「クーペ」と「セダン」ってどう違うの?わかりやすく解説

「クーペ」と「セダン」ってどう違うの?わかりやすく解説 クーペ・セダン

自動車のボディにはさまざまなタイプがあります。その中でも「クーペ」と「セダン」は戦前から存在し、長い歴史を持ちます。

今回は、クーペとセダンの違いがどこにあるのかを、わかりやすく解説します。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /

クーペとセダンの呼び名の由来の違いは?

まずはじめに、クーペとセダンの呼び名の由来の違いについて解説しましょう。

クーペの呼び名の由来

出典:showa-chronicle.com

馬車の全盛時代、フランス語で「カロッス・クぺ」(切られた馬車)と呼ばれる1列シートの屋根付き馬車がありました。

その後、呼び名が「切られた」を意味する「クぺ」に短縮されました。

そして、自動車の時代が到来してからは、前席の居住性を最優先したタイプをクぺと呼ぶようになりました。

つまり、運転席と助手席の乗り心地を大事にしているのがクーペというわけです。

日本においては「クーペ」と呼ばれ、1960年代に車のカテゴリーのひとつとして定着しました。

セダンの呼び名の由来

セダンチェア

出典:Twitter

かつて、イタリアに「セダンチェア」と呼ばれる、箱型の駕籠(かご)のような乗り物がありました。

そして自動車が発明されると、2列のシートを持つ箱型の車を、セダンチェアを短縮した「セダン」と呼ぶようになりました。

日本においてもセダンという呼び方が一般的ですが、セダンを指す英語である「サルーン」と呼ばれることもあります。

このように、クーペは馬車由来、セダンは駕籠(かご)由来という違いがあるのは、興味深いところです。

クーペのボディ形状

クーペのボディ形状には、以下のような種類があります。

  • ・2ドアクーペ
  • ・3ドアクーペ
  • ・4ドアクーペ
  • ・フィクスドヘッドクーペ
  • ・ドロップヘッドクーペ

2ドアクーペ

2ドアクーペ

出典:www.goo-net.com

「2ドアクーペ」は、2枚の乗降用ドアと独立したトランクルームを持つタイプです。

クーペの基本形ともいえるものですが、現在は少数派になっています。

3ドアクーぺ

「3ドアクーぺ」は、2ドアクーペのボディ後部に開閉可能なバックドアを設けたタイプで、現在はクーペの主流になっています。

4ドアクーペ

パナメーラ

「4ドアクーペ」は、4枚の乗降用ドアを持つ点は後で述べる4ドアセダンと同じであるものの、ファストバックの流麗なスタイリングを持つことが特徴となっています。

フィクスドヘッドクーペ

フィクスドヘッドクーペ

出典:witham-cars.com

「フィクスドヘッドクーペ」は、もともとオープンモデルとして開発された車に、金属や強化プラスチックなどの硬質素材でできた屋根を付けたタイプです。

ドロップヘッドクーペ

ドロップヘッドクーペ

「ドロップヘッドクーペ」は、内張り付きの幌が備わるオープンモデルを指します。

セダンのボディ形状

一方、セダンのボディ形状には以下のような種類があります。

  • ・3ボックス型2ドアセダン
  • ・3ボックス型4ドアセダン
  • ・3ボックス型5ドアセダン
  • ・2ボックス型2ドアセダン
  • ・2ボックス型4ドアセダン

「3ボックス型2ドアセダン」「3ボックス型4ドアセダン」

3ボックス型2ドアセダン

出典:b-cles.jp

「3ボックス型2ドアセダン」および「3ボックス型4ドアセダン」は、ボンネットフード/キャビン/トランクフードの3つの箱を合わせたスタイリングを持っています。

かつて多く見られた2ドアは少数派になり、現在はほとんどが4ドアになっています。

3ボックス型5ドアセダン

「3ボックス型5ドアセダン」は、3ボックス型4ドアセダンのボディ後部に開閉可能なバックドアを設けたタイプです。

かつてはわずかに採用例がありましたが、現在はほとんど見られなくなりました。

「2ボックス型2ドアセダン」「2ボックス型4ドアセダン」

「2ボックス型2ドアセダン」および「2ボックス型4ドアセダン」は、3ボックス型と異なり、トランクフードを持たない短いボディを特徴とします。

現在は、バックドアが備わる「ハッチバック車」「コンパクトカー」などと呼ばれるタイプに取って代わられ、ほとんど見られなくなりました。

クーペとセダンのボディ形状の違いをまとめると、以下のようになります。

  • ・クーペはスタイリング重視
  • ・セダンはパッケージング(居住スペースや荷室スペース)重視

クーペとセダンの室内の違いは?

