車を高く売るなら【お得な車買取査定ナビ】

車の維持費が払えないときのベストな選択とは?

車の維持費が払えない

車に乗っていると、さまざまな費用が発生します。
最初は支払えるつもりでいたけど、維持費に負担を感じるようになる人は少なくありません。

もし車の維持費を払えない場合はどのように対処すべきでしょうか?
車の維持費をあらためて確認し、今後取るべき選択肢について考えてみましょう。

どの維持費が払えないか確認しよう

維持費が払えない理由としては、なにか1つの費用がかさんでいる。あるいはトータルの維持費がすべて高い、いずれかによるものです。
ですから、維持費をあらためて確認して払えない原因を自分でチェックしてみましょう。

  • ・ローンの支払い
  • ・ガソリン代
  • ・自動車税
  • ・駐車場代
  • ・自動車保険代

ローンの支払い

車を購入するときにはローンを組む人が多いですが、最初に設定した返済額がやがて負担になることがあります。
その場合には、毎月の返済額を減らしてもらうなど「返済額の変更」を申し出るのが良いでしょう。

収入が減る、あるいは支出が増えるなどして返済プランが狂ってしまうことは少なくありません。
その場合にはムリのない返済額にするか、思い切って売却するのも1つの方法です。→「ローンが残ってる車を買い替える方法

ガソリン代

ガソリン代は住んでいる地域や車の使用頻度によっても変わってきます。
車通勤をしている人は、可能であれば電車通勤に切り替えるなどの方法があります。
また、車は短い距離をたくさん乗ると燃費が悪化します。ですから、近所への買い物などは車の使用を控えるとガソリン代の節約につながるでしょう。

自動車税

車の税金は1年に1度、必ずやってきます。
自動車税は車の排気量によって決まるので、大きな車に乗っているとその分だけ税金が高くなってしまいます。

自動車税を節約したいのであれば、軽自動車へ買い替える、排気量の少ない車に買い替えるといった方法があります。
軽自動車の場合は一律7200円(2015年4月以降に登録した車は10,800円)なので、大幅に安くなります。

駐車場代

これについては駐車場代の安い地域に住んでいないと、どうしようもありません。
東京都の銀座に10分600円といった高額なコインパーキングがあるように、東京都内は群を抜いて駐車場代が高いです。

もし車を使う頻度が少ないのであれば、カーシェアリングを活用するといった方法も検討しましょう。

自動車保険代

自動車保険が払えないのであれば、すぐに見直しが必要です。
保険料は車両保険を付けると大幅に高くなるので、場合によっては外しましょう。

自動車保険は対人賠償、対物賠償、人身傷害保険に入っていれば最低限の補償は受けられます。
また、自動車保険は毎年保険料が見直されていますので、1年の更新ごとに他社への見積りをすると保険料を抑えることが可能です。

維持費が払えなければ手放すことも考えよう

ここまで車の維持費について解説してきました。
維持費を見直すことで、払えなかった部分がかなり軽減されることもあるでしょう。

しかし、それでも最低限の費用は必ず発生します。
車は時間が経つにつれてその価値が下がっていきます。

もし手放すことを考えているのであれば、なるべく早い段階で査定を受けましょう。なぜなら、決断を先延ばしにすると中古車の買取価格が下がってしまうからです。

そうすると、本来は高く売れていたはずの車でも安い値段で売ることになってしまいます。

あらためて車の維持費を計算し、見直せるところは見直す。
もしそれでも厳しいようであれば、手放す決断も必要になるでしょう。

あなたの愛車の最高額を一括査定でチェックしてみよう

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドは最短45秒のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額が無料ですぐにわかります。査定額がその場で表示されるのはかなり助かりますね。

  • 人気No.1!! かんたん車査定ガイドが選ばれる理由
  • わずか45秒、たった9項目に入力するだけで査定完了
  • あなたの愛車の概算価格がその場でわかる
  • もちろん無料!最大10社から最高額を選ぶだけ
査定トップ1