【剥がすべき】ステッカーが貼ってある車の査定額と高く売るコツ

走破性が高い車 車の査定・買取

あなたは車にステッカーを貼っていますか?

車の外装にステッカーを貼るだけで雰囲気を変えられることもあり、カスタマイズしたい人に人気があります。

中には内装にもステッカーを貼っている人もいるかもしれませんね。

しかし、困るのがいざ車を売ることになったときです。

ステッカーを剥がすべきか、そのままにすべきか迷う人は少なくありません。

ステッカーが貼ってある車は査定のときに減額の対象となることがあるのでしょうか?

ステッカーが貼られた車は買取業者によって査定額がちがう

結論から言うと、ステッカーが貼られた車は査定額が下がる可能性が高くなります。

それは以下の2つの理由によるものです。

  • ・ステッカーでキズを隠すオーナーが多い
  • ・査定士の印象が下がる

ステッカーが貼ってある車を査定業者はどのように見るでしょうか?

見積もりをするお店の立場になって考えてみましょう。

ステッカーの下はキズだらけ?

ステッカーを貼る理由は人それぞれです。

純粋に車をカスタマイズするために貼る事がほとんどでしょうが、中にはキズや凹みを隠すためにステッカーを貼る人も存在します。

意外と知られていませんが、ステッカーを貼ってキズを隠している人はかなりの割合にのぼるのです。

こういった理由があるために、たとえキズを隠していないとしてもステッカーが貼られたままだと余計な誤解を招くことがあります。

このステッカーの下、どうなってます?と聞かれることもあります(実際、わたしも聞かれたことがあります)。

キズを隠しているわけではないにしても、あらかじめステッカーは剥がしておくのがベストです。

査定士の先入観は存在する

これは裏の話になりますが、わたしの知り合いに車の査定業者で働いている友人がいます。

彼に聞くと「ステッカーが貼ってある車はどうしても印象が良くないので査定額を低く見積もる」と言うのです。

どういうことか聞くと、それは単純な印象でしかないとのこと。

つまり、ステッカーを大きく貼ってある車は、その車に個性が入りすぎて高く買い取れないというわけです。

「いやいや、そんなの知らないよ。そんな先入観で決めないでくれ」と思いますよね。

本来であれば、ステッカーが貼られていようがいまいが、公平な目で見るべきです。プロである以上、それはあって当然のこと。

しかし、査定士も人です。

やはり車をパッと見た時にステッカーが貼られていないほうが公平な目で見ることができるようです。

ステッカーが貼ってあると、それだけ年季が入った印象に見られる可能性も少なくありませんからね。

少しでも高く売りたければステッカーは剥がそう

車のステッカーは剥がそう
以上の理由から、車のステッカーは剥がすほうが望ましいといえます。

紫外線によって色あせていたり、変色している場合は市販のシール剥がしを使いましょう。

また、キズを隠すためにステッカーを貼っている場合は売却して車を引き渡したあとに減額されてしまう可能性があります。

余計なトラブルを起こさないためにも、あらかじめ剥がしておきましょう。

また、シール剥がしを使わないで無理にとろうとするとボディにキズが付いてしまうことがあります。無用な減額を避けるためにも、剥がし方には注意が必要です。

シールをキレイに剥がしたあとはできるだけ多くのお店に査定をしてもらい、きちんと相場を確認してから売るようにしましょう。

最高額で売れる!車買取で一番高いところをサクッと見つける方法
車を売るなら最高額で売りたいですよね。私の経験から、車買取で1番高いところを見つける方法はこれしかないと思ってます。車の売却で1番高いところを手っ取り早く見つける方法を解説します。

