ライバル車を比較!シビック、アクセラ 、インプレッサのちがいとは?

ライバル車を比較!シビック、アクセラ 、インプレッサのちがいとは? スバル(SUBARU)

車にはCセグメントと呼ばれるジャンルがあります。

運転する人にとって、ボディサイズがちょうど良く、実用性にも優れるので全世界で高い人気があります。

日本でCセグメントに該当する車が、「マツダ・アクセラ」、「スバル・インプレッサ」、「ホンダ・シビック」です。

今回は、そんなCセグメントのライバル車同士であるシビック、アクセラ、インプレッサを比較、それぞれの魅力をお伝えします。

「シビック」どちらもスポーティなセダンとハッチバック

シビックの特徴

シビックはホンダを代表する車種として、数十年も前から販売されていた車です。

コンパクトで実用性が高く人気のある車でしたが、ファミリーカー需要に圧されて販売台数が低迷。

2010年に日本から姿を消しました。

しかし、その後も海外での販売は継続され、その海外モデルがフルモデルチェンジすると同時に日本での再販が決定し、今に至ります。

シビックの最大の特徴は、そのスポーティーなスタイリングでしょう。

スポーツカーのようにカッコいいデザインですよね。

実際にシビックは昔から、スポーツカーとしての需要が高い車でもありました。

最新モデルとなるシビックでもその流れは途絶えておらず、シビック タイプRという名称のハイパフォーマンスモデルの販売も行われています。

シビックにはセダンとハッチバック、2種類のボディタイプがあります。

どちらもカッコよく、実用性のある優れたモデルですが、使い勝手に関してはハッチバックが一枚上手。

実用性を重視するならシビックハッチバック、走行性能を重視するならシビックセダンを購入するといいでしょう。

「アクセラ」ハイブリッドとディーゼルモデルが選べる

アクセラ

アクセラはマツダが製造・販売を行う車で、シビックと同じようにセダンとハッチバックのボディタイプが設定されています。

アクセラの特徴は流麗なデザインとシンプルかつオシャレなインテリア、そして多様な用途に対応するグレード構成です。

アクセラにはガソリンモデルとハイブリッドモデル、そしてクリーンディーゼルモデルの3種類がラインナップされています。

そのうちハイブリッドモデルは、アクセラセダンのみの設定となっていて、アクセラスポーツ(ハッチバック)での設定はありません。

「インプレッサ」自動ブレーキ”アイサイト”が大きな魅力

インプレッサ

インプレッサはスバルが製造・販売を行う車で、アクセラとライバル関係にありました。

そこにホンダからシビックが加わったことになります。

インプレッサの特徴はそのデザインにもありますが、突出すべきは考え抜かれた実用性の高さ。

また、スバルと言えばアイサイトを筆頭とする安全技術も大きな魅力です。

さらに、国内自動車メーカーに限定するとスバル独自の技術である水平対向エンジンも特徴のひとつです。

インプレッサも、シビックやアクセラと同様、セダンとハッチバックのボディタイプが設定されています。

シビック、アクセラ、インプレッサのちがいを解説!

シビック、アクセラ、インプレッサの大まかな特徴を解説したところで、それぞれの比較を行っていきたいと思います。

最も魅力のある、優れた1台はどれなんでしょうか。

エクステリアのちがい

まず、パッと見て最もわかりやすいちがいであるエクステリア。

シビックは3台の中で最もスポーティーなエクステリアをしています。

フロントマスクの大きなダクトがカッコいいです。

アクセラはプレミアム感を感じる美しいエクステリアです。

流れるようなボディラインからマツダのデザインに対するこだわりを感じますね。

インプレッサは3台の中で、最も武骨かつ普遍的なエクステリア。

面白みはありませんが、性別や年齢に関係なくどんな人でもマッチするデザインです。

インテリアのちがい

続いて、インテリアをチェックしてみましょう。

シビックとインプレッサは、明らかに北米市場を意識したシンプルなインテリアです。

シビックは前席の間に位置するセンターコンソールが高く設置されていますが、インプレッサは低めに設置。

また、インプレッサにはメインディスプレイ(カーナビ)の上部に、視認性の高いマルチファンクションディスプレイを採用しています。

アクセラは欧州市場を意識したインテリアです。

エクステリアと同様にオシャレで、使い勝手もバツグンです。

エンジンのちがい

シビックにはセダン、ハッチバックともに1.5Lガソリンターボエンジンが搭載されています。

排気量の割には高出力で、パワー不足を感じることはないでしょう。

アクセラは1.5Lガソリンエンジン、1.5Lクリーンディーゼルターボエンジン、2.2Lクリーンディーゼルターボエンジン、2.0Lハイブリッドエンジンの4種類が搭載されています。

このうち、ハイブリッドはアクセラセダンのみで、アクセラハッチバックには設定されていません。

最後はインプレッサですが、インプレッサは1.6Lガソリンエンジンと2.0Lガソリンエンジンが搭載されています。

どちらも水平対向エンジンで、スバルならではのエンジンです。

燃費のちがい

シビックのカタログ燃費は17.4km/L~19.4km/Lです。

いわゆるダウンサイジングターボと呼ばれる方式を採用しています。

アクセラのカタログ燃費は17.8km/L~30.8km/Lです。

アクセラの中で最も燃費が良いのはもちろんハイブリッドですが、クリーンディーゼルも経済的です。

インプレッサは15.8km/L~18.2km/Lです。

この中で最も燃費が悪いインプレッサですが、その分安全性能や居住空間が重視されています。

価格の高さがネックなら、車の一括査定サービスを活用しよう!

シビック、アクセラ、インプレッサはCセグメントで、ボディタイプのラインナップが似ていても、比較してみると全然異なる魅力のある車だということがわかりました。

最後は車両価格を紹介。

  • シビック
  • 約265万円~約280万円
  • アクセラ
  • 約180万円~331万円
  • インプレッサ
  • 約194万円~約260万円

最安価格で購入できるのはアクセラですが、最も高いのもアクセラということになりました。

これはアクセラはグレードのバリエーションが豊富だからです。

インプレッサはコストパフォーマンスに優れているのに対し、シビックは少し割高感を感じます。

この中でどれを選ぶかはあなた次第ですが、どれも決して安くはないので、少し躊躇したかと思います。

いずれも200万円を超える価格帯ですから、予算をしっかり確保したいところです。

少しでも安く新車を購入したいなら、愛車の無料一括査定サービスを活用しましょう。

複数の買取り業者が査定してくれるので、あなたはその中で最も高額査定をしてくれた買取り業者に車を買い取ってもらいましょう。

買取り業者間の競争もあるので、非常に満足度の高い取引ができると思います。

車を高く買い取ってもらうことで、戸惑うことなく新車をお得に購入できますよ。