知っておきたいコンパクトカーのメリットとデメリットとは?

知っておきたいコンパクトカーのメリットとデメリット コンパクトカー

コンパクトカーは、以前から合理的な考え方を持つ消費者から高い支持を得ていますが、近年は走行性能や乗り心地に優れ、装備も充実した車種が増えています。

ますます目が離せない存在になっているコンパクトカーには、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?検証していきましょう。

そもそもコンパクトカーとはどんな車?

そもそもコンパクトカーとは、どのような車をさすのでしょうか。

軽自動車と異なり、コンパクトカーは法律でボディサイズや排気量が定められた規格ではありません。

そのため厳密な規定はありませんが、近年の車は大型化の傾向があることを考慮すると、ボディサイズでいえばおおむね全長が4,300mm以下、全幅が1,800mm以下の車があてはまります。

しかし、全長・全幅がその数値内に収まっていても、全高の高いミニバンや悪路走破性を追及したSUVなどは、一般的にコンパクトカーとは呼びません。

また、排気量も何ccまでがコンパクトカーであるという決まりはありませんが、おおむね1.5L~1.6L以下が該当するでしょう。

一方ボディタイプは、国産車は5ドアハッチバック、輸入車は3ドア/5ドアハッチバックが主流で、独立したトランクルームを持つセダンは少なくなっています。

軽自動車よりもコンパクトカーが勝るところは?

  • ・室内スペースと荷室スペースが広い
  • ・5人乗車できる
  • ・動力性能に余裕がある
  • ・衝突安全性が高い
  • ・車両本体価格がむしろ安いケースがある
  • ・ナンバープレートに劣等感を抱かずに済む

室内スペースと荷室スペースが広い

コンパクトカーは軽自動車よりもボディサイズが大きい分、室内スペースと荷室スペースも広くなります。

特に、軽自動車は全幅の制約があるため、前席に大柄な男性が並んで座ると肩やひじが触れる可能性がありますが、コンパクトカーならそんなこともまず起きません。

5人乗車できる

また、軽自動車は法的に乗車定員が4名以下と決められていますが、コンパクトカーは一部をのぞいて5名の乗車が可能となっています。

特に家族持ちの人が1台の車ですべてをまかなう場合、この1名の差は無視できないはずです。

動力性能に余裕がある

一方、動力性能面においても、コンパクトカーは軽自動車よりも排気量が大きい分出力・トルクとも上回るので、あらゆる状況下において加速性能が勝るほか、エンジンの回転を上げずに済むので静粛性も勝ります。

衝突安全性が高い

さらに衝突安全性の面でも、車同士が衝突した場合はボディサイズや質量の大きい車の方が乗員や車自体のダメージが少なくなるので、軽自動車よりもコンパクトカーの方があきらかに有利です。

車両本体価格がむしろ安いケースがある

また、車両価格の面では、新車を購入する場合は軽自動車も上級グレードになるとそれなりに高価なので、むしろコンパクトカーの方が安価であるケースも珍しくありません。

一方、中古車を購入する場合は、軽自動車よりも値崩れが大きい傾向があるので、新車時は同じくらいの価格であった軽自動車よりも安く手に入る可能性が高くなります。

ナンバープレートに劣等感を抱かずに済む

それと、軽自動車の黄色いナンバープレートが恥ずかしい、という人にとっては、登録車ならではの白いナンバープレートは魅力的に映ることでしょう。

大型車よりもコンパクトカーが勝るところは?

  • ・取り回しが容易(運転しやすい)
  • ・燃費性能がよい
  • ・車両価格が安い
  • ・一般的に自動車税が安い

取り回しが容易(運転しやすい)

大型のセダンやミニバン、SUVなどと比べてボディがコンパクトである上、一部をのぞき小回りも効きます。狭い路地での運転や狭い駐車スペースでの駐車が容易に行えるメリットは見逃せません。

燃費性能がよい

また、車両重量が軽くエンジンの排気量も小さいため、一般的に燃費性能が優れているのもメリットです。

車両価格が安い

そして車両価格に関しても、コンパクトカーはボディやエンジンが小型であることや贅沢な装備が省かれていることから、低めの設定になっています。

一般的に自動車税が安い

さらに自動車税に関しても、小排気量のエンジンを搭載するケースの多いコンパクトカーの方が安く済むので、総合的な経済性の点で有利であることは間違いありません。

軽自動車よりもコンパクトカーが劣るところは?

  • ・税金が高い
  • ・下取り、買取価格が低い

税金が高い

1~1.5L以下のコンパクトカーに課せられる自動車税は29,500~34,500円になりますが、軽自動車税の5,000~10,800円と比べると割高感はぬぐえません。

また、新車購入時や車検時に課せられる重量税もコンパクトカーの方が約2~4倍も高く設定されているので、維持費の面では大きな差が付いてしまいます。

下取り、買取価格が低い

そして、コンパクトカーを下取りや買取りに出す場合、新車時に同じくらいの価格であった軽自動車よりも査定値が低くなる傾向があります。これはデメリットにあげられるでしょう。

大型車よりもコンパクトカーが劣るところは?

  • ・長距離走行時の快適性が劣る
  • ・衝突安全性が劣る

長距離走行時の快適性が劣る

コンパクトカーはホイールベースが短くトレッドも狭いので、大型車と比べピッチングやローリングが大きくなる上、車両重量の軽さがフラットな乗り心地を追及する上で不利に働きます。

特に、長距離走行時の疲れは大型車よりも大きなりがちなことを頭に入れておいた方がよいでしょう。

衝突安全性が劣る

さらに衝突安全性の面でも、コンパクトカーは大型車よりもボディサイズが小さく質量も軽いので不利になります。

街乗りメインでたまにロングドライブなら

このように、コンパクトカーにはさまざまなメリットとデメリットが存在します。

しかし、色々な面で軽自動車よりも余裕がある上、買いやすい価格や大きな負担にならない維持費といったメリットがあるコンパクトカーは、魅力あふれる存在です。

街乗り主体に使いながらも、たまにロングドライブに出掛けたいという場合は、コンパクトカーは最適のチョイスではないでしょうか。

もし、今乗っている車を手放してコンパクトカーに乗り換えたいと思った場合は、車の一括査定の利用をおすすめします。

なぜなら、ディーラーに下取りに出すよりも高く買い取ってもらえる可能性が高いからです。

さらに、手続きも簡単である上、自宅にいながらにして査定してもらうことができるメリットがあります。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
コンパクトカー
シェアする



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト