要注意!実際に起きている「車の個人売買トラブル」事例

車の個人売買トラブル 車の個人売買

車の個人売買はお得に取引ができますが、トラブルが少なくありません。

インターネットが普及したことで、車を個人売買する人が多くなっています。
中古車販売店にはない車種が見つかったり、相場以上の高値で売却できたりといったメリットがあります。

しかし、車の個人売買にはトラブルや詐欺が多いことでも知られており、近年問題になっています。

今回は車の個人売買で気をつけたいトラブル・詐欺の実態についてご紹介します。

個人売買を考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

なぜ車の個人売買を行うのか?

いきなりですが、車の個人売買はハッキリ言ってリスクが高い取引です。

にもかかわらず、どうしてわざわざ個人売買を行う人が多いのでしょうか?

車の個人売買には以下のようなメリットがあるからです。

  • ①業者のマージンがないので安く買える(高く売れる)
  • ②レアな車を売買できる
  • ③買取業者には売れない車を売れる

①業者のマージン(手数料)が必要ない

個人売買をおこなう最大のメリットは、車を安く(高く)売買できるところにあります。

車を売ったり買ったりするときには、多くの人は販売店を利用しますよね。

でも、販売店を通すと手数料がかかりますし、お店の利益分だけお金が余計にかかります。

一方の個人売買にはそれがありません。

個人売買には中間業者である車販売店の利益がないので、買う側・売る側ともにお得です。

手数料などを気にすることがないので、手元に残るお金が多くなるのが特徴といえるでしょう。

②レアな(見つけにくい)車を売買できる

車の個人売買は、フリマアプリやオークション、専用のインターネット掲示板を使って取引されます。

そこには、販売店ではなかなか見つけることができないレアな車が売買されているケースも少なくありません。

中古車市場ではなかなか出回らないような車(レアな車、痛車を含む)を売買できるのも特徴です。

買取業者では値段がつかないような車でも、個人売買では取引できる可能性があります。

特定の車を買いたい(売りたい)というニーズを簡単に満たすことができるのも個人売買のメリットです。

③買取業者には売れない車を売れる

車の買取業者は、儲けが出る車しか買い取ってくれません。

ですから、走行距離が多すぎる車や事故車は、買い取ったあとにお店で売っても買い手がつかないので、そもそも買取不可になることが多いのです。

しかし、個人売買は欲しい人と直接取り引きができるため、どんなに状態が悪い車でも双方が合意すれば売買ができてしまいます。

売る人にとっては売れる機会ができますし、買う人にとっても安く買えるというメリットがあります。

車の個人売買で起こるトラブル・詐欺の事例

しかし、車の個人売買が上手くいけばいいのですが、トラブルが起きると非常に厄介です。

車は値段が高いですから、トラブルに巻き込まれると金銭的・精神的なダメージが大きくなります。

それでは、実際に起きた車の個人売買トラブル・詐欺の事例をチェックしてみましょう。

  • ・車の名義変更がされておらず、自動車税の通知が届いた
  • ・事故歴があり、故障している車を買ってしまった

車の名義変更がされておらず、自動車税の通知が届いた

個人売買で車を売却し、お金も直接受け取り一件落着。業者に売るよりも高く売れたし、ラッキーだなー。と喜んでいたのも束の間。

なんと売ったはずの車の自動車税の納付通知書が自分のもとに届いたのです。

車の引き渡しをして、相手には「車の名義変更」をしっかりお願いをしました。

しかし、車を売った相手が名義変更を怠っていたのです。

電話をしましたが、いっこうに連絡が取れません。

自動車税納付通知書を相手の住所に送りましたが、結局は支払いがなされず…。

現在は弁護士に相談しており、まずは内容証明郵便を送って支払いを催促し、なんとか支払いをしてもらったという事例です。

自動車税は毎年4月1日時点の所有者に支払い義務が生じますが、売った車の名義変更が行われないと自分に納税書が届いてしまいます。

車の買い替えは要注意!自動車税がかからないタイミングとは?
毎年5月になると送付されるのが自動車税納付書です。 軽自動車に乗っている人はともかく、自動車税の支払いに頭を悩ませ...

事故歴があり、故障している車を買ってしまった

中古車の検索ではなかなか見つからなかった車が、インターネットの掲示板で出品されているのを発見。

出品者と連絡をとり、直接会って車を受け取りました。

事前の情報では故障なし、事故歴・修復歴なしということで安心をしていました。

車を受け取った帰り、いきなりです。なんとラジエーターが故障してしまったのです。

帰りは最寄りの修理工場に持ち込んでなんとかなりましたが、相手が故障していることを隠していたのです。

怪しいと思い、日本自動車査定協会に事故歴をチェックしてもらったところ、以前に事故を起こしたことのある車だったという事例です。

【事故車はバレる】事故の修復歴を正直に伝えるべき理由
事故車を売るときに「言わなければバレないかも?」と思う人もいると思います。事故車の修復歴は査定のときに確実にバレます。事故歴を伝えても高く売る方法はあるので正直に申告しましょう。

車の個人売買トラブルをなくす方法とは?

このように、車の個人売買には詐欺まがいのトラブルが多発しています。

ですから、車の個人売買を考えているのであれば、トラブルに遭遇しないように気をつける必要があります。

トラブルに遭わないためには、どのようなポイントに気をつければいいのでしょうか?

  • ①買う側、売る側ともに時間をかけて確認をする
  • ②契約書できちんと取り決めを交わす
  • ③個人売買は行わない

買う側、売る側ともに時間をかけて確認をする

車の個人売買では、個人同士ということもあり時間をかけずにやり取りをしがちです。

エンジンの状態、室内・外装のチェック、事前情報と相違ないか、走行距離のチェックなどは時間をかけて行うべきです。

売る側にとっても買う側にとってもリスクがあるのが個人売買ですから、書面で記録を残しておくことも大切です。

契約書できちんと取り決めを交わす

また、契約書をしっかりと交わしておくことも重要です。

とくに「瑕疵担保責任」については、しっかり明記しておきましょう。

これは「車を売買したあとに、欠陥が見つかった場合には買い主が売り主に対して賠償請求できる」という約束事です。

つまり、売り主の不注意で車の欠陥に気づかずに売ってしまったら、売り主が責任を取りましょうね、ということになります。

契約書はインターネットなどでダウンロードできるのでチェックしておきましょう。

個人売買は行わない

そもそも個人売買は行わないというのも賢明な選択です。

車の個人売買をすると、高く売れる・安く買えるということがあります。

しかし、中古車販売店をしっかり調べれば満足の行く売買ができるはずです。

もし車を売るのであれば、個人売買をする前に一括査定を活用してみることをおすすめします。

無用なトラブルが起きる心配もないので、安心して取引ができますよ。

個人売買よりも高く売れる可能性が十分にあります。

まずは気軽に複数の業者に査定してもらいましょう。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
車の個人売買
シェアする



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト