本当に必要?田舎における車の維持費、メリットとデメリットは?

田舎で車を手放す前に 車の売却・下取り

車社会と言われる田舎では車を持っている人が多いのが実情です。特に、田舎に住んでいる人にとって車は必需品といえます。

車社会の地域に住んでいる家庭では1人1台が当たり前。それくらい田舎では車が必須なのです。

しかし、維持費がかかるのは事実。車種にもよりますが、車の維持費が非常に高いケースもあります。

本当に必要なのか考えずに乗っていると、思わぬ損をしてしまいます。

今回は田舎暮らしの人が知っておきたい車の維持費と、その必要性について解説します。

車なしでも、他の交通手段があれば何とかなる?

田舎住まいの人にとって、車は移動するために必要なアイテムです。しかし、見方を変えることで「車の代替手段」が見つかるかしれません。

維持費が必要のない交通手段なら、田舎でも車は不要かもしれません。

ではいったい、車の代わりにどんな方法が考えられるでしょうか?

  • ・自転車
  • ・原付(原動機付自転車)

自転車を代わりに使おう

たとえば「自転車」は代替手段の代表例です。

いまはモーターアシスト付の自転車が安い価格で販売されています。
坂道や遠い距離であっても、比較的ラクに移動できるようになりました。特に、漕ぎ出しのラクさは計り知れません。

あるいは、思い切ってロードバイクを買うことで遠い距離でも短い時間で移動できます。趣味のひとつとしても十分に成立します。

原付きを代わりに使おう

原動機付自転車(原付きバイク)という選択肢もあります。

原付は圧倒的に燃費性能が高いので、車のような維持費もかかりません。小回りがきくので、取り回しの良さは抜群です。

田舎で車を持つのがむずかしくなった人で、原付きに乗り換えた人は意外と多いですよ。

荷物が積めなくて困る、という欠点があるのは確かです。ただ、リアに荷台を取り付けることで解消できるケースもあります。

カーシェアリングという選択肢も

住んでいる地域によっては難しいかもしれませんが「車は使うときだけ借りる」という方法もあります。
いわゆる「カーシェアリング」です。

自動車税、自動車保険などの維持費をかけることなく車を使えるのは大きな魅力です。

まだカーシェアリングを気軽にできる地域は少ないですが、対象地域に住んでいるのであれば検討する価値はありそうです。

「田舎でカーシェアリングなんて…」と思うかもしれませんが、最近はタイムズなどの大手が積極的に展開していますよ。

旅行に行くのであれば、主要駅まで電車で行って、そこでカーシェアリング(あるいはレンタカー)を借りるという手もあります。

じつは田舎のほうが車の維持費は安い

車の維持費といっても、そこには細かい内訳があります。一般的には都心のほうが維持費が高いと思われていますが、実際どうなのでしょうか?

ここでは下記の維持費について、高いのか安いのかチェックしていきましょう。

  • ・駐車場代
  • ・自動車保険料
  • ・ガソリン代
  • ・車検代
  • ・自動車税

駐車場代は田舎が圧倒的に安い

言うまでもありませんが、田舎の駐車場の安さは圧巻です。
一人一台所有することができる時点で、その安さは証明されていると言ってもいいでしょう。

もっともわかりやすい例でいえば、東京都の維持費における駐車場の割合は非常に高く、車を持つ人の大きな悩みとなっています。

その点、田舎暮らしだと駐車スペース気にする必要はほとんどありません。これは大きなメリットです。

自動車保険料は大きな差なし

自動車保険は、各人の等級などによって保険料が決まります。

また、車種ごとに保険料率も大きく異なるため、都心か田舎かによって優劣は付けられません。

田舎はガソリン代の高さが際立つ

ガソリン代は、交通量や人の往来が少ない場所ほど高くなります。

特に田舎などの遠方にあるガソリンスタンドは、そこに運ぶまでに輸送費も含まれてしまうため、どうしても割高になってしまうのです。

ガソリン代の高さは、田舎における車の維持費では大きなネックとなるでしょう。

車検代、自動車税は大きな差なし

車検代、自動車税は地域による差はほとんどありません。
強いて言うなら、車検代は田舎のほうが高いケースがあります。

最近はコバックに代表される「スピード車検」が流行っており、こうした店舗を利用できないと車検代が高く感じるかもしれません。

【無料】まずは愛車の最高額をチェックしてみる

田舎で車を売る場合の注意点とは?

