車の下取りで自動車税を返還してもらう方法とは?

自動車税の返金 車の税金

車を下取りに出すとき、気になるのが自動車税についてです。

車を持っている人は自動車税を支払う必要があります。

支払う義務があるのは毎年4月1日時点の車の所有者です。

車を下取りに出す、あるいは買い取ってもらうタイミングによっては支払った自動車税がムダになることがあります。

3月末でキレイに手放せればいいのですが、8月あたりに売却すると半年以上の自動車税が損になります。

このような下取りや買取後に自動車税は返金してもらえるのでしょうか?

そもそも自動車税ってなに?

結論からいうと、下取りで自動車税は返金されることはありません。

なぜでしょうか?具体的に見ていきましょう。

さきほど説明したように、自動車税は毎年4月1日時点の車の所有者(車検証で確認できます)に支払い義務が発生します。

同じくらいの時期に「自動車税納付書」が郵送で送られてくるので、それを使って自動車税を払わないといけません。

支払いは5月末が締め切りになっていて、期限が過ぎるとコンビニ支払いができなくなるので銀行の窓口に行く必要があります。

排気量に応じて自動車税は変わってくるので、排気量が多い車はそれだけ自動車税が高くなります。

車の税金はいくら?排気量で変わる自動車税の仕組み

なぜ、自動車税は返ってこないの?

繰り返しになりますが、自動車税は下取りをしても返金されることはありません。

ですから、毎年4月1日を過ぎてしまった時点で、1年分の自動車税は必ず支払う必要があります。

そうなると、途中で車を下取りに出すと損をすることになりますよね?

たとえば5月1日に車を下取りに出した場合、まだ1ヶ月しか車を使っていないことになるので、支払っただけ損になります。

乗ってない車の自動車税を負担するのは、ちょっと納得いかないですよね。

ですから、自動車税のことを考えるなら車を売るタイミングとしては4月に入る前がベストです。

実際、2〜3月は車の下取りや買取りが非常に増える時期でもあります。これは自動車税の支払いも大いに関係しています。

つまり、自動車税が発生するまえに車を手放してしまおうと考える人が多いということです。

車の査定額に自動車税を乗せてトクする方法とは?

ただし、以下で紹介する方法を実践すれば、車を売却する時期を気にする必要はなくなります。

下取りや買取りのときにきちんと対策をすることで、損をすることなく車を売ることができるからです。

その対策とは、下取り額に「すでに支払った自動車税を上乗せしてもらう」という方法です。

コチラは乗りもしない車に自動車税を支払っているわけですから、買い取る側としては「自動車税を支払ってくれて助かった」状態のはずです。

つまり、コチラが買取店の自動車税を「負担してあげている状態」なのです。

ですから、下取り・買取の査定額に、すでにあなたが支払った自動車税の負担分を上乗せをしてもらうのは当然ともいえます。

【無料】まずは愛車の最高額をチェックしてみる

下取りでは必ず自動車税の確認をしよう

下取りでは自動車税に注意

下取りに出すときに、すでに支払ってしまった自動車税を上乗せしてもらうことは可能です。

これが実質的な返還と同じともいえるでしょう。

ただし、注意点があります。それはコチラがディーラーに言わないと、返金(上乗せ)にはならないということです。

たとえば、5月1日に車を下取りに出したとしましょう。

すると、自動車税は11ヶ月分(5月2日〜翌年3月31日)はあなたの支払い損になります。

つまり、この未使用期間の分の自動車税を下取り先に請求しないといけません。

本当であれば下取りしてくれるお店が「自動車税の分は査定額に上乗せしますね」と言ってくれればいいのですが、現実はそんなに甘くありません。

あなたのほうから「自動車税の未使用期間があるので、コチラが負担した分は上乗せしてください」と言わないとわからないからです。

むしろ、わかっていても知らないフリをする業者もいるくらいなので、十分に注意しましょう。

下取りのときは自動車税に注意しよう

自動車税の上乗せ(返金)については、実際のところトラブルが少なくありません。

「自動車税を上乗せしておきますね」
「自動車税の未経過分は返金しますね」

といっておきながら、実際には上乗せされていなかったり、返金がされないことがあるからです。

車買取には少なからず悪質な業者がいます。金銭トラブルにならないためにも、さきほど述べたように契約書にしっかりと記載がされているかを確認しましょう。

車を下取り・買取に出すと、査定項目が書かれた用紙をもらえることがあります。

「どの項目がプラス査定なのか?」「なぜ減額になるのか?」などの説明が書かれている紙です。

もし自動車税の返金分が下取り額に含まれていれば、査定項目にもきちんと記載されているはずです。

ただし、下取り先によっては見積書を用意しないこともあるので、必ず口頭でも「自動車税の分はどうなってますか?」と確認するようにしましょう。

自動車税をしっかり返金してくれる業者に依頼を

自動車税の返金分については、これまで述べたように業者によって扱いが異なります。

まとめると、以下の2つのパターンに分かれます。

  • ・下取り額に自動車税の分を含めてくれる
  • ・あくまでもスルー

さきほども説明したように、自動車税のことまでを考えているオーナーは多くありません。

ですから、下取り先の買取店も決してお客さんに言おうとはしません。なぜなら、そのほうが向こうが得をするからです。

ですから、買取店の人に話をして自動車税についてはしっかりと査定額に含めてもらうように交渉しましょう。

自動車税の計算は面倒ですが、信頼のおける買取業者であれば安心して任せることができます。

繰り返しになりますが、自動車税がきちんと返金されるかは買取店の対応によって異なります。

しっかりと対応してくれるお店をさがすためにも、複数の買取店をくらべるようにしましょう。

自動車税は決して安い費用ではありません。

下取り・買取で損をしないためにも、必ず複数のお店に見積もりを出してもらいましょう。

その際、無料の一括査定を活用すると、インターネット上で査定額の確認ができるのでおすすめです。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
車の税金
シェアする
この記事を書いた人
車谷よしひこ

千葉県在住、1988年生まれの30歳。フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!【くわしいプロフィール】



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト