車はどうなの?注意すべきクーリングオフと車の売買

車買取のクーリングオフ 車の査定・買取

自動車は大きな買い物。なるべく失敗せずに満足行く買い物をしたいところです。
しかし、そうはいっても失敗は絶対に避けることができないのも事実。

そんなとき多くの人が「クーリングオフを活用すれば何とかなるかも?」と考えます。

具体的な車の買取事例をもとに、車の売買契約するときに気を付けるべきポイントを解説します。
果たして、自動車にはクーリングオフが適用されるのでしょうか?

クーリングオフはすべての売買に適用されるわけじゃない

結論から言うと、車を買取会社に売却したり、中古車を購入した場合にはクーリングオフは適用されません。

なぜ適用されないのか?それはクーリングオフの対象となる取引に、車の売買が含まれていないからです。

「クーリング・オフ」とは、契約した後、頭を冷やして(Cooling Off)冷静に考え直す時間を消費者に与え、一定期間内であれば無条件で契約を解除することができる特別な制度のことをいいます。一度契約が成立するとその契約に拘束され、お互いに契約を守るのが契約の原則ですが、この原則に例外を設けたのが「クーリング・オフ」制度です(国民生活センター「クーリング・オフって何?」)

どんな売買契約であっても、基本的にはその契約内容を守らなければいけません。
しかし、訪問販売や電話勧誘などで突然商品を案内されてしまうと、冷静に物事を判断することができません。

最近では減りましたが、自分が意図しないところで商品をすすめられて思わず購入してしまうことも日常的に起こり得ます。

あとで冷静になって「買うべきではなかった」と思ったときにはどうすればいいでしょうか?

その場合、法定書面(契約書)を受け取った日から8日間はクーリング・オフができます。

クーリングオフができる取引は具体的に以下のとおりです。

  • ・訪問販売
  • ・電話勧誘販売
  • ・連鎖販売取引(マルチ商法)
  • ・特定継続的役務提供
  • (エステティック、語学教室、家庭教師、学習塾など)
  • ・業務提供誘引販売取引
  • (商品を買えば仕事を提供するなどの取引)
  • ・訪問購入

上記のように、車の売買はクーリングオフの対象にはなりません。

わかりやすくいえば、クーリングオフは「コチラから積極的に結んだ契約は対象にならない」ということです。

車の売却・購入は「熟慮のうえで行ったもの」と判断される

繰り返しになりますが、自動車の売買契約はクーリングオフの対象外です。
とはいえ、車という高額な商品であっても”業者に無理やり取引をさせられた”というケースがあるのも事実。

実際のところ、国民生活センターの「増加する自動車の売却トラブル」には以下のような事例が紹介されています。

父が高齢で車の運転ができなくなったため、自動車買い取り業者に査定に来てもらった。査定だけのつもりで娘の自分が応対した。業者は7万円だと言ったが、そのときの持ち主である父が不在なので「娘の自分では決められない、父の車であり、父の意思があるから」と言って帰ってもらおうとしたが、せっかちに契約書面の裏面の説明などをし始め、クーリングオフができると言って、強引にここにサインしてくれと、娘である自分のサインを求めた。「父に確認してから」と言っても「大丈夫」と言われサインしてしまい、車検証、自賠責保険証、自動車税の納付書なども持って行かれてしまった。

業者が帰ってからじっくり契約書を読むと、入庫後はクーリングオフはできないと記載されている。びっくりして、翌日に事業者に電話し、「クーリングオフできると言っておきながら、車を持って行ったあとはできないと書いている、この点は説明されていない」と苦情を言ったら、上司から、「まるでうちの社員がだましたみたいではないか」と怒鳴られ「税や保険の返還の代理請求の委任状を早く出せ」「車の保管料も請求する」と言われた。(2011年7月受付 40 歳代 女性 自営・自由業 千葉県)

このケースは、車の買取会社に査定をお願いしたあと、無理やり契約を迫られたという事例です。「クーリングオフができる」と虚偽の説明がなされていることが問題になります。

この場合は詐欺にあたる可能性もあるため、契約を無効にできる可能性があります。しかし、こうした例は特別なケースであり、基本的な自動車の売買にクーリングオフは適用されません。

なぜ車の売買はクーリングオフが適用されないのでしょうか?
その理由は車の売買契約が「良く考えてから契約するもの」と一般的に考えられているためです。

トラブルを未然に防ぐ!車の売却や購入は、慎重に行おう

車の売買がクーリングオフの対象外であると知っていればトラブルは未然に防ぐことができます。

まず、本当にその車が必要か?本当に手放してもいいのか?を冷静に考える必要があります。

車買取会社の営業担当は査定をしたあとに言葉巧みに契約を結ぼうとしてきます。
お店で気軽に確認するつもりが、気づいたら契約書にサインしてしまったというケースだけは避けないといけません。

たとえば、以下のようなフレーズで契約に結びつけようとしてきます。

  • 「買取契約後でも解約はできます」
  • 「いますぐ売ってもらえれば高く査定しますよ!」
  • 「中古車相場は変動が激しいので明日には価格が下がります」

このようにして、その場で契約に持って行こうとするのです。

買取契約後の解除は基本的にできないと思っておきましょう。できたとしても、キャンセル料が発生することもあり、トラブル発生のもとになります。

また、車の相場変動が激しいとはいえ、今日・明日で値崩れがすることはあり得ません。

複数の業者の査定に立ち会っていると、だんだん面倒に感じてしまい「もういいか」と言ってその場でサインしてしまう人が後を絶ちません。

何よりも大事なのは、その場では買取契約書にサインはしないことです。査定後は一度見積書を持ち帰って「良く考えてから契約」するようにしましょう。

安全に取引できる業者選びが何よりも大切

車の売買後に起こるトラブルをなくすためには、やはり安心して取引できる業者を選ぶことが肝心です。

クーリングオフが適用できなかったと知って後悔するケースの多くが、悪質な業者相手です。

もし車を売却する、あるいは買い替えるのであれば複数の業者を比較するようにするのがベスト。
インターネットの一括査定は、非常にカンタンに見積もりを確認することができます。

査定額がその場で表示されるので、客観的な相場を知ることができますよ。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
車の査定・買取車買取トラブル
シェアする
この記事を書いた人
車谷よしひこ

千葉県在住、1988年生まれの30歳。フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!【くわしいプロフィール】



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト