車のローンに保証人は必要?不要?

車のローン保証人は必要か不要か 自動車ローン

車を購入するときには、ローンを組むことがほとんどです。
現金一括で支払うことができればいいですが、分割で支払えるのであれば利用したほうが賢明ですよね。

しかし、ローンを組むということは「お金を借りること」でもあります。
そのときに保証人は必要になるのでしょうか?

車のローンで保証人が必要な場合とは?

ローンを組める状態というのは、契約する人の「信用が認められた」ということでもあります。
つまり、ローン会社の審査がおりて「この人にならお金を貸しても大丈夫そう」という状態ですね。

しかし、場合によっては保証人がなくてはローンを組めないことがあります。
車のローンで保証人が必要なケースは以下のとおりです。

  • ・未成年者の契約
  • ・アルバイトやパート
  • ・勤続年数が1年未満の人
  • ・収入にくらべて借り入れ額が大きい

未成年者の契約

そもそも未成年の判断だけでなんらかの契約をむすぶことは法律で認められていません。
その理由は、判断力が備わっていないからです。

ですからローン会社としても未成年がローンを組むときには、保証人が必要になります。

アルバイト・パートの人の契約

ローンを組む場合、収入による審査があります。
アルバイト・パートは一般的には安定しているとは認知されていません。

そのため、車のローン契約時には保証人が必要となります。

勤続年数が1年未満の人

これは車のローン会社の判断によって分かれますが、勤続年数が少ないと審査がおりにくい場合があります。

正社員として働いていても、働いている年数が少ないとまだ安定しているとは言えないからです。
そのため、勤続年数が少ないと保証人が必要となることがあります。

収入にくらべて借り入れが多い人の契約

収入は十分あるものの、借りているお金が多いと審査がとおりにくくなります。

借金の常習性があるのか、本当にローンは返せるのかといった疑念が浮かんでしまうからです。
いくら収入があっても、他社からの借り入れが多い場合には保証人が必要となります。

こういった人が車のローンを組もうとすると、保証人を求められることがあります。
お金を貸す側としては、返済が滞るリスクあるので万が一に備えて保証人を設定しようとするのです。

ちなみに、保証人を求められた時点であなたのローン審査は完了しています、
保証人さえ設定できれば車のローンが組める状態になっているということです。

保証人を不要にするためには、本人の属性を信頼に足るものにするか、借り入れ額を減らす必要があります。

誰に保証人になってもらえばいい?

もし車のローンで保証人が必要になった場合、誰に保証人を頼めばいいのでしょうか?

もっとも一般的なのは親族です。
とくに父親・母親・配偶者・兄弟姉妹・親族などが当てはまるでしょう。

それ以外では、3親等以内の親族というのも検討しましょう。

身内に頼れる人がいない場合には、他人でも問題ありません。
たとえば職場の上司、同僚、学生時代の友人や恋人でも条件さえクリアすれば保証人になることができます。

ただし、保証人を依頼するのは慎重になりましょう。
どんな理由であれ、保証人を依頼するのは自分の経済状態が良くないと言っているようなものです。

きちんと信頼関係が築けている人の保証人を依頼しましょう。

車のローン返済が滞ったらどうなる?

車のローンを無事に組むことができても、返済が滞る可能性はゼロではありません。
急な出費が発生すると、返済にあてる資金がなくなることもあるからです。

そうなると、連帯保証人に対して請求がいく可能性があります。

どんな理由であれば、これだけは避けたいところです。
いくら信頼関係がある人であっても、自分のところに返済の請求が来れば信用がなくなります。

ですから車のローンを組む場合には、保証人が不要になるような属性・収入の状態になってからのほうが良いといえます。

また、購入する車のグレードを落とすなどして、車のローン借り入れ額を少なくするというのも1つの方法です。

車のローンは最初に頭金をたくさん用意できれば、審査に通りやすくなります。

車の買い替えでローンを減らす方法とは?

車のローンを組むときに、頭金を多く用意できれば返済負担を減らすことができます。

また、ローンを組む金額も少なくなるので、場合によっては保証人なしで車のローンを契約できる可能性も。

ですから、最初にまとまったお金を用意することが車のローンを組むときのポイントです。

では、いったいどうやってまとまったお金を用意するか?それが問題ですよね。

もっとも確実な方法は、いま乗っている車を高く売ることです。

車の買い替えであれば、いま乗っている車を高く売って購入資金に充てることを検討しましょう。

いまの車が高く売れれば、車の購入予算もアップして、ローンを組みやすくなります。

そのためには少しでも高く買い取ってくれる買取店に売却をすることが重要です。

まずは一括査定を活用して車を高く売却し、車のローン負担を軽減したいですね。

無料で出張査定を受けることもできるので、まずは気軽に見積もりを出してみましょう。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
自動車ローン
シェアする
この記事を書いた人
車谷よしひこ

千葉県在住、1988年生まれの30歳。フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!【くわしいプロフィール】



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト