車を手放してわかったメリット&デメリット【必要な手続きとタイミング】

車を手放してわかったメリット&デメリット【必要な手続きとタイミング】 車の売却・下取り

車を長く乗れば乗るほど、手放すのに勇気がいるものです。特に車が生活に密着していれば、なおさらですよね。

私は今でこそ車に乗っていますが、以前は車を手放して1年ほど生活したことがあります。

車を手放すべきタイミングと必要な手続きを紹介し、車を手放したからこそわかるメリットとデメリットをお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク
\ 愛車が最高額で売れる!! /

車を手放すベストなタイミングは2〜3月

車を手放すベストなタイミングは2〜3月

まず車を手放すことを決めているのであれば、ベストなタイミングは2〜3月であることを覚えておきましょう。

なぜなら、4月1日時点で車を所有していると自動車税が発生してしまうからです。

自動車税がかからないのはいつ?車を売るベストなタイミング
別の車に買い替えたい、あるいは車が不要になって愛車の売却を検討している場合、自動車税の扱いがどうなるのか気になるところで...

自動車税は普通車だと排気量に応じて高くなり、軽自動車は一律10,800円です。

以下は普通車の排気量ごとの自動車税ですが、なかなか負担が大きいことがわかります。

乗用車の自動車税額
排気量税額
1リットル以下29,500円
1リットル超
1.5リットル以下
34,500円
1.5リットル超
2リットル以下
39,500円
2リットル超
2.5リットル以下
45,000円
2.5リットル超
3リットル以下
51,000円
3リットル超
3.5リットル以下
58,000円
3.5リットル超
4リットル以下
66,500円
4リットル超
4.5リットル以下
76,500円
4.5リットル超
6リットル以下
88,000円
6リットル超111,000円

もし車を手放すのであれば、当然ながら自動車税があらたに発生するのは避けるべきですから、遅くとも3月末までのタイミングで手放しましょう。

2月〜3月は引っ越しシーズンで車の売買が活発になるので、高く売れやすいというメリットもあります。

なお、年の途中で売っても月割による自動車税の返金はありません。

車を手放すなら、最高額で売ることを意識しよう

車は最高額で売ろう

あなたがすでに車を手放す決断をしているのであれば、その車を最高額で売ることに意識を向けてください。

なぜなら、車を手放したあとに多くの人が「もっと高く売れたかもしれない…」と後悔するからです。

【圧倒的な後悔】私が車を手放してから後悔した3つのこと。車を売る前に注意して欲しいポイント
車を手放すことで思わぬ後悔の念に襲われることがあります。わたしが車を手放して後悔した3つのエピソードをご紹介します。車を売って悔しい思いをした私の経験を、ぜひお役立てください…。

業者によって車の買取価格には差があり、「A店とB店の査定額を比較したら30万円もの差額があった…」なんてことが日常的に頻繁に起きています(実際、わたしも買取額に38万円もの差がついたことがあります)。

あなたがすべきなのは査定業者の買取額を比較すること。これに尽きます。

車を手放すまえに、必ず複数の買取店に査定してもらって査定額を比較して下さい。

そうしないと30万円以上も損をすることになり、車を手放したことを後悔する結果になりかねません。

無料査定で愛車の最高額をチェックしてみる

車を手放す最大のメリット「余計な維持費がかからなくなる」

こんなに安くなる!車の維持費を節約する6つのメリット

車を手放す勇気が持てない人にとって、車はすごく愛着のあるものであったり、生活に密着しているものだと思います。

しかし、その車を維持していくのに大きな費用負担を強いられているのであれば、考えなおす必要があります。

まずはいま、あなたが車を維持するのにどれくらいの費用がかかっているかを書き出してみましょう。

ここではわたしの例として、車を所有することでかかる1年間の費用を記載してみたいと思います。

  • 駐車場代:12,000円 × 12ヶ月
  • ガソリン代:6,000円 × 12ヶ月
  • 保険代:78,000円(年)
  • 自動車税:45,000円(年)
  • 車検代:120,000円
  • 合計金額:45万9,000円