すでに車に乗っていて田舎へ移住する、あるいは住んでいて車を手放そうを考えている人もいると思います。

もし車を売る決断をしたのであれば、買取店などに査定を依頼しましょう。
しかし、何も知らないまま査定に出すと安く買い叩かれる可能性があります。

事前にしっかりと情報収集して買取交渉に臨みましょう。特に田舎では車買取店の店舗数が少ないので、十分な対策が必要です。

  • ・地域によって買取価格に差がある
  • ・車検が残っていると査定額が上乗せになることも
  • ・売却する時期によって相場が変わる
  • ・標準のオプションは査定額に影響なし
  • ・走行距離が多いと値段がつかないことも

地域によって価格差がある

車の中古車買取価格は住んでいる地域よって異なります。
ですから、自分が住んでる地域では愛車がどれくらいの価格になるかは事前にチェックしましょう。
インターネットで買取価格をチェックする場合には、対象地域の確認をお忘れなく。

車検はたくさん残っていれば上乗せ金額がつくことも

車を手放すときに、車検がたくさん残っていると損した気持ちになりますよね。
車検代はバカになりません。

じつは車検代は買取価格に反映されることがあります。
とはいっても、それはほぼ2年分残っている場合のみ。その場合には車検代の数十%が買取額に反映されます。

売却する時期によって買取相場が変わる

車は売る時期によっても相場が異なります。
なぜなら時期によっては必要となる車の車種が変わってくる可能性があるからです。

また、ボーナス時期や2月〜3月は買取相場が大きく変動します。
より高く売りたいのであれば、手放す時期を見極めましょう。
くわしくは「中古車相場が安い時期・高い時期を知るためのポイント

メーカーの標準オプションは査定額に影響なし

純正カーナビやその他のメーカーオプションは査定額に影響を与えません。
メーカーオプションは時間の経過とともに古くなる傾向があるためです。

田舎に住んでいる人は、オプションで車を改造していることも多いかと思います。

査定額が大幅に上がる可能性は少ないので、できるだけ複数の買取店に見積もりを出して比較してみましょう。

田舎だからこそ複数の見積りをもらおう

車の買取額を少しでも上げるためには、より多くの買取店に査定をしてもらうことです。

1社だけの査定額で決めてしまうと、それが最高額とは限りません。
べつの買取店に査定をしてもらえば、もっと高い買取額がつく可能性があるからです。

しかし、ここで問題点が1つ。
そもそも、田舎だとそこまで買取店が多くありません。

近所にすらお店がないことも考えられます。

ですから、そういった場合にはインターネットで出来る一括査定を活用しましょう。
住んでいる地域に応じて、買取可能な査定業者からカンタンに見積りを出してもらうことができます。

そして、わざわざ自分で買取店に出向く必要がないのも大きな魅力。
出張査定は無料ですので、遠方であっても気軽に見積もりを出してもらえます。

車を手放すときにはできるだけ高く売りたいですよね。

効率的に見積りを出してもらうためにも、一括査定の利用をオススメします。

まずはあなたの車の見積もりを出してもらいましょう。

【無料】一括査定で愛車の最高額をチェックしてみる

わたしの車が30万円以上も高く売れた理由

わたしが乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額がなんと38万円に!非常に満足のいく、高い値段で売却することができました。かんたん車査定ガイドはコチラ

査定依頼は完全無料。申込みは最短45秒で終わり、スマホやパソコンに査定額がスグ表示されます。「とりあえず概算価格だけを知りたい」というあなたにもオススメです。

愛車を最高額で売るためには、査定額を比べることが欠かせません。なぜなら、買取業者によって査定額に30万円以上も差がつくことがあるからです。

かんたん車査定ガイドは、わずか45秒で最大10社からまとめて査定してもらうことが可能です。あなたの車が1番高く売れる買取業者が無料で見つかります。

たった1回の査定で最大2000社の価格を比較できるのが「ユーカーパック」です。営業電話もユーカーパックからしか来ないので、安心して利用できます。

  • 買取価格が76万円もUP(実例あり)
  • 1回の査定で最大2000社の価格を比較できる
  • ■ わずか30秒で申し込み完了

全国200社が加盟している日本最大級の車買取比較サイトです。利用実績は150万人を超えています。

  • ■ 下取りよりも買取価格が45万円もUP(実例あり)
  • 最大10社に無料で一括査定してもらえる
  • ■ わずか45秒で愛車の最高額がわかる
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。
車の売却・下取り
シェアする
この記事を書いた人
車谷よしひこ

千葉県在住、1988年生まれの30歳。フリーランスのライターとして雑誌やWebで執筆しています。現在の愛車はボルボ・V60。平成24年式と少し古めですが、元気に走ってます!【くわしいプロフィール】



カレッジ【Carlegde】新車情報や車のニュースがわかるサイト