次に、クーペとセダンの室内に違いについて解説します。

クーペは運転席と助手席を重視

まず、クーペは前席の居住性が最優先で、後席がない車種もあります。

後席がある場合も、スタイリング優先の影響で頭上やひざ元の空間がセダンよりも小さく、居住性の点で劣ります。

乗車定員は、2名/4名/5名のいずれかとなります。

セダンはどの座席も乗り心地が良い

一方、セダンは必ず後席があり、居住性も前席に劣らないものがほとんどです。

乗車定員は、4名/5名/6名のいずれかとなります。

クーペとセダンのどちらを選ぶべきか?

最後に、クーペとセダンのどちらを選ぶべきかについて述べます。

まず、家族持ちの人がファミリーカーとして使うなら、居住性や使い勝手に優れたセダンの方が向いています。

クーペは後席や荷室のスペースが狭いうえ、乗降用ドアが2枚しかないタイプは後席への乗り降りが大変なので、ファミリーカーには向いていません。

一方、独身の人やディンクス(子供のいない夫婦)の人なら、スタイリング重視でクーペを選んでも、実用面で大きな不満を感じないはずです。

ただ、2ドア/3ドアクーペの場合はドアが長いので、狭い駐車場での乗り降りはちょっと大変です。

また、後席に荷物をのせたい場合も不便なので、ある程度の割り切りは必要でしょう。

もし、家族構成が変わったなどの理由でクーペからセダンに、あるいはセダンからクーペに買い替える場合は、愛車を車の一括査定を利用して手放すことをおすすめします。

車の一括査定は、愛車に一番高い査定額を付けてくれる中古車買取業者が簡単に見つかる、大変便利なサービスです。

販売店で値引きが見込めなくても、愛車が高く売れればお得に車を購入することができます。

車の買い替えで損をしないためにも、無料の一括査定をあらかじめチェックしておくことがおすすめです。

僕の車が30万円以上も高く売れた理由

僕が乗っていたフォルクスワーゲン「ゴルフ」は無料の一括査定を活用したおかげで、ディーラーの下取りより38万円も高く売ることができました。その理由は「かんたん車査定ガイド」(無料)を使ったからです。

査定はすべて無料で、申込みは最短45秒で終わります。スマホやパソコンに査定額がスグ表示されるのでとりあえず概算価格だけを知りたいという人にもおすすめです。

\ 今スグ愛車の最高額をチェックしてみる /

一括査定で比較できる車買取業者

  • 【 かんたん車査定ガイドって? 】
  • 1回の申し込みで最大10社の買取業者に見積り依頼ができる
  • スマホやパソコンで車の情報を入力するだけ
  • その場でスグに査定額の目安が表示される
  • 査定はすべて無料

車の買取額を比較するためには、わざわざ複数の業者に見積もりを依頼する必要があります。1件1件自分で査定予約をして、時間を作らなければいけません。

たとえば5社に査定してもらおうと思えば、5社と連絡をとって査定の予約をしなければいけないということです。これは大変ですよね。

でも、かんたん車査定ガイドを使えば、その面倒な手続きをカットできます。

なぜなら、1回の入力で最大10社にまとめて見積もり依頼ができるからです。

あなたがすることは、査定額を比較して最高額の業者に売却するだけ。わたしもこれまでに何度か使ってますが、本当に簡単です。

申し込みをすると買取業者からすぐに連絡が来ますので、査定日を決めましょう。

最短即日で査定してもらうこともできます。なので、時間帯によっては今日査定してもらって、その日のうちに買取を成立させることも可能です。

早ければ今日中に結果が出るので、急いでいる人にもおすすめします。

クーペ・セダン 車の豆知識
サイト運営者
アユム

毎分毎秒、車のことを考えてる車好き。現在の愛車は2012年式のボルボ・V60です。憧れの車種はランドローバー「ディフェンダー」。単純に車が好きなので、”深すぎない”記事にこだわっています。千葉県生まれ。【くわしいプロフィール】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の車情報をお届けします。



車好きのカレッジ