駐車場代は車を持つことで大きな負担に

駐車場代は住む場所によって大きく費用に差が生まれますが、車の維持費用を考える上で大きな負担となります。

わたしが以前住んでいたのは東京都中野区の住宅街でしたが、駐車場代に毎月12,000円の費用がかかっていました。

車を手放せば、単純計算で年間で24万円もの費用が節約できます。

東京都内の車の維持費が高い理由は?車を手放すと得られる6つのメリット
東京都内は車の維持費が高いので、手放したほうが良いと言われています。これは私の経験からも言えることですが、都内の車の維持費は高いです。何の費用がどれくらい高いのか、くわしく解説します。

また、車に乗るということはコインパーキングなどの駐車スペースを使う機会も増えます。そこで発生する駐車料金も負担になることを理解しておきましょう。

特に、都市部に住んでいる人は買い物のたびに駐車場がかかることが多いですから、毎月どれくらいお金がかかっているか計算してみるといいかもしれません。

車を手放しても、車が必要なときにだけカーシェアリングを使う方法もあるので、維持費をカットしても大きな不便を感じることはなくなると思います。

マイカーなんていらない?カーシェアリングのメリット・デメリット
マイカーを手放してカーシェアリングに切り替えるかどうかで、悩んでいる方も多いことでしょう。 そこで、カーシェアリン...

自動車税は排気量に応じて高くなる

わたしが乗っていた車は馬力がやや高かったこともあり、自動車税が年間45,000円と大きな負担でした。

排気量が少ない車や、軽自動車であっても1年間にかかる自動車税は確実に発生します。

たとえ税金が安いと言われている軽自動車でも、現在は年間で10,800円の税金を支払う必要があるので決して馬鹿にできません。

自動車税は1年に1度必ず発生しますから、車を手放すことで家計の負担を軽減できるはずです。

【車の税金はいくら?】排気量や重量で変わる自動車税の仕組み
車を持っていると税金を避けることはできません。排気量によって税金が変わる「自動車税」の仕組みについて解説。実際にあなたの車の自動車税がいくらになるのか計算する方法もご紹介します。

車検代は毎回10万円の出費が必要

車検代を1年分に換算したとして、12ヶ月分で割ると1ヶ月あたり17,500円の負担になります。

さらに、車の消耗部品(タイヤ、バッテリー、エンジンオイルなど)を交換するとさらなる費用が発生します。

【維持費がこんなに違う】普通車と軽自動車の車検代&税金の差を比較してみた
普通車と軽自動車では維持費に大きな差があります。車検、保険料、税金にどれくらい差があるのか?普通車と軽自動車の維持費の違いを比較して解説します。

普段なにげなく乗っていると気づきませんが、こうして計算するだけでいかに車が生活の負担になっているかがわかります。

ちなみに、わたしが乗っていたのはVW・ゴルフでしたが、排気量が多い車種や高級車だと車検代もさらに高くなるのでもっと費用負担が大きくなります。

ここまで計算した車の維持費はトータルで1年間45万9,000円です。車を手放すことでこれだけの費用を節約することができます。

車を手放すかどうか、維持費を見て判断しよう

車を手放す最大のメリット「余計な維持費がかからなくなる」

車の維持費にかかるお金から考える、車を持つことのデメリットを見てきました。

お金がかかることは事実ですが、とはいえ、車はそれに見合うだけの利便性もあるのも事実。

「今の生活に本当に車は必要だろうか?手放すべきなのだろうか?」

1度でいいので自問自答してみる価値は十分にあると思います。

車にかかる費用負担が大きいと、生活のほかのところに支障が出てくる可能性があります。

毎月の車の維持にかかる費用を計算してみることで、車を手放す勇気は確固たるものに変わるはずです。

まずはあなたも維持費を計算してみませんか。

もし車を手放したほうが良さそうであれば、インターネットの無料一括査定であなたの車の最高額をチェックしてみることをおすすめします。

【無料】まずは愛車の最高額をチェックしてみる

まとまったお金が手に入るメリットはやはり大きい

まとまったお金が手に入るメリットはやはり大きい

身の回りのモノを売っても、まとまったお金を手に入れることはむずかしいですよね。

でも、車を売れば数十万円〜数百万円のお金が手元に入ってきます。

なにか大きな出費が控えているのであれば、車を手放して資金にすることが可能です。

私の場合、車を売ったときはソッキン王という業者を利用しました。名前はかなり怪しいですが(笑)、査定額もそこそこ高く、代金の入金もスピーディでした。

【実際に車を売ってみた感想】ソッキン王の口コミ・評判を正直にレビュー
車買取査定の「ソッキン王」で車を売ったので、感想をご紹介します。結論からいうと、ソッキン王はおすすめです。ソッキン王で車を売った体験談と、ネットの口コミ評判をまとめてみました。

