車の寿命と走行距離の限界ってどれくらい?

車の走行距離の限界

車に寿命があるとしたら、いったいどれくらいの走行距離が限界なのでしょうか?

車を買い替える1つの目安となる走行距離については、さまざまな意見があります。

「なにを基準に車を買い替えたらいい?」
「いまの車をこのまま乗り続けるか悩んでいる」

そんな方に知っておいてもらいたい、車の限界と走行距離について解説します。

一般的な車の走行距離は何万キロ?

車の限界はほとんどが走行距離によって決まってきます。

日本の中古車買取市場では一般的に車の走行距離「10万キロ」を超えると車は限界となり、価値はゼロに等しくなります。

多くの車買取店や下取りでも、値段がつかない車として扱われます。

また、中古車市場では「1年=1万キロ」というのが1つの目安です。

つまり、たとえば「5年乗って3万キロ」ならまだまだ乗れる車ですが、「3年乗って5万キロ」となると”走行距離が多い車”と認識されます。

もし車の買い替えを考えているのであれば、10万キロを超える前に新しい車を見つけるというのが賢い選択といえるでしょう。

いくらで売れる?愛車の最高額をチェックしてみる

走行距離が少なければいいわけではない?

車の寿命は走行距離だけでない

車の走行距離が少なければ、そのぶんだけ中古車市場では高く評価される傾向があります。

しかし、運転する環境によっては走行距離の少なさが車の不調を引き起こすことも考えられます。

たとえば、雪が降る地域。外気温が低い場所でエンジンをかける頻度が少ないと車のダメージは大きくなります。走行距離が少ないから寿命が長い、とは言えません。

また、「1年=1万キロ」のペースで車を運転していた場合でも、その運転の仕方によって車の状態は変わってきます

運転の仕方で車の寿命は大きく変わってくる

車の乗り方は人それぞれです。どんな目的で車を使うかによって、運転の仕方や「1回ごとの走行距離」もちがってきます。

たとえば、同じ「1年=1万キロ」であっても、乗り方によって2つのケースに分けることができます。

  • ・土日だけの運転で長距離移動がメイン
  • ・近所のスーパーへの運転がメイン

長距離運転が多い車は負担が少ない

車のエンジンは1回の運転でなるべく長距離乗ったほうが負担が少ないと言われています。

また、1回あたりに短い距離を走るよりも長い距離を走った方が平均して燃費が良くなります。

ですから、同じ走行距離の車が2台あった場合、長距離走行の多い車のほうがエンジンなどの状態は良好である可能性が高いでしょう。

走行距離が多くても、1回あたりの運転で乗る距離が長い場合は寿命が長くなるわけですね。

短い距離でエンジンの始動・停止が多いと寿命は短くなる

車の好調・不調を決めるのは、なんといってもエンジンです。

エンジンが冷たいままスタートし、完全に温まる前にエンジンを停止する。これはエンジンにとって良くないため、車の寿命が短くなります。

近所のスーパーに車で買い物に行くのは、じつは車にとって良くありません。

車の寿命を伸ばすためには、短距離運転を減らすこと

運転の仕方、さらにいえば1回あたりの運転で走る距離によって、車の寿命は変わってきます。

車を使った近距離の移動はなるべく避けること、そして日頃からのメンテンナスをすることが肝心です。

こうした意識を持てば、車を長く乗ることができます。また、手放すときの車の査定額が高くなり、買い替えはよりお得なものになります。

いくらで売れる?愛車の最高額をチェックしてみる

車がそろそろ寿命かな?と疑うべきタイミング

車がそろそろ寿命かな?と疑うべきタイミング

走行距離は車の限界を知るための目安になりますが、それ以外にも車の寿命を考えるキッカケはあります。

  • ・車検代が高くなった
  • ・車が動かなくなった
  • ・部品交換や修理代が高くつくようになった
  • ・燃費が悪い
  • ・エアコンをかけると異音がする
  • ・ブレーキの効きが悪くなる
  • ・ちがう車が欲しくなる