ホントにいいの?ステッカーなんて気にしないと言ってくれた業者の話

ここまで説明した話と矛盾するかもしれませんが、本音を言えば「シールを剥がすのなんて面倒」ですよね。

慣れないシール剥がしを使うと、思いもよらない傷や汚れが着く可能性だってあります。

わたしは以前、車を売るときに「ステッカー剥がすの面倒だからそのまま出しちゃおう」と、減額を覚悟して査定に出したことがあります。

そのときはインターネットの一括査定で査定をしてもらいました。

ある買取店に査定を出したときのことです。

その査定に来た担当者に聞いてみました。「ステッカー付いてるんですけど、大丈夫ですか?」と。

担当者はこう答えました。「自社工場で簡単にはがせるので、大丈夫ですよ」と。

つまり、ステッカーが貼ってある車は、買取業者によってはまったく気にならないわけです。

なぜそんなことになるのかというと、買取業者によっては簡単に修復や修理ができてしまうからなんですね。

ですから、なるべく複数の買取店を比較して、ステッカーなんて平気ですよ、と言ってくれる業者を見つけるのが手っ取り早いと思いませんか。

これは、わたしが実際にステッカー付きの車を売ったときの実体験ですが、当然ながらお店によって対応は異なります。

もしステッカーどうしよう?と悩んでいる人がいたら、まずはネットの無料一括見積もりを使って、複数の査定業者に車を見てもらうといいかもしれません。

そうすれば、ステッカーを貼った状態でも納得のいく金額で売却できる可能性が高くなります。

ステッカーが貼ってある車の査定額を比べる方法

ステッカーが貼ってある車の査定額を比べる方法

「複数の車買取店に査定してもらうべき」なんて言いながら、その方法を解説しないのは無責任かと思いますので、くわしい方法を解説します。

ここで紹介する方法にはメリットとデメリットがありますので、「絶対にコレ!」と断言できるわけではありません。

良し悪しを比較してみて、ご自分に合った方法をチョイスしてもらえればと思います。

  • ① 最寄りの車買取店に車を持ち込む方法
  • ② ユーカーパックなどのオークション買取で売る方法
  • ③ ネットの無料一括査定で売る方法

① 最寄りの車買取店に車を持ち込む方法

自宅の近くや行動範囲に車買取店があれば、そこに持ち込んで売ることもできます。

複数の車買取店を比べる場合、自分で1店舗ずつまわる必要があるので、面倒なのはたしかです。

しかし、思い立ったときすぐに査定してもらえるので、気軽といえば気軽です。

わたしは買取店に車を持ち込んで失敗した経験があるので個人的にはおすすめしませんが、持ち込んだほうがラクという人もいると思います。

【損をした話】車を売るときに持ち込み査定は避けるべき3つの理由
車を売るときに車を買取店に持ち込む人は多いと思います。じつは「持ち込み」査定だと、車を高く売るのがむずかしいのが現実です。持ち込み査定のメリットとデメリットをくわしく解説します。

② ユーカーパックなどのオークション買取で売る方法

2つ目の方法は、オークション買取で車を売る方法です。

あまり聞き慣れないかもしれませんが、ユーカーパックが一番有名ですね。

オークション買取は、1回の査定データをもとに買取業者が参加するオークションに出品できるというものです。

一括査定とはちがって査定が1回で済みますし、面倒な営業電話もかかってきません。

ステッカーが貼られた車は査定額が下がりやすいですが、最大5,000社が参加しているオークションなので高価買取を狙いやすいというメリットがあります。

③ ネットの無料一括査定で売る方法

3つめは個人的に一番おすすめのネット一括査定です。

1回の申し込みで最大10社からまとめて査定を受けられるので、かんたんに査定額を比較できます。

査定業者ごとにアポを取ってスケジュールを調整するのはちょっと面倒なのですが、わたしの経験上、一番高く売れる方法だと思います。

ユーカーパックとはちがって、個別に交渉をすることもできるのでステッカーが貼ってある車でも高く売りやすいはずですよ。

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「かんたん車査定ガイド」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 愛車が最高額で売れる!! /

一括査定で比較できる車買取業者

  • 【 かんたん車査定ガイドって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、かんたん車査定ガイドを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

車の査定・買取
この記事を書いた人

カーライフアドバイザーとして、雑誌やWebで車に関する記事を執筆しています。毎分毎秒、車のことを考えてる車好き。現在の愛車はボルボ・V60です。憧れの車種はランドローバー「ディフェンダー」。単純に車が好きなので、”深すぎない”記事にこだわっています。千葉県在住。【くわしいプロフィール】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。



車好きのカレッジ Carlegde!! ”深すぎない”車のニュースサイト