車を手放して現金を早めに用意したいという人は、車を売ってからの入金スピードにもこだわったほうが良いかも知れません。

無料査定で愛車の最高額をチェックしてみる

車を手放す最大のデメリットは「喪失感」

車を売ったときの喪失感

ここまで車を手放すメリットを見てきましたが、もちろん良いことばかりではありません。

当然ながら、車を手放すと以下のようなデメリットを覚悟する必要があります。

いろいろありますが、個人的に感じた大きなデメリットは喪失感でしたね。

  • ・車という移動手段が無くなる
  • ・車を運転する楽しみが無くなる
  • ・愛着のある車を手放す寂しさ

車という移動手段が無くなる

言うまでもなく、車を手放せば移動手段が失われます

もし車がないと生活がむずかしい環境(電車やバスなどの交通網が発達してないエリア)だと、かなり不便が強いられるかもしれません。

車を手放すまえに、通勤や通学、休日の外出などに使う交通手段を必ず確認しておきましょう。

最近はマイカーシェアなどのカーシェアリングも広まってきているので、必要なときだけ車を借りるという手段も検討する価値があるかもしれません。

カーシェアリングで車の維持費を月10万円節約する方法
カーシェアリングを利用すれば、マイカーを所有するよりもお得になるケースが多いと言われています。 そこで、実際のとこ...

車を運転する楽しみが無くなる

これは車が好きな人にあてはまることですが、やはり車を運転する楽しみが失われるのは大きなデメリットです。

休日の晴れた日にドライブする気持ちよさ、海沿いを走る快感などは車がないと味わえません。

車を手放さないと実感できないことですが、喪失感が大きくなる可能性があるでしょう。

私はVWゴルフを手放したとき、かなり寂しくて辛かったです…。

手放してから後悔しないように、車の楽しさをあらためて認識しておきたいところです。

車の買い替えは寂しい…!車の売却で後悔した3つのこと
車を売るのは寂しいですよね。私が車を売却して寂しいと感じる瞬間ベスト3にしてみました。車を売ると、後悔することも多いんですよね。ぜひ共感してもらえると嬉しいです。

愛着のある車を手放す寂しさ

車は家族の一員というのは大げさかもしれませんが、それくらい愛着がある車を手放すと寂しさは大きいはずです。

いままで乗ってきた車との思い出などを振り返って、どうしても手放せないと判断する人も少なくありません。

「現実と理想のどちらを優先するか」という問題になりますが、自分にとって車がどんな存在なのかをよく考える必要があるでしょう。

【手放せない人へ】愛着ある車を買い替える前に知っておきたい4つのポイント
愛着がある車を手放したくない気持ち、よくわかります。僕も大事な車を売却して後悔したことがあるんです。なので、愛着のある車を売るときの注意点を、実体験をもとに解説します。

車を手放すときに必要な手続きを見てみよう

車を手放すときの手続き

ザッと維持費を考えてみて、どれくらいのかかるでしょうか?そして、メリットとデメリットどちらが大きいでしょうか?

