ズバリ!中古車の売値と買値の差額を少なくする方法とは?

中古車の売値と買値の差額 車の査定・買取

車を買い取ってもらったあとの、売値と買値の差額って気になりますよね。

この差額こそ、中古車買い取り業者の利益となるからです。

自分が車を売った価格と、中古車屋の店頭で販売される価格の差がどれくらい開いているのか?
その差額の相場を知っておけば、実際に車を売るときに安く買い叩かれる可能性をグッと低くすることができます。

中古車の売値と買値の差額が大きいということは、それだけ損をしているかもしれません。
中古車買取のカラクリについて、わかりやすく解説します。

マイナーな車のほうが売値と買値の差額は大きくなる

自分が車を売ったときの価格と、業者が販売に出すときの価格差はどれくらいが相場なのでしょうか?

大まかに言えば、マイナーな車ほど差額は大きくなります。つまり、車種によって売値と買値の差額は異なるということです。

たとえば、あまり需要のない外国車を30万円で業者が買い取ったとします。あなたから買い取った30万円の車は、店頭で売りに出されるときには100万円の価格がつくことがザラにあります。

その理由はマイナーな車は買い手がつかないリスクが大きいからです。つまり、売れ残る可能性が高いということ。

買い手がつかいない車ほど差額が大きい

売れない期間が長くなると予想されるので、まずは販売価格を高めに設定して、いよいよ売れないとマズイ状況になってから初めて価格を下げるわけです。

最初は値段を高くしておいて、じわじわ販売価格を安くしていって売れ残ることがないようにします。

わたしの知り合いの中古車買取業者はトヨタの「ist」という車を20万円で買い取って、数日後70万円で売りに出していました。

その車はすぐに買い手がついたので価格を下げずに済んだそうですが、売値を高く設定して、売れなかった場合は少しずつ価格を下げていくのが一般的です。

つまり、買い手がつかない(人気がない)車は買取価格が安くなる傾向にあるといえるでしょう。

もしあなたの乗っている車が需要の多くない車種だと、売値(買取額)は低くなる傾向があります。

【無料】まずは愛車の最高額をチェックしてみる

ディーラー・買取店によって差額が大きいことも

車買取店のウラ事情以外にも、どこの業者に売るかによって差額が大きくなることもあります。
わかりやすく言うと、A社とB社で買取額に大きな差が生まれるということです。

中古車の価格というのは、全国で同じ水準というわけでありません。
また、地域によるちがいだけでなく車種によっても買取店によって大きな差額が生まれることがあります。

つまり、少しでも高く売りたい(査定額と販売額の差額を少なくしたい)のであれば、あなたの車を最高額で買い取ってくれる業者を見つける必要があります。

地域によっても中古車の価格差が変わる

ほかにも、中古車買取の価格差が大きくなる原因として「地域」があります。

言い換えると、その地域によって人気のある車・人気のない車というのがあるわけです。

ですから、いまあなたの乗っている車が、人気のない地域で売ると安く、人気のある地域では高くなります。

たとえば、幌が付いたオープンカーなどは暖かい地域のほうが高く売れます。

4WDなどのSUVやクロスカントリーは雪が多い地域のほうが高く売れます。

こうした地域による特性が、中古車の価格差に影響します。

車種によって買取店の得意・不得意がある

中古車買取の価格差が大きくなる2つ目の原因が「買取店の得意ジャンル」があります。

車の買取店には大きく分けて「どんな車種でも買い取る店」と「特定の車を買い取る専門店」の2つがあります。

たとえば、スポーツカーを買い取る専門店にファミリーカーを持っていっても安い価格でしか買い取ってもらえません。というより、買取不可となるでしょう。

しかし、じつは「どんな車種でも買い取る店」であってもお店によって価格差があります。その理由は以下の2つです。

  • ・買取店に得意、不得意がある
  • ・買取を強化しているジャンルがある

「どんな車種でも買い取るお店」であっても、どうしても得意・不得意があります。
それはお店の転売ノウハウとも言い換えることができます。

車を高く転売できるノウハウがあれば、あなたの車も高く買い取ってもらえる可能性は高くなるでしょう。

また、時期によっては買取を強化しているジャンルがあります。
アウトドア向きの車は夏前のほうが高く売れますし、軽自動車は春前のほうが高く売れます。

買取店のこのような特性があるため、同じ車でも価格差が生まれることがあるのです。

中古車を買うときの差額を少なくする方法は?

ここまでは自分の車を売ったあとの価格差について見ていきました。

一方で、中古車を買うときの価格差についても知っておきましょう。
つまり、いま店頭で販売されている価格と、その車が買い取られたときの価格(仕入れ値)の差のことです。この差額を意識すると、中古車を安く購入することができます。

中古車の販売価格と仕入れ値を知る方法は、お店の人に聞いてみる以外に方法はありません。

商談のときに「ちなみに、この車はいくらで買取られたのですか?」と聞いてみましょう。

直接お客さんから買い取った車の場合と、オークションで仕入れた場合の2つに分かれると思います。

なかには素直に教えてくれない業者もいますが、仕入れ値と販売価格を知ることができれば、そのお店がどれくらい利益を乗せているのかが一目瞭然です。

売値と買値の差額を少なくするにはどうすればいい?

売値と買値の差額が大きくなるということは、その分だけ中古車業者に安く買い取られてしまったということになります。
つまり、この差額が大きければ大きいほど損をしているのです。

この場合にとるべき対策は、少しでも高く査定を出してもらうことに尽きます。
さきほど説明したように、買取店によって査定額は大きく変わってきます。

売値と買値の差額が大きい=利益を大きく取ろうとする業者」もいれば、

売値と買値の差額を小さくする=少ない利益でたくさんの車をさばく」というやり方の業者も存在します。

わたしたちが見つけるべきは後者の「薄利多売」で中古車を販売している業者です。

そうした業者は1社ずつに査定をお願いしていてはなかなか見つけることができません。
一括査定を活用すると、理想の価格で見積りを出してくれる業者は見つけやすくなるでしょう。

まずはさまざまな買取店に査定へ出す。これが売値と買値の価格差をなくす重要なポイントです。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
車の査定・買取
シェアする



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト