車を手放すと税金は戻ってくるの?車売却における自動車税の還付

車を手放すと税金は戻ってくるの?車売却における自動車税の還付 車の税金

車を持つといろんな維持費がかかってきますが、なかでも負担感が大きいのは車の税金ですよね。

車を持っていれば否応なしにかかってくる税金ですが、手放してしまえば当然税金を払う必要はなくなります。

ここで問題になるのが「すでに支払ってしまった税金」です。

車を手放した場合、車の税金(自動車税など)は戻ってくるのでしょうか?

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /

【結論】すでに支払った車の税金は戻ってこない

最初に結論からいうと、すでに払ってしまった車の税金は原則として戻ってきません。

つまり、税金を払ったあとに新しい車を買ったとしても、前の車の税金は還付されないということです。

すでに払ってしまった税金は、車を手放しても戻ってこない

ただし、1つだけ例外があります。それは、車を抹消登録したときです。

わかりやすくいえば車を「廃車」にすると、すでに支払っている車の税金でも月割計算で返金されます。

廃車にするば税金がかからないメリットがありますが、あくまでも処分するわけなので車を売ってお金にすることはできません。つまり、廃車にするのは査定で値段がつかない車、ということになります。

車を抹消登録した場合には、月割計算で戻ってくる

もし車を買い替えるときに無駄な税金を払いたくないのであれば、自動車税がかからないタイミングで車を売買するしかありません。

車の買い替えは要注意!自動車税がかからないタイミングとは?
毎年5月になると送付されるのが自動車税納付書です。 軽自動車に乗っている人はともかく、自動車税の支払いに頭を悩ませ...

車の税金が発生するタイミング&金額

自動車税は車の所有者が年に1度払わなければいけません。

ここでいう所有者とは、車検証に載っている「所有者欄」に書いてある人のことをいいます。

車の税金には自動車取得税、自動車重量税もありますが、やはり排気量に応じて税額が上がる自動車税は1番関心が集まります。

乗用車の自動車税(年額)
排気量税額
1リットル以下29,500円
1リットル超
1.5リットル以下
34,500円
1.5リットル超
2リットル以下
39,500円
2リットル超
2.5リットル以下
45,000円
2.5リットル超
3リットル以下
51,000円
3リットル超
3.5リットル以下
58,000円
3.5リットル超
4リットル以下
66,500円
4リットル超
4.5リットル以下
76,500円
4.5リットル超
6リットル以下
88,000円
6リットル超111,000円

税金を払いたくなければ3月末までに手放そう

この自動車税ですが、毎年4月1日時点の所有者に対して請求されます。

言い換えれば、4月1日を過ぎると、仮に車を持っていなくても自動車税を支払わなければいけません。

極端な話ですが、4月2日に車を手放したとしても、税金は払わなければいけないということです。

ですから、もし車を手放すのであればタイミングとしては毎年3月末までに行うのがベストということになります。

確実な売却のためには、少し早めがおすすめ

しかし、3月中に上手く手放した場合でも、所有者の名義がきちんと変更できていないと意味がありません。

そのため、もし中古車販売店などに売却するのであれば、名義変更が確実に行われているかを確認しましょう。

名義変更がされずに4月1日をまたいでしまうと、あなたのもとに自動車税の請求が来てしまう可能性があります。

ちなみに、実際に自動車税の通知書が届くのが4月中で、支払い期限は5月末。これは自動車税も軽自動車税も同じです。

車を手放すのであれば、早めに計画を立ててムダな税金の支払いがないように注意したいですね。

✔ 4月1日よりも前に名義変更が行われるようにしよう
【車の税金はいくら?】排気量や重量で変わる自動車税の仕組み
車を持っていると税金を避けることはできません。排気量によって税金が変わる「自動車税」の仕組みについて解説。実際にあなたの車の自動車税がいくらになるのか計算する方法もご紹介します。

自動車税は還付されないから、業者に”払ってもらう”

車のお金

4月1日より前、たとえば3月中に上手く手放して名義変更まで完了すれば税金の支払いは発生しません。

しかし、すべての人が上手くいくとは限りません。なかにはどうしても4月1日以降に手放す人は出てくるでしょう。

その場合には、車を手放す場合でも1年分の自動車税を支払わなければいけません

さきほども説明したとおり、4月2日に車を手放しても通知書は自宅に届きます。

なんとも損した気分になりますが、通知書が届いた以上は税金を支払わなければいけないのです。

ということは4月1日以降に車を手放した人は、税金分のお金すべてを失うしかないのでしょうか?

