車のローンに保証人は必要?不要?

車のローン保証人は必要か不要か

車を購入するときには、ローンを組むことがほとんどです。
現金一括で支払うことができればいいですが、分割で支払えるのであれば利用したほうが賢明ですよね。

しかし、ローンを組むということは「お金を借りること」でもあります。
そのときに保証人は必要になるのでしょうか?

車のローンで保証人が必要な場合とは?

ローンを組める状態というのは、契約する人の「信用が認められた」ということでもあります。
つまり、ローン会社の審査がおりて「この人にならお金を貸しても大丈夫そう」という状態ですね。

しかし、場合によっては保証人がなくてはローンを組めないことがあります。
車のローンで保証人が必要なケースは以下のとおりです。

  • ・未成年者の契約
  • ・アルバイトやパート
  • ・勤続年数が1年未満の人
  • ・収入にくらべて借り入れ額が大きい

未成年者の契約

そもそも未成年の判断だけでなんらかの契約をむすぶことは法律で認められていません。
その理由は、判断力が備わっていないからです。

ですからローン会社としても未成年がローンを組むときには、保証人が必要になります。

アルバイト・パートの人の契約

ローンを組む場合、収入による審査があります。
アルバイト・パートは一般的には安定しているとは認知されていません。

そのため、車のローン契約時には保証人が必要となります。

勤続年数が1年未満の人

これは車のローン会社の判断によって分かれますが、勤続年数が少ないと審査がおりにくい場合があります。

正社員として働いていても、働いている年数が少ないとまだ安定しているとは言えないからです。
そのため、勤続年数が少ないと保証人が必要となることがあります。

収入にくらべて借り入れが多い人の契約

収入は十分あるものの、借りているお金が多いと審査がとおりにくくなります。

借金の常習性があるのか、本当にローンは返せるのかといった疑念が浮かんでしまうからです。
いくら収入があっても、他社からの借り入れが多い場合には保証人が必要となります。

こういった人が車のローンを組もうとすると、保証人を求められることがあります。
お金を貸す側としては、返済が滞るリスクあるので万が一に備えて保証人を設定しようとするのです。

ちなみに、保証人を求められた時点であなたのローン審査は完了しています、
保証人さえ設定できれば車のローンが組める状態になっているということです。

保証人を不要にするためには、本人の属性を信頼に足るものにするか、借り入れ額を減らす必要があります。

誰に保証人になってもらえばいい?

もし車のローンで保証人が必要になった場合、誰に保証人を頼めばいいのでしょうか?

もっとも一般的なのは親族です。
とくに父親・母親・配偶者・兄弟姉妹・親族などが当てはまるでしょう。

それ以外では、3親等以内の親族というのも検討しましょう。

身内に頼れる人がいない場合には、他人でも問題ありません。
たとえば職場の上司、同僚、学生時代の友人や恋人でも条件さえクリアすれば保証人になることができます。

ただし、保証人を依頼するのは慎重になりましょう。
どんな理由であれ、保証人を依頼するのは自分の経済状態が良くないと言っているようなものです。

きちんと信頼関係が築けている人の保証人を依頼しましょう。

車のローン返済が滞ったらどうなる?

車のローンを無事に組むことができても、返済が滞る可能性はゼロではありません。
急な出費が発生すると、返済にあてる資金がなくなることもあるからです。

そうなると、連帯保証人に対して請求がいく可能性があります。

どんな理由であれば、これだけは避けたいところです。
いくら信頼関係がある人であっても、自分のところに返済の請求が来れば信用がなくなります。

ですから車のローンを組む場合には、保証人が不要になるような属性・収入の状態になってからのほうが良いといえます。

また、購入する車のグレードを落とすなどして、車のローン借り入れ額を少なくするというのも1つの方法です。

車のローンは最初に頭金をたくさん用意できれば、審査に通りやすくなります。

車の買い替えでローンを減らす方法とは?

車のローンを組むときに、頭金を多く用意できれば返済負担を減らすことができます。

また、ローンを組む金額も少なくなるので、場合によっては保証人なしで車のローンを契約できる可能性も。

ですから、最初にまとまったお金を用意することが車のローンを組むときのポイントです。

では、いったいどうやってまとまったお金を用意するか?それが問題ですよね。

もっとも確実な方法は、いま乗っている車を高く売ることです。

車の買い替えであれば、いま乗っている車を高く売って購入資金に充てることを検討しましょう。

いまの車が高く売れれば、車の購入予算もアップして、ローンを組みやすくなります。

そのためには少しでも高く買い取ってくれる買取店に売却をすることが重要です。

まずは一括査定を活用して車を高く売却し、車のローン負担を軽減したいですね。

無料で出張査定を受けることもできるので、まずは気軽に見積もりを出してみましょう。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。その場で査定額が表示されるので、あなたの車の最高額がいまスグわかりますよ。

査定トップ1

自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドは最短45秒のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえて、愛車の最高額が無料ですぐにわかります。査定額がその場で表示されるのはかなり助かりますね。

  • 人気No.1!! かんたん車査定ガイドが選ばれる理由
  • わずか45秒、たった9項目に入力するだけで査定完了
  • あなたの愛車の概算価格がその場で表示される
  • もちろん無料。最大10社から最高額を選ぶだけ!

全国200社以上が参加中!最高額で売れる

見積もりに参加する業者数が多いほど、車の査定額は高くなります。お店ごとに査定基準もちがうため、「こんなに高く売れるの?」ということがよく起こるのです。

全国200社以上が参加する「ズバット車買取比較」は有名買取店から地元密着型のお店まで幅広い車のジャンルや車種に対応しています。本気で車を高く売りたい人にオススメです。

ズバット買取査定比較

最大で50万円以上高く売ることも十分に可能です。わずか1分、少ない項目に入力するだけで、あなたの愛車を最高額で買い取ってくれるお店がスグにわかります。

すべて無料で使えるので【かんたん車査定ガイド + ズバット車買取比較】と合わせて利用する人も多くいます。”合わせ技”を活用すれば、究極の最高額で売却できますよ。

  • 圧倒的な参加社数!ズバット車買取のメリットは?
  • 全国200社以上の買取業者が参加中!
  • 依頼できる業者数が多いので、本当の最高額がわかる
  • 利用者数、累計100万人以上の実績!もちろん無料

結局、どっちがオススメ?

【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】という2つの一括査定をご紹介しましたが、どちらを利用すべきかわからない人もいると思います。

気軽に車の概算額を知りたい人は【かんたん車査定ガイド】がおすすめです。操作もわかりやすいですし、入力項目も少ないので本当にカンタンですよ。 かんたん車査定ガイド

参加している買取業者数の多さで選ぶなら【ズバット車買取比較】がおすすめ。より多くのお店に査定依頼が届くので、より高い買取額が期待できます。 ズバット車買取比較

一括査定の合わせ技で”究極の最高額”を

さらに言うと、【かんたん車査定ガイド】と【ズバット車買取比較】を併用する人も意外とたくさんいます。というのも、一括査定サイトごとに加盟している買取業者がちがうからです。査定してもらう業者数が多いほど、買取額は高くなります。2つの一括査定サイトを合わせて活用することで”究極の最高額”で車を売ることができるわけですね。