車検を前にして、寿命を意識する人が多い

車の寿命や限界について考える大きなキッカケとなるのが「車検」です。

車を長く乗っていると「これだけの費用をかけて車検に出すのはもったいないのでは?」と考えるようになります。

車に異常がなければ、2年に1回の車検は最低限の料金で済みます。しかし、不具合が生じればその分だけ車検代も高くなります

なぜなら、エンジンに不調があれば修理代は高額になりますし、ブレーキやエンジンの修理代もバカにならないからです。

こうしたことをキッカケにして車に「限界」を感じたり、買い替えを意識する人は非常に多いです。

ただし、本当に限界を迎えているかどうかは、きちんと整備士に確認を取るようにしましょう。

車の修理代が高くなったとき

新車で買った頃は異変を感じなかったものの、長年乗ることで不調は必ず起きてきます。

その中でもブレーキの不調や、エアコンの効きが悪くなったりといった場面に出くわすと買い替えを考えるタイミングです。

調子が悪いだけならいいのですが、修理が必要になると費用がかかります。

「たとえ直したとしても、また壊れてしまうのでは?」と考えるようになったら、買い替えどきでしょう。

実際、修理代が高くつくようであれば車は寿命の限界が来ている可能性が高いです。

車の修理が必要になるタイミングは車種や使用状態もよりますが、走行距離が3万キロを超えたあたりで一度点検を受けることをおすすめします。

新しい車が欲しいと感じたとき

車の不具合や修理費の負担ではなく、純粋に「新しい車が欲しい」と感じるようになることも買い替えシグナルになります。

事実、あるアンケート調査では約3割の人が車を買い替えた理由について「いまの車に飽きてしまい、新しい車が欲しくなったから」と回答しています。

長く乗ることで愛着が湧いてくる人もいれば、反対に薄れていく人もいます。
そのまま無理に乗り続けて車の寿命を迎えてしまう前に、思い切って買い替えるというのも必要な判断なのかもしれません。

車は走行距離が短いほど査定額も高くなりますから、どこかのタイミングで必ず査定を受けてみるべきです。

いくらで売れる?愛車の最高額をチェックしてみる

結局、なにを持って限界と判断するべき?

買い替えの判断

これまでの説明のとおり、車の寿命を判断する基準は1つではありません。
なにをもって限界とするかは、車に乗る人それぞれの目安があるからです。

もし車を少しでもお得に乗り換えたいと考えるのであれば、以下の3つのポイントを意識しましょう。

  • ・次の車に乗り換えるなら走行距離が「1年=1万キロ」を超えないこと
  • ・運転の仕方やメンテナンスで車の価値が大きく変わる
  • ・買い替えたいときが「買い替えどき」である

走行距離が「1年=1万キロ」を超えないこと

さきほど説明したように、車の走行距離は「1年=1万キロ」が1つの目安となります。

これを超えると中古車としての査定額が低くなる傾向があるため注意が必要です。

とはいえ、走行距離を無理に少なくしようとするのはストレスが溜まりますし、なにより生活が不便になります。

車ではなく徒歩や電車で移動できるのであれば車は使わないなど、できる範囲で工夫するようにしましょう。

運転の仕方やメンテナンスで車の価値が大きく変わる

いわゆる「エコ運転」と言われますが、車の運転の仕方次第で車の寿命は大きく変わってきます。

たとえ走行距離が多くても、車に負担のかかる運転をしなければ寿命は長くなるでしょう。

さらにいえば、エコ運転をすることで燃料費の節約にもなるなど、良いことづくめです。
今スグできる!ガソリン代を簡単に節約する4つの方法

また、エンジンオイルをこまめに交換することで車の寿命は長くなります(5,000km or 半年が交換目安)。

買い替えたいときが「買い替えどき」である

愛着のない車を無理に長く乗り続けることは、車にとってもあなたにとっても良いことはありません。

すでに愛着がない車だと、運転や扱いが雑になりますし、乗っていても楽しくないですよね。

思い切って手放して、次の人に愛車を委ねる気持ちを持ったほうが、充実したカーライフを送れるはずです。

もし今の車が限界だと感じたらどうすればいい?

もし今の車が限界だと感じたらどうすればいい?

少しでも「車を買い替えたい」と感じた瞬間、それはすでに「車の限界」が来ていると考えるべきでしょう。

いまの車に愛着がないまま乗り続けるとメンテナンスにも気持ちが入りませんし、それは将来的に損をする可能性もはらんでいます。

車を手放すときに考えられる方法は大きく分けて3つあります。

  • 1. ディーラーの下取りに出す
  • 2. 廃車にする
  • 3. 中古車買取店による買取

ディーラーの下取りに出す

おそらく買い替えを検討している人にとってもっとも身近なのが下取りではないでしょうか。
新車を買うときに、一緒に車の下取り価格も出してもらえるので手間がかからないのは大きなメリットです。

デメリットは見積額が相場よりも20%〜30%低くなること。1社のみの査定ですので、仕方がありません。

走行距離の限界を感じていても、下取りのみで決めるのは避けるべきです。

廃車にする

車に寿命が来ているのであれば、廃車を検討する方も多いでしょう。
「壊れたから廃車」と考えるのは自然ですが、リサイクル料金がかかるのでトータルではマイナスになります。

廃車同然と思われていても、買取専門店の中には数万円で見積りを出してくれることがあります。
処分に費用をかける前に、1度見積りを出してもらう価値は十分にあるでしょう。

廃車にするまでの走行距離の目安ってどれくらい?

