車のオイルは査定の前に交換しておくべき?

車の査定前のエンジンオイル交換 車の査定・買取

みなさんは、車のオイルをどれくらいの頻度で交換していますか?
車のオイルはエンジンや各パーツを正常に動かすために欠かせない存在です。

いざ車を査定に出そうと思ったときに「エンジンオイルの劣化が気になる」という人も多いのではないでしょうか。

今回はエンジンオイルについて、査定前のチェックポイントをご紹介。
少しでも車を高く売るためにも確認しておいてくださいね。

エンジンオイルにはどんな役目があるの?

車を走らせるとエンジンに負担がかかります。
それ以外にも、車にはさまざまな金属パーツがあり、それがお互いに動くことで車を動かしているのです。

もし、金属パーツがひたすら擦れ合っていたらどうなるでしょうか?
金属は摩耗してしまい、本来の役割を果たすことができません。

それどころか、摩耗や金属疲労がすすむと車が動かなくなってしまう可能性もあります。

金属同士がこすれ合うときに、間に入って動きをスムーズにしてくれるのがエンジンオイルです。
エンジンオイルは、エンジンだけでなく車を動かくあらゆるパーツに機能してくれる大切な存在なのです。

ですから、オイルが劣化してくるとパーツだけでなくエンジンにもダメージを与えることになりかねません。

車の寿命を縮めることにもつながりますし、最悪の場合は事故につながる恐れもあります。

エンジンオイルが劣化してくるとどんな現象が起こる?

エンジンオイルは、金属パーツやエンジンを行ったり来たりして動きを円滑にしてくれます。

人間にたとえると、エンジンオイルは「血液」のようなものです。
酸素を体中にはこんで、動きをもたらしてくれます。車はオイルがその役割を果すのです。

本来、エンジンオイルは粘り気がある液体です。

粘り気があることで、パーツの間に入り込んで動きを円滑にしてくれています。
しかし、エンジンオイルもずっと使い続けていると黒くなっていきます。
そして、粘り気がなくなります。サラサラになるのです。

いわばサラサラな状態になってしまうと、パーツの間に入って動きを円滑にする役割を果たせなくなります。
パーツにとどまることができなくなるので、当然の結果ですよね。

そうなると、車は動きが悪くなり、最悪の場合には故障して動かなくなります。

また、エンジンオイルは漏れてしまうこともあります。
これはオイルタンクに穴が空いてしまったのではなく、オイルの流出を防ぐゴム素材が劣化したことが原因です。

これもオイルの定期的な交換によって防ぐことができるようになります。
オイルの交換はもちろん大切ですが、オイルをきちんと行き渡らせるパーツのチェックも大切です。

エンジンオイルが最適な状態かチェックする方法

エンジンオイルが劣化している!
あるいは漏れているかも?

そんなときはチェックしてみることが一番です。
しっかりとチェックするには、車体の裏側を見るのが一番です。

車の裏側を見れば、オイルが正常に働いているかがよくわかります。

とはいえ、自分で確認するのはむずかしいでしょう。
なぜなら、ジャッキを使って車体を上げる必要があるからです。

もし自分で確認できなければ、オイルタンクを空けて使わなくなった白いタオルにオイルを付けてみてください。

よくガソリンスタンドの店員さんがオイルチェックをしてくれますが、あの要領です。
黒く濁った色だったら、交換のサインです。

エンジンオイルの寿命は5.000kmと言われています。
できれば、5,000kmごとに交換するのが理想です。

また、5,000kmに到達していなくても半年〜1年ごとに交換するのが理想とされています。

手間と費用はかかりますが、車のためには大切な作業です。

査定を受ける前にオイル交換すべき?

いざ査定を受けるのであれば、オイルの状態もチェックしておきましょう。

査定士にもよりますが、オイルの状態が悪いとエンジンルームの臭いでわかってしまうことがあります。

あるいは、エンジンをかけたときの排気ガスの臭いでオイルの状態がわかることだってあるくらいです。

査定を受ける前には、さきほど説明した「車体の裏」を見ることが一番です。
それができなければ、白いタオルを使ったチェックをしてください。

オイルの状態が良くない場合、オイルは交換したほうがいいのでしょうか?
結論を言うと、オイル交換の必要はありません。

オイル交換は少なくとも1万円は費用がかかります。

オイル交換をしたところで、交換にかかった費用が査定額に上乗せされることはほとんどありません

ですから、よほどオイルがヒドい状態でなければオイルを交換しないで査定に出して下さい。

オイル状態が悪くても高く売れる?

エンジンオイルの状態が悪いまま査定に出すのは、心理的にあまり良くないですよね。

査定を低く見積もられるのではないか、車を悪く言われるのではないか…。

しかし、そんな心配は必要ありません。
なぜなら、信頼できる査定業者に依頼できれば、オイルの状態が悪くても高く買い取ってくれるからです。

しっかりとした査定業者は、自社の提携工場があるのでオイルをすぐに安く交換できます。

ですから、オイルの状態が悪くても査定額に大きな影響がありません。
自社ですぐに交換してしまえばいいわけですから。

車を売るなら、信頼できる査定業者にお願いするのが一番。
そのためには、一括見積りを活用して複数の業者を比較することをオススメします。

オイル交換をしなくても、車は高く売れるはずですよ。
まずは気軽に査定で見積もりをしてみましょう。