら【ズバット車買取比較】がおすすめ。より多くのお店に査定依頼が届くので、より高い買取額が期待できます。 ズバット車買取比較

一括査定の合わせ技で”究極の最高額”を

さらに言うと、【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】を併用する人も意外とたくさんいます。というのも、一括査定サイトごとに加盟している買取業者がちがうからです。査定してもらう業者数が多いほど、買取額は高くなります。2つの一括査定サイトを合わせて活用することで”究極の最高額”で車を売ることができるわけですね。