中古車買取店による買取

3つの方法の中では最も高く買い取ってもらう事ができます。

下取りでは出来ない「複数業者による見積り」が可能で、買取額を競わせることができます。

そのため、買い替えでお得なのは間違いなく「買取」です。

特に走行距離が多い車は高く買い取ってくれる買取店を見つけることが重要になりますから、非常に効果的です。

いくらで売れる?愛車の最高額をチェックしてみる

愛車の査定額を知るだけで、リスクは減らせる

愛車の査定額を知るだけで、リスクは減らせる

このまま限界まで乗り続けるべきか。あるいは、いますぐ買い替えるべきか。

これは多くの人にとって悩むポイントでしょう。

その答えのキーポイントとなるのが、いま乗っている車の価値です。

もし高く売れるのであれば、すぐに売るべきかもしれません。そうすれば、次の車の購入費用を減らせますよね。

愛車にどれくらいの価値があるのかを知ることができれば、このまま寿命まで乗り続けるか、すぐ買い替えるかは変わってくるはずです。

まずは複数社からいまの車の見積り額を出してもらいましょう。そうすれば、車の寿命に合わせた結論が出せるはずです。

早めに準備しておけば、次の買い替えで損をすることもなくなります。

インターネットの無料一括査定は、その場で愛車の見積もり額が表示されます。面倒な手続きや勧誘が一切ないので、手軽に試せて便利ですよ。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。その場で査定額が表示されるので、あなたの車の最高額がいまスグわかりますよ。

査定トップ1

自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドは最短45秒のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえて、愛車の最高額が無料ですぐにわかります。査定額がその場で表示されるのはかなり助かりますね。

  • 人気No.1!! かんたん車査定ガイドが選ばれる理由
  • わずか45秒、たった9項目に入力するだけで査定完了
  • あなたの愛車の概算価格がその場で表示される
  • もちろん無料。最大10社から最高額を選ぶだけ!

全国200社以上が参加中!最高額で売れる

見積もりに参加する業者数が多いほど、車の査定額は高くなります。お店ごとに査定基準もちがうため、「こんなに高く売れるの?」ということがよく起こるのです。

全国200社以上が参加する「ズバット車買取比較」は有名買取店から地元密着型のお店まで幅広い車のジャンルや車種に対応しています。本気で車を高く売りたい人にオススメです。

ズバット買取査定比較

最大で50万円以上高く売ることも十分に可能です。わずか1分、少ない項目に入力するだけで、あなたの愛車を最高額で買い取ってくれるお店がスグにわかります。

すべて無料で使えるので【かんたん車査定ガイド + ズバット車買取比較】と合わせて利用する人も多くいます。”合わせ技”を活用すれば、究極の最高額で売却できますよ。

  • 圧倒的な参加社数!ズバット車買取のメリットは?
  • 全国200社以上の買取業者が参加中!
  • 依頼できる業者数が多いので、本当の最高額がわかる
  • 利用者数、累計100万人以上の実績!もちろん無料

結局、どっちがオススメ?

【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】という2つの一括査定をご紹介しましたが、どちらを利用すべきかわからない人もいると思います。

気軽に車の概算額を知りたい人は【かんたん車査定ガイド】がおすすめです。操作もわかりやすいですし、入力項目も少ないので本当にカンタンですよ。 かんたん車査定ガイド

参加している買取業者数の多さで選ぶなら【ズバット車買取比較】がおすすめ。より多くのお店に査定依頼が届くので、より高い買取額が期待できます。 ズバット車買取比較

一括査定の合わせ技で”究極の最高額”を

さらに言うと、【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】を併用する人も意外とたくさんいます。というのも、一括査定サイトごとに加盟している買取業者がちがうからです。査定してもらう業者数が多いほど、買取額は高くなります。2つの一括査定サイトを合わせて活用することで”究極の最高額”で車を売ることができるわけですね。