じつは、すでに支払った税金を取り戻す方法はあります。それは売却するときの買取額に上乗せしてもらうという方法です。

買取業者の査定額に上乗せしてもらおう

自動車税を支払ってしまっても、還付金はもらえません。

正確にいうと、国から返金されるような制度はないということです。

ですから、支払った税金を取り戻すには「買取業者に支払ってもらう」しかありません。

正確にいえば「買取業者の買取額に上乗せしてもらう」ということ。

自動車税には「月割」という考え方があります。

これは、いまの所有者が売却する月までの税金を支払って、残りのぶんは買取業者が負担するというもの。

たとえば4月2日に車を売却した場合を例にとってみましょう。

その場合、あなたは4月分(1ヶ月分)の自動車税を支払えばすみます。残りの5月〜翌年3月までの分は買取業者が負担するわけです。

この負担額ですが、残念ながら現金でもらえるわけではありません。あくまでも「買取額に上乗せ」される仕組みです。

つまり、5月〜翌年3月の税金分だけ車を高く買い取りますよ、ということです。

なぜ買取店が上乗せしてくれるの?

車を手放すと、その時点で所有者は買取店に移ります。

ということは、本来であれば買取店が負担すべき税金を、あなたが代わりに負担していることになるのです。

ですから、車を手放すときの査定額に支払ってしまった税金が上乗せしてもらうわけです。

注意が必要なのは「自分でしっかりと伝えないと上乗せにはならない」

つまり、

「税金の分だけ査定額を高くしてください」

という交渉をしないと、買取店は上乗せしてくれないということです。

買取店としては査定額を安くしようとするので、仕方がありません。

必ずしも税金が上乗せされるとは限らない

しかし、この「税金分の上乗せ」は実際にはあまり行われていません。

なぜなら、買取業者としては税金の分だけ負担が増えるからです。

そのため一部の買取業者は「自動車税は負担しない」という旨を契約書に記載しています。

支払ってしまった自動車税が、買取額に反映されるのかについては買取店に相談してみる必要があります。

【苦手でも大丈夫】車の値引き交渉で20万円以上も安く買う方法
「車の値引き交渉が苦手」「値引き交渉ってめんどう…」という人におすすめの車の値引き交渉方法を解説。面倒な人には、値引き交渉しないで車を30万円以上お得に買う方法もご紹介しています。

手放すときに税金を取り戻したいなら

車のお金

自動車税は支払ってしまうとなかなか取り戻すのがむずかしいのが現状です。

車を手放すときは、具体的な明細は出てこないことが多く、「総額◯◯万円で買い取ります」といったやりとりになるからです。

そのため、税金をきちんと返金してもらうためには買取額についてしっかり説明してくれる査定業者を選びましょう。

また、査定額が高くなる業者を選ぶのもポイントです。

いろいろな買取店がある以上、良心的な買取業者は比較してみないとわかりません。

税金で損をしないためにも、できるだけ多くの査定業者に見積りをお願いすることは必須といえます。

まずは複数の買取店から見積もりをとってもらうことをオススメします。

愛車の最高額がわかれば、納得して車を売却できるので安心ですね。

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「かんたん車査定ガイド」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /

一括査定で比較できる車買取業者

  • 【 かんたん車査定ガイドって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、かんたん車査定ガイドを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

車の税金
この記事を書いた人

カーライフアドバイザーとして、雑誌やWebで車に関する記事を執筆しています。毎分毎秒、車のことを考えてる車好き。現在の愛車はボルボ・V60です。憧れの車種はランドローバー「ディフェンダー」。単純に車が好きなので、”深すぎない”記事にこだわっています。千葉県在住。【くわしいプロフィール】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。



車好きのカレッジ Carlegde!! ”深すぎない”車のニュースサイト