もし手放すメリットのほうが大きいのであれば、以下で紹介する3つの方法で車を手放しましょう。

方法によっては手続きが面倒だったり、反対にカンタンな手続きで済む場合もあります。

  • ① 個人売買で売る
  • ② ディーラーの下取り
  • ③ 中古車買い取り店に売る

これら3つの方法が一般的です。
以下でそれぞれの長所と短所を見ていきましょう。

個人売買は高く売れる可能性大。時間と手間、リスクも大きい

個人売買のメリット

あまり知られていませんが、車を手放すときに個人売買をする人は少なくありません。

車の個人売買には以下のようなメリットがあります。

  • ・車を高く売れる可能性がある
  • ・消費税がかからない
  • ・カスタム車(改造車)が評価されることも

わざわざ面倒な個人売買をなぜ選ぶのか?その最大の理由は、車が高く売れるからです。

個人売買なら中間業者が不要なので、そのぶんの費用を自分たちのモノにできます。

ただし、多くの人は個人売買でのトラブルを心配されるかと思います。

また、自分ですべての手続をする必要があるため、時間と手間がかかるのも気になるところです。

そして、個人売買はトラブルが少なくありません。

もし個人売買で車を手放すのであれば、手続きを事前に調べ、しっかりとした準備をしておきましょう。

【危険と面倒を覚悟しよう】車の個人売買で注意すべき3つのポイント
車の個人売買は高く売ったり、安く買えるメリットがあります。しかし、面倒な手続きや金銭トラブルが起きる危険性も。個人売買をするうえでの注意点をわかりやすく解説!

定番のディーラー下取りは良し悪しある

ディーラー下取りは良し悪し

つぎは「下取り」についてです。

下取りとは、車を買うときに新しい車と引き換えに、いま乗っている車を売ることを言います。

つまり、いま乗っている車を買い替えの費用から割り引くようなイメージですね。

ディーラーや中古車販売店の下取りには以下のような特徴があります。

  • ・手放す手続きと購入手続きを一緒にできるのでラク
  • ・次のスムーズに車を安く購入できる
  • ・買取に比べると、査定額は大きく下がる可能性がある

下取りの最大のメリットはなんといっても、手続きの手間を省くことができること。
なぜなら、名義変更等の手続きはすべて販売店が代行してくれるからです。

次の車を探しながら、いまの愛車の価格についても相談できるので、効率的ですね。

ただし、下取りは査定額が低くなりやすいのも事実。やはり1社だけの査定では、本来の価値よりも低い買取額になりやすいのです。

なぜ安い?ディーラーの車買取価格が低い3つの理由
次の新車に乗り換えるときに、多くの人が痛感することになるのがディーラーの下取り(買取り)の安さです。 どれだけキレ...

安く買い叩かれるリスクと隣りあわせ?

下取りは一括査定の買取に比べると確実に査定額は低くなります

それもそのはず。下取りということは1社のみに見積もりを出してもらうことになるので、愛車の本当の相場がわかりません。

あまり考えたくはないですが、安く買い叩かれるリスクは常につきまといます。

下取りのメリットとデメリットがあるので、手放すまでにしっかり理解しておきましょう。

中古車買取店による査定は高く売れるメリット大

中古車買取店

車を手放すもう1つの手放す方法は「車買い取り業者による査定」です。

査定とは文字通り、買取業者に買い取ってもらうというやり方です。

買取査定には以下のような特徴があります。

  • ・複数の業者に依頼できるので、愛車の相場がわかる
  • ・ただし、買取店への持ち込みは買い叩かれる可能性あり
  • ・下取りに比べると、手続きなどに手間がかかる

買取査定の最大のメリットは、いろんな業者に車の査定をしてもらえることにあります。

下取りのときにもふれたように、1社だけの査定ではどうしても愛車の相場がわかりません。複数の業者に査定を依頼すれば、高く見積もってもらえる可能性が高くなります。

買取店への持ち込みには要注意

しかし、ここで注意が必要なのは「買取店への持ち込み」です。

もし一括査定などをしないで、いわゆる近所の中古車屋に車を持ち込んだ場合どうなるでしょうか?

この場合、下取りと同じで1社のみで査定が終わってしまいます。これでは愛車の相場もわからずに買い叩かれて損をするだけになるので、避けるべきです。

もし、車を手放して売却する決断をしたのであれば、やはりオススメしたいのは一括査定です。

複数の業者に見積もりを依頼する手間を省くことができるので、車をスムーズに手放すことが可能になります。

また、車を手放すときに必要な手続きも買取店がすべてやってくれるので安心ですよ。

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「かんたん車査定ガイド」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 愛車が最高額で売れる!! /

一括査定で比較できる車買取業者

  • 【 かんたん車査定ガイドって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、かんたん車査定ガイドを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

車の売却・下取り
この記事を書いた人

フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。毎分毎秒、車のことを考えてる車好き。現在の愛車はボルボ・V60です。憧れの車種はランドローバー「ディフェンダー」。単純に車が好きなので、”深すぎない”記事にこだわっています。1988年生まれ。千葉県在住。【くわしいプロフィール】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。



車好きのカレッジ Carlegde!! ”深すぎない”車のニュースサイト