「車買取の委任状」の正しい書き方&作り方【もらえる場所も解説】

失敗しない「車買取の委任状」の作り方 車買取の手続き

車を業者に買い取ってもらうときには、いろいろな手続きが必要です。

その手続きを第三者(買取業者)に委託するときに必要になるのが「委任状」です。

車を買取してもらうときに必要な委任状は、どうやって準備すればいいのでしょう?

今回は委任状が必要なケースと、その作成方法について確認していきましょう。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /

車の売却で委任状が必要なケースとは

まずは車の買取で委任状が必要になるケースを見ていきましょう。

以下の手続きを業者などの第三者にお願いするときに、委任状が必要となります。

  • ・名義変更
  • ・住所変更
  • ・車検証再発行
  • ・廃車登録 など

名義変更を買取業者に依頼する

いま、車はあなたの名義(あるいは家族など)になっているはずです。

しかし、車を売ると名義は買取店の名前に変わります。そのためには、買取店が名義変更をできるようにしないといけません。

そこで必要なのが委任状です。

わかりやすくいえば「名義変更の手続きを買取店にお願いします」ということを記載した書面を渡すことで手続きを依頼できるわけです。

住所変更も買取業者に依頼する

住所変更も、名義変更と同じです。

所有者の名義は、次の所有者の情報に変えないといけません。

基本的に名義変更と住所変更は同じ手続きのなかで行われます。

車検証再発行・廃車登録でも委任状が必要

通常の買取ではほとんど必要ありませんが、車検証を再発行したり、廃車の登録をするときにも委任状は必要になります。

委任状の使い道は、さきほどと同じように「手続きを委託する」ために使われます。

これらの手続きは買取業者に委託をして代わりに行ってもらうのが一般的です。

あなた→買取店→新所有者に名義が変わる

車を買取ってもらったあとは所有者があなたの名義になっていますから、それを一旦は買取業者に変更します。

そして、車が買取店から新しいオーナーへ売却された時点で、買取店から新たな所有者へと名義は移っていきます。

つまり、車売買では名義変更が何度も発生するため、これらの手続きを第三者に依頼する必要があるわけです。

変更手続きは自分で出来ないの?

【コレだけで準備OK!】車

なかには委任状を書くのが面倒、不安、あるいは単純に自分で変更手続きをしたいという人もいることでしょう。

車に関する変更手続きは、最寄りの陸運局に行けば自分で行うこともできます。

ただし、手続きの内容にもよりますが、自分で行うと複雑でむずかしいので、基本的には業者に依頼することをオススメします(僕も業者に丸投げする派です)。

業者に手続きを頼むと代行手数料が発生しますが、費用対効果を考えるとメリットは大きいはずです。なんせ、変更手続きってかなり面倒ですからね。

いくらかかる?新車を買うときに必要な諸費用のすべて
新車を買う場合、車両本体価格のほかにさまざまな諸費用が必要になります。 その費用は、購入する時期にもよりますがおお...

とはいえ、代行手数料がかかることを忘れてはいけません。たとえば車庫証明書の代行依頼でも5,000円〜1万円ほどかかります。

こうした費用を節約したい人は、委任状で委託するのではなく、自分で手続きを行いましょう。

車の買取をするときに、買取店には手続きをセットでお願いすることがほとんどです。

委任状を作成するまでもなく、交渉次第では代行手数料を無料にしてもらうこともできます

「手続きはすべてウチがやります」と規定している業者も

僕が以前、中古車屋で車を買ったときの話です。

車庫証明書(自分の駐車場を証明する書類)というのは、警察署に行けばわりとすぐに作成できます。だから、費用を浮かす意味でも自分でやろうと思ったんですね。

ただ、それを伝えたところ中古車屋さんが「変更手続き等はすべて当社で行うという規定がございます」とのこと。

つまり、委任状を書いて、業者に頼む以外の選択肢はないということでした。

なぜか聞いてみたところ、名義変更などの手続きをお客さんに任せてしまうと、めんどくさくなってやらない人が多いからだそうです。

こんな感じで、買取業者や販売店によっては、委任状をしっかり書いて代行を依頼するのが必要になる場合もあります。

委任状をわたすのが不安。本当に大丈夫?

車買取業者の見分け方

委任状は「ある手続きを代わりに依頼する」ということを明記するものです。

そのため、「悪用されないか不安…」という声もたびたび聞かれます。

結論からいうと、委任状を悪用される可能性はほぼゼロです。

なぜなら、車の買取に関係する委任状は「なにを委任するか」についてしっかりと明記されているから。

むかしは「白紙の委任状」にサインだけさせて、買取店が好き勝手に悪用するケースもたしかに存在しました。

いまは「白紙の委任状」が車買取でやりとりされることはほとんどないので心配いりません。

書き換えられる心配がある人は、コピーをとったり、自分で委任状を作成して持参しましょう。

実印の扱いだけは注意しよう

ただし、注意が必要なのは手続きに必要な書類の受け渡しです。

とくに「実印」の取り扱いには注意しましょう。

印鑑証明書と実印が第三者の手にわたると非常に危険です。必ず、自分の手元で扱うようにしてください。

これは委任状を作成するときも同じです。

「委任状をつくるので、実印を預かってもいいですか?」と言ってくる業者もいますが、実印は絶対に人にわたしてはいけません。

委任状はどこで入手できる?もらえる場所

車のチェックポイント

委任状は車の買取についての流れで、業者が用意するのが一般的です。もらえる場所でいえば、車買取店や販売店ということになります。

ですから、業者が持っている委任状に署名を記入し、実印を押しましょう。

あるいは陸運局のウェブサイトからもダウンロード可能です。委任状は自分で用意したい、という方は確認してみましょう。

車の買取手続きは業者によって流れが異なります。

はじめて車を売却するという人は、買取業者から教えてもらったほうがわかりやすいと思います。

できるだけ複数の買取業者を比較して丁寧に説明を受けられる業者を見つけましょう。

かんたん車査定ガイド

代行手続きを安心して任せられる買取店

車の最低価格

車の買取をお願いするときには、基本的に委任状をつくることになります。

ですから、なるべく安心して任せられる買取店にお願いしたいですよね。

代行手続きを安心して任せられる業者は、やはり大手の買取店です(たとえばガリバーアップルビッグモーターなど)。

さらに複数の買取店をくらべれば、どの買取店が安心できるかは一目瞭然です。

委任状の手続きについてもわかりやすく教えてくれる業者が多いので、一括査定はオススメです。

まずは気軽に見積りをとってみましょう。

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「かんたん車査定ガイド」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /

一括査定で比較できる車買取業者

  • 【 かんたん車査定ガイドって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、かんたん車査定ガイドを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

車買取の手続き
この記事を書いた人
車谷よしひこ

カーライフアドバイザーとして、雑誌やWebで車に関する記事を執筆しています。毎分毎秒、車のことを考えてる車好き。現在の愛車はボルボ・V60です。憧れの車種はランドローバー「ディフェンダー」。単純に車が好きなので、”深すぎない”記事にこだわっています。千葉県在住。【くわしいプロフィール】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。



車好きのカレッジ Carlegde!! ”深すぎない”車